生活・健康

2020年11月 1日 (日)

うまぶどう。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

11月に入り、晩秋の色がより濃くなってきました。

もうすぐ、冬の足音が聞こえてきそうなそんな今日この頃です。

Img_20201029_074405

我が家の「モミジ」の葉たちもすっかり紅葉し、色彩豊かな景観になってきました。

冬がやってくる前のほんのひと時の心が落ち着く瞬間です。

さて、突然ですが皆さんは「馬ぶどう」ってご存じですか?

Img_20201002_191925

これがその「馬ぶどう」です。

宝石のように輝く色とりどりの実がとてもインパクトありますよね。

「馬ぶどう」は地域によって呼び名が違い、「野ぶどう」や「犬ぶどう」ところによっては「ブスの実」(熟すとブス色=紫色になるから)とも呼ばれているところもあるそうです。

この「馬ぶどう」は日当たりのよい林道沿いや田畑などの周辺で成長し、秋には「ぶどう」のようにたわわに実るのですが、その実は苦くて美味しくなく、利用価値がない、鳥しか食べないなどあまり良くは扱われない存在のようです。

そんな「馬ぶどう」を先日友人から大量に貰いました。

聞くところによると、どうやらこの「馬ぶどう」は中国や日本では古来から万能の家庭用治療薬として愛用されていたそうです。

調べてみると、確かに血液循環の改善や免疫力を高める効果があったり、肝臓の機能改善にも役立つみたいです。

また腫れ物に塗ってもよいことや、実だけでなくツルや葉を煎じて飲むと鎮痛作用もあるそうで、まさに万能薬と言われるのがわかります。

我が家では、早速「馬ぶどう」の実を瓶に入れてホワイトリカーでアルコール漬けにしています。

Img_20201031_201256

1年ぐらい漬けておくと味がまろやかになるそうです。

1年後に飲むのが今からちょっと楽しみでもありますが、いったいどんな味がするのか不安もちょっとあります。

今回はしませんでしたが、葉や枝は天日干しして煎じ茶としても利用できるそうなので、そうなれば子供に飲ませることもできるみたいです。

実際にこの「馬ぶどう」を愛飲している方のブログなどを見てみると、35年間、毎晩「馬ブドウの焼酎漬け」をにした盃1杯飲み続けて、70歳になっても大きな病気には一度もかかったことがないという方もいらっしゃいました。

僕も妻も40代半ばを超え、体にあちこちにガタが見えてきています。

この万能薬を飲んで、少しでも長生きできるように体に気を配っていきたいと思います。

ちなみに「馬ぶどう」の話を母にしたところ、以前我が家の庭の敷地にも「馬ぶどう」があったそうです。

今は無いそうですが、何かの間違いでまた自生とかしてこないかな・・・

そうすれば毎年たくさんの「馬ぶどう」を収穫できるのに・・・

健康第一、皆さんももしよければこの「馬ぶどう」を愛飲してみませんか。

っていう僕が飲み始めるのは、まだ漬けたばかりなので1年後ですけどね。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)久美かおり→リベラ

Npb19022711300002p1

1989年の1年間だけプロ野球の近鉄で活躍した助っ人外国人選手です。長打力もあり、左右に打ち分ける打撃は魅力的でした。

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

あきぞら。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

9月も半ばに差し掛かり、すっかり秋らしい気候になってきました。

というか寒い…

ついこの前まで30℃の猛暑が連日続いていたのに、この気温差には体がついていきません。

先日我が家の庭先から、ふと空を見ると秋らしい雲と青い空が見えました。まさに「あきぞら」でした。

Img_20200908_074429

男爵村の隅っこでは、ひまわりが元気よく咲き誇っていました。

Img_20200908_074438

そして、その横ではひまわりをも超す背丈の「菊芋」が大きく成長しています。

もう少しでキレイな黄色い花が咲き始めます。

Img_20200908_074458

モミジの木もあと1ヶ月もすれば、キレイな赤や黄色の紅葉の姿を見せてくれることでしょう。

今日は近所で秋祭りがありました。

Picsart_0913125141

コロナの影響で今年は規模を縮小しての開催でしたが、娘はヨーヨー釣りなどで楽しんでいました。

Picsart_0913124722

王子は最近、だいぶ「ひらかな」を理解してきたようで、パズルなどで楽しく遊んでいます。

季節はこれから秋をあっという間に過ぎ、すぐに冬がやってくることでしょう。

北海道の秋、快く満喫したいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

今日のマニアック有名人しりとりはお休みさせていただきます。

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

頭と体の体操。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

3月も半ばに差し掛かり、すっかり春らしい天候が続いています。

しかしながら、コロナウイルスの脅威は全く衰えることなく、残念ながら感染拡大は日に日に進んでいます。

子供達も臨時休校になって2週間以上が過ぎました。

当初の予定では臨時休校は春休みまでですが、春休みが終わった後、新学期は無事にスタートするのでしょうか?

この状況を見ていると、とてもそう簡単にはいかないような気がします・・・

いったいいつまで子供たちは学校へ行けない日々が続くのでしょうか・・・

自治体や学校も様々な対策や措置を練っているとは思いますが、子供達が少しでも早くこのストレスを抱えたままの状態を回避できるような状況になてくれればと願います。

例えば、換気の悪い密集した場所を避けるのであれば、北海道では少々まだ寒いですが、教室の窓を開けたままの授業や、思い切ってグランドに机を運び「青空教室」(雨の日は休校)、あるいは1学級の子供を5班(月曜日~金曜日各1班)に分散しての少人数による分散授業などなど・・・

何とか良い方法を考えながらでも、子供が学校に通える方法を大人が考えなければいけないような気がします。

我が家にも小学1年生の娘と3歳の息子がいます。

どこにも出かけられず、ずっと家の中にいる生活にだいぶストレスを感じているようなので、先日は僕と妻と子供2人の4人で短時間でしたが近所を散歩しました。

もちろん、除菌スプレーを散布し、マスクをしっかりと掛けて。

30分間程の散歩でしたが、外の空気に触れ、太陽の光を浴びることで、多少ストレスは解消できたような気がします。

一番体を動かしたいはずの子供達が運動不足なのは凄くかわいそうなので、何か家の中でも体を動かして遊ぶ方法はないかと考えていると、偶然テレビで良いものを拝見しました。

それはある番組で、サッカー日本代表でもある、イタリアセリエAのボロニャーに所属する冨安選手が紹介していたもので、壁に何色かの色のついたものを貼り、後ろで誰かがその色の種類を口に出すと、その指示に従いその色を触るという運動というかゲームです。

Dsc_8872

面白そうだったので、早速昨日我が家でもやってみました。

Picsart_0316041010

まずは7歳の娘がチャレンジ!

Dsc_8860_20200316161201

思ったよりも楽しいみたいで、凄く喜んでました。

Dsc_8870

続いて3歳の王子もチャレンジ!

Dsc_8869

3歳にしてはなかなかの俊敏な動きでした。

2人とも凄く気に入ったようで、何度も何度もこのゲームを楽しんでいました。

冨安選手も言っていましたが、このゲームは体を動かすだけでなく脳も使うので、頭と体の体操ができる非常に素敵な遊びだと思います。

準備するものは色のついたもの(我が家は折り紙でしました)だけなので、お金も場所も必要なく、本当に手軽に誰でもお家でできるところがポイントです。

ぜひ、皆さんもお子さんの運動不足解消に試してみてはいかがですか。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)ルイズルイス加部→べしたぶるTOMOKO

2000088992

ラジオのパーソナリティーやレポーター、CMやナレーターとしてもマルチに活躍しています。

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

インフルエンザ閉鎖できません!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今朝はサラっと雪が降りましたね。

今年の冬も昨年までとは言えませんが、少ない降雪で僕としてはホッと胸を撫でおろしているそんな今日この頃です。

そして、やはり冬になると大流行するのが「インフルエンザ」です。

今年は例年以上に流行の時期が早く、10月頃からインフルエンザの話などをテレビなどでも取り上げていましたが、12月に入りやはり大流行してきました。

実は娘のクラスも今、インフルエンザによる学級閉鎖でお休みしています。

幸いなことに娘自身はインフルエンザには感染していないので、元気いっぱいで体力を持て余しています。

また、王子(息子)が通う保育園もインフルエンザ絶賛流行中で、かなりの園児がお休みしているようです。

その影響で、今日予定されていたクリスマス会も延期になりました。

本当にインフルエンザは大迷惑です。

何とかならないですかね・・・

予防接種してもかかる時はかかりますし、毎年毎年インフルエンザに振り回されっ放しで、何よりも感染して辛そうにしている子供たちが本当にかわいそうです・・・

妻とも話していましたが、僕らが子供の頃ってこんなに「インフルエンザ、インフルエンザ」って騒いでいませんでしたよね?

たぶんその頃って、今と違ってみんな免疫力がちゃんと備わっていたのだと思います。

今は何でも除菌のものが増え、人間本来が持つ免疫力・抵抗力がかなり低下しているのだと思います。

昔の人って、間違ってそのへんに落としたものとかでも普通に食べれましたけど、今なら食べたらすぐに下痢しちゃうと思います。

時代の経過とともに、生活スタイルや習慣なども変わり、そしてそれにより人間の体の仕組みも少しずつ変化してきたのでしょうね。その象徴の1つが「インフルエンザ」の大流行なのかもしれません。

にしても、本当にこの大流行は何とかして欲しいものです。

インフルエンザ閉鎖できないのかな・・・

Puffer_20191220135501

「インフルエンザか・・・なんとか、なんとか閉鎖せねば、どうなんだ、青島!」

Puffer13

「室井さん、インフルエンザ閉鎖できません!」

と、茶番はこのへんにして(笑)

本当にインフルエンザをこの世から失くして欲しいものです。

Dsc_8337

昨日から王子は腹痛を訴え、今日は大事をとって保育園をお休みしました。

体力が弱っているところに無理して行って、インフルエンザもらってきても困りますしね。

Dsc_8332

先日、木の上にいる「リス」を見つけて大興奮していた王子、今日もすやすやと眠りの中で何の夢を見ているのかな?

リスと遊ぶ夢かな?

Dsc_8333

それとも、もうすぐやってくるサンタさんから貰うプレゼントの夢でも見ているのかな?

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の色)→「紫」=王子が好きな色は「黄色」なんですが、その次に好きな色は「紫」です。渋い(笑)

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

D.A.K.T

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

10月に入り1週間が過ぎました。

気温もグッと下がり秋もグンと深まってきましたね。

現在日本では、ラグビーとバレーボールのW杯が開催され、さらには昨日幕を閉じましたが世界陸上もドーハで開催され、まさにスポーツの秋らしい今日この頃です。

そんな中、今から2日前のことになりますが僕の身に大変な事件が発生しました。

それは、DAIGO風に言うと「D.A.K.T」です。

何だかわかりますか?分かりませんよね(笑)

答えは「ダブル(D)で足(A)の甲(K)がつった(T)」です。

皆さん足の甲がつった経験はありますか?

Puffer

経験のある方ならご存じだと思いますが、足の甲はマジでヤバいですよね!

以前にも話をしたことあると思いますが、あの痛みは史上最強です。

その事件があったのは日付が土曜日に変わった深夜のことです。

眠っていた僕は足がつり目を覚ましました。

その瞬間、ヤバい!これは甲だ!

そう思った瞬間、強烈な痛みが走り、右足の甲がつりました。

声を出す余裕もなく悶絶、絶叫です。

たまたま子供たちは祖父母のところに泊まりに行っていたので、隣には妻だけでした。

僕の異変に気づいた妻がすぐに助けにきてくれましたが、僕は狂ったように、のたうちまわっています。

妻が「足をこうしたらいいよ」とアドバイスをくれるのですが、その言葉に答える余裕などありません。

とにかく一刻も早く痛みから解放されたいその一心しかありません。

でも、自分でどうかすることなど不可能なんです。

妻が一生懸命につった足の甲をさすったり、伸ばしたり、マッサージしてくれるのですが、一向に治りません…

そしてこともあろうか、今度は左足の甲もつったではありませんか!

ダブルで両足の甲がつるなんて…これはもう言葉では伝えられない痛みです。

あまりの苦痛に吐き気もしてきました。

たぶん、僕の感覚では20~30分間はもがき苦しんだと思います。

呼吸も苦しく、冷や汗が出て来て、喉も乾いてきた極限状態で、妻が献身的にマッサージをしてくれたおかけで何とか痛みがおさまりました。

本当に地獄のような時間でした。

もしも、これが1人でいるときに起きたら…と思うとゾッとします。

足の甲がつったことのある人なら、この気持ちは絶対に分かってもらえるはずです。

本当にふくらはぎとか太腿とかがつるのと比べても雲泥の差ですから。

皆さんも本当に注意してくださいね。

僕はもう2度と嫌です。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「赤」=スポーツで活躍する日本代表のユニホームは赤が基調が多いですよね。

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

日光湿疹が止まらない!

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

毎日暑い日が続いていますが、皆さん体調は大丈夫ですか?

北海道では連続真夏日が9日となった場所もあり、「北海道は涼しいところ」というのはもう通用しない時代になってきています。

そんな暑い8月生まれの僕ですが、昨日で45歳になりました。

40代も半ばに差し掛かり、どんどんとオッサンモード爆進中です。

歳を重ねると、体にも色々と変化が出て来て、体質も変わってきたりします。

その1つとして、数日前から日光湿疹がひどいです。

Dsc_7181

若い頃には起きなかったことが、起きちゃうから人間って不思議な生き物です。

ちょっと動いただけで、体のあちこちがバキバキになりますし、疲労がなかなか取れなかったり、体の老化ってこういうことを言うんだなぁ〜と実感しています。

今はとにかく、湿疹がかゆくてかゆくて、しんどいです。

日光湿疹が、フッ、止まらない♪

Ccb

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「ピンク」=理由はわかりますよね(笑)写真の通りです。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

親知らず。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

今日、歯医者に行きました。そして「親知らず」を抜歯してきました。

歯が1本なくなると違和感があるものですが、それがあまりない…それが「親知らず」なんですね。

そもそも「親知らず」って、いつの間にか生えてきていて、しかも1番奥にあるので、その存在じたいになかなか気づかないこともあるみたいです。

上下合わせて4本生える人もいれば、上か下か2本の人もいるみたいで、それはひとそれぞれのようです。

僕の場合は上2本で、もともと口を大きく開けれないのと、歯の噛み合わせの関係で「親知らず」まで、ちゃんと歯ブラシが行き届いていなかったらしく、「親知らず」が虫歯でした。

このまま放っておくと、他の歯にも良くないので抜歯する運びとなりました。

抜歯じたいは、麻酔が効いているので、もちろん痛みはなく、少しガリガリっと何か歯を引っこ抜いてるな〜って思ったら、あっという間に終わりました。

抜いた歯を見せてもらい、「記念に持って帰ります?」と聞かれたので、即答でNO!でした(笑)

ただ、やっぱり抜歯したのでしばらくはやや痛みがあります。

馴染んできたら、痛みもおさまることでしょう。

「親知らず」って、どうして「親知らず」と呼ぶか調べてみると、生えてくるのが10代後半〜20代前半で、子供の時とは違い、親が知らない間に生えてくるので、「親知らず」と言うそうです。

ちなみに抜歯するのは、若いうちのほうが良いみたいで、あまり年齢を重ねてからは大変みたいと書いてありました。

が、僕は44歳にして今日抜きましたよ(笑)

ちなみに、偶然なんですが僕の妻も先週「親知らず」抜きました(笑)44歳です(笑)

そして、3週間後に僕は今度はもう1本の「親知らず」を抜歯します。

これで僕の「親知らず」は、親が知らない間に生えてきて、親が知らない間に消滅することになります。

まさに正真正銘の「親知らず」です(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「赤」=抜歯したあとは、僕の嫌いな赤い血とご対面でした。

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

鼻水期〜ハナミズキ〜

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

今日は各地で中学校の卒業式がありましたね。
「15の春」僕は29年も前の出来事です。

僕が中学校を卒業したのは平成2年の3月で、年度で言えば平成元年度、平成最初の卒業生でした。そんな平成もあと1ヶ月半となりましたね。

僕の中学校の卒業式の思い出といえば、卒業式が終わった後に校舎から流れる、プリンセスプリンセスの「M」です。何か「M」を聞くと、いつもあの卒業式の風景がフラッシュバックしてきます。

皆さんは卒業式といえば何を思い出しますか?

さて、話は変わりますが、3日前あたりから僕は猛烈に鼻水が出て止まりません…


1552660856382.jpg


理由は「花粉症」です。
また辛いこの季節がやってきました。

僕が鼻水が出始めたのと同時に妻も同じようにヤラれてました(笑)

我が家は夫婦で「花粉症」なんです(笑)

花粉症歴は妻のほうが長いんですが、僕は数年前から突如「花粉症」になりました。

昔は何で「花粉症」なんかになるんだろう?不思議だなぁ〜そんなに辛いものなのかなぁ〜と全く他人事だったのですが、まさか自分がこんなことになるとは思ってもいませんでした。

「花粉症」は本当に辛いです。
鼻水が止まらない、喉かイガイガする、くしゃみが止まらない、目がかゆくなる、まあ本当にしんどいです。
これが長いときには1〜2ヶ月続きますから、たまったもんじゃないです。

突然発症したので、ある年に突然治るんじゃないかという微かな期待も僕の中ではありますが、もしかしたらこれは一生の付き合いになるかもしれません。

まあ悩んでもしかたないので、この鼻水期(ハナミズキ)を頑張って乗り越えます。

ちなみに、一青窈さんの「ハナミズキ」という歌の歌詞の一部にこうあります。

『僕の我慢がいつか実を結び、果てない波が
ちゃんと、止まりますように』

まさに、これは花粉症のことだ!

『この辛さを我慢すれば、果てしなく出る「波」=「鼻水」が止まる』と言ってるではありませんか!

まさに「ハナミズキ」とは「鼻水期」です。

それではお後が宜しいようで。

今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「緑」=花粉が出る樹木のイメージ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

昔からの定説。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

更新が10日ぶりになってしまい申し訳ありません。
今日はまるで春のような陽気で、街中は雪がとけ水浸しでした。
このまま春の到来といきたいところです。

春といえば「卒業」シーズンです。
我が娘もいよいよ、保育所とお別れする時が徐々に近づいてきています。
数えてみたら、保育所に行くのは実質あと23日間です。

毎朝、保育所に娘を送っている僕にしてみると、今とても寂しい気持ちにかられています。保育所での娘との色々な思い出が脳裏に浮かんできます。

娘は4月からいよいよ小学生です。卒業の寂しさの後は、今度は楽しい生活が待っているので、娘には今年の春はいつもとはちょっと違う春になりそうです。

話は変わりますが、4月といえば色々なものがまた値上がりするようです。

全社ではありませんが、カップラーメンや炭酸飲料水、さらにはサバ缶なども値上がりするようです。
原材料の高騰や、人件費のアップなどもあるので、致し方ないとは思いますが、消費者にとってはまた頭を悩ませる問題です。

そして、もう1つ忘れてはいけないのが牛乳などの乳製品の値上げです。

これも一部の会社ではありますが、我が家には一人牛乳の消費量が尋常でない子がいるので、これは非常に大問題です。


1550586084638.jpg


1550586085430.jpg


1550586086183.jpg

1550586309020.jpg


そんなことは知る余地もない我が家の王子は、今日も元気に牛乳をゴクゴクと飲み干していました(笑)

牛乳のおかげなのか分かりませんが、我が家の王子は2歳の平均身長を遥かに上回る背丈があります。

昔からの定説で、「牛乳を飲むと背が伸びる」とよく聞きますが、本当にそれを証明するような成長ぶりです。

お医者さんに聞けば、実際はそんか定説は根拠のないウソみたいですが、王子にはそれが定説であって欲しいと思います。

背が伸びるといえば、他に「バスケットボールやバレーボールをすると背が伸びる」とか


1550586087583.jpg

「ぶら下がり健康器を使うと背が伸びる」


1550586088033.jpg

などの定説が昔はありましたが、お医者さんいわくこれも根拠はないみたいです。

いずれにして、特に男は背が高いにこしたことはないので、王子にはこのままスクスクと成長して欲しいです。

ちなみに実は今日僕は年に1度の人間ドックに行ってきましたが、身長が1年前より、0.6cm伸びてました(笑)いまさら成長?(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

今日の色→「白」=分かる人には分かるんですが、人間ドックでバリウム飲むとね、そのあとのアレがね(笑)、白いですよね(笑)まあ、アレはアレっていうことでね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

四十尻(しじゅうけつ)

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

昨日は帯広でようやく初雪が観測されました。今日は札幌でも観測され、ようやく季節は冬になりそうな感じです。

僕個人的には、できれば雪の少ない冬になってほしいところです。

さて、話はガラリと変わりますが、昨日の朝のことですが、目覚めてすぐに妻が肩が変だ…と言い出しました。

みると、まるで千代の富士が肩を脱臼した時のような苦悶の表情を浮かべていました。


1542724726356.jpg

話を聞くと、左肩が全く上に上がらないというのです。
何かを手に持つことすら苦痛になるという、非常にまずい状態でした。

「これがまさか、四十肩かな…」
と、妻は痛みと闘いながら口を開きましたが、本当に激痛が襲っているようでした。

すると、その直後に僕の体にも異変が!
なぜか、お尻(右側臀部)に電気が走るような激痛が!

「うっ…なんだ!これは?」

例えるならば、ソフトボールのピッチャーをやったあとにお尻が痛くなる筋肉痛(やったことのある方ならわかると思います)のような痛みです。

「やばっ、俺も四十尻(しじゅうけつ)だ!」と思わず放った言葉に、妻は大爆笑し、一瞬だけ痛みが和らいだようでした(笑)

幸いにも今日になり、妻の肩の痛みもなくなり、四十肩ではなかったようです。

僕の四十尻も1日で治り、二人とも何事もなかったかのように、いつも通りの日常に戻りました。

同じ日の同じタイミングで、夫婦に起きた、肩と尻の痛み、これはいったい何だったのでしょう。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の漢字)→「尻」=お尻の尻タブが痛くなるってなかなかない経験ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧