おもしろネタ

2019年3月 7日 (木)

今日のブログ、俺がもたせてやる!

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

3月に入り気温も上がり、すっかり春らしい日が続いている今日この頃ですが、皆さんどうお過ごしでしょうか。

もうここまでくると、雪の心配は無いとは思いますが、このまま春本番へと突き進んで欲しいものです。

さて、最近僕はTSUTAYAから懐かしいドラマのDVDを借りてきて見ています。

今から10年前に放送された、コメディタッチの探偵ドラマ!


1551968089098.jpg

『33分探偵』です。
堂本剛演じる鞍馬六郎という探偵が、わずか5分で終わる簡単な事件を、番組の放送時間枠である33分かけて、無理矢理長引かせるという、ちょっと異色のドラマですが、僕は大好きなドラマで当時はドハマりしていました(笑)


1551968089845.jpg

ドラマをご覧になった方ならご存知だとは思いますが、とにかく毎回中身が実にくだらなすぎて、それがたまらなく楽しいのです。まさに愉快痛快です。

他の登場人物も、助手役に水川あさみ、刑事役に高橋克実と部下の戸次重幸、鑑識役に佐藤二郎、さらに情報屋に小島よしおと、毎回実に楽しく演じてくれています。

さらに、毎話ゲストとして出演している俳優はんや女優さんの中には、当時はさほど有名ではなかったけれど、今はビックになった方々が多数出演しています。

例えば、長谷川博己、桐谷美玲、ムロツヨシなど、そして次の画像の人も出演していましたが、いったい誰だかわかります?


1551969092833.jpg

このギャル風の女子高生役、誰だと思います?

たぶん、わからないだろうなぁ〜
しばらく考えてください。答えは一番最後に教えますので。

そんな多くの出演陣のもとで、毎回楽しいストーリーが展開され、必ず鞍馬六郎が決めゼリフの「俺が33分もたせてやる!」というのがお決まりでした。

僕のブログを古くから見ている方ならご存じのように、この『33分探偵』をモチーフにして、僕は『8分4秒探偵』という架空のブログドラマを全部で8話作りました。


1551969093572.jpg

ちなみにこの写真は当時のブログに使った写真です。今から10年前、さすがに僕も若いですな(笑)34歳ですから。

そんな大好きだった『33分探偵』を見ているのですが、本当に何回見てもおもしろいです!

まだ見たことない方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度見てみてください。たぶん、そのあまりにくだらないストーリーに大笑いすると思います。

あっ!今、六郎さんがこちらにきました!


1551969094355.jpg

猫男爵!今日のブログ、俺がもたせてやるよ!

はい、もう今日のブログ終わる頃ですけど、しっかり、もたせてくれたみたいですね六郎さん(笑)

はい、というわけでとんだ茶番劇でしたが、これで今日のブログは何とかもたせることができました(笑)

それでは今日は、このへん、あっ!忘れてました!
先ほどの問題の答えです。
女子高生役を演じていた女優さんは!
何と、波瑠でした。
全く今の姿からは想像できませんよね。

それでは本当に今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「黄色」=春というイメージで何となく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

2018年『猫デミー大賞』発表!

おはようにゃ~ 北の猫男爵です。

立春も過ぎ、これから徐々に春の足音が近づいてくるのかと思いきや、この週末は「観測史上最強」とも言われる大寒波が北海道を襲いそうです。

でも、この寒波を乗り切れば春はもうすぐそこです。 僕と同じように春が待ち遠し方、もう少しの辛抱ですよ。

さて、そんな今日はこの「HYPER日記」の1年に1度の一大イベント「猫デミー大賞」の発表をお送りしたいと思います。

すっかりおなじみになったこの「猫デミー大賞」ですが、知らない方のために簡単にご説明させていただきます。

「猫デミー大賞」とは、この「HYPER日記」の1年間を振り返り、更新したブログ記事の中から「大賞」を決めるものです。

今回は2018年の大賞を選出するわけですが、果たしてどんな作品が受賞するのでしょうか!

今年も会場となっています「スーパーキャットアリーナ」には、沢山の方がご来場しているようなので、早速、司会のあの方にマイクをお渡したいと思います。会場の、おりもさん宜しくお願いいたします。

C339a25c6176de01942aab7702d33ba5137

「皆さん、1年ぶりのご無沙汰でした。どうも、野村萬斎です、あっ、違うか(笑)改めまして、おりも政夫です。ちなみに、これはヅラですよ、決して地毛ではありませんからね(笑)うっかり、時代劇のロケと間違えてきちゃいました(笑)しかも家から(笑)

さあ、無駄話はこのへんにして、今年もこの猫デミー大賞の司会を務めさせていただくことになり、身に余る想いです。今年はどんな作品が選ばれるのか、私自身もドキドキして“おりもす”、いえ“おります”(笑)」

この「猫デミー大賞」は、日本猫デミー協会から選ばれた審査員による厳格な審査のもと、2018年1月1日~2018年12月31日の期間に「北の猫男爵HYPER日記」に投稿されたブログ作品を対象とし、「各部門賞」と「大賞」が発表されます。

それではまずは、過去の大賞作品を振り返ってみましょう。

2008年 『テレフォンショッキング』

2009年 『18時間!』

2010年 『感謝!感謝!感謝!』

2011年 『好きですサッポロ(第1夜~最終夜)』

2012年 『命の誕生♪』

2013年 『「ブログの鉄人」誕生!』

2014年 『一度は出てみたかったな・・・』

2015年 『その時、妻が消えた!』

2016年 『はじめまして、パパですよ♪』

2017年 『自分で自分を褒めてあげたい』

過去10年間を改めて振り返ってみると、どれも印象深い作品が大賞を受賞しています。果たして、今年はどんな作品が大賞となるのでしょうか! 今年もこの「猫デミー大賞」発表の瞬間を目の当たりにしようと、様々な分野から多くの著名人が駆けつけています。

534bdd1e0db6df58ab9c12335b38110d_15

20181122_asagei_hanyu

7

66476_3

Owa18091005050001p1

Jpp023787965e1533798386754

Img_7b22b34598abe9bae33ecea4be75c6f

250pxtakanohana

Img_7c21f1e3b1967708f048d5a371f59e5

Post_18146_02_2 

R_hkh

E382b9e382afe383aae383bce383b3e382b

ハゲとるやないかい!(笑)

Coolpoko1

やっちまったな~

2018y10m25d_174347585

なんの(笑)

さあ、それでは審査の方も終わり、これからいよいよ授賞式が始まるようですので、ステージの方を注目してみましょう!

まずは「各部門賞」からの発表です。

「イベント部門賞」→『五輪新競技へ~ぞうり卓球~』(9月27日)

友人Sんでぃの誘いで、今年初めて「ぞうり卓球大会」に参加してきました。予想以上に楽しく、老若男女が楽しめる画期的なスポーツでした。今年もぜひ参加したいと思っています。

「爆笑部門賞」→『斎藤さんだべ?』(8月11日)

病院の待合室で僕が目撃した、高齢の男性2人による会話をお話した内容でしたが、そのやり取りがまさに愉快痛快でした(笑)

「感動部門賞」→『惜別の時~さらば親愛なる相棒よ~』(6月10日)

僕が26歳の時から実に17年間に渡り乗り続けた愛車と6月にお別れをしました。ずっと苦楽をともにしてきた「相棒」との別れは、悲しく切ない思いでいっぱいでした。33万kmという長い長い僕との旅を終え、今「愛車」はゆっくり体を休めていることでしょう。

「タイトル部門賞」→「四十尻(しじゅうけつ)』(11月20日)

妻が肩の痛みを訴え「四十肩」の話をしている時に、ちょうど僕もお尻が謎の激痛に襲われていたので、「四十尻「しじゅうけつ)と命名したという、ややウケるブログです。

「旅行部門賞」→『ありがとう、夢の国♪』(3月18日)『四人で見る伝説の夕陽』(3月31日)

家族4人で行った東京旅行の2つの記事を今年は旅行部門賞にさせていただきました。1つは東京ディズニーシーでの楽しい1日の出来事、そしてもう1つは東京から帰る日に、空港で見たあの「伝説の夕陽」のお話です。

「審査員特別賞」→『さらば、鉄人よ・・・』(4月28日)

2018年4月23日にご逝去された「鉄人、衣笠祥雄さん」について、自分の思いを語らせていただきました。僕自身が勝手に「尊敬」し続けていた彼の死にショックを覚えました。しかし、彼から教えられた「継続は力なり」という言葉は今でも僕の座右の銘となっています。

さあ、それではいよいよ2018年「猫デミー大賞」の発表です!

今年の猫デミー大賞は!

『家族のもとに帰れました』(9月8日)

昨年9月6日に発生した北海道胆振東部地震は多くの人々に甚大な被害をもたらしました。ちょうどその地震発生の瞬間を僕は札幌のホテルで被災し、一生忘れらない様々な体験をしました。その数日前に仙台へ出張をしていたこともあり、家族とのもとに帰り再会できたのは5日ぶりのことでした。その時の感動は今でも忘れることはありません。家族の絆の大切さを肌で感じた瞬間でした。

さあ、今年の「猫デミー大賞」はいかがでしたか。 2019年のブログからは果たしてどんな名作が誕生するのでしょうか! 来年の猫デミー大賞もどうぞ、楽しみにしていてくださいね。

それではスーパーキャットアリナーから、このへんでお別れしたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の色)→「オレンジ」=家族のもとに帰れた時の暖かい感情は、優しく光る夕陽のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

斎藤さんだべ?

おはようにゃ~ 北の猫男爵です。

あの猛暑はすっかりと影を潜め、既に夏の終わりを感じる今日この頃です。

僕としてはまだこれから夏の暑さがやってくることを祈るところです。

そんな今日はちょっとした小話です。

先日、僕は尾てい骨の打撲で病院に行ってきたのですが、そこでちょっとおもしろい光景を目にしました。

受付を済ませ待合室で待っていると、一人のおじいちゃんが、別のおじいちゃんの元に歩み寄っていきました。

老人A:「あれ?斉藤さんか?」

老人B:「・・・・」

老人A:「斉藤さんだべ?」

老人B:微笑みながら小さくうなずく

老人A:「いや~久しぶりだな、50年ぶりか。」

老人B:微笑む

老人A:「50年経ってもわかるもんだな。いや~懐かしいな~」

老人B:微笑む

ここで老人Aが看護師に呼ばれる

老人A:「じゃ、俺いくな、またね元気でな。」

老人B:微笑む

Org

この50年ぶりの再会という光景に、僕はちょっと微笑ましい気持ちになりました。

それからしばらくの時間が流れ、僕は自分が診察に呼ばれるのを待っていました。

すると、「山崎さん」と看護師さんが患者さんを呼ぶ声がしました。

ふと見ると、何と!

さっき、斉藤さんだべ?と声をかけられていた老人Bが、「はい」と言い立ち上がるではないですか!

「えっ?あんた斉藤さんじゃないの?」

と僕は思わず絶句しました。

あれだけ老人Aと昔を懐かしんで話していたはずなのに、老人Bは何と斉藤さんではなかったのです。

きっと老人Aは今でも50年ぶりに斉藤さんに会えたことを喜んでいるはずです。

老人Bがなぜ斉藤さんのフリをしたのか?

あるいは、もしかしたら耳が遠かったりして、老人Aが言っていることをよく理解できずにいたのかもしれないと後になって僕は思いました。

だから特に言葉を発さずに微笑んでいたのかもしれません。

ただ、外野から見ていた僕にしてみると、ちょっとおもしろい光景だったような気がします。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「雨」=最近、お盆を前にして雨が多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

「たもつ」くん。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

ここ数日、曇り空が続き、なかなか暑くなりませんね。

6月も半ばだというのに、なかなか夏物の服の出番がやってきません。

明日は我が娘と息子の保育所の運動会です。年長さんの娘にとっては保育所最後の運動会、息子にとっては初めての運動会でもあります。

2人がどんな活躍をするのか、今から楽しみです。

ただ、天気が少し不安ですね。雨は降らないかもしれませんが、曇り空で気温がそんなに上がらないので子供も大人も防寒対策が必要かもしれません。

さて、そんな保育所に関係するお話ですが、先日こんなことがありました。

その日は、妻が仕事だったので、夕方のお迎えには僕が行きました。

2人をお迎えに行くと、ニコニコしながら僕のもとに走ってきてくれました。親としてはこの瞬間が何とも嬉しい瞬間です。

王子の姿をよく見ると、朝とは違う服を着ていました。

まだ1歳の子なので、保育所で食べ物をこぼしたり、水で服を濡らしたりして、着替えをすることはよくあることで、そのために着替えも数着置いてあります。

ただ、その時王子が着ていた服は僕が見たことのない服で大きさも少し大きいサイズでした。

その時は、もしかして妻が新しい服を着替えに入れておいたのかな?ぐらいにしか僕は思わず、そのまま家に連れて帰りました。

家に帰ってから、「ちょっと待てよ、もしかして先生が間違って違う子の着替えを着させたのかもしれない!」と思い、とりあえず服を脱がせました。

もしも王子の服だったら、妻が必ずタグのところに名前を書いてあるはずだ!と思い、確認してみると、やはり王子の名前はありませんでした。

そこでまずこの服が王子のものでないことはわかりました。

だとすれば、誰かのを間違えて着て来たのだと思い、とりあえず妻が仕事から帰ってくるのを待つことにしました。

妻が帰宅し、服のことを話しました。妻ももちろん、王子の服でないと言い、見た事ない服だねという話になりました。

僕は再度、タグに他の子の名前がないか確認しました。すると違うタグのところに名前を確認しました。

そこには「保」と書いていました。

「あっ!そうか、たもつ君のか?って、たもつ君なんていう名前の子いたかな?昭和っぽい名前だし・・・」

しばらくの間をおいて、気づきました。


1529155967152.jpg


それは「たもつ」ではなく、「保育所」の「保」だったのです(笑)

これには妻も僕も大笑い、僕の大チョンボです(笑)

保育所でも何着か着替え用の服を常備しており、それを王子は着ていたということです。

謎は解け、すべて一件落着でしたが、何とも笑えるお話でした。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「笑」=どんな時でも笑いがあるのは良いことです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

2017年『猫デミー大賞』発表!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日から4月、そして新年度のスタートです。

春は生活環境が変わり、色々と大変な時期でもありますが、新鮮な気持ちにもなれるので僕は好きな季節です。

ただ、ここ数年来、花粉症に悩まされており、そこだけは嫌な時期でもあります。

さて、そんな今日は年に一度の一大イベントをお送りします。

昨年もこの4月1日に発表させていただきました「猫デミー大賞」の発表です。

「猫デミー大賞」とは、この「HYPER日記」の1年間を振り返り、更新したブログの中から「大賞」を決めるものです。

今回は2017年の大賞が選出されますが、果たしてどんな作品が大賞を取るのでしょうか!

今年も既に会場である「スーパーキャットアリーナ」には沢山の方がご来場しているようなので、早速、司会のあの方にマイクを渡したいと思います

会場の、おりもさん宜しくお願いします。

07317905

「皆さん、1年ぶりのご無沙汰でした。ディーン藤岡です、あっ、違うか(笑)これ、1年前も言ってたな(笑)改めまして、どうも、おりも政夫です。今年もこの猫デミー大賞の司会を務めさせていただきます。今年はどんな作品が選ばれるのか、ドキドキして“おりもす”、いえ、“おります”(笑)」

この「猫デミー大賞」は、日本猫デミー協会から選ばれた審査員による厳格な審査のもとに、2017年1月1日~2017年12月31日の期間に「北の猫男爵HYPER日記」に投稿されたブログ作品を対象として、「各部門賞」と「大賞」が発表されます。

それではまずは、過去の大賞作品を振り返ってみましょう。

2008年 『テレフォンショッキング』

2009年 『18時間!』

2010年 『感謝!感謝!感謝!』

2011年 『好きですサッポロ(第1夜~最終夜)』

2012年 『命の誕生♪』

2013年 『「ブログの鉄人」誕生!』

2014年 『一度は出てみたかったな・・・』

2015年 『その時、妻が消えた!』

2016年 『はじめまして、パパですよ♪』

どれも記憶に残る名作ばかりですが、果たして今回で10回目になる栄光の大賞はどんな作品になるのでしょうか。

今年も、この「猫デミー大賞」発表の瞬間を目の当たりにしようと、様々な分野から数多くの著名人が駆けつけています。

20171210s00079000251000p_thum

20171101s00078000112000p_view

183_1_3

2065234_2016011306721160014526665_3

001_4

6_4

7

386221aef8904c5ab43a5cbb133ed986_2

ハゲとるやないかい!(笑)

122e1_759_8f3e43f7_120c4d70_4

やっちまったな~

2f2ce37da70c414ea1f07a829e200b72e_3

なんの(笑)

さあ、それでは審査の方も終わり、これからいよいよ授賞式が始まるようですので、ステージの方を注目してみましょう。

まずは「各部門賞」からの発表です。

「イベント部門賞」→『チッキショー!』(9月19日)

一昨年は台風被害の影響で中止になった地元の「秋祭り」で、娘が「日本舞踊」に初挑戦しました。あいにくの雨模様の中でしたが、娘が最後まで頑張って踊り続ける姿に、感動を覚えるとともに成長も感じました。

「ハプニング・事件部門賞」→『サプライズ作戦、大失敗の巻』(2月13日)

住宅展示会場を訪れた際に行われていたイベントで、「ウルトラマン・オーブ」のショーがあるというので、ウルトラマン大好きな娘に内緒で、ビックリさせてやろうと思い、妻とサプライズ作戦を敢行したのですが・・・なぜか娘は着ぐるみには苦手意識があり、結局少しも見ることなくイベント会場を後にすることになりました。

「感動部門賞」→『惚れてまうやろ~』(2月7日)

保育所で行われた「豆まき」で、娘が大好きな2歳上の男の子が、鬼を前にして娘の前に立ち、鬼から娘を守ってくれたというエピソードを聞き、僕は思わず「惚れてまうやろ~」と感動してしまいました。

「タイトル部門賞」→『ちょっとマテオ!』(6月17日)

プロ野球で活躍する、面白い名前の外国人助っ人を紹介するという内容のブログでしたが、阪神のマテオを、キムタクの名言「ちょっと待てよ!」にモジって、「ちょっとマテオ!」というタイトルにしました。

「旅行部門賞」→『さすが、宇宙一!』(8月2日)

千葉から義弟一家が北海道に遊びに来た際、妻の両親とともに洞爺湖のサンパレスリゾートへ行ってきました。楽しい出来事が盛りだくさんで、特に「宇宙一」のCMでも有名な巨大プールで遊んだことは忘れられない思い出です。

「審査員特別賞」→『僕の8日間戦争(ラウンド1~ラウンド8』(7月4日~7月28日)

6月下旬、かねてから予定していた「扁桃腺摘出手術」を行うために北斗病院に入院しました。その時の入院生活を、約1ヶ月間に渡りご紹介したシリーズ企画です。人生初の手術、今思い出しても一生忘れることのできない出来事ばかりがあった8日間でした。

さあ、それではいよいよ2017年「猫デミー大賞」の発表です!

『自分で自分を褒めてあげたい』(10月31日)

今年の大賞は、晩秋の冷たい雨が降り注ぐ中で初めて参加した、「フードバレーとかちマラソン」の模様をお伝えしたブログです。43歳にしてのハーフマラソン初挑戦は、自分の限界との闘いでした。しっかりとした練習ができずに挑んだ本番は、案の定「苦しさ」の連続でした。完走まで、あと3キロというところで時間制限によるリタイヤとなりましたが、参加して良かったという思いと、必ずリベンジするぞという思いが生まれた1日でした。参加に誘ってくれた友人、参加を支えてくれた家族、沿道から温かい声援を送ってくれた皆さんに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

さあ、今年の「猫デミー大賞」はいかがでしたか。

2018年のブログからは果たしてどんな名作が誕生するのでしょうか!来年の猫デミー大賞もどうぞ、楽しみにしていてくださいね。

それでは「スーパーキャットアリーナ」から、このへんでお別れしたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「嘘」=ご存知だと思いますが、今日は「エイプリルフール」です。皆さんは今日はどんな「嘘」をつきましたか?ちなみに、今日のこのブログには一切「嘘」はありませんのでご心配なく、全てが真実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

奇跡の数字アート!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

気がつけば、12月に突入し今年もあと30日を切りました。

11月に降った雪はいったん溶けて少なくはなりましたが、毎日非常に寒い日が続いています。

これからは風邪などが流行する季節です、皆さんも体調には気をつけて良い年末を送りましょう。

いよいよ平昌五輪の開幕も2月に控え、ウインターシーズンがスタートしました。今回はスピードスケート陣の調子が良いので、多くのメダル獲得も期待できます

そんな中、十勝が生んだスケート界のヒロイン、高木美帆選手がW杯の3000mで見事に優勝し、日本新記録も塗り替えるという活躍を見せていますこのまま五輪でも金メダルを獲得できるように願っています。

さて、そんな今日この頃ですが、先日とてもおもしろいことがありました。

その日は家族でラーメンを食べていました

もちろん、我が家の王子もラーメンを美味しそうにチュルチュルと食べていました。

と、王子の口からラーメンからこぼれ、王子の服につきました。

そこに、奇跡が起きました

Picsart_1127032218

王子の肩あたりに乗っかったラーメンが数字の「6」に見えます
そして、その数分後に再び奇跡が
Picsart_1127032241
今度はラーメンが見事に数字の「7」
これはまさに奇跡の数字アートです。
王子が生んだ奇跡の2枚の写真を今日はご紹介しました。
それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

2016年『猫デミー大賞』発表!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日から4月になり、新年度(平成29年度)がスタートしました

雪解けも進み、長かった冬にもそろそろ別れを告げ、春の到来です

以前は4月1日といえば、「エイプリルフール」のネタが毎年恒例だったこのブログですが、もう「ウソ」をつくネタもなくなったので、それはやめにします(笑)

さて、そんな今日は年に一度の一大イベントをお送りします

この「HYPER日記」の1年間を振り返り、更新したブログの中から「大賞」を決める、題して「猫デミー大賞」です

本来はもっと早い段階で行いたかったのですが、ここまで日程がずれこんだことをお詫び申し上げます

以前、毎日ブログを更新していた2014年までは365作品があったのですが、2015年は106作品、そして昨年2016年は90作品と数は減少はしていますが、その中から今回も「各部門賞」と「大賞」を厳選いたしましたので、ぜひ最後までお楽しみください

今年も既に会場である「スーパーキャットアリーナ」にはたくさんの方がご来場しているようなので、早速、司会のあの方にマイクをお渡ししたいと思います

会場の、おりもさん宜しくお願い致します

7762a0_3f7b66938ec74be29a2454b17a9c

「皆さん、1年ぶりのご無沙汰でした。ディーン藤岡です、あっ、違うか(笑)、どうも、おりも政夫です。今年もこの猫デミー大賞の司会を務めさせていただきます。今年はどんな作品が選らばれのか、ドキドキして“おりも”ます、いえ、おります(笑)」

この「猫デミー大賞」は、日本猫デミー協会から選ばれた審査員による厳格な審査のもとに、2016年1月1日~2016年12月31日の期間に「北の猫男爵HYPER日記」に投稿されたブログ作品を対象として、「各部門賞」と「大賞」が発表されます

それではまずは、過去の大賞作品を振り返ってみましょう。

2008年 『テレフォンショッキング』

2009年 『18時間!』

2010年 『感謝!感謝!感謝!』

2011年 『好きですサッポロ(第1夜~最終夜)』

2012年 『命の誕生♪』

2013年 『「ブログの鉄人」誕生!』

2014年 『一度は出てみたかったな・・・』

2015年 『その時、妻が消えた!』

どれも記憶に残る名作ばかりです

今年も、この「猫デミー大賞」発表の瞬間を目の当たりにしようと、様々な分野から数多くの著名人が駆けつけてくれています

Tfp20101115spkisensbig

Gridcell41714791939599_3

O0439080013778369625_5

Img_news

68111_200908010730217001249096501c

Img_65937f4d448b5af7ab7b84604f513ef

Ph1

E382b9e382afe383aae383bce383b3e382b

Tablet_image_fotor

ハゲとるやないかい!(笑)

4000005

やっちまったな~

2f2ce37da70c414ea1f07a829e200b72e81

なんの(笑)

それでは審査の方も終わり、これからいよいよ授賞式が始まるようですので、ステージの方を注目してみましょう

まずは「各部門賞」からの発表です

「イベント部門賞」→『初めての参観日』(5月25日)

保育所に通う娘の参観日に行ってきた日の出来事です。生まれて初めて、親として行った子供の参観日はドキドキと楽しみの連続でした。これから小学生、中学生と、何度も参観日でそんな気持ちを味わえると思うと、またドキドキとワクワク感でいっぱいです

「ハプニング・事件部門賞」→『生き地獄・・・』(10月19日)

毎年受けている「人間ドック」で大腸の再検査を受診することになり、後日検査に行ってきたのですが、肛門からカメラを入れた時の苦痛は今でも思い出すとゾッとします・・・本当に言葉にできないほどの苦い体験でした。もう二度と体験はしたくはありません。昨年に続き、この部門賞からは自分の健康に関するネタでした

「感動部門賞」→『感動NO・1映画~誰か涙の止め方を教えてください~』(1月10日)

妻と2人で行ってきた上映会で見た『愛を積むひと』という映画に、思わず感動して人目をはばからず号泣してしまいました本当にこの映画は、僕が今まで見た映画の中で最高に泣ける映画でした。ぜひ、皆さんもDVDなどを借りて、良ければ大切な人と一緒にご覧になってください。

「タイトル部門賞」→『菌なんていらねえよ、夏。』(8月13日)

夏真っ盛りの8月、もうすぐ妻が出産だというその時期に、僕がまさかの「溶連菌」にかかってしまいました。妻にうつってしまっては大変なので、妻は後ろ髪をひかれる思いで、40℃近い高熱で苦しむ僕を家に残し、娘と共に実家へと避難しました。お陰さまで熱は1日で下がりましたが、本当にこれも苦い思い出となりました。ドラマ『愛なんていらねえよ、夏。』をモジってのタイトルです

「旅行部門賞」→『4年前を思い出して~前・後編~』(7月12日、14日)

娘が生まれる前の2012年夏に旅行した旭川・富良野方面に、今度は息子が生まれる前に妻と娘と一緒に行ってきた旅行日記です「アンパンマンショップ」に「ラベンダー」という4年前と同じ行程をたどり、お腹の中の息子も一緒に家族旅行を楽しみました残念だったのは、4年前に行った「カレー屋さん」が閉店していたことです。美味しいお店だっただけに残念でした

「爆笑部門賞」→『マエケンも、お友達。』(2月23日)

日本プロ野球を代表する投手・マエケン(前田健太)が『雨トーーーク』の「絵心ない芸人」のコーナーに登場し、その絵心のなさに爆笑しましたそして、彼に負けない絵心のなさを持つ僕も、負けずにその自慢の作品をご紹介したというブログでした暇な時にでもこのブログ見てください、きっと爆笑してもらえるはずです

「審査員特別賞」→『五輪の後に天使が舞い降りる♪』(2月26日)

キング・カズが49歳を迎えたこの日、僕はブログで重大発表をしましたそれは夏に「第2子が誕生する」という嬉しいお知らせでした。8月に開催される「リオ五輪」の後に天使が舞い降りてくる何とも喜ばしいお知らせに、皆さんからも喜びの声をいただきました。実際には五輪最中に誕生した息子は、元気に成長しています。そして、この日はブログ更新が通算「3000回」という記念日でもありました

さあ、それではいよいよ2016年「猫デミー大賞」の発表です

今年の猫デミー大賞は!

『はじめまして、パパですよ♪』(8月18日)

今年の大賞は、やっぱり何と言っても息子の誕生です42歳にしてパパになるとは思ってもいませんでしたが、娘の誕生の時とはまた違う、何とも言えない喜びの瞬間でした生まれてすぐの息子を抱きかかえた時のあの感動は、本当に言葉には表現できないものでした。僕と妻と、そして娘のところに生まれてきてくれた息子に、本当に感謝です

さあ、今年の「猫デミー大賞」はいかがでしたか?1年間というものは本当にあっという間に過ぎて行くものです。

今年も既に3分の1が終わり、きっと2017年もあっという間に過ぎ去っていくのでしょうね。

その時その時の思い出や出来事、心に残ったことを言葉や写真として残せておける「ブログ」って本当に素敵なものなんだなあ~ということを、3100回以上ブログを更新して、改めて思いました

まだ僕の気力と体力が続く限り、このブログは更新し続けますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします

それでは今年も「スーパーキャットアリーナ」から、「猫デミー大賞」をお伝えできたことをご報告して、今日はお別れしたいと思います

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

しもしも~?

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

退院後、仕事復帰して数日が経ち、ようやく体も元の感じに戻りつつあります

しかし、油断は禁物です今、全国的にインフルエンザの猛威がさらに加速しているようなので、僕もインフルエンザには感染しないよう十分気をつけたいと思いますいかんせん、体弱いので

Picsart_0128092554

お姉ちゃんのことが大好きな息子は、いつもお姉ちゃんにベッタリですお姉ちゃんのダンスを見ながら、ケラケラ言いながら笑っています

2人の子供の笑顔を見ているだけで、本当に心が和みます

さて、そんな今日この頃ですが、今我が家では「しもしも~?」がブームです正確には昨年からずっとブームが続いています。

1458897035842

皆さんご存知の、バブルネタで一世を風靡している平野ノラさんの「しもしも~?」のネタです

僕ら世代にとっては、バブルといえばネタの宝庫です

なので平野ノラさんに負けじと、僕もいつも「しもしも~?加勢大周?」などと、バブル当時の人物を頻繁に出しての笑いをとっています

「しもしも~?」が癖になり、先日、職場の電話を取る時に危なく「しもしも~?」と言いそうになりました(笑)

お笑い好きのもすぐに彼女のネタにはくいつき、彼女をマネして「しもしも~?」と言って笑っています。

そこで僕はちょっと考えてみました

昔、つまり昭和の終わり頃から平成になり始めの頃(いわゆるバブル期)によくみた仕草、行動で最近あまり見なくなったものってなんだろう?って

すると、次から次へと怒涛のごとくでてきました

0115_12re

①頭にネクタイを巻くサラリーマン

O0480075113314161185

②帰る時に、ドロンしますという人

Img_0439

①と②の合わせ技!

その他にも、③人差し指を舐めて風の流れをよむ人

④手の甲で汗をぬぐう人

⑤手を挙げた時に脇を隠す人

⑥ウインクで合図を送る人

⑦熱いものを触った時に耳たぶに手を持っていく人

⑧ジャスチャーゲームで○○は置いといてとやる人

などなど、まだまだあげたらきりがありません

今でも昭和の名残りで、僕は思わずやってしまう仕草が幾つかありますが、皆さんもこの他にも懐かしい仕草や行動はありませんか?

なんか、でもこの頃の時代って平和で良かったですよね。今みたいに、なんかギツギツしていなくで。良い時代だったっていうことですかね

まあ、また新しい「しもしも~?」ネタを今日もこれから考えてみることにします

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

パン、パン、パパン♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

いよいよ12月に突入し、今年も残り1ヶ月となりました

そんな中、1日に今年の「流行語大賞」が発表され、「神ってる」が大賞に選出されました皆さんの予想は当たったでしょうか?

「流行語大賞」といえば、数年前まではお笑い系が選ばれるケースも多々あり、その年に流行ったネタをしばらくはテレビで見ることもできましたよね

しかし、今年は「PPAP」がトップ10には入ったものの、残念ながらお笑い系からは大賞は選出はされませんでした。

そんな中、毎年次から次と、お笑い界には新鋭が出てきますが、その中で僕が今、というか少し前まで注目していた芸人がいます

その芸人をちょっと絵で描いてみました(笑)

Dsc_0127

こんな感じですが誰だか分かりますか?分かるわけがないのですよね(笑)

では、答えを教えましょう

Maxresdefault_2

ZAZY(ざずぃー)です。

「誰?」って思った方もいますよね、でもテレビではちょいちょい見ますよ

よしもと所属で、NSC出身です。

ご覧のように、ピンクのホットパンツ金髪という斬新なスタイルで、絵を使いリズムを効かせながら紙芝居のネタをする芸人です

中でも僕が好きなネタは「きぬえおばあちゃんとパン」のネタです。

その絵をまた、自分なりに描いてみました(笑)

Dsc_0128

当然のことながら、分からないですよね

では、ZAZYが描いている本物の絵がこちらです

20160111_1840_02_2


ネタについては、動画などでそうぞ一度ご覧になってください。おもしろいか、おもしろくないかは、あなたしだいです(笑)

ちなみに、僕もZAZYは好きですが、我がもZAZYにハマっていて、2人で一緒に「パン、パン、パパン♪」というZAZYのネタのリズムに合わせて口ずさんでいます

皆さんも、ぜひご覧になってください。

きっと見終わった後は、「きぬえに、パン、パン、パパン♪」と口ずさんでいるはずですよ(笑)

まあ、流行語大賞を狙うまでには、インパクトが弱すぎますけどね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

斉藤さん。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

いや~天気がさっぱり優れませんね・・・

この一週間、ほぼ毎日のように雨が降っています

太陽さんに最後にお目にかかったのは、いつだったかもう忘れてしまうくらいです

そんな中、明日はいよいよの保育所の運動会があります

天気予報では雨は降らないようですが、何とか良いコンディションで運動会をさせてあげたいです

実は今、僕は風邪と格闘中です数日前から喉の痛みと咳が止まらず、何とか運動会までにはなおそうと病院へは行ったのですが、まだ完治には至っておりません。

まあ、娘からもらった風邪なので娘にまた移ることはないと思いますが、妊娠中のに移らないようにだけは気を付けています。

さて、そんな我が家の娘が先日テレビを見ていて、「あっ!斉藤さんだ!」と言いました。

僕と妻がテレビに目を向けるとそこに映っていたのは

237ead48

何かと話題の彼でした(笑)

確かに髪の毛がね、無いところはね(笑)

Thetv_69565_0

で、こっちが本当の「斉藤さんだぞ」(笑)

どうやら娘は斉藤さんもお気に入りのようで、これでビートたけし、具志堅用高、狩野英孝に続いて、またも娘のお気に入りファンリストが増えたようです

それでは明日は運動会の場所取りがあるので、今日は早めにドロンすることにします

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧