スポーツ

2017年2月17日 (金)

毒針??

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

先日から世界中の話題を独占している、金正男氏の暗殺事件、正直怖ろしいですよねshock

実行犯がいるにしても、それを指示したのは当然、あの人物shadowであることに間違いないですよね。

本当に怖すぎる、自分の身内に手をかけるなんて・・・

織田裕二がいたら何て言うと思います?

きっとこう言うでしょう!

O0473036913775532789

「ああ・・・醜い、醜い、醜い!この犯罪、醜悪至極なり!」ってね。

しかも、殺害方法が毒殺・・・一部報道では毒針による殺害とも言われています。

毒針って!ブッチャーかっ!

あっ、ちなみにブッチャーというのは、1980年代に日本のプロレス界で活躍したプロレスラーで、彼が得意としていたのが「毒針殺法」です。

で、その1980年代に活躍した外国人プロレスラーの中で、僕が好きなレスラーの1人にディック・マードックというレスラーがいます。

476_2

彼がマードックです。プロレスファンであれば、懐かしい顔ですよね。

彼はアドリアン・アドニスとタッグを組み、カーフ・ブランディング(子牛の焼印押し)や、ブルドッキング・ヘッドロックなどの得意技を繰り出し、マットを盛り上げてくれましたup

そんな彼は、実は1996年に他界していたようです。遅ればせながら、ご冥福をお祈り申し上げます。

さて、話がかなり脱線してしまいましたが、実は今日、の肘が僕の足の甲に思いっきり突き刺さり、僕は思わず「痛っ!!毒針攻撃かっ!」と叫んでしまいましたcoldsweats01

もちろん故意ではなく、偶然の出来事ですが、やっぱり毒針攻撃って痛いですねcoldsweats01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

小さなスター候補☆

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は相撲の話題ですrock

Dsc_0072

「相撲」の話をする前に、実は我が息子、相撲が好きなようで、テレビで相撲中継tvをつけると、もの凄い興味津々にくいついていますeye

きっと幼い頃から相撲が好きだった僕のDNAを、しっかりと受け継いでいるのかもしれませんねconfident

幼い頃から僕が相撲が好きな事は、もう既に何度もお話したと思いますが、ここ数年は白鵬の独壇場が続く相撲界に、やや僕自身も熱が冷めた感があり、ひどい時には相撲中継を一度も見ずに終わる場所もあったほどでしたthink

しかし、今年は相撲界にとって分岐点ともなるような1年でしたup

初場所で大関の琴奨菊が日本人出身力士としては10年ぶり(2006年初場所栃東以来)の優勝を決めると、先場所(秋場所)では大関の豪栄道が全勝優勝を決めるなど、白鵬を中心としたモンゴル出身力士たちの牙城を崩し始めた、そんな1年でした。

そんな今場所は豪栄道の「綱取り」がかかった大事な場所でしたが、今日の一番も敗れてしまい2敗となり、これで「横綱昇進」には黄色信号が灯ったといっても過言ではないでしょう・・・

やはり横綱の壁というのは、険しいものなのだということを、まざまざと感じています。

今日の中日(8日目)を終えて、全勝は鶴竜、1敗で白鵬と日馬富士と、依然とモンゴル出身の3横綱の牙城は高く、日本人力士の付けいる隙はなさそうです。

しかし、そんな中、今場所は新鋭が1人、活躍を見せていますshine

その力士の名は、石浦、何と今場所新入幕を果たしたばかりの力士ですが、中日を終えて白鵬らと同じ、7勝1敗の好成績をあげていますup

Dsc_0056

身長173cm、体重115kgと、力士としては小さな体格ですが、その鍛えられた筋肉隆々の姿には、大きな期待感を持てる力士ですgood

小兵で筋肉隆々の力士といえば、古くは貴乃花(初代)、そして千代の富士、さらには寺尾といったように、いずれも相撲ファンから絶大な人気を誇った力士ばかりですhappy02

小兵といえば、忘れてはいけないのが舞の海ですが、石浦は既に数多くの技で相手を翻弄した取り組みをとっていますが、舞の海のようにさらに多くの巧みな技を繰り出して、土俵の中で縦横無尽に動き回り、相撲ファンを魅了する力士になって欲しいですhappy01

大横綱・白鵬の付き人(内弟子)であるということで知られている石浦でしたが、彼の父が、多くの力士を輩出している鳥取城北高校(石浦も鳥取城北OB)の相撲を指導しているということもあり、幼い頃から相撲のある環境で育ってきました。

石浦は日本大学でも相撲部に所属していましたが、その後はいったん相撲界から離れ、オーストラリアに語学留学した経験もあるという異色の力士でもあります。

彼が目指すのは「絶対に引かない相撲」、彼の面構えからもその強気な相撲の一面が見えています。

Dsc_0062

今場所が始まる前から、僕も彼のことは注目はしていたのですが、ここまでの好成績をあげるとは思っていませんでした。

初土俵からまだわずか3年、年齢も26歳、非常に楽しみな小さなスター候補が相撲界に登場してきましたshine

皆さんも、「石浦」という力士の名をぜひ憶えてください。きっと近い将来、スターとなる力士ですよhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

待ちわびていた、2人のスーパースター!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~昨日の夜は実にしびれましたねhappy02

北海道日本ハムが広島東洋カープを破り、10年ぶり3度目の日本一の栄冠を手にしましたcrown

ペナントレースは大逆転での優勝、その勢いそのままにCSも勝利し、そして挑んだ日本シリーズでしたが、敵地で2連敗という最悪のスタートでしたdown

がしかし、札幌に戻ると、大谷のサヨナラヒットなどで2連勝し、さらには第5戦では西川の劇的な満塁サヨナラホームランで勝利し、優勝に王手をかけましたgood

そして迎えた昨日の第6戦、誰もが先発投手に予想していた大谷はベンチに温存し、結局は大谷は投手でも打者でも出場しないまま、優勝の瞬間は訪れましたbaseball

試合に出なくても、大谷の存在は脅威そのものだったのではないでしょうか。

どの場面で出てくるのか、投手なのか打者なのか、少なくとも広島ベンチは大谷を意識していたことは間違いないでしょう。

投手としても、打者としても、そしてベンチにいても、彼はスーパースターだったのですshine

もちろん彼のみならず、この勝利は、監督、コーチ、選手が一丸となって掴んだ見事なチームワークの勝利だったと思いますscissors

10年ぶりに北海道の大地に歓喜をもたらしてくれた、日本ハムというチームに心から感謝したいと思いますconfident

来年は日本ハムに負けないように、我が読売巨人軍がその栄冠を奪還させていただきたいと思いますwink

プロ野球baseballが全日程を終え、サッカーsoccerのJリーグも大詰めに差し掛かり、スポーツはシーズンオフになるとお思いでしょうが、実はこれからがスポーツが楽しい季節なんですhappy01

ウインタースポーツはもちろんのことですが、ラグビー、駅伝、マラソンといった楽しみなスポーツが目白押しですpaper

そんな中、スポーツ好きの僕にとっては嬉しいニュースが飛び込んできましたhappy01

バレーボールの男女の日本代表の新監督が発表されましたshine

5d73f51685833c416c3bc15791d76a86201

男子は中垣内祐一、女子には中田久美と、いずれも1980年代~1990年代の日本を代表するスーパースターが新監督に就任しましたhappy01

2人が活躍していた頃、僕はちょうど中学生~高校生の頃で、2人の活躍をこの目で見ていた世代なので、僕にとっては待ちわびていた2人のスーパースターの監督就任ですhappy02

というか、もっと早く監督になっていてもおかしくはなかったようにも感じます。

Photo

中田久美といえば、15歳で全日本に選ばれ「天才セッター」と称され、3度の五輪で活躍した名セッターです。指導者としても、ユース女子日本代表のコーチなどを経て、プレミアリーグ女子の久光製薬の監督の就任し、チームを優勝へと導くなどの実績も残しています。

就任会見で「戦う集団にするだけ、チャラチャラしたのは好きじゃないですから。」と既に厳しさを表に出していますが、ちょうどチームの変革期に差し掛かった女子日本代表には、一番の適任者ではないかと僕は思います。

女子日本代表の監督を女性が務めるのは、1982年の生沼スミエ氏以来2人目のことです。選手と同じ女性ということで、選手との距離感が男性の監督よりは近く持てることも、彼女の強みの1つかもしれません。

リオで惨敗に終わったチームの再建をぜひ期待したいですconfident

200911200011spnavi_2009112000018_vi

一方、男子日本代表の監督に就任した中垣内祐一、彼も現役当時は押しも押されぬスーパースターでした。shine

エースアタッカーとしての技術やバレーセンスはもちろんのこと、そのルックスから、多くの女性ファンを虜にしましたheart04

僕の中学校の同級生の女子たち(特にバレー部)は、みんなこぞって「ガイチ、カッコイイ!」と毎日のように騒いでいたことを今でも鮮明に憶えています。

彼も五輪や世界選手権など数多くの世界の舞台を経験し、引退後はVリーグの堺ブレーザーズの監督になり、チームを優勝へと導き、さらには全日本男子のコーチを務めるなど、指導者としての実績や経験も豊富です。

ただ、事情があり3年間、バレーボールの現場からは離れていたので、そのブランクをこれから少しずつ埋めていかなければなりません。

きっと彼には、バレーボールから一旦距離を置いたことで得たものもあるでしょうし、何より彼には「カリスマ性」という武器があります。2大会連続で五輪出場を逃した代表チームをきっと変革してくれるとそう信じています。

男子代表には若い逸材がたくさんいます。その「スターの原石」たちをどうスターにしていくか、それはスーパースターだった彼にしかできない役割なのかもしれませんgood

Coytubgu8aa_cwi

そんなスター候補の筆頭が石川祐希です。既に全日本のエースといっても過言ではありませんが、さらにそのスターとしての輝きを磨いて欲しいです。彼抜きで全日本の進化はありえませんgood

そんな男子よりも、チームの立て直しが急務なのが女子日本f代表です。ロンドン五輪でセッターの竹下が引退し、今度はエースの木村が今季限りで引退を表明・・・

チームの大黒柱が抜けた今後は、新たな柱を作っていかなかればなりません。絶対的なエースと、安定感のあるセッターの育成、そこが大きな課題です。

Kogasarina0628thumb300x450132153_2

僕が「木村の後継者」として大きな期待を寄せるのは古賀紗理那です。リオ五輪では残念ながら代表落ちを経験しましたが、その苦い経験は必ず将来生きてくるとそう確信しています。

男女ともに、若い力は確実に育っています。あとはその力を、新監督の2人がどう伸ばしていくか、今から2人の手腕が楽しみで仕方ありませんconfident

2020年の東京五輪まであと4年、奇しくもかつて「スーパースター」と呼ばれた2人に、その時間は託されましたconfident

頑張れ、バレーボール全日本!

東京五輪では男女ともに金メダルだ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

さよなら、ウルフ・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

毎日暑い日sunが続きますが、皆さん夏バテなどにはなっていませんか?

そんな暑い陽ざしsunに負けないくらいの熱い戦いが、いよいよ今日から地球の裏側ブラジルで開幕しましたsign03

リオデジャネイロ五輪の幕開けですsign03

これからおよそ2週間近くにわたり、日本中が歓喜の沸き上がることは間違いありませんpaper

明日からは甲子園球場で高校野球baseballも開幕しますし、今年の夏はスポーツ三昧の毎日になりそうですhappy02

さて、そんな中、かつて日本中を歓喜に沸き上がらせ、国民的英雄となった1人の大横綱のお通夜が本日営まれました。

昭和を代表する大横綱、第58代横綱・千代の富士、61歳という早すぎる生涯でしたdespair

ちょうど1週間前、この訃報を聞いた時は僕は正直信じられませんでした・・・

「まさか、本当にあの千代の富士が亡くなったの?」とその現実をすぐに受け止めれませんでした。

僕は祖父や祖母の影響で子供の頃から相撲は大好きでした。

いつも相撲中継は欠かすさずに見ていましたtv

そんな僕をさらに相撲の虜にさせてくれたのが、千代の富士でしたconfident

他の力士たちに比べると小さな体でしたが、土俵の中ではその体がとても大きく見え、鍛えられた筋肉隆々の体から出る豪快な技には、いつも魅了させらましたhappy02

横綱になってからもその強さは衰えを知らず、昭和の大横綱にふさわし活躍を見せてくれました。

Chiyonofujishiko

印象的なのが土俵入りの際の大きく上げた足ですfoot強靭な足腰があるからこそ、あんな「四股」を踏むことができたのでしょうpaper

「ウルフ」のニックネームで親しまれ、相撲ファンのみならず、多くの国民から愛された千代の富士ですが、その鋼の体も年齢と体力の衰えには勝てず、「体力の限界、気力もなくなり・・・」と引退することになりました。

引退後は、後進の指導に力を注ぎ、多くの関取を誕生させました。

まだまだこれからが親方としての人生だったはずなので、非常に残念でなりませんdespair

Tpc16073122280002p11

目をつぶると、ウルフが口元を緩め、笑顔でインタビューに応えるあの表情が今でも僕の脳裏に浮かんできます。

多くの感動を僕らに与えてくれ、そして楽しませてくれた千代の富士のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

昨年11月に亡くなった、こちらも大横綱・北の湖と、天国で大いに相撲談議に花をさかせながら、日本の国技である「相撲」の未来を見守っていてください。

ありがとう、ウルフ、そして、さよなら、ウルフ・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

「カーニバル」が始まるよ♪

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~やっと来ましたね真夏日sun

待ちに待った30℃!!!

十勝では5月23日以来、実に2ヶ月以上ぶりのことらしいですhappy01

僕の大好きな8月になった途端、やっとこ夏の到来です!夏男万歳!!

さて、いよいよ4年に1度のスポーツの祭典「五輪」の開幕があと3日に迫ってきましたpaper

たくさんの感動を生んだ、あのロンドン五輪から4年という月日が経過したんですね。

ロンドン五輪の年に生まれた我がはもう少しで4歳、そしてリオデジャネイロ五輪開催中に妻のお腹の中にいる赤ちゃんが誕生しますshine

何か我が家の子供は五輪には縁がありそうですconfident将来は、五輪に出ちゃったりsmile

性別は既に分かっているのですが、それは誕生後のブログのお楽しみですwink

徐々に出産が近づき、少しずつ緊張感が高まってきたそんな今日この頃ですが、もちろん五輪に向けてのボルテージも少しずつ高まってきていますup

僕は毎日、今回の五輪テーマソングである安室奈美恵の『Hero』を聞いてear五輪モードに突入していますnote

この歌がまた良いんですよね~happy02

Criuurj6xc0boz2ybiufpsxsrsaeo9kj5ah

「君だけのためのHero♪」という歌詞がまた心にグッと来て、僕はついつい口ずさんでいますnote

さて、そんな今日はズバリsign03今回の日本選手団のメダル予想をしてみたいと思いますscissors

結論から言いますと、猫男爵の予想では今回のメダル総数は34個ですpaper

前回のロンドン五輪が史上最多の38個(金7個、銀14個、銅17個)でしたから、4個の減という予想です。

実は、JOC(日本オリンピック委員会)の目標は金メダルだけで14個を掲げ、総数ではロンドンの38個以上を目標としているようですup

実際、その数は不可能ではないと思いますが、ちょっと今回は僕もシビアな視線で予想をしてみました。

そして34個のメダルの内訳は、金14個、銀7個、銅13個ですgood

それではその気になる詳細を発表しますpaper

<金メダル>

競泳男子200m個人メドレー 萩野公介

競泳男子400m個人メドレー 萩野公介

競泳女子200m平泳ぎ 渡部香生子

レスリング女子48kg級 登坂絵莉

レスリング女子53kg級 吉田沙保里

レスリング女子58kg級 伊調 馨

体操男子個人総合 内村航平

体操男子種目別鉄棒 内村航平

体操男子種目別床 白井健三

体操男子団体

柔道男子66kg 海老沼 匡

柔道男子73kg 大野将平

柔道女子48kg 近藤亜美

バドミントン女子ダブルス 高橋礼華、松友美佐紀

<銀メダル>

競泳男子400m個人メドレー 瀬戸大也

卓球男子団体

卓球女子団体

射撃女子トラップ 中山由起枝

柔道男子90kg級 ベイカー茉秋

柔道女子52kg級 中村美里

柔道女子57kg級 松本 薫

<銅メダル>

飛込女子10m高飛込 板橋美波

競泳男子200m自由形 萩野公介

競泳女子100mバタフライ 池江璃花子

競泳女子200mバタフライ 星 奈津美

競泳女子200m平泳ぎ 金藤理絵

レスリング男子74kg級フリー 高谷惣亮

レスリング女子69kg級 土性沙羅

テコンドー女子57kg級 濱田真由

柔道男子60kg級 高藤直寿

柔道女子70kg級 田知本 遥

フェンシング男子フルーレ個人 太田雄貴

バドミントン女子シングルス 奥原希望

テニス男子シングルス 錦織 圭

以上がメダル予想ですpaper

偶然にも金メダルの「14個」はJOCと同じ数になりましたcoldsweats01

やはり、日本の「お家芸」である競泳、柔道、レスリング、体操といったあたりに金メダルを期待しています。

そして今回は、競泳の萩野選手や体操の内村選手を代表するように、男子の活躍に期待します。

いつも五輪では女子の活躍にやや押され気味ですから、ここは男子に奮起して欲しいところですgood

さあ、いよいよあと3日で、地球の裏側のブラジルはリオデジャネイロで祭典が幕が開けますnote

待ちに待った、「カーニバル」が始まるよ♪

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

オリンピック・シアター⑥

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日はほんの一瞬でしたが、久しぶりに十勝の空に晴れ間が戻ってきましたねsun

特にここ数日は雨ばかりrainの天候だったので、わずかな時間でも何だか凄く胸が弾みましたhappy01

さて、「リオデジャネイロ五輪」開幕までいよいよ1週間を切りましたpaper

僕の緊張感heart02も徐々に高まってきましたが、そんな今日も五輪開幕前の恒例企画『オリンピック・シアター』をお送りしますpaper

今日お送りするのは1984年ロサンゼルス五輪での日本人選手の活躍ですconfident

『オリンピック・シアター』 第6幕・笑顔の10点満点

1984年ロサンゼルス五輪、この大会は体操競技において、男子個人総合で具志堅幸司が金メダルを獲得、さらに男子団体では銅メダルを獲得し、「体操ニッポン」の力を誇示した大会でもありましたgood

その中で、僕が印象に残っている選手が森末慎二ですhappy01

森末慎二と聞くと、体操選手時代を知らない人にとっては「タレント」としての印象しかないかもしれませんが、実は彼は凄い体操選手だったんですよhappy01

La_morisue

森末といえば、はやり「鉄棒」の演技ですbell

ロサンゼルス五輪では、種目別の「鉄棒」で金メダルを獲得しましたcrownしかも、ただの金メダルではありませんsign03

規定演技、自由演技、そして決勝と、3度の演技で全て「10点満点」を叩きだすという離れ業を成し遂げたのですsign03

当時のルールは「10点」が最高得点で、なかなか「10点」を出すというのは難しかったのですが、それを五輪の舞台で3度も出すという驚異的な集中力でした。

僕はこの演技をテレビtvで見ていましたが、最後は本当にカッコよくて手を叩いて喜んだ思い出がありますhappy02

彼は「鉄棒」の他にも「跳馬」で銀メダル、そして「団体」の銅メダルと合わせると、「金・銀・銅」の全種類のメダルを獲得したことになりますshine

これは僕の小学校だけで流行したことかもしれませんが、五輪の後、プールなどに行くと、プールの隅にある上がり下りする際に掴む鉄の棒みたいなやつ(説明が下手ですが、わかりますか?)で、森末の「平行棒」の演技を真似して「モリスエ」と言って、よく友達とふざけて遊んだ記憶がありますhappy01

実はそれは今も「モリスエ」という名で、しっかりと技として残っているようです。

201508190006spnavi_2015081900028_vi

五輪という大舞台で日本中を大興奮させてくれた森末ですが、「鉄棒」から着地した瞬間に浮かべる満面の笑み、その笑顔の10点満点は今も僕の記憶の中に鮮明に焼きついていますconfident

さて、全3回に渡りお送りしてきた今回の『オリンピック・シアター』でしたが、いかがでしたかpaper楽しんでいただけたでしょうか。

今度『オリンピック・シアター』でお会いするのは、4年後の2020年東京五輪の開幕前ということになりますねhappy01

またその時をどうぞ、お楽しみにwink

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

オリンピック・シアター⑤

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

イチローがまた今日もヒットを打ちましたshine

これでメジャー通算2998本目のヒットですbaseballいよいよあと「2」と、カウントダウンも本当の大詰めですscissors

そして、こちらのカウントダウンも大詰めですpaper

リオデジャネイロ五輪まで、あと7日ですshine

そんな今日は前回に引き続き、五輪の思い出を振り返る恒例企画『オリンピック・シアター』をお送りしますhappy01

『オリンピック・シアター』 第5幕・水上の頂上決戦!

今回の舞台は1988年のソウル五輪です。

東京五輪以来アジアで24年ぶりの五輪とあって、大きな盛り上がりを見せたソウル五輪は、ベン・ジョンソンのドーピングのよる金メダル剥奪、フローレンス・ジョイナーな驚異的な速さ、日本体操男子の池谷・西川の「清風高校コンビ」、競泳背泳ぎの鈴木大地のバサロ泳法による金メダルなど、話題の多い大会でもありましたconfident

当時僕は中学2年生で、時差のないソウルでの五輪ということもあり、大会期間中は毎日テレビにかじりついていた記憶がありますtv

そんなソウル五輪で僕が一番印象に残っているのは、競泳のバタフライと自由形におけるライバル対決ですimpact

そのライバル対決とはsign02

Yjimageca6fvkxe

まずは1980年代を代表する競泳選手、ドイツ(当時は西ドイツ)のミハエル・グロスpaper

202cmという高い身長と長いリーチを活かした泳ぎ方は、「アルバトロス」とも称されました。

グロスは1984年のロサンゼルス五輪では、200m自由形と100mバタフライを世界記録という圧倒的な強さで制し、無敵を誇っていた選手ですgood

Mattbiondi

そんなグロスに待ったをかけたのが、アメリカが生んだ英雄、マット・ビオンディですshine

ハリウッドスター顔負けの端正なマスクで女性ファンも多く、水球から競泳に転向したという話題性もあった選手ですconfident

そんな2人がソウル五輪の舞台で対決するとあって、僕は大会前から楽しみにしていました。

「王者グロスVS新鋭ビオンディ」、それはまさに水上の頂上決戦でしたsign03

ところがいざ決戦が始まると、グロスは調子が上がらず苦戦を強いられます。

100mバタフライ決勝、スタートから先行したのはビオンディでしたup

グロスはやはり調子があがらず差は縮まりません・・・

残り15mを切ったところで後方の選手がビオンディを追い上げ、最後はタッチの勝負へsign03

結果は、スリナムのネスティという選手がタッチの差で金メダル!

ほぼ金メダルを手中にしていたビオンディは惜しくも銀メダル、グロスは5位に終わりました。

頂上決戦の軍配はビオンディにあがり、グロスは完敗と終わりました。

その後、ビオンディはリレーも含め5つの金メダルを獲得し、一気に競泳界のスーパースターへとのぼりつめたのですup

まさにそれは「世代交代」の瞬間でしたpaper

今でも僕は「過去の五輪での一番のライバル対決は?」と聞かれれば、この2人の対決を思い出します。

まもなく開幕するリオ五輪、日本競泳陣には萩野公介瀬戸大也という2人の世界王者がいますcrownこの2人の金メダルをかけた頂上決戦も僕は楽しみにしていますhappy02

日本人同士で金メダルを競い合えることなんて、実に素晴らしいことですね。

次回の「オリンピック・シアター」もどうぞお楽しみにhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

オリンピック・シアター④

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

相変わらず、曇り空の毎日・・・そして今日は雨・・・

さらに明日は大雨rainの予報です。週間天気予報を見ても「晴れ」マークはいっこうに見当たりません・・・

7月も下旬だというのに、本格的な夏がこないまま今年の夏は終わってしまうのでしょうか?

そんな中、海の向こうアメリカでは、日本を代表するあのスーパースターの大記録達成がいよいよ近づいていますpaper

海を渡り16年、遂にイチローがメジャー通算3000本安打まで残り「3本」になりましたscissors

メジャーリーグの長い歴史の中でも、過去に29人しか達成していない「3000本安打」、その聖域へのカウントダウンは大詰めになりましたbaseball

皆さんもこの歴史的な瞬間を見逃さないでくださいね。

おそらく、僕たちが生きている間には日本人選手がこんな大記録を達成することはもうないと思いますからwink

そして「カウントダウン」といえば、いよいよ4年に1度のスポーツの祭典「リオデジャネイロ五輪」開幕まで、あと10日を切りましたsign03

今回の五輪は、開催地の治安問題、さらにはジカ熱問題、ロシア選手のドーピング問題など、開幕を前に多くの問題が注目視されましたが、開幕が近づき、僕の胸の高鳴りも徐々に上昇していますup

このブログをスタートしてから、夏季・冬季ともに2度ずつの五輪がありました。

そのたびに五輪好きの僕の血が騒ぎhappy02、色々な五輪ネタのブログを更新してきましたが、今回のリオ五輪も、開催中はきっと五輪ネタが増えると思いますので、どうぞご了解くださいpaper

早速今日は、五輪開幕直前シリーズとして、前回大会(2012年ロンドン五輪)でも企画した「オリンピック・シアター」をお送りします。

五輪での思い出を、僕の記憶を蘇らせながらお送りするこの企画は、前回は3回に渡りお送りしましたので、今回もその続きの第4回から計3回に渡り、お送りしする予定ですpaper

それでは、早速「オリンピック・シアター」の幕が開くようです!どうぞ、お楽しみに!

『オリンピック・シアター』 第4幕・無敵のハードラー

1976年モントリオール五輪の出場権をかけた全米陸上選手権、400mハードルで21歳の新税が当時の全米新記録で優勝し、世界中を驚かせましたsign03

134490641154213103153

彼の名はエドウィン・モーゼス、のちに400mハードルで「122連勝」という驚異的な記録を残した無敵のハードラーですshine

彼の特徴は1台目から10台目のハードルまでを、全て13歩で跳べるという驚異的な脚力と持久力ですrun

前述の1976年モントリオール五輪を「世界新記録」という圧倒的な強さで制し、1980年のモスクワ五輪でも連覇が有力視されていましたが、ボイコット問題により五輪出場はかないませんでした。

そして迎えた4年後、地元アメリカでのロサンゼルス五輪は、まさに彼のための五輪でもありました。

当時、彼の走りについていける選手は世界中探しても誰もいなく、もはやレースは順位よりも彼の記録だけに注目が集まるようになっていました。

そんな中でのロサンゼルス五輪、僕は彼の走りに驚愕したことを今でも憶えていますconfident

20030000284

大きなストライドrunでハードル間を走る姿は、一見、凄く速そうには見えないのですが、ハードルで跳躍しても、そのスピードは決して落ちることがなく、後半になるとさらに加速するようにすら見えるのですup

結果、モーゼスは独走で金メダルを獲得しましたshine

競技者としてだけでなく、人間的にも実直でまじめな彼は、ロサンゼルス五輪の際に開会式で選手宣誓の大役を任されましたkaraoke

ところが、緊張のあまり、途中で言葉が詰まる場面がありました。

あのシーンは今でも鮮明に憶えています。照れ笑いを浮かべるモーゼスに、観衆からの温かい拍手がなりやみませんでしたconfident彼の人柄が現れた名シーンでした。

1970年代~1980年代にかけて無敵のハードラーとして、その地位を築き上げたエドウィン・モーゼスのロサンゼルス五輪での思い出を、今日はお話させていただきましたhappy01

次回の「オリンピック・シアター」を、どうぞお楽しみにpaper

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

咳払いひとつで。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は5月5日「こどもの日」でしたねshine

我が家は、祖父母と一緒にを連れて、「こどもの日」にちなんだイベント会場へと足を運び、その後は公園の遊具で遊んできましたhappy01

やや雲cloudが多く、時折、風も出ていたので、あまり長い時間楽しむことはできませんでしたが、それでも娘は凄く楽しそうに、はしゃいでいましたhappy02

これで今年のGWも幕を閉じ、明日からまた日常生活へと戻ります。全体を通して、あまり天候には恵まれない今年のGWだったかもしれませんね。

でも明日が終われば、また土日となるので、まだまだ連休中という人ももしかするといるのかもしれませんねpaperちなみに僕は明日から普通に仕事です。

さて、話はガラりと変わりますが、今度の日曜日(5月8日)から大相撲夏場所が始まります。

今場所の優勝争いは、やはり白鵬を中心に進んでいくのでしょうが、注目は新関脇の琴勇輝です。

250pxkotoyuki_2011_sep

まだ25歳という若さながら、今、一番勢いに乗っている力士といっても過言ではないでしょうup

彼の相撲はいわゆる「押し相撲」です、その気風の良い取り組みは僕は非常に好きですgood

そして何より彼を語る上で欠かせないのが、制限時間いっぱいになり、最後の塩を取りに行った時にやる、あの“パフォーマンス”ですshine

Kotoyukiw200_0

気合いを入れる意味をこめて、「ホゥッ!!」と咳払いをするのですが、その咳払いひとつで場内は大盛り上がりを見せ、観衆から大きな拍手と歓声が起きますhappy02

これって凄く大事なことだと思いますpaper

もちろん取り組みでファンを魅了することが大前提ですが、ファンを楽しませるこういったパフォーマンスも非常に大事なことだと僕は思います。

ところが、そんな中、非常に残念な知らせが入りましたbearing

先月の力士会という会議の中で、審判部の一人から、琴勇輝の行動が指摘され、その結果を受けて彼は、「三段目」時代から長きに渡り行ってきたその「ホゥッ!!」というルーティーンを辞めることを決断したのですdespair

このことについては以前、横綱の白鵬も苦言を呈していましたが、僕から言わせれば本当に“つまらない”人達ですthink

個性というのはファンが望む一番のものです。いくら相撲が強くても、個性がなければ何のおもしろみもありません。

でも逆に、相撲が絶対的に強くなくても、個性があれば力士はファンに愛されるのものです。そのことを分かって欲しいです。

昔の力士には、個性豊かな方がたくさんいました。

D8bfba712e3590a8d87fe4ecc1c06848c00

手に山盛りの塩を持ち、それを天高く蒔いた水戸泉!

20130127_936048

ロボットのような動きで気合いを入れてファンを楽しませた高見盛!

さらには、現役力士でも!

Kotosyougiku2_2

イナバウアーばりに背中を反らす「コトバウアー」を披露する琴奨菊!

こういった個性、大事にしていきたいですね。

もう、琴勇輝の「ホゥッ!!」が聞けないと思うと残念でなりませんが、また新たな個性派力士が出てくることを願っていますし、何より、琴勇輝には今度は相撲の実力の方で、さらにファンを魅了して欲しいと願っていますconfident

8日に行われる初日は、できない彼に代わって、僕はテレビの前で「ホゥッ!!」と咳払いをしてやりますconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

RioへGo!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

4月に入って一週間余りが経過しましたpaper

冬の間、雪の下になっていた土や草木たちも姿を現し、春の到来を感じられる今日この頃ですconfident

そんな中、スポーツ界では今、今夏に開催されるリオデジャネイロ五輪に向けての代表選考会が行われています。

4年に1度の「夢舞台」に出場するために、様々な競技で、選手が4年間の練習の成果をぶつけています。

僕はいつも、五輪代表の切符ticketがかかったこの時期の選考会を、非常に楽しみにしていますhappy01

過去に出場経験を持つ選手もいれば、初めて五輪に挑む選手もいますが、「日の丸」を背負うという「誇り」をかけた熱戦には、僕はいつも手に汗を握って観戦していますtv

特に日本の「お家芸」としてメダル獲得の期待がかかる、体操、柔道、競泳などの競技には、なおさら注目していますgood

中でも、昨日行われた競泳では、五輪でアテネと北京の2大会連続で平泳ぎ2種目制覇をしている北島康介選手が五輪に出場できるのか、その泳ぎに注目していましたeye

As20160408004455_comml

「速く、そして美しい」と、世界でも称賛されていたその泳ぎは全く色あせることなく、多くのファンから熱い声援がとんでいましたshine

しかし、残念がら100m、200mとも代表の切符を掴むことはできず、第一線からの引退を表明しました。

インタビューで涙ぐむその姿には、見ている僕も思わずウルっときてしまいましたweep

およそ15年近くも日本のトップに君臨し、そして世界のトップレベルを保持し続けたその体力と精神力は、本当に称賛する値が大いにありますcrown

競泳競技で、もう、彼を超えるようなスター選手は誕生しないような、そんな気がしますconfident

泳ぎだけでなく、「流行語」となるような「名言」も残してきた彼のそのスター性は、本当に輝かしいものがあったと思いますshine

M_20160408567oyt1t50178

レース後に、プールに向かって深々とおじきをするその姿が非常に印象的でした。

今後は良き指導者になって、五輪で金メダルを獲れるような選手の育成に尽力していただきたいと切に願いますconfident

北島選手、本当にお疲れさまでした。

さて、一方で非常に残念なニュースも飛び込んできました。

バドミントン男子の桃田賢斗選手と田児賢一選手が、違法カジノ店で賭博行為を行っていたというニュースです。

このニュースは五輪を目前にした状況の中で、バドミントン関係者のみならず、スポーツ界全体に大きな衝撃を与えましたsign03

特に桃田選手は、現在世界ランキング2位という世界でもトッププレーヤーで、リオでは日本バドミントン界初の金メダルも期待されていた選手ですshine

「いけないことだとは分かっていたけど・・・」と記者会見で語っていましたが、あまりにも軽率な行動です。

スポーツ選手も選手である前に一人の社会人です。スポーツにもルールがあるように、社会にも規律や常識というものがあります。

それを理解できなかった結果が、今回の結果になったとは思いますが、それにしてもあまりにも残念でなりませんdespair

せっかく、自分が努力して積み重ねてきたことが全て無駄になり、何よりも支えてくれた多くの人のことを裏切る結果になったのですから。

記者会見の様子からも、2人の後悔と反省の気持ちは見受けられましたが、現実はもう取り返しはつきません。

2016040800000546sanspo0001view

田児選手の誘いで桃田選手もカジノに足を運ぶようになったこともあってか、会見で田児選手は「自分は二度とバドミントンができなくなってもいいけど、桃田にはもう一度チャンスを与えて欲しい・・・」と涙ながらに訴えていました。

気持ちは分からないでもありませんが、結果的には誘いを断りきれなかった桃田選手にももちろん責任があるとい思います。

2人にどういった処分が下されるかは、週明けに発表されるそうですが、いずれにしても「リオ五輪」は絶望的であることに間違いはありません。

スポーツ選手は、自分の夢を叶えることはもちろん一番のことですが、それに同時に、夢を持つたくさんの子供たちの「ヒーロー」でもあり「お手本」でもなければなりません。

子供たちの夢を壊すことは、絶対にあってはいけないことです。

昨今、スポーツ界では様々な問題が起きていますが、今一度、そのことを再認識していただきたいと、そのように思っています。

そんな暗いニュースを吹き飛ばすためにも、リオデジャネイロ五輪では多くの選手がメダルを獲得できることを願いますconfident

あと4ヶ月後に迫った五輪本番に向けて、さあ、RioへGo!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧