夢の話

2014年12月 3日 (水)

正夢の服。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今朝、目を覚まして窓から外を見た時に、驚いた人も多かったのではないでしょうかpaper

昨日まで見えていたアスファルトが姿を消し、外は一面「銀世界」に変貌を遂げていましたsnow

天気予報をすっかり鵜呑みしていた僕はかなり不意をつかれましたbearing

この雪はおそらく根雪になりそうなので、またしても「雪のないお正月を迎える」という僕の夢は夢で終わりそうです・・・

夢といえば、実は先日、とても印象的な夢を見ましたsleepy

場所はどこか分からないところなんですが、僕はある1つの服屋さんで服を選んでいました。

そこには色々な斬新なデザインの服があり、僕はどれを買おうか迷っていましたconfident

すると、小さな可愛い女の子(小学高学年ぐらい)が僕の側にきて、「これが、いいんじゃない?」と服を選んでくれたのですhappy01

何となくですが、僕はその女の子は成長した未来の僕のだと思いますconfident

僕はそのとっても可愛いキュートな女の子の夢をこれまでにも数回見ていますが、言葉では上手く現すことができませんが、感覚的に娘だと感じます。

で、話を戻しますが、その女の子が選んでくれたのは、「白」と「ターコイズ」が微妙にストライプになったズボンと、同じような配色のシャツでしたt-shirt

ちょっと説明しにくいので、得意の絵pencilで・・・

20141202_232523

えっ?もっと分かりにくいって?勘弁、勘弁(笑)

本当はもう少し格好良い感じだったのですが、いかんせん僕の絵心ではこれが限界ですcoldsweats01

特徴は、ズボンが日ハムのユニフォームみたいに「左右非対称」になっているところです。

僕は凄く気に入ったわけではなかったのですが、結局それを買って、その場でそれに着替えてお店を出ましたgood

気がつくと、さっきまで側にいた女の子の姿はなくて、そこで目が覚めましたeye

とても印象的な夢でしたが、実はこの話にはまだ続きがあるのですpaper

それは昨日のことです。

昨日僕は仕事が休みだったので、と2人でちょっとドライブ&買い物に出かけてきましたhappy01

すると、あるところで信号待ちsignalerをしていると、僕の目に信じられないものが飛び込んできましたeyeそれはsign03

20141202_232523_2

僕が夢で見たあの服とほぼ同じデザインの服を着た、高校生ぐらいの女の子shadowが歩いたいたのですsign03

僕は思わず、「えっ!マジで!」と叫んでしまいましたsign03

上の服装は上着を着ていたので分かりませんでしたが、それでもズボンだけでも十分な程の出来事です。

まさか、夢が正夢になるとは、正夢の服を見た僕はしばらく頭が混乱してしまいました。

その時、娘は車の中で眠ってしまっていたので、正夢の服を娘と一緒に見ることができませんでしたが、もしかすると一緒にドライブに連れていってくれた娘が、この服に出会わせてくれたのかもしれませんconfident

そう考えると、この出来事は不思議でも何でもなく、必然的なことだったのかもしれませんpaper

夢の中では未来の姿だった娘が現実の世界に戻り、僕をその場所に連れてきてくれたのだと僕はそう確信しましたgood

皆さんは、こんな体験をされたことはありますか?

20141202_232603_2

今日も娘は無邪気に楽しそうに僕と遊んでくれましたhappy01鞄の中に入って、遊ぶのが楽しいみたいですnote

また、未来の娘に夢の中で会えるのが楽しみですconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

売れない俳優?

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は「文化の日」ということで祝日でしたので、僕は仕事はお休みでしたhappy01

天気が良ければと散歩でもしたかったところですが、今日は朝からあいにくの雨rainと、猛烈な強風の一日でしたtyphoon

時折、「あられ」のようなものも空から舞ってきて「冬」が間近なのを実感しましたsnow

娘は、風の「ゴォーッ!ゴォーッ!」という音に少しビビっていましたsad

今月は3週間後にまたもう一度「三連休」がありますので、その時はまたゆっくりと家族サービスできればと思いますconfident

そんな今日は先程、娘を寝かせつけようと、いつものようにが娘と一緒に寝室へと行ったのですが、僕も少しだけ横になろうと、一緒に布団の中で寝ていたのですが、ついつい眠りに世界に誘われてしまいましたsleepy

娘は今もぐっすりと眠りの中ですが、僕は「ブログを更新しなきゃ!」と慌てて目を覚ましましたeye

寝ぼけまなこをこすりながら寝室から出てくると、茶の間にいた妻が僕にこう言いましたpaper

「何か、売れない俳優みたいだね(笑)」

僕は今日はどこも出かけないので、朝起きてから髭もそらずにいましたし、先程お風呂上がりのまま布団に入ったので、髪もボサボサでしたので、確かにその姿は「売れない俳優」みたいだったかもしれませんcoldsweats01

でも、一応「俳優志望」の僕にしてみれば、売れなくても俳優であれば“良し”としますgood

売れなくても、俳優の“はしくれ”であれば、それでもOKですscissorsって、実際に俳優ではないですけどねcoldsweats01

「俳優業」これは僕にとって夢のまた夢の職業ですshine

もちろん、本気で今それに向かって邁進する予定はありませんが、遅咲きの俳優さんも過去にはたくさんいることですし、40歳になった僕もまだ夢の途中というわけですconfident

ちなみに今年の七夕の短冊には「プロ野球選手か、俳優さんになれますように」と願い事を書いた僕猫男爵でしたsmile

定年後に、60代~70代のおじいちゃん専門の役が似合う役者になるっていうのもありかな~とも思います。

まあ、そんなに役者の世界が甘くないのも百も承知ですけどね。

20~30年後のテレビの向こうにもしも猫男爵がいたとしたら、今日のこのブログを読んだあなたは、僕の夢が叶った瞬間の目撃者になるかもしれませんねconfident

な~んて、いつものように妄想に更けってします僕でした。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

ロケット花火乱れうち!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

数日前からひいた風邪が思ったよりも重症で、今朝起きた時は「今日仕事に行けるのかな・・・」と思うくらいでしたbearing

しかし、そこは気力で何とかカバーして今日一日乗り越えました。

ただ、午後からは喉の痛みが激しくなり、声もでにくくなり、まるで酒やけしたスナックのママのようなボイスになっちゃいましたcoldsweats01

よって、今日は仕事帰りに病院hospitalにより薬を処方してもらいました。少しでも早く風邪が治るように頑張ります。

さて、そんな今日のことですが、実は今朝僕は凄く印象に残る夢を見ましたsleepy

夢の中で、僕は見たことのない小高い丘のようなところの上にいました。

ふと下を見るとeye、一匹の白い猫catがこちらの様子をうかがっていました。

そして、その猫が何か紐のようなものを咥えて引っ張ったその瞬間sign03

ロケット花火が僕の方に向かって飛んできたのですsign03

僕は危険dangerを察知して避けたのですが、それも束の間、続々とロケット花火が僕目がけて飛んでくるのですsign03

僕は必死にジャンプしたり、走ったりして逃げたのですが、飛んでくるロケット花火の数が尋常ではないのですshock

まるで機関銃のように連射されるその姿は、ロケット花火の乱れうちですbomb

このままでは間違いなくいつか花火に当たってしまうと思った僕は、地面を這いつくばりながら、何とか丘の向こうへと逃げ切りました。

するとそこには野球場がありましたbaseball

僕は野球場の中に逃げ込んだのですが、そこはちょうどヤンキースのベンチ裏で、大柄な外国人選手がたくさんいました。

すると、ヤンキースの一員であるマー君こと田中将大が僕に声をかけてくれて、「こっちから逃げれるよ」と言って教えてくれました。

それでも、“これでもか”というくらいのロケット花火が僕を襲い続けてきて、僕は「もう一生こいつから逃げれないんだ・・・」と思ったところで目が覚めましたeye

きっと風邪で体調が悪かったせいで、こんな悪夢を見たのかもしれせん。

またこんな悪夢を見ないように、早いとこ風邪を治すことにしますcoldsweats01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

夢で良かった・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

一昨日の夜中に高熱upを出したの体調はだいぶよくなり、今日も一日中、楽しそうに家の中を動き回っていたようですconfident

僕も仕事から帰ってきてその元気な姿を見て、ホッと胸をなでおろしましたconfident。まだ、鼻水が少し出てはいますが、それも徐々に回復に向かっているようですgood

そんな今日ですが、僕は仕事から帰ってくるなり、娘をギューと抱きしめてしまいましたheart04。もちろん、体調の事も心配だったこともありますが、それよりも何よりも僕が今朝見た夢にその理由がありますsleepy

夢の中で、は仕事に行き、は大きな病院hospitalになぜか入院しており、も妻と一緒に病院にいました。

僕が仕事をしていると、僕の携帯電話がなりましたmobilephone

電話に出ると、電話の向こうで妻が泣きながら叫んでいました。

「○○(娘の名前)がどこにもいないの、いなくなったの!」

妻の絶叫にも近いその声を聞き、僕は職場を飛び出し、なぜか自転車bicycleを激漕ぎしながら病院へと向かいましたsweat01

妻と一緒に病院にいたはずの娘が行方不明になったと知り、僕は死に物狂いで自転車をこぎましたbearing

僕が病院につくと、院内では先生や看護師さんたちが総出で娘を必死に探している光景がありました。

僕はすぐに妻のところにかけよりましたが、妻は泣き崩れパニック状態でしたcrying。妻を看護師にあずけて、僕も必死に院内を探し回りましたrun

病室から診察室まで1つずつ懸命に探しますが、どこにも娘の姿はありませんdespair

まだ1歳の娘のことです。好奇心にかられてどこかに紛れこんでしまったのか、それとも誰かに誘拐されたのか・・・頭の中では不安なことばかりがよぎりますsad

どれだけ探したでしょう・・・

誰かが「丸2日、探しても見つからないからもうダメだよきっと・・・」とつぶやきました。

僕は「何言っているんだよ、諦めるな!絶対に娘を見つけるんだ!」と大きな声を張り上げて必死に探し続けました。でも僕も見つからない不安から涙が自然と溢れてきていましたweep

その時、ある看護師の1人が「あの人に聞いてみたらどうかしら?」と言ったのですpaper

“あの人”とは、どうやらこの病院の最上階にある食堂restaurantにいつもいる男性shadowで、看護師の話によると、その男の人は「世の中のことを何でも知っている不思議な人で、多額のお金を払えば、どんなことでも情報として教えてくれる。」ということでした。

僕は猛スピードで最上階に上がりup、そしてその男の人を探し、見つけましたeye

「頼む、お金ならいくらでも払うから、娘の居場所を教えてくれ!」そう僕が懇願したその男性の正体は何とsign03俳優の松重豊でしたshadow

僕の切なる願いに松重は「それは無理だ・・・」とだけつぶやきました。

「どうして?お金ならいくらでも払うよ、あんた何でも知っているんだろ?」と僕はさらに問いかけました。

すると松重は「その件についてだけは、俺にもわからないんだ・・・」と言い残しその場を去っていきました。

僕は最後の頼みの綱を失い、絶望の中で立ちすくんでしまいました・・・

下の階に降りると、妻はまだ泣き崩れ、ひたすら娘の名前を叫んでいました・・・

それはもう悪夢と表現するしかない想像を絶する光景でした・・・

愛しい愛しい娘の姿をもう見ることはできないのか、どこかで生きていて欲しい・・・そう思いながら、僕は妻が入院している病室へとたどり着きました。

もちろんそこに娘の姿があるはずもなく途方に暮れていると、窓際にある床にまでつくほど長い薄いピンク色のカーテンが少し盛り上がっていることに僕は気がつきましたeye

僕はゆっくりとそこに近づき、そしてそのカーテンをバーッ!と開けましたsign03

するとそこには何とsign03娘の姿があったのですsign03

体を丸めて小さくなりながら座っている娘を僕は即座に抱きかかえ、何度も何度も娘の名前を呼び続けましたbearing

娘は丸2日間、食事も水分もとっていないせいなのか、明らかに元気がなく衰弱していました。でも確かに「生きている」それを実感し、僕はもう涙が止まりませんでしたcrying

すぐに僕は娘を抱きかかえたまま病室を出て、「先生!先生!見つけました、娘がいました!誰かすぐにきてください!」と助けを呼びました。

その声を聞いた妻も、泣きながら僕のもとに走ってきましたcrying

そこで目が覚めたのですが、本当に夢で良かった・・・と起きた瞬間に強く感じました。

隣りではスヤスヤと寝息をたてて眠る娘の姿があり、それを見ながら僕は思わず泣きそうになりましたweep

こんな悪夢は本当にもう2度とゴメンです・・・

きっと、娘の体調が良くなったことが僕にこんな夢を見させたのかもしれませんpaper

そして登場した松重豊は、昨日寝る前に見たドラマ『HERO』の影響だと思いますcoldsweats01

とにかく僕は何度も何度も夢で良かった・・・と心の中でつぶやいたそんな夢のお話でしたconfident

今日もこれから眠りに就きますが、今日は嫌な夢を見ないように願います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

ゴールデン・ドラゴン!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は僕たちの住む北海道で、大雨rainによる甚大な被害が全道各地で起きましたshock

「今まで経験したことのない雨」

最近、気象庁が大雨に関する警報を発表する際に使う言葉ですが、まさにその言葉通りの雨が降ったのかもしれませんpaper

幸いにも、僕の住む十勝では被害が出るほどの雨量ではありませんでしたが、それでも一日中降り注ぐ雨には、非常に不安な気持ちを感じさせられましたbearing

この雨は明日もまだ続く予報ですrain。皆さんも外出する際にはくれぐれも気をつけてくださいねdanger天災はいつどこで襲ってくるか、分かりませんから。

話は変わりますが、先日、がちょっと変わった夢を見ましたsleepy

どうやらその夢の中には、「金の龍」が登場したそうですshineゴールデン・ドラゴンですbell

何か「金の龍」と聞いただけで、凄く良いことがありそうな気がするのは僕だけでしょうかcoldsweats01

ここは「ゴールデン・ドラゴン」にあやかって、宝くじでも買っちゃうおうかなhappy02

そしたら、まさかの「○億円」とか当たっちゃたりしてsign02

こういう安易な考え、ダメかな?

O0480064012801973604

「ダメよ、ダメ、ダメ。楽して儲けようなんて、ダメ、ダメ。」

でも、そんな夢を見たら買わずにはいられませんgood確か今度の宝くじは、「オータムジャンボ」かな?よし、ここは一発、夢を信じてみることにしますかhappy01

とかいって、本当に当たったら凄いことになっちゃいますねcoldsweats01。その時はもちろん、このブログでお伝え・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

二の腕をぷるぷる。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日も気持ちの良い十勝晴れの一日でしたねsun

そんな秋空のもと、今日の実家に遊びに行きましたhouse

そして、おじいちゃんとおばあちゃんが、ショッピングに連れていってくれましたhappy01

そのとあるお店で珍しい動物を発見しましたeye

20140902_220206

ポニー君ですhorse

そして、それを見た娘はpaper

20140902_220234


実際には触れないので、“エアよしよし”で撫でた感覚を味わっているようですcoldsweats01

日々成長する娘の姿には、本当に毎日驚かされるばかりです。

そんな今日この頃ですが、昨日僕はちょっとおもしろい夢を見ましたsleepy

僕はと、そしてもう1人、娘のと思われる小さな女の子の4人でいました。

娘が歯医者さんhospitalに行かなければならなくて、僕は娘を連れて歯医者さんへ。妻は下の娘を連れて帯広市内を歩いていました。

そして、娘を歯医者さんに連れていくと、僕は妻と下の娘のもとへと向かいました。

藤丸の近くを家族3人で歩いていると、そこに友人Hこがいたのですが、Hこは僕の妻にピッタリとくっついて、なぜか妻の二の腕をぷるぷるして遊んだいたのですsign03

Photo

(注:イメージです)

それを見た僕は、Hこに「ちょっとやめてくれる?Aゆの二の腕で遊ぶの!」と言いましたが、それでもHこは“ぷるぷる”をやめる気配は全くなく、そのうちそれが僕も楽しくなってきましたsmile

そして場面は変わり、僕は娘を迎えに歯医者さんに行くのですが、その前に携帯電話ショップに寄っていましたmobilephone

しかし、担当になった店員shadowが全く仕事ができない奴で、僕はブチ切れて他の店員に変えてもらうように言いましたpout

ところが次にきた店員も同じようにダメな奴で、僕は娘を迎えにいかないとならない焦りからイライラがMAXに達してup、店を飛び出して娘の待つ歯医者さんへと走りましたrun

歯医者さんに着くと、外にまで聞こえるような大きな娘の泣き声cryingが聞こえて、僕は慌てて中へと入ろうとしたところで目が覚めましたeye

すると、横で眠っているはずの娘がちょうど夜泣きcryingをしているところでした。夢の中の最後で聞こえた娘の泣き声は、これだったんですねconfident

20140902_220157

その後、僕たちはぐっすりと寄り添いながら、再び夢の中に入っていきましたsleepy

それにしても、久しぶりにおもしろい夢を見ましたhappy01

Hこさん、僕の妻の二の腕をぷるぷるして遊んではダメですよ(笑)

うん?今、「ダメ」って言った?

O0480064012801973604_2

ダメよ、ダメダメ(笑)

下半期の注目の的となるかな?彼女たちは(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

魔性の女。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

僕は、とある家電量販店の中で商品を見ていましたeye

すると、ある1人の女性shadowが近づいてきて、僕に話しかけてきました。

その女性とはsign02

1

女優、蒼井優でしたsign03

「なぜ、蒼井優がこんなところに!」と僕は驚きましたが、そんな僕に対して蒼井優はこう言いました。

「私、松山ケンイチと寝たの。」

「なぜ俺にそんな情報を?しかも結構な大問題じゃないそれって?」と思ったのも束の間、すかさず蒼井優はビデオカメラmovieで録画した松山ケンイチとの不倫の一部始終を僕に見せてくるじゃありませんかsign03

「何で俺に?こんなものを見せて何がしたいんだ・・・」と僕は困惑していましたが、そんな僕の表情を見てうすら笑いを浮かべる彼女は、まさに魔性の女という表現がピッタリでしたpaper

その後も、蒼井優は僕に「どこかに一緒に行こう」と誘ってくるのですが、僕は「これから歯医者に行かなきゃならないから」と言って断り、足早に立ち去りました。

歯医者hospitalに着いた僕でしたが、どうやらそこは歯医者ではなく、カラセラピーか何かをしているようなお店のようなところでした。

僕は玄関に向かいその店を出ようとしました。すると、そこにある女性が立っていましたshadowその女性とはsign02

3

またしても蒼井優でしたsign03

「またかよ!」と思いながら必死に振り切ろうとしたのですが、「ねえ、ねえ、遊ぼうよ」と彼女は執拗に僕を誘惑してきますbearing魔性の女っぷり全開ですup

僕は必死に彼女を振り切りお店を出ました。

気がつくと夜になり、僕はなぜかあっち関係の組長の子分になっていましたcoldsweats01

組長の自宅にいた僕は、兄貴分の人と飲みbeerに行く約束をしていました。そして飲みに出かけようとした時、組長が帰ってきて、兄貴を連れて出かけることになりました。

僕は飲みに行けなくなったことを残念に思いながらも、2人を見送りに玄関先に行きました。

ちょうど隣りが飲食店になっていて、夕食restaurantのサービスタイム的なものをやっており、結構な行列が出来ていました。

すると、その行列に並んでいた1人の男shadowが急に組長の前に立ち、拳銃を発砲impactし組長は撃たれました・・・

僕はパニックで「どうしよう・・・」とあたふたしてしまいました。

そしてふと、組長の自宅の窓の方を見ましたeye

すると、ブラインドの隙間からこちらを見ている1人の女性shadowが見えました。その女性とはsign03

皆さん、もう既にお分かりですよねcoldsweats01

20130618235502

蒼井優でした・・・

怖すぎるshock何なんだ、なぜそんなに俺につきまとうsign02

そして、その魔性のような表情でなぜ俺を見るsad

その瞬間、僕は目を覚ましましたeye

あっ!肝心なことを言い忘れていましたが、これは全て今朝僕が見た夢の話ですhappy01

僕は蒼井優のことが嫌いなわけではないのですが、今日の夢はちょっとリアルに怖いというかゾっとしてしまいましたshock

僕の勝手なイメージですが、蒼井優はちょっと魔性の女の香りがするというイメージがあり、それがもしかしたらこの夢を見させたのかもしれませんsleepy

本当のところ、彼女が「魔性の女」なのかは、知る余地もありません。

どうか、今晩は夢の中で蒼井優に追いかけられませんようにbearing

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

元カレは海老蔵?

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

昨日もお伝えしたように、十勝地方では桜の「開花宣言」が発表されましたcherryblossom

4月に開花宣言されるのは久しぶりのようにも思えますが、僕の家の近所でも桜の花が確かに花を開いていましたcherryblossom

道内では通常、函館を先頭に各地の桜が開花していくのですが、函館よりも十勝が先に開花するというのも非常に稀なことではないでしょうかhappy01

そんな今日は、気温こそ平年よりも高めでしたが、風が非常に強くtyphoonここ数日の暖かさは少し影を潜めた感があります。

明日からは気温も落ち着き、天気も曇りcloudの日が続きますので、初夏のような青空とは、しばらくの間お別れということになりそうですpaper

さて、そんな今日はまたしても印象に残る「夢sleepyを見ましたので、少しその夢のお話をさせてくださいconfident

夢の中の舞台は高校か中学校のようでschool僕は学生服を着ていました。

教室の中で僕の側にはがいました、もちろん妻も学生服姿で(笑)smile

※この夢の中では妻のことを、あえてAゆと呼ぶことにします。

すると、教室内で僕をずっと睨み続けるeye1人の男子shadowがいることに僕は気がつきました。

それは何とsign03

1218

市川海老蔵でしたsign03

その強烈な“睨み”に僕は思わず恐怖を感じ、側にいたAゆに「ね、さっきから海老蔵がずっと俺の方を睨んでいるんだけど・・・」と声をかけました。

するとAゆは「あっ、やっぱりね・・・」とそう呟いたのです。

僕はすぐに「どういうこと?」と尋ねました。

Aゆはこう答えました。「あの人ね私の元カレなの、昔付き合っていたの」と。

「えっ?マジで!!」と僕は驚いて声をあげてしまいましたが、そんな僕を「これでもか!」というくらい海老蔵はずっと睨み続けていましたeye

すると、突然教室にある女性が入ってきましたshadow

12913380512467261422

それは麻生久美子でしたshine

彼女は広報のようなものを作っていて、その原稿を集めるために僕に話を聞きにきたようでした。

僕が麻生久美子と喋っていると、それを見たAゆが「嫉妬」したのか、突然不機嫌な顔になり、教室から出て行ってしまいましたthink

ちなみに夢の中で僕とAゆがどういう関係なのかは定かではありませんが、たぶん付き合っているのかもしくは結婚しているのかもしれませんpaper

場面が変わり、放課後になりました。

僕はAゆと一緒に帰る約束をしていたのですが、どこを探してもAゆの姿がありません。

もしかしたら「校門のところで待っているのかもしれない」と思い、僕は大急ぎで校門へと急ぎましたrun

すると遠目からではありますが、そこにAゆの姿がハッキリと見えました。

僕は「Aゆ!」と大きな声を出して手を振りましたが、その姿を見たAゆは何と逃げるように走り去っていったのですrun

「えっ?なんで?」と思いながら、僕は急いでAゆの後を追いましたが、全く追いつかずそのうちに姿を見失ってしまいましたbearing

僕はAゆの自宅がすぐ近くにあることを思い出し、自宅に向かいましたhouse

Aゆの自宅に着くと、家の中にはお父さんがいました。

夢の中でのお父さんは、実際のお義父さんとは違う、全く見たことのない人でしたが、僕はそのお父さんにAゆが帰ってきていないか聞きましたear

しかし、Aゆは帰っていないようでしたsad

僕はAゆの携帯電話mobilephoneに電話をしてみました。呼び出し音が何度もなり、出る気配がないので切ろうとした瞬間、Aゆが電話に出ましたscissors

僕はAゆに「今どこにいるの?一緒に放課後帰ろうって言ったじゃん。」と尋ねましたが、Aゆは「今、隣町の病院にいるの」と不機嫌そうに言うと電話は切れました。

僕はとにかくAゆに会いたくて、隣町の病院hospitalに行くために駅へと急ぎましたsweat01

おそらく夢の中では設定が高校生なので車には乗れないみたいです。

駅に行く前に僕は実家に寄り、時刻表を見ましたeye。すると「16時08分」という発車時刻が見えました。そしてすぐに僕は付けていた時計を見ると何と「16時07分」でした!

「やばい、急がなきゃ!」と思い、僕は急いで実家を出て駅に向かうのですが、既に駅に汽車は着いておりtrain、そして発車の合図と共に動き出す姿が見えたのです!

「ちょっと待って!」と叫ぶ僕を尻目に汽車は走り去っていきましたtrain

汽車に乗り遅れた僕は途方に暮れ、次の汽車の時刻を見ました、すると21時にならないと次に汽車はないようでした・・・

僕は思わず途方に暮れていると、そこで目を覚ましましたeye

何とも目覚めの悪い朝でしたbearing

妻が僕を避ける理由は「麻生久美子と仲良く喋っていたから」かな?

それよりも妻の元カレは「海老蔵」だったなんて。

まあ、夢の話なので現実離れしていることは多々ありますが、汽車に乗り遅れる場面などは妙にリアルでしたpaper

気になったので「夢占い」で調べてみたところ、乗り物に乗り遅れるのは

「今の自分やこの先の生き方に焦りや迷いがある」という結果でした。

海老蔵や麻生久美子については、おそらくドラマ『弱くても勝てます』を見た直後の影響だと考えられますcoldsweats01。僕の場合はテレビなどで見たものがすぐに夢に反映されてしまうので(笑)confident

いずれにしても夢とは不思議な世界です。楽しい夢もあれば、寂しい夢もある、夢の世界にも喜怒哀楽はちゃんと存在しているんですね。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

香川と安倍。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~今日も暑かったですね~sweat01

連日のこの暑さには思わず「今は何月だっけ?」と自分の中で確認してしまうほどでしたcoldsweats01

今日は僕は仕事でしたが、職場の窓を開けて風通しを良くしないと、室内とはいえ熱中症になってしまうほどの熱気でしたup

4月下旬だというのにこの暑さということは、今年のはいったいどうなる?と思っていると、ちょうど今日の勝毎に長期予報が掲載されていましたpaper

その記事によると、今年の夏は冷夏になるそうです・・・

今年は「エルニーニョ現象」の影響により平年の気温を下回る予測で、これは2009年の「冷夏」と同じ感じのようですpaper

「猛暑」の夏を予想していた僕にしてみれば予想外の長期予報でしたが、夏は暑いからこそ夏であり、寒い夏は僕はあまり好みませんweep。ですから、長期予報を覆す夏になることを祈っています。

冷夏ということは長雨の心配も出てきますねrain。北海道には「梅雨は無い」と言われていますが、ここ数年は7月に雨の日が多い年も多く見受けられますrain

そこで、雨には欠かせない必需品が今日我が家に届きましたshine

20140426_220527

長靴ですshoe

妻が通販で取り寄せた長靴が届き、早速娘が履いてみましたhappy01。僕も妻も凄く気に入っている色合いなので、娘にも長く大事に使ってほしいと思いますpaper

娘にしてみれば、早く雨が降って欲しいのかもしれませんねcoldsweats01

「猛暑」にしても「冷夏」にしても、夏がやってくることは間違いのない話ですが、夏といえば、やっぱり寝苦しい夜が定番ですよねnight

我が家ではクーラーが無いので、頼るところは扇風機だけですが、僕は何度も公言していますように寝苦しい夜の方が好きなタイプですscissors

汗を大量sweat01にかいてもいいから、暑い夜のほうが好きというわけですpaper

ただ、寝苦しい分、変な夢を見ることが多いのも事実ですがsleepy

実はまだ熱帯夜には程遠い昨日の事ですが、変わったをみましたthink

その夢には何と、香川と安倍が登場してきたのですsign03

香川?香川真司だと思ったでしょうが実は違いますsmile。香川は香川でも香川照之のほうですhappy01

そして安倍?これは漢字ですぐバレたかもしれあませんが、安倍晋三首相のことです。

香川と安倍という2人のビッグネームが登場した、その気になる夢の内容を簡単にお話しましょう。

僕はどんな仕事なのか分かりませんが、大きなビルbuildingの中にある何らかの会社に勤務しています。

そして僕のデスクのすぐ隣りに、新入社員shadowがやってきましたpaper

よくその顔を見るとeyeそれは香川照之でしたsign03彼は僕に「ご指導宜しくお願いします」と丁寧に頭を下げました。

どうみても年齢や風格から見れば彼の方が先輩なのに、夢の中では僕が先輩という上下関係でしたcoldsweats01

香川照之の装いはスーツを着ていて、現在放送中のドラマ『MOZU』の刑事役そのものでした。

僕が香川照之と色々と会話をしていると、何とそのビルのフロアに安倍首相アメリカ合衆国・オバマ大統領がやってきて、僕らの仕事っぷりを見学しにきたのですeye

すると、みんなは安倍首相のもとに握手をしてもらいに駆け寄っていきました。

僕もその雰囲気に便乗し、安倍首相のもとに行き握手をしてもらいましたgood。近くで見る安倍首相は思った以上に顔がデカくて、そして口が強烈に臭かったですshock

すると、それをみんなから聞いた女子社員shadowの1人が首相のもとにいくことを拒絶しだしましたbearing

それを見たほかの社員はたちは「まずい・・・」と思ったのか、嫌がる女子社員を無理矢理、首相のもとに近づけていきました。

その抵抗っぶりったらハンパなかったのですが、そこで僕は目を覚ましましたeye

何とも不思議な夢でしたが、間違いなく前日に香川照之が出演している『MOZU』の録画してあるものを見た事と、ニュースでオバマ大統領が来日し、安倍首相と共に会話をしている映像を見た影響がモロに出ている事だけは間違いないようですcoldsweats01

今日もまた寝苦しい夜になるのでしょうか・・・そしてまた変な夢を見るのでしょうか?これからの待つ布団にいくことにしますsleepy

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

Aゆ、逃げて!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は太陽さんsunも出ていたので、天気じたいは良かったのですが、気温がさほど上がらず、さらに風も相変わらず強く、4月半ばだというのに少し肌寒さを感じるような一日でしたbearing

明日は少し気温も上がり、来週になれば徐々に春の陽気が戻ってくる予報ですが、早く本格的な春になって「外焼き」(焼肉)などを楽しめればと、そんな風に願っていますhappy01

そんな今日ですが、実は僕は何とも目覚めの悪い朝を迎えましたshock

というのも、僕が見た夢sleepyが非常に怖ろしく恐い夢だったからですsign03

今日はその「夢のお話」をさせていただきますpaper

おそらく、その衝撃的なラストシーンを見る前にも、違う夢も見ていたのでしょうが、あまりにも最後のシーンが強烈だったために他の場面は全く記憶していないことを、まずはご了承くださいcoldsweats01

夢の中で、僕は今現在住んでいる自分の家の中にいましたhouse

家の中はまるで泥棒が入った後のように、娘の玩具や本が散乱していましたsign03

そしてキッチンの方では、カーペットの上にが作った「パエリア」が全部落とされており、悲惨な状況でしたdown

すると妻がキッチンのガスコンロが使えないので、「これで料理をする!」と言って、花見などでジンギスカンをする時などに良く見かける、ガスバーナーのコンロ台みたいなのを持ってきて、何とソファーの真下で火をつけたのですsign03

ソファーの下で火をつければ、もちろんすぐにソファーに火が燃え移ることは目に見えていましたが、なぜか妻はそうしたのですwobbly

当然すぐにソファーに引火した火の粉は、みるみるうちに強くなりup炎が立ち上がりましたsign03

「これはまずい!」と僕は慌てて消火作業をしようとしましたが、水を汲めるものが側には何もなく、仕方なくお茶の湯のみjapaneseteaみたいなもので少しずつ水道から水を汲んで、炎に向かってかけましたsign03

しかし、そんな程度の水で火が消えるはずもなく、どんどんと火の勢いは増しup黒煙も部屋の中に立ちこめてきましたsad

妻は、いつのまにか寝室でと横になっており、何事も無かったかのように平然としています。

僕は消火作業をしながら、必死に妻に叫びましたsign03

「Aゆ、逃げて!」

しかし、妻は平然と寝ています。

僕は「もうこのままではみんな死んでしまう・・・家は燃えてしまうけど、とにかく妻と娘を連れて逃げなきゃ!」と思い、もう一度妻に必死に叫びましたsign03

「Aゆ、逃げて!」

そして、僕はそこで目を覚ましましたeye

あまりの恐怖に、呼吸もいつもとは違う感じでしたが、隣りで妻が僕に「どうしたの!大丈夫?」と尋ねてきました。

どうやら僕は寝ながら「Aゆ、逃げて!」と言葉を発していたようで、それを隣りで聞いた妻も驚いていましたcoldsweats02

夢の中での様子が、あまりにも臨場感があり過ぎて、本当に恐かったですshock

その恐怖が拭えなかったのか、今朝は妻に「くれぐれも火の元には気をつけてね」と言葉を残して僕は仕事に出かけました。

仕事を終えて帰宅してからも、その強烈な夢の印象が強すぎて頭から離れなかったので、僕は「夢占い」でこの夢のことを調べてみましたpaper

「きっと何か嫌なことが起きそうな感じなのかもしれない・・・」と、不安を感じながら「夢占い」で調べてみると、予想外の答えがそこにはありましたflair

「火事の夢」は・・・

幸運を暗示するそうですnote思いかげない大きな利益を得たり、何事にも期待以上の結果を出せるそうですhappy01

特に僕が見た「自分の家が火事になったり、激しく燃え上がる夢」ほど、より大きな幸運に恵まれるそうですnote

「嫌な夢」だと思っていた僕の夢は、何と「最高の夢」だったということですhappy02

これから果たしてどんな幸運が訪れるのか、ちょっとだけ楽しみですconfident

昨日の今日なのでまだちょっと「恐さ」もありますが、今日は僕はどんな夢を見るのかな・・・

20140411_233428

は既に眠りの中にいますがsleepy娘はどんな夢を見ているのかな~この格好だと、どこかを走っている夢runかな(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> 親方→今日は妻が1人でジムに行ってきたのですが、これまたジムオールスターズの1人である親方が来ていたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧