友達・知人

2024年3月15日 (金)

夢のツーショット。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

3月も中旬に差し掛かり、春の気配がそろそろ感じられる季節となってきました。

そんな今日3月15日は中学校の卒業式が各地で行われました。

「15の春」は、まさに「青春」の季節です。

そしてここでそれぞれの進路が分かれ、小さな頃から共に育ち共に学んだ友人たちとの「別れ」の季節でもあります。

こうやって言葉にしているだけでも、なんだか今僕は泣きそうです・・・

歳のせいですかね(笑)

僕自身の中学校の卒業式は今から34年も前のことになりますが、いまだにしっかりと記憶にあります。

友達や先生との別れ、学び舎との別れ、春のポカポカ陽気に包まれながら、校舎のスピーカーから流れるプリンセスプリンセスの『M』を聞きながら、友達や先生たちと「写ルンです」で記念撮影をしたことを思い出します。時代を感じますね(笑)

今、小学5年生の我が娘にとっては4年後にその瞬間が訪れます。

きっと4年なんてあっという間なんでしょうね。

そしてすぐに高校を卒業し、そして大人になっていってしまうんでしょうね・・・

だからこそ、僕は今この瞬間、子供達と思い出を作れることはたくさんしていきたいと思っています。

この瞬間は、今しかないので。

そんな卒業シーズン真っ盛りの中ではありますが、先日、高校を卒業したばかりのYざん(友人Hこの息子さん)が、王子(僕の息子)にアイスホッケーを教えに来てくれました。

王子はYざんとホッケーができるのが楽しみだったみたいで、『あと何時間でくるの?あとどれくらい?』と何度も何度も僕に聞いてきました。よっぽど楽しみだったんでしょうね。

白樺学園で3年間活躍したYざんのプレーは本当にカッコ良くて、見ていた僕も妻も大興奮でした!

まさに『スターが来たーー』という感じでた!

Picsart_240315_094606756

限られた僅かな時間でしたが、Yざんは王子にスティックさばきや、シュートの仕方、スケーティングなど丁寧に色々と教えてくれて、本当に嬉しかったです。

きっと王子には忘れられない一生の思い出になったことでしょう。

そして、Yざんを赤ちゃんの頃から知ってる僕にとっては、本当にその成長した姿にグッとくるものがあり、時の経過の早さを痛感するとともに、HことRえのもとで本当に素晴らしい人間に成長したことがひしひしと伝わってきました。

Yざんの兄のWくもそうですが、「子は親の背中を見て育つ」まさに素晴らしい家族です。

本当にHこ家に出会えて幸せだと僕も妻も心から感謝しています。

僕が知っている無邪気に木馬に乗って笑っているYざん、そんなYざんが十数年後、僕の息子とアイスホッケーのリンクで一緒に滑っているなんて、まさに「夢のツーショット」でした!

この写真は一生の僕の宝物です。

Yざんは今月から親元を離れ道外の大学へ進学します。

Yざんの新たな旅立ちにエールを送ります、頑張れYざん!遠くから応援しているよ!

そんな今日は昔懐かし、MVD時代の幼きYざんの写真を掘り出したのでご紹介したいと思います。

090106_214147

左下でRえに抱っこされている赤い服の子がYざん、その右斜め上の子がWくです。

今から14、15年前の写真だと思いますが、当然のことながら小さい(笑)そしてみんなも若い(笑)

この写真を見ると改めて歳月を痛感します。

ついでといってはなんですが、ほかにも当時の写真が何枚かあるのでまとめてご紹介します。

090303_213138

090602_214651

091201_205911

110716_205747

いや~懐かしいですね~

そして思い出してもこの頃は本当に楽しかったですね~

みんなでミニバレーをしておしゃべりして、本当に楽しい時間でした。

みんなそれぞれ歳を取り、あの頃の若さはありませんが、お互い子供達も大きくなり巣立っていくようになったこのタイミングに、MVDのミニバレー復活!これは実現化もありですね!

そんな遠くない未来にその日が来ることを願って、今日のブログを終わりにしたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の昭和の有名人しりとり)

「バイソン木村」→「乱橋幸仁」

1980年代後半~1990年代にかけてプロ野球・ヤクルトスワローズで主に中継ぎとしてプレーした左腕投手です。北海道根室市出身で高校は旭川大学高校でした。

| | コメント (4)

2021年10月28日 (木)

友よ・・・

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

今日話すことについて、僕の中でずっとブログで触れるべきかどうか迷っていました・・・

でも、自分の中である程度心の整理がつき、僕の中では既に心では伝えてはいますが、文字として伝えたいことがあり、書くことにしました。

先月、僕の友人が病気でこの世を去りました。

47歳、あまりにも早い生涯でした。

その一報を聞いた時、あまりのショックで頭が真っ白になり動揺しました。

数日経っても現実を受け入れることがなかなかできず、既に遺骨になっていた彼の前で手を合わせても、心の整理ができませんでした。

出会ったのは18歳の時、大学に入学し同じサークルで初めて顔を合わせた時です。

スポーツ万能で頭も良く、そして人をまとめるリーダーシップもあり、周囲に気配りのできる素敵な同級生でした。

明るくひょうきんで、そしてオシャレで、おちゃめなところもあり、数えきれない程の面白エピソードもあります。

大学時代に彼が『バイクの免許を取る』と言った時、『カッコイイなー』と思いましたが、実際に免許を取ってバイクに乗って登場した時は、さらにめちゃくちゃカッコよかったことを憶えています。

大学卒業後も、朝野球やミニバレーなどで共に汗を流し、お酒を飲んだり、美味しいものを食べたりして数えきれない程の楽しい時間を共有しました。

しかし、もう彼とその時間を共有することはできない・・・

彼の笑顔や優しさに触れることもできない・・・

もっともっと、彼と話がしたかった・・・

人と話すことが大好きで、マシンガンのように話をする彼の言葉には、ちゃんと意味があり筋道が通っていて、なおかつみんなを楽しませてくれて場を盛り上げてくれました。

だからいつも彼の周りには人があふれ、いつも笑顔が絶えませんでした。

思い出すのは18歳の時、お互い慣れない一人暮らし生活の中で、初めて彼の家に遊びに行った時のことです。

彼の家にアリが出るらしく、しばらくアリの話をして、お互いの恋愛観や人生観を語り合ったことを憶えています。

そのあと近くのラーメン屋さんに行き、ラーメンを美味しそうに食べながら、ラーメンについて熱く語っていた彼の姿を今でも思い出します。

あれから28年、振り返ればあっという間の時間でした・・・

また彼とラーメンを食べに行きたかった・・・

今から18年前になりますが、彼が新婚旅行でヨーロッパに行った際にTシャツをお土産で買ってきてくれました。

僕は今もそのTシャツを大切に着させてもらっています。

これからはこれを着るたびに、きっと彼がそばにいるように感じると思います。

今日は彼が亡くなって四十九日です。

今日から仏のもとへ、そして極楽浄土へ向かったことと思いますが、今もきっとどこかで僕たちのことを優しく見守っていてくれると思います。

友よ、どうか安らかに、そして天国でもたくさんの人に楽しさと笑顔を分け与えてください。

あたなのことは、いつまでもいつまでも僕の心の中で生き続けています。

なので、これからもずっとずっとよろしくね。

友よ、僕は心からあなたのことを慎の友だと思っています。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の誕生日三人衆)はお休みいたします。

| | コメント (2)

2015年8月 5日 (水)

最後の夏の夢舞台♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

いや~暑かったですね

それもそのはず、今年一番の暑さが十勝を襲い、帯広では36.5℃、池田町では何と観測史上最高の37.1℃を記録しました

37℃って異次元の世界だと思っていましたが、これからはそんなことが何度もやってくるのでしょうかね・・・

とにかく、今年の夏は暑いですから、体調管理にはくれぐれも注意してくださいね

そんな十勝の暑さに負けないくらい暑い夏が、明日からいよいよ始まります

そうです!夏の風物詩ともいえる、高校野球夏の全国高等学校野球選手権大会が明日、阪神甲子園球場で開幕します

50708154_d0f790213b

今年は高校野球が始まってから100年という節目の年で、大会前から色々とメディアでも取り上げられ、国民の関心も高くなっています。

そんな記念すべき大会には、今年も全国から注目の球児たちがやってきます。

中でも一番の注目は何といっても、スーパー1年生、早稲田実業の清宮君です。彼については、僕もこのブログで数年前にいち早くご紹介したところですが、まだ中学生だった彼も早いもので高校生になったんですね

将来の日本プロ野球界を間違いなく背負っていく逸材の活躍を、皆さんもぜひともご覧になってくださいね

他の注目選手としては、投手では東海大相模の小笠原君吉田君のダブルエース、春夏連覇を狙う敦賀気比の平沼君、野手ではナイジェリア人の父を持つ関東一のオコエ君の快足ぶりも楽しみですし、天理の船曳君のシュアの打撃も魅力的です。そして清宮君ほどの注目は集まっていませんが、九州学院の1年生4番バッター村上君にも僕は注目しています。

いずれにしても明日からの熱戦、高校野球好きの僕としてはまたテレビの前から離れられない2週間がやってきました

そんな「甲子園」という球児たちの夢舞台に、僕の友人の娘さんが出場しますとはいっても、吹奏楽部という立場で

実は僕の友人29さんの娘さんは、白樺学園高校の吹奏楽部に所属しておりまして、高校3年生の夏、遂に憧れの甲子園のアルプススタンドに立つという夢が叶ったのです

甲子園で演奏することに憧れていた娘さんにとっては、最後の夏の夢舞台広い広い甲子園球場で思いっきり最高の演奏をしてきて欲しいです

幼い頃から娘さんのことはよく知っているだけに、何だか家族のように嬉しい気持ちでいっぱいです

当日は29さんも甲子園へ足を運ぶみたいですから、29さんがテレビに映らないかもチェックするのも楽しみです

29さんは「超」がつくほどの阪神ファンなので、まあ甲子園は自分の庭みたいなものですから、もう慣れたことでしょうけどね

白樺学園の試合は、明後日8月8日(土曜日)の第4試合です相手は山口県代表の下関商業です。

白樺学園の選手たちにも、悔いのないよう「甲子園」という大舞台で思いっきりプレーしてほしいです。

頑張れ!白樺学園!

頑張れ、29さん娘!そして、29さんも甲子園楽しんできてね!

001

澄んだ青空、映える緑の芝生、燦々と降り注ぐ太陽のもとで、甲子園名物の“かちわり”、あ~あ想像しただけでも楽しそう

僕もいつか、甲子園に高校野球見に行くぞ

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月31日 (火)

中居君に感謝。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

いや~今日はシビれましたね

甲子園球場で開催されている、春の選抜高校野球大会準決勝、我らが北海道代表の東海大四が、一昨年の優勝校でもある浦和学院を「3対1」で破り、見事に決勝戦へと進出を決めました

北海道勢としては1963年に準優勝した北海高校以来、実に52年ぶり、およそ半世紀ぶりの快挙です

思わず今から10年前の2004年と2005年に夏の選手権で連覇を成し遂げた、あの駒大苫小牧のフィーバーを思い出してしまうほどの、盛り上がり方です

正直、東海大四が決勝に駒を進めるとは、ほとんどの高校野球ファンは予想していなかったと思います。それは北海道民である僕ですらも、応援はしていても、まさか決勝まで勝ち進むとは思っていませんでした

明日の決勝戦は、あまり余計なことは考えずに、とにかく「無心」で自分たちの野球をすることだけを心掛けて頑張って欲しいと思います

そうすれば、おのずと結果がついてくると思います

どうか「紫紺の大優勝旗」が北海道へ渡ってくることを願っています

さて、そんな今日はもう1つ「熱くなる」というか、笑いすぎて体が「熱くなる」ことがありました

実は今日の夜、TBS系列で放送されていた『UTAGE』という音楽番組の特番に、ある大物歌手が登場しましたその人物とは!

20150331_231441

ご存知、チャゲさんです

テレビの出演は5年ぶりらしく、非常に楽しそうに歌っていました

でも、我が家、特にには、チャゲさんが出ているという感覚がなく、友人Hこがテレビに出ているとしか思えませんでした

20150331_231435

帽子にサングラスですが、どこからどう見てもHこにしか見えません(笑)

20150331_231428

こういったちょっとした動きや仕草、その1つ1つも、何かHこにそっくりで、我が家ではチャゲさんが登場するたびに爆笑の渦でした

20150331_231422

一緒にテレビを見ていたも、「Hこのおじちゃん!」とニコニコしながら見ていました。

しまいには「Yざんはいないの?」と、Hこの息子さんの名前を出し、完全にチャゲ=Hこを理解していたようです

20150331_231415_2

Hこは、いえチャゲさんは名曲『ふたりの愛ランド』を含めて3曲を歌ってくれましたが、本当にその姿は楽しそうでしたし、イキイキしていました

もっともっとテレビに出てもらって、その活躍ぶりを多くの人に見せて欲しいですね。

たぶん、そのたびに我が家では「Hこが出ている」となって大爆笑の空間になるでしょうけどね

チャゲさんは今日の番組内で「ギターが歌ってるんですよ」という名言を残してくれましたが、呼んでくれた司会のSMAPの中居君に「感謝」という言葉も何度も何度も言っていました。

本当ですネ、中居君に感謝です

今後も、Hこの、いえチャゲさんの活躍を祈っています。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月30日 (日)

先を越されちゃいました。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

先日のことです、友人Hこから1通のメールが届きました

そのメールには、Hこが監督を務める「アイスホッケー少年団」の子供たちと一緒にラジオ出演するという内容が書かれていました

一応、これでも「地タレ」を目指している僕としては、夢のラジオを出演をいまだに果たせていないので、 「先を越されちゃったなぁ~」といった感じです

でも、そのメールを見た時から、Hこの出演の瞬間が来るのが楽しみで仕方ありませんでした

やっぱり仲の良い友人がラジオに出るのって、ちょっとドキドキしちゃいますよね

その出演は今日の午前10時30分からということで、僕はと3人でラジオのチャンネルを放送される局の周波数に合わせてラジオの前に座り、準備万端で待ちかまえました

時計の針が午前10時30分をさすと番組が始まり、DJの方から少年団の紹介があり、そして選手ひとりひとりの自己紹介がスタートしました

全部で確か12名の子供たちが自己紹介をしたのですが、その中にはHこのお子さんであるWくYざんもおり、見事にハキハキとした自己紹介をしていました

しかしそんな中で、子供たちが話している隙間を縫って終始後ろから聞き覚えのある声が聴こえていました

それはまるで「ガヤ芸人」のように、次から次へととどまることなく僕たちの耳に聴こえてきました

もちろん、その声の正体はHこです

きっとHこなら何かやってくれるはずだという、僕と妻の期待を裏切らない活躍ぶりでした

その後も、DJと子供たちのトークが続き、最後の方で「質問タイム」のようなコーナーがあったのですが、「では、監督にも聞いてみましょうか?」ということになり、Hこに質問がされました

その質問は「今朝は何を食べましたか?」というものだったのですが、それに対するHこの答えは

「ビーフストロガノフ!」でした(笑)

僕たち家族は爆笑しましたが、でも、Hこ本来の力からしたらもっと笑わせれたような気がします。彼にはどうしても高い理想を求めてしまいますね

正直、この質問は難しい質問で、即座にボケるのも難題だったと思います。

やっぱり生放送ですし、いざその場にいると難しいんでしょうね。僕もいつかそんな緊張感を味わってみたいですが、さてさてどうやってラジオ出演までこぎつけようものか・・・

特にこれといってラジオ出演をするほどのPRするものがあるわけでもありませんし・・・

まあ何とか考えてみます

逆に僕自身がラジオのDJになるという方法もありますが、今の仕事を捨ててその道に進むほどの勇気も野心ありませんしね

もしかしたら夢は夢で終わるのかもしれません

いずれにしても今日は時間にして15分程でしたが、友人Hこに楽しませてもらいました

先を越されちゃいましたが、いつかラジオ出演を果たしたいと思う猫男爵でした

明日からは12月、「師走」がスタートします

2014年も残り1ヶ月ですが、悔いの残らないよう何事にも積極的に取り組んでみましょうね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

けったいな後輩、再び!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日の仕事帰り、車の中で聴いていたラジオで懐かしい歌が流れていました

Img6320638813765

ともさかりえのデビューシングル『エスカレーション』です

僕は特にともさかりえのファンというわけではないのですが、1996年に発売されたこの曲はなぜか良く耳にしていたので、非常に懐かしく感じました

最近はあまり頻繁にはテレビでは拝見しませんが、子役からデビューした彼女ももうすっかり大人の女性ですもね。

皆さんもこの『エスカレーション』は懐かしく感じるのではないですか

そんな懐かしい曲を聴きながらの帰り道、僕は自宅近くのコンビニに寄ることにしました

店内に入ると、僕の目にある人物の姿が飛び込んできました

その人物とは、僕の2つ年下の後輩でHかわAきらという、けったいな奴です。

彼のことについては以前にもブログでお話したことがあります(詳しくは2011年8月28日のブログを参照)

3年前のブログを振り返ると、彼はその当時も白いジャケットに白いズボンを着ていたようですが、何と今日もその時と全く同じ服装でした

というか、地元の知り合いなどの目撃情報から推測するに、彼はほぼ365日、その白いジャケットと白いズボンを着ているみたいです・・・

毎日着ているせいか、よく見ると「白」というか、黄ばんで「パール」か「クリーム色」のような感じになっていましたし、少し汗臭い悪臭も漂っていました

子供の頃から少し変わった雰囲気はかもしだしていましたが、それは大人になってからも変わっていないようです。

というか、さらにその“変人”ぶりは増しており、少し間違えれば何か猟奇的なことでもしかねない、そんなオーラさえ感じました

見た目は非常に“けったい”なんですが、一歩間違えれば「危険分子」です

まあ、何事もなければ良いのですが・・・

年齢は僕の2つ下なので、今年で38歳になるはずです。結婚しているとう話は聞かないので、独身でおそらく仕事も定職には就いていないようです。

謎が多過ぎて、それ以上のことは僕にも分かりませんが、今日はけったいな後輩に、再び遭遇してしまいました。

またもしかすると、遭遇する日が来るのかもしれませんが、黄ばんだジャケットが今度はどんな色に変化しているのかが見ものです。っていうか「洗濯しろよ!」って言ってやりたいところです。

本当にけったいな奴だ。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

我が家の話題を独占!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

ここ数日の風の強い寒い日から一転して、今日は久しぶりに初夏の暖かさが幾分戻ってきましたね

明日はさらに気温が上昇し、25℃の夏日が予想されています

朝晩の気温差も激しい日々が続きますので、くれぐれも体調管理には注意してくださいね

さてそんな中、一昨日のことになりますが、信じられない、そして凄く残念なニュースが届いてきました

「ASKAが覚醒剤所持で逮捕!」

以前から一部の週刊誌で疑惑が掲載されてはいましたが、心のどこかでそれは「嘘」であって欲しい・・・という願いが僕の心の中にもありました。

しかし現実はやはり、「クロ」だったんですね・・・

はASKAのファンなので、かなりのショックを受けています・・・

チャゲ&飛鳥(現在はCHAGE and ASKA)といえば、僕ら「アラフォー世代」にとってはまさにスター中のスターです

600151_1_f

1990年代前半のいわゆる「トレンディードラマ」全盛の時代に、彼らの曲が主題歌に起用され大ヒットを連発しました

出す曲、出す曲が凄く良い歌ばかりで、僕たち男子はカラオケに行けば必ずまずは「チャゲアス」の歌を歌っていました

そんな輝かしい「名声と栄光」に大きな汚点をつけてしまったASKAは、今どんな思いなのでしょう・・・

2014051800000003mai0009view

警察関係者の車両の後部座席から見えた彼の表情には、もはやスターのオーラは微塵も感じとれませんでした

幾度となく繰り返される芸能人による覚醒剤の使用、この連鎖はいったいいつになれば終わるのでしょうか?もはや終わりはないのでしょうか・・・

As20140518002590_comm

ASKAの逮捕をうけ、ソロ活動中のCHAGEは報道陣の前でコメントしました

「とにかくご迷惑をおかけたことをお詫びしたい」と、唇を噛みしめながら言葉を発する彼の姿は、見ていても非常につらいものがありました

きっと彼の中でも、長年苦楽をともにしてきたASKAのことを「信じたい」という思いがあったと思いますが、その思いも裏切られるという形に最後はなってしまいました

この彼の姿を見て、僕と妻はほぼ同時にある言葉を発しました、それは

「ねえ、これHこじゃないよね?」

「Hこ」とは、このブログにもたびたび登場する僕と妻の共通の友人です

近頃は「フジモンに似ている」ということで我が家では度々盛り上がっていましたが、それを遥かにしのぐ激似度には、僕も妻も思わず笑いが止まりませんでした

10114754570_s
 
輪郭、目、口元、そして髭の生やし方、どこをとっても、もはやHこさんにしか見えません

もっと言ってしまえば、兄弟や親戚といっても大げさではないような気もしてきました

実は以前から僕と妻との間では、「HこがCHAGEに似ている」という話題はありました。でも、それはたまにテレビなどで放送する大昔の映像、チャゲアスが『万里の河』を歌っている頃の若い頃のCHAGEを見て、「Hこに似ている」と話していたものでした。

Chage2_s

ところが現在のCHAGEを見てビックリ若い頃よりも、今の方がHこさんに激似だったのです

今、我が家では「ASKAの逮捕」というショッキングな話題でもちきりですが、それに関係した違う意味で、CHAGEに激似のHこさんが、今、我が家の話題を独占しています

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

ブルーライト・ヨコハマ♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は職場の飲み会があり、近所にある「Rッキー」という居酒屋に行ってきました

先程、ほろ酔い気分で帰宅しましたが、既に布団の中でスヤスヤと寝息をたてて眠るの顔を見ていると、とても心が癒されました

「Rッキー」はこれまでにも何度かこのブログでも登場したことのある居酒屋ですが、そこのマスターが2年前に病気を患い、店をいったん閉めたことは以前もお話したと思います。

その後、本調子ではないものの体調も戻り、お店の方も前のように賑わしくはありませんが、不定期で予約のある時だけ開けているようです

ちょうど1年ぐらい前に、病院から退院してきてマスターにコンビニで会った時は、口では「元気だよ」と言っていましたが、明らかに体重も落ちて痩せており、病魔に襲われたその痛々しさが伝わってきました

しかしそれから体調がだいぶ良くなったのか、今日会ったマスターの姿はだいぶ“ふくよか”になり、顔色も以前のマスターに戻っていました

話をしていても「本当に病気をしていたのかな?」と思うほど、以前のような元気があり、僕としてはホッと胸を撫で下ろしています

ただ、実際のところは大好きだったお酒をやめたり、車も手放して運転もしないようにするなど、以前と同じような生活スタイルではないようです。

60歳半ばになったせいか、心なしか顔のしわも増え、老いも少し感じましたが、それでもその笑顔は以前と変わらない本当に優しい笑顔でした

追加のビールを頼んだ時、1人で全ての仕事をしているマスターを手伝おうと思い、サーバーの近くに行った時、「マスター大変でしょ、手伝うよ!」と声を掛けた僕にマスターは「大丈夫だよ、みんなが楽しく飲んでくれればそれでいいのさ。」と笑みを浮かべるマスターを見て、僕は思わず熱いものがこみあげてきました

何て素敵な人なんだろう、何でこんなに良い人に限って病魔は襲ってくるのだろう・・・と悔しい思いにもかられました。

みんながカラオケを歌って楽しんでいる中、みんなから「マスターの歌を聞きたい!」というリクエストがあり、マスターはいしだあゆみの『ブルーライト・ヨコハマ』を選曲しました

マイクから聞こえるマスターの渋い声が、僕の胸には熱く響いてきました

「街の灯りがとてもキレイね~♪」

マスターのその歌声は、これからもみんなが楽しく、そして自分自身も楽しくできるように頑張っていくという、その思いが伝わってくるようでした

今日は今まで聞いた色々な『ブルーライト・ヨコハマ』の中でも、一番心に響く『ブルーライト・ヨコハマ』でした

明日もそして明後日も、いつまでもマスターの優しい笑顔を見ていたい、そんな気持ちでいっぱいになった今日の飲み会でした

僕がそんな気持ちで酔いつぶれている中、我が家の元気印は今日も超元気だったみたいです

20131219_225443

名前を呼ぶと、元気に手を挙げて「は~い!」と返事をします本当に可愛くて愛しい娘です

僕はやや酔っ払いですが、今日もこれから家族3人で一緒に眠りに就くことにします

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 12月19日生まれ

YU-KI〔TRF〕(47歳)、反町隆史(40歳)、岩尾望〔フットボールアワー〕(38歳)、藤崎奈々子(36歳)、佐藤江梨子(32歳)、三浦皇成(24歳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

キャシー、ママレモン事件!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は昨晩からの激しい雨風が残る、荒れた天候の一日でした。夜中に、もの凄い轟音とともに地響きのような雷がありましたが、きっとどこか近くに落ちたのかもしれません怖かったです。

そんな今日は、我が家にKまちゃんMぐたんの仲良し夫婦が遊びにきてくれました

以前もこのブログでご紹介したことがありますが(詳しくは2009年11月22日のブログ『釧路の英雄!』をご参照してください)、Kまちゃんは知る人ぞ知る「釧路の英雄」です

Kまちゃん夫婦が我が家に来るのはその2009年以来4年ぶりのことで、会うのは僕達の結婚式以来3年ぶりのことになります

久しぶりに再会しましたが、2人とも変わらず元気で本当に楽しかったです

2人が我がと会うのはもちろん初めてですが、娘も最初は初めて会う2人に緊張していたようですが、すぐに打ち解けてニコニコしていました

Mぐたんの側に行き懐いていましたが、Kまちゃんは顔がデカすぎたのか慣れるまで少し時間がかかりました

Kまちゃんと僕のは昔、居酒屋で一緒に働いていたこともあり、昔の懐かしい話で盛り上がり「おもしろエピソード」を連発していました

ミニバレーの仲間でやっていた『すべっちゃうかもしれない話』の中でも度々登場しているKまちゃんは、とにかく面白いエピソードが多くて、いつも楽しい話で笑わせてくれます。本当に“素人”にしておくのがもったいない人物です

そんなKまちゃんになぜか久しぶりに会った感じがしないのは、9月にもブログでご紹介しましたが(詳しくは9月17日のブログ『北日本一、視聴率の獲れる男!』をご参照ください)、STVの『どさんこワイド』で元日本ハムの稲田直人氏が釧路を訪れた際のコーナーで、Kまちゃんの姿を見たからだと思います

何を隠そうKまちゃんは、日本ハムの応援団の釧路支部の幹部を務めており、稲田氏が収録に訪れた際もかなり活躍したそうです

ところが、約2時間の収録でしたが実際のオンエアは5分程度で、Kまちゃんと稲田氏の面白い絡みも全てカットだったそうです

放送されていればKまちゃんのおもしろさが全道に伝わったと思うのですが、非常に残念でなりません。きっと、面白すぎてテレビでは放送できなかったのかもしれませんね

そんなKまちゃんが今日懐かしい話を色々とした中で、一番のバカウケの話がありました

それは「キャシー、ママレモン事件!」という話です

昔、Kまちゃんが務めていたところの上司の自宅を訪れた際のことです

その家には「キャシー」という大型犬を飼っていたそうですが、Kまちゃんが家の前に着くと、その「キャシー」がなぜか“ぐったり”としていたそうです

そしてその後方にはなぜか「ママレモン」が置いてあったそうです。

Kまちゃんは上司に会い色々と話をしていると、その上司がこう切り出したそうです

「Kまちゃん、さっき、キャシーをママレモンで体洗ってやったよ!」と自信満々に・・・

Kまちゃんは思わず「えっ!」と思ったそうです

そうなんです、「キャシー」が“ぐったり”していたのは、ママレモンで体を洗われたからです

犬は匂いに非常に敏感ですから、きっと洗剤の強い匂いで神経がおかしくなっていたのだと思います。

良い子というか良い大人は絶対に真似してはいけませんよ犬を洗剤で洗うなんて・・・

これが「キャシー、ママレモン事件!」ですが、Kまちゃんはそれ以来「犬」を見ると全てが「キャシー」に見えるそうで、野良犬を見かけると「キャシー」と思わず呼んでしまうそうです

本当に『すべっちゃうかもしれない話』に即使いたいようなネタでした

「釧路の英雄」も気がつけば今年で38歳になりました

健康診断では「7年連続で引っ掛かった」と言っていたので、一刻も早く病院へ行った方が良いよとアドバイスしましたが、それはそれでKまちゃんが話すと楽しい会話に聞こえるのですから不思議なものです

他にも久しぶりに会った学生時代の同級生がプロレスラーになっていたとか、本当に楽しい話がたくさんありました

とにかく彼といると「笑いの空間」にいつも包まれるので、毎日でも話を聞いていたいくらいなのですが、遠く離れた釧路へ再び帰っていきました

今度は僕達がKまちゃんとMぐたんのところへ遊びにいくことを約束して、今日は久しぶりの再会を終えました

「釧路の英雄」健在!といった今日の楽しい時間でした

20131110_224116

娘も「釧路の英雄」に会えて楽しかったと思います2人が帰った後もニコニコ笑っていましたから。

ちなみに今日は、Mぐたんの誕生日でした。改めて、誕生日おめでとうございます

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 11月10日生まれ

糸井重里(65歳)、パリッシュ(60歳)、原日出子(54歳)、川島なお美(53歳)、清水宏次朗(49歳)、山田恵一(49歳)、伊藤一朗(46歳)、畠田理恵(43歳)、ザ・たっち(31歳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

北日本一、視聴率を獲れる男!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

昨日の「台風18号」の余韻がまだ残る今日は、まさに「台風一過」でした。暖かな陽ざしが降り注ぎましたが、強い風も吹くそんな一日でした

皆さんのお住まいの地域では、今回の台風による被害などに遭われていませんか?自然の猛威にはいつも本当に恐怖を感じてしまいますね

20130917_223813

今日は外もそんな天候でしたので、は一日中、とお家の中で過ごしました。たっぷりと汗をかいて遊びつかれたのか、ごくごくと水を飲んで喉を潤していたそうです

その姿はまるで、美味しそうにビールをゴクゴクと飲み干す妻のよう

将来、大人になってお酒を飲めるようになったら、娘もきっとかなりいい飲みっぷりなのでしょうね今から楽しみです(笑)

さて、昨日もこのブログで話題にした人気ドラマ『半沢直樹』ですが、一昨日の第9話の視聴率が発表されましたその数字は何と35.9%を記録しました

この数字は21世紀になってから、つまり2000年以降では5番目という高い数字です。この勢いで、40.0%という偉大な数字を叩き出した『家政婦のミタ』(2011年)超えもいよいよ現実化してきました

『家政婦のミタ』は最終回前の回が28.6%で、そこから驚異的な数字を記録したのですが、それに比べここまでコンスタントに視聴率を伸ばしてきた『半沢直樹』は、その伸び率から見ても、40.0%に届いても全く不思議ではありません

これは本当に日曜日の夜が待ち遠しくて仕方ありません

さて、ちょうど一週間前のことになりますが、実はの友人である「釧路の英雄」こと、Kまちゃんがテレビ出演しました

僕は仕事中でしたので、リアルタイムで観ることができませんでしたが、妻が携帯でテレビ録画しておいてくれたので、それを拝見しました

出演した番組は『どさんこワイド』で、ファイターズ特集で元日本ハムの稲田直人氏が、釧路を訪れて色々とレポートするという主旨の内容だったと思います(そのコーナーの詳細はあまり知らないので、間違った情報でしたらごめんなさい)

釧路を訪れた稲田さんは、釧路の港沿いにある大きな屋台のようなところで「ホタテ」や「さんま」などの新鮮な魚介類を食べて、大興奮のレポートをしていました

そこに何と、我らがKまちゃんは同席していたのです

時間にして数分でしたが、見事にテレビ出演を果たしたKまちゃんの姿を久しぶりに観て、僕も妻も大喜びでした

Kまちゃんは確か日本ハム応援団の釧路支部の幹部ということで、このコーナーでの出演が決まったのかと思いますが、妻のところに「視聴率20%超えを狙っている!」というメールが届いたそうです

放送では、Kまちゃんが稲田さんとトークで絡むシーンなどが無かったので僕としては残念でしたが、もしもKまちゃんに少しの時間トークをさせる時間を与えてくれていたら、視聴率20%超えもあったのではないかと、そう僕は分析しています

“地タレ”を目指している僕にとっては、「釧路の英雄」にひと足先を越された感じがしますが、僕も負けてはいられないので何らかの形でテレビ出演を果たしたいと思います

『笑っていいとも』のオープニングに数秒出たぐらいで喜んでいてはダメですね

まずは北日本一視聴率を獲れる男を目指して頑張ります。そしてその後は、半沢超え、ミタ超えです

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 9月17日生まれ

杉下茂(88歳)、橋爪功(72歳)、ちあきなおみ(65歳)、大島さと子(54歳)、蝶野正洋(50歳)、なかやまきんに君(35歳)、中村アン(26歳)、石川遼(22歳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)