情報・知識

2021年2月26日 (金)

かまいたち。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

2月も終盤に差し掛かり、まもなく春の足音が聞こえてきそうな今日この頃です。

ただ、まだ朝晩は寒いですし、積雪量もなかなか減りません。

まだ春のドカ雪が1度ぐらいきそうな気がするので、あまり気を緩めないように心がけましょう。

さて、先日のことですが、いつのまにか僕の手に見知らぬ傷が・・・

どこで切ったのか全く記憶もないですし、いったい何の傷なのかもさっぱりわかりません。

僕の頭に浮かんだのは、宇宙人に連れ去られて何か実験された?

それか、かまいたち?

皆さん「かまいたち」ってご存じですか?

C126b517fae558138473550daaa5d1f004eb5a0c

この2人ではないですよ(笑)

ちなみにちょっと横道にそれますが、かまいたちはうちの娘が千鳥と並んで大好きなお笑いコンビです。

さて、本題の「かまいたち」のほうですが、漢字にすると「鎌鼬」です。

「鎌鼬」それは日本に古来から伝わる妖怪、もしくはそれが起こすとされる怪現象のことです。

僕は子供頃からこの「かまいたち」という言葉は聞いたことがありましたが、今の子供たちは本当にお笑いの「かまいたち」しか知らないんじゃないでしょうかね?

Kamaitachi_web03

言い伝えでは、「鎌鼬」は鎌を持った鼬(イタチ)がつむじ風に乗って現れて人を切りつけ、これに出会った人は刃物で切られたような鋭い傷を受けるが痛みはなく、傷からは血も出ないとされています。

「鎌鼬」は雪国に多く出現するようで、ある地方では「かまいたち」によって傷を負った際は、古い暦を黒焼きにして傷口につけると治るとも言われています。

これは僕も、何か古い暦を探して燃やして、傷口につけてみるか!!

「かまいたち」は地域によって様々な伝説になっていますが、「知らない間に体に傷がつき、そしてそれがそれほど痛みを感じず血も出ない」という点は共通しているようです。

ちなみに信越地方の言い伝えでは、「かまいたち」は3人の悪神による仕業で、最初の神が人を倒し、2人目の神が刃物で切り付け、最後に3人目の神が薬をつけていくので、血が出ず痛みもないそうなのです。

だったら最初から切らないで欲しいわ・・・

実は「かまいたち」は冬の季語にもなっていることから、冬に発生することが多いのかもしれません。

ということは今回のこの僕の傷も、やはり「かまいたち」である可能性が高くなってきました。

この世に「かまいたち」なるものが存在するのかしないのか、それを信じるか信じないかはあなた次第です。

ちなみに僕が大学生の頃、「かまいたちの夜」というゲームソフトがあって結構ハマった記憶があります。

どんな内容だったかまではちょっと忘れてしまいましたが、久しぶりにやってみたくなりました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の誕生日3人衆)

①桑田佳祐【ご存じ日本を代表するミュージシャンです、歳を重ねてもあの歌声は変わりません】(65歳)

②三浦知良【現役最年長Jリーガー・キングカズは世代を超えてみんなのヒーローです、最年長ゴール期待してます!】(54歳)

③新谷仁美【突然の現役引退からの現役復帰、そして今や日本女子陸上長距離界の絶対的エースとなった彼女の五輪での活躍に期待大です】(33歳)

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

124年ぶりの「節分」。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

新しい年がスタートしてあっという間に20日余りが経ちました。

ここ連日は寒さも厳しく、積雪量もだいぶ増えて、北海道らしい冬になってきました。

先日、娘と王子は雪山でソリ遊びをして楽しみました。やっぱり子供は、冬は雪まみれになりながら遊ぶのが楽しいですよね。

さて、そんな今日は「大寒」です。

「立春」からスタートする二十四節気の中で、一番最後の24番目の節気が「大寒」です。

1年の中で1番寒い時期とされるのがこの「大寒」です。

確かに今日を含め最近は非常に寒いです。

そしてこの「大寒」の次にやってくる二十四節気が「立春」です。

今年の「立春」は2月3日です。

「えっ?ちょっと待ってよ、立春は2月4日だよね?だって2月3日は節分で、その翌日の4日が立春でなかったっけ?」とお思いの方もいるのではないでしょうか。僕もそう思っていました。

確かに「立春の前日=節分」、それは変わることない決まりです。

しかし実は今年はいつもとはちょっと違うんです。

今年は立春が2月3日で、節分は2月2日なのです。

「えっ?節分とかってその年によって日にち変わるの?」と思った方もいると思います。

何と実はそもそも二十四節気じたいが、日付が固定されたものではなく変動するものなのです。

なので、立春の日にちが変わればおのずと節分も変わるのです。

では、なぜ今年の立春はいつもとは違って2月3日なのか?

そもそも季節は春夏秋冬と変化しますが、それをさらに春分や秋分といった二十四節気に分けてその変化を表現しています。

季節が変化する理由は地球が傾いた状態で公転しているためで、例えば日本では北極側が太陽を向く時期は夏になり、南極側が太陽を向く時期は冬となります。

地球が太陽の周りを1周すると1年ですが、1周にかかる時間は厳密にいうと365日ではなく365日と約6時間かかるそうです。

そのわずかなズレを調整するためにあるのが、皆さんご存じの4年に1度ある「閏年」(1年=366日)です。

しかし、地球が立春の位置を通過する時間単位でみるとわずかにそのズレを調整できない場合もあり、立春の日付が前後するということです。なので、立春が2月3日になることもあれば、2月5日なることもあり、それに伴い、節分も2月2日なることもあれば、2月4日になることもあるそうです。

僕の中では「立春は2月4日で、節分は2月3日」という固定概念があったので正直ビックリです。

たぶん、生まれてから一度もこんなことはなかったと思うので・・・

確かに節分が2月2日になるのは、1897年(明治30年)以来124年ぶりのことだそうです。

124年って、ギネス世界最高齢の方が現在118歳で1903年(明治36年)生まれなので、人類でこの124年前の節分を体験した人はいないということになります。

ちなみに、2月4日が節分だったことは37年前の1984年(昭和59年)にあったそうです。

僕が9歳、小学3年生の時ですが、全くそんな記憶はありません(笑)

Setubunfi5

今年の節分は2月2日ですので、皆さんも「豆まき」をする日を間違いないようにしてくださいね。いつも通り3日にまいてももう鬼はいませんので。

ちなみに来年以降の節分はどうなるのかと申しますと、立春が2月4日に戻るので節分も2月3日に戻ります。ただし、しばらくは閏年の翌年の立春が2月3日なるそうで、そうなると2025年と2029年はまた節分が2月2日になるみたいです。

だいぶ先になりますが、2057年と2058年は例外的に2年連続で2月2日が節分みたいです。何か覚えるの大変なので、もうそのへんは近くになったら思い出しましょう。その頃は僕も82歳と83歳、憶えているかな・・・

今日は例年とはちょっと違う今年の節分のお話をさせていただきました。

節分だけに「豆知識」なんつって(笑)

お後がよろしいようで。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)小鴨由水→光岡知足(みつおか・ともたり)

Mitsuoka2015

日本が誇る微生物学者で、腸内細菌学という新しい学問を世界に先駆けて確立した、その分野においてはパイオニア的な存在です。現在91歳です。

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

見ると幸せになれる。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

6日ぶりの更新ですが、依然、コロナの脅威がおさまりません・・・

おさまるどころかその勢いはさらに増し、遂に7都府県に緊急事態宣言が発令されました。

そして僕たちの住む北海道では、その余波で、感染拡大の第2波がやってこないか恐怖に怯えています。

観光産業が主要の1つである北海道なので、道外の方に「来ないで欲しい」とは言いずらいものがありますが、ただ、今だけは本当にお願いですから「北海道に来ないでください!」

北海道出身の方も帰省したい気持ちは分かりますが、今はどうか帰省せずに耐えてください。

北海道だけでなく、今ここで人が全国各地へ移動すると、さらなる感染拡大が起き、緊急事態宣言など何の意味も持たなくなります。

どうか、今は日本が1つになって耐え抜きましょう。

終息を少しでも早くするためには、とにかくじっとして耐えることが最善の近道です。頑張りましょう!

そんな中ですが、コロナのことをまだあまり理解することもできない、我が家の3歳の王子は今日も元気に過ごしています。

新学期になり保育所にも行き始めましたが、マスクも嫌がらずにちゃんとして行ってくれています。

そんな我が家の王子が一番大好きなもの。

それは「ドクターイエロー」です。

皆さんご存じですか「ドクターイエロー」?

Puffer8_20200409164601

以前も何度かお話したことはあると思いますが、「ドクターイエロー」は黄色い色をした新幹線です。

小さい頃からとにかく電車が好きな王子ですが、その王子が一番好きな電車が「ドクターイエロー」です。

3歳になった昨年の夏頃から、急に「ドクターイエロー!」と騒ぎ出したのですが、我が家にはその時には「ドクターイエロー」の玩具や本やDVDなどは一切ありませんでした。

よくよく考えたら、保育所に玩具や本があったので、きっとそれがきっかけでハマったのだと思います。

今では毎日、暇さえあれば「ドクターイエロー」の話をします。

玩具や本やDVDもたくさんあるので、常に一心同体です。

飽きないのかな・・・と思うほど黄色に染まっています。

Dsc_8886

プラレールで線路を組み立て、毎日遊ぶ王子です。

Picsart_0409033050

毎日「ドクターイエロー!」と叫びながら大興奮しています。

僕も最近まで「ドクターイエロー」というものがどういうものかよく知りませんでしたが、王子のおかげで詳しくなりました。

「ドクターイエロー」は、新幹線区間の線路のゆがみや架線の状態、信号電流の状況などを検査しながら走行する新幹線です。

その名の通り「新幹線のお医者さん」なので、「ドクターイエロー」と呼ばれているそうです。

「ドクターイエロー」を見ると幸せになれるという都市伝説があります。

いつ見れるかわかりませんし、どこを走るかもわからないので、見ることができたら超ラッキーなので、そう言われているのでしょう。

現在の「ドクターイエロー」は923形という種類で、JR東海とJR西日本で運行しているそうです。

王子にも一度は見せてあげたいけど、いつどこで走っているのか分からないのでは、本当に運に任せるしかないです。それも北海道を出て旅行に行かなければならないです。

まずはコロナがおさまって、数年経ったら、見せに行きたいです。

今日も遊び疲れて眠った王子ですが、きっと夢の中で「ドクターイエロー」に出会えていることでしょう。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)鴻野淳基→キリアコス・パパドプーロス

Puffer11_20200409164801

ギリシア出身のサッカー選手で、現在の所属クラブはドイツのハンブルガーSVです

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

最後の「体育の日」

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

今日は三連休最後の日「体育の日」でした。

「体育の日」といえば、毎年沢山のスポーツイベントが全国各地で行われますが、今年は台風19号の影響で多くのイベントが中止を余儀なくされたと思います。

自然の猛威を痛感するとともに、被害からの少しでも早い復興を願うばかりです。

そんな「体育の日」ですが、実は今年が最後の「体育の日」であること、皆さんご存知でしたか?

Puffer2_20191014234201

実は僕もつい先日まで知らなかったのですが、何気なく来年のカレンダーを見ていたら、10月にいつもあるはずの「体育の日」が無いんです。

それどころか祝日じたいがない!これは何かの間違いじゃない?と思い調べたら、来年から「体育の日」は「スポーツの日」という名称に変わり、しかも来年に限り7月にあるのです。

そもそも、「体育の日」というのが始まったのが1966年で、その2年前に開催された東京五輪の開会式が行われた日にちなんで、10月10日を「体育の日」と定めたそうです。

その後、2000年に祝日法を改正し、いわゆるハッピーマンデーにするために、10月第2月曜日を「体育の日」にしました。

そして来年2020年は、皆さんご存知の東京五輪が開かれます。

その開会式が行われる日が7月24日、この日が来年からスタートする「スポーツの日」です。

そして再来年の2021年からは、また10月の第2月曜日を祝日にして「スポーツの日」となります。

僕ら昭和生まれからすると、「体育の日」という響きがもう聞けないのは何か寂しい気もしますが、これも「令和」という新世代の象徴かもしれませんね。

いずれにしても、年に一度、日本中で運動を楽しむ記念日があることは良いことではないでしょうか。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「白」=体育の日にちなんで、運動会は基本紅白に分かれると思いますが、僕はどちらかというと「白組」が好きでした。

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

平成最後の「大安」。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

30年間に渡り続いた「平成」という時代も、いよいよ残すところあと5日となりました。

慣れ親しんだ時代に別れを告げ、「令和」という新時代がまもなく幕を開けます。

そんな歴史的な瞬間を目の当たりにすることができるのは、とても幸せなことです。

さて、そんな今日は非常に風の強い1日でしたが、実は今日は平成最後の「大安」の日だったのですが、皆さんお気づきでしたか?

Puffer5

「大安」、婚礼や引越をはじめ、祝い事や新しいことを始めるのに良い日とされている日です。

最近の若年層はあまり気にしないかもしれませんが、ある程度の年齢を重ねた世代では結構、「大安」は気にする方が多いかもしれませんね。

そんな「大安」、平成では今日が最後の大安ということもあって、今日入籍されたり、今日何か御祝いごとをされた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

実は我が家も今日、その「大安」にあやかって、ちょっとした出来事をしました。

気にしなければ気にならないのかもしれませんが、何となくこういった日本古来からの習慣や風習は受け継いでいきたいですね。

「令和」という元号は万葉集が由来になっているわけですから、「令和」になっても日本古来の習慣や風習、あるいは伝統、そういったものを守り続けていくことも大切なのかもしれませんね。

残りわずかな「平成」を思う存分楽しみ、そして「令和」という時代に足を踏み入れていきましょう。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「赤」=「大安」は赤いイメージです。

 

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

ダブルソーダーまでもが・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

最近、コンビニやスーパーなどで「ポテトチップス」をよく見かけるようになりました。

以前もこのブログで取り上げたように、ポテチの原材料でもある「じゃが芋」の不足により、一部の「ポテチ」の商品が販売休止になりましたが、見事に復活を見せてくれました

販売が終了した商品も一部ありますが、幼い頃から「ポテチ」に慣れ親しんだ僕にとっては、「ポテチ」が姿を消さずに残ってくれることは非常に嬉しい限りです

その「ポテチ」の話題の直後に、今度は明治のロングセラー商品「カール」が、東日本(中部地方以東)で販売終了するという、これまたショッキングなニュースも耳にしました

Capt02241

8月分の生産分をもっての販売中止ですから、まさに今月の生産をもって、東日本では「カール」が店頭から消えるということになります。

もちろん、西日本に行けば買うことはできるわけですが、食べたい時にすぐに近所のコンビニに買いに行こうということができなくなるということです

5月にこのことが発表されると、店頭からカールが一斉に消えて、しばらくお目にかかることがありませんでしたが、先日久しぶりに店頭で「カール」見かけて、思わず購入して食べちゃいました

何年経っても変わらない味は、やっぱり美味しかったです

もうすぐ、買うことができなくなるのが悲しいです・・・

そしてもう1つ、昔から慣れ親しんだ食べ物が消えてしまいます。それは・・・

52ee44eb

「ダブルソーダー」です

僕が子供の頃からあるこのアイスは、1つのアイスに棒が2つついているので、真ん中で2つに割ると2本になり、お得感があるアイスで、しかも値段が安いのも魅力で、子供の頃から大好きでした

しかし、この「ダブルソーダー」までもが、販売を終了してしまいました・・・

販売終了の理由は、販売量の減少だそうです

確かに最近、そんなに口にする機会は僕自身も減ってはいました。

どうしても他のアイスに目が行き、「ダブルソーダー」に手を出すことは減っていたかもしれません

でも、忘れた頃に無性に食べたくなるのが「ダブルソーダー」だったので、今となってはもっと食べておけばよかったな・・・と後悔ばかりが残ります

今年になって、幼い頃から慣れ親しんできたヒット商品たちが姿を消し、何だかとても寂しい気持ちに包まれていますが、どれだけのヒット商品でも「時代の流れ」には勝てない、そんな時代になってきたのかもしれませんね。

僕が子供の頃に、お菓子やアイスの思い出を作ったように、息子にも、きっとそんな思い出のお菓子やアイスがこれからできるんでしょうね。

そんなことを思いながら、今日は眠りに就くことにします

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

ポテチロス・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

更新が1週間ぶりになってしまって、申し訳

何か病気になったというわけではありませんので、ご心配なく

ここ数ヶ月の僕の体調からいくと、あながち、あり得ない話ではないですからね(笑)

さて、この1週間は天候の変化がめまぐるしかったですね

6月下旬や7月上旬並みの20℃を超える日が続いたかと思えば、4月も下旬になるというのに雪が降ったりと・・・

温度差が一日で10℃以上も変わる日もありましたから、皆さん体調管理に大変だったのではないでしょうか

僕もそろそろ夏物の服とか出そうかと思っていましたが、これではまだ少し早いみたいですね。

この悪天候の影響で、農家さんでは作物の蒔きつけ作業が例年よりも遅くなりそうです。

この時期は「ビート」や「じゃが芋」の植えつけが行われる時期ですが、この状況ではまだ見通しが立たないようです・・・

そんな状況下ですが、最近のニュースでも話題になっていますが、昨年北海道を直撃し大きな被害を出した台風の影響で、「じゃが芋」不足が深刻化しているようです

その影響を受けて、あの「ポテトチップス」の一部商品が生産中止となるという衝撃のニュースを耳にしました

ポテチの大手メーカーである「カルビー」と「湖池屋」が先日、一部商品の販売中止・一時休売を発表しました。

20100912_1991352

子供から大人まで、幅広い年代で人気のあるポテチが店頭から消える日が来るとは、全く想像もしませんでした・・・

僕もポテチは大好きなので、このニュースには正直ショックを受けています

「ポテチショック」というか、今風にいえば、「ポテチロス」です。

カルビーの発表では、生産が完全に中止になるのが、「フレンチサラダ」「しょうゆマヨ」「梅味」「こんぶしょうゆ」「瀬戸内レモン味」「博多めんたいこ味」「九州しょうゆ」だそうです。

「フレンチサラダ」なんかは僕が子供の頃からあり、慣れ親しんだ味ですし、「こんぶしょうゆ」とか「九州しょうゆ」は、最近僕も妻もよく食べていてお気に入りの商品でした。

それがもう食べれなくなっちゃうんですね・・・

一時休売の商品については再販売されることもありそうでうが、販売中止の商品はもう二度と復活はないのでしょうかね?

何年後になってもいいので、できれば復活を待ちたいところです。

そのためには、まず、昨年大きな被害を受けたこの我々十勝の大地で、少しでも多くの「じゃが芋」を生育していかなければなりません。

被害の大きかったところでは簡単なことではないと思いますが、日本中のポテチを待っている方達のためにも、北海道のじゃが芋の復活を応援しましょう

Dsc_0729

実は今日、「しょうゆマヨ」を食べました美味しかったな~

この商品も販売中止商品なので、今までは当たり前だったこんな光景もなくなってしまうんですね・・・

1492731241499_2

「パパ何食べてるの?僕も早くそれ食べたいよ~」

息子もいつかポテチを食べる時がやってくるでしょうが、その時は今までとは違い、食べれる味が限定されちゃうんですね。

ポテチロス、もしかすると、今年一番あとをひきそうな話題です

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

超月!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

早いもので、気がつけば11月も半ばへと差し掛かり、今年も残すところ1ヶ月半となりました

本当にいつも思いますが、時の経過は早いものですネ。

そんな今日ですが、皆さん夜空を見上げましたか?

皆さんも新聞やニュースなどでご存じだったとは思いますが、今日は満月が地球に大接近する「スーパームーン」でした

この「スーパームーン」、前回見れたのが何と1948年ということですから、実に68年ぶりの出来事だそうです。

天気予報では夜は曇りということでしたので、「見れないのか~残念・・・」と思っていましたが、雲間が晴れて「スーパームーン」を見ることに成功しました

Dsc_0017

これが68年の時を超えて訪れた「スーパームーン」です!

と一緒に3人でこの奇跡の瞬間を見れて、本当にラッキーでした

本当に月がいつもよりも大きく感じられ、月明かりが辺りを明るく照らしていて、幻想的な光景でした

次にこの「スーパームーン」を見れる頃には、もう100歳も超えているだろうし、生きていないだろうな~と思っていましたが、次に「スーパームーン」が見れるのは18年後と、意外に近い未来でしたなので、また拝見できそうです

その頃、娘は22歳、息子は18歳、ちなみに僕と妻は60歳!うわっ!還暦!(笑)

18年後、娘に今日の「スーパームーン」を見た時のことを話しながら、また家族4人で見れることを楽しみにしています

1478820161550

まだこの子には今日の出来事は記憶にないでしょうが、スーパームーンの影響なのか、今日はいつも以上にニコニコしていたような気がします

娘もなぜか今日はハイテンションでしたこれもスーパームーンの影響だったのかな?

まさに、色んな意味で「超月!」(スーパームーン)です

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

ヘルパンギーナ。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日の十勝地方は30℃を超える「真夏日」となり、夏男現役日本代表でもある僕の鼓動はさらに高鳴りを覚えています

あと数日間は、この「真夏日」が続くようですから、くれぐれも暑さ対策をお忘れなく

さて、そんな夏真っ盛りの今日この頃ですが、今、首都圏を中心に「ヘルパンギーナ」なる感染症が流行しているそうです

「ヘルパンギーナ」、僕は初めて耳にする名前ですが、早く言っちゃえば「夏風邪」というやつです

「ヘルパンギーナ」とは急性のウィルス性咽頭炎で、症状としては38度以上の急な発熱と口の中にできる小さな水ぶくれが特徴だそうです

毎年5月頃から徐々に患者が増加し始め、7月~8月にかけてピークを迎えるそうですから、まさに今が流行の真っ最中ということです。

そしてその患者の年齢層は、5歳以下が90%を占めるというのですから、小さいお子さんをお持ちの方は要注意ということになります

実は、先日我がも夏風邪をひきまして、もうすっかり元気にはなっているのですが、まだ鼻水が少し出ているのと痰が少し絡んでいるので、完全には治っていないのかもしれません。

最近はひきませんが、僕も昔は何度か「夏風邪」をひいたことがありますが、「夏風邪」というやつは結構長引くので厄介なやつです

外は暑いのに、それに輪をかけて体が火照るので、本当に「夏風邪」はしんどい思い出があります。

現在、首都圏ではこの「ヘルパンギーナ」の流行がピークを迎えているようで、患者数過去10年で最も多いというデータが出ているそうです

空気が乾燥して菌が繁殖しやすい冬だけがウィルスの脅威があると思いきや、実は夏でもその脅威があるのですから、季節に関係なく「手洗い・うがい」などの感染予防が必要ですね

特に、我が家のように小さい子供のいるお宅では、家族みんなで予防に努めましょう

今日は今、流行している夏風邪「ヘルパンギーナ」についてお話させていただきました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

夏にかける短い命。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

いや~今日は暑かったですね~

十勝地方は「真夏日」まであと一歩というところまで迫ったようで、ようやく僕の待ち望んでいた真夏の太陽が戻ってきたようです。

この暑さは明日も続き、明日は「真夏日」になるかもしれませんので、熱中症や食中毒などにもくれぐれもご注意を。

そんな暑い季節がやってきたここ最近、奴らの鳴き声がより一層耳に響くようになってきました。

その奴らとは「蝉」です。

我が家の目の前には緑が生い茂っているので、雑木林にいる蝉たちがこれでもかと朝から羽音を響かせています。

実は先日「男爵村」に行った際に、隣りの「果実園」の草取りをしていた時のことですが、土の中にいる「蝉」の幼虫を発見しました。

まもなく地上に出て羽化する準備をしていたのかもしれないので、ちょっとお邪魔をしちゃったかもしれません。

よく、「蝉」の一生は「1週間」とか言われ、非常に「短命」とも言われます。

でも、実は「蝉」は地下にいる幼虫の期間が異常に長く、長いものでは15年以上も地下で生きているものもいるそうです。

そして幼虫から成虫になり、鳴き声を響かせている期間も実は「1週間」でなく、「1ヶ月」程はあるそうです。

「1週間」というのは、仮に「蝉」を捕まえて人間が飼育しようとした場合の寿命のようで、「蝉」は樹液など栄養源にしているために自然界での生活以外では短命になるために、そのように言われているというのが真実のようです。

夏にかけるその短い命というのは、実はそれなりに長く、地下での幼虫時代の生活を含めれば、他の昆虫と比べても逆に「長寿」の生き物であるといえます。

ただ、暑い夏に全身全霊をかけるという意味では、その命は短いのかもしれません。

明日も朝からおそらく、夏にかける蝉たちの熱い思いが、鳴き声となって響いていることでしょう。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧