旅行・デート

2018年11月18日 (日)

北のテーマパーク。

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

11月も半ばを過ぎましたが、今年の北海道はまだ雪がありません。全道各地で初雪観測の遅い記録が、軒並み話題になっています。

帯広でもまだ初雪は観測されておらず、1892年の11月24日という記録に迫ってきています。
一応、明日雪の予報もあるので、もしかすると明日遂に初雪かもしれません。

さて、そんな初雪の話題もありますが、我が家は先日、札幌のとある場所へ行って来ました。

それは、「白い恋人パーク」です。

既に何度も行かれている方も多いかと思いますが、我が家は遂にデビューです。


1542576090936.jpg

子供達は楽しそうに常にはしゃいでいました。


1542576091516.jpg

時期的にイルミネーションもあり、娘はキラキラした輝きに大喜びでした。


1542576091983.jpg

王子も色々なものを目にして大興奮!


1542576092533.jpg

しまいには、銅像の鼻に指を突っ込んで遊んでいました。良い子は真似しないように(笑)

短い時間でしたが、北のテーマパークは最高に楽しい場所でした。今度はもっとゆっくりと満喫したいと思います。


1542576093052.jpg

夜はサッポロファクトリーに行き、クリスマスツリーの前で記念撮影しました。とてもキレイでした。


1542576093568.jpg

子供達、銅像好きなのか?次の日は三越のライオン前で記念撮影です(笑)

1泊2日の札幌旅行でしたが、また楽しい思い出が1つ増えました。


1542576097168.jpg

子供達は遊び疲れて、帰宅後はぐっすり眠りにつきました。


1542576097617.jpg

で、最終的にはパパは王子に蹴りを入れられています(笑)まあ、パパにはその記憶はございませんけどね(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の漢字)→「白」=白い恋人パーク、そして初雪の話題から、今日は「白」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

暑い時には。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

1週間、更新できずに申し訳ありませんでした。先週は連休明けの1週間で何かと忙しく過ごしていました。

昨日の土曜日は十勝は夏日を記録しましたよね。まだ5月だというのに、最近の気候は急に暑さが来るので、どう対処すればいいか困ってしまいます。

昨日は我が家は家族で水遊びのできる公園へと行って来ました。


1526227397271.jpg

暑い時には、やっぱり水遊びに限ります。


1526227397838.jpg

王子は初の公園での水遊びでしたが、全く水を怖がらず、お姉ちゃんと一緒に楽しく遊びました。


1526227398427.jpg

娘にとっても、今シーズンは初の水遊びだったので、まるで水を得た魚のように、おおはしゃぎしていました。


1526227398923.jpg


水遊びの後は愛車のアンパンマン号に乗って遊ぶ王子です。


1526227399409.jpg

遊具のところで、かくれんぼもしました。


1526227399946.jpg

ブランコが超お気に入りで、何度も何度もニコニコしながら楽しみました。

自分で反動をつけて、ブランコを動かしだした時には、正直パパもビックリしました(笑)

これは、将来、プロ野球選手マジでいけるかも。

この日は、娘も息子もたくさん遊んで楽しかった1日になったのではないでしょうか。

やっぱり暑い時には、水遊びに限ります。ただし、子供はね、という話です(笑)

大人は冷房の下で涼むのが一番です。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

今日の漢字→「暑」=今年はいったい、暑い夏になるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

王子、大興奮な1日♪

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

今年のゴールデンウィークも今日で最後となり、明日からはまた普段通りの生活が待っています。

今日は町内会の花見に行って来ましたが、スタートしてまもなく、小雨が降り始め、焼肉を食べるのもままならず1時間程で撤収しました。

来年の花見は快晴になることを祈ります。

さて、昨日のことになりますが家族で富良野へと出掛けてきました。

目的はアンパンマンショップへ行くことです。
王子(息子)はただいま絶賛アンパンマンブーム中で、寝ても覚めても朝から晩まで「アンパンマン」を連呼しています(笑)

そんな王子が果たしてアンパンマンショップに行き、どんな反応をするか僕も妻も非常に楽しみでした。

アンパンマンショップにつくまでは、車の中で寝ていた王子ですが、駐車場につき、車を降りるとすぐに目に入ったアンパンマンショップを指差し、「アンパンマン!」と声を張り上げていました(笑)


1525619055896.jpg

店内に入ると、もちろん見渡す限り「アンパンマン」だらけです。王子は「アンパンマン」と言いながら超ハイテンションです。


1525619056548.jpg

とにかく店内のグッズ全てに興味を持ち、しゅうしゅうがつかないので、玩具を1つ買って手に持たせて、何とか興奮を抑えました。

この日は2階ギャラリーにアンパンマンが登場するということで、僕たちも列に並びアンパンマンの登場を待ちました。


1525619057016.jpg


1525619057469.jpg

その間も、とにかくひたすら「アンパンマン」を連呼し、王子のテンションはとどまることを知りません。

そんな中、遂に憧れのアンパンマンの登場です!


1525619058018.jpg

王子の興奮は最高潮となり、早くアンパンマンのそばに行きたい!と待ちきれないようでした。

アンパンマンとの記念撮影には、長蛇の列ができ、待つこと30分ぐらいでもう少しで僕たちの順番というところで事件が…

何と娘が急に便意を感じ、ママが娘とトイレに行くことに!

そうこうしているうちに僕たちの順番がきてしまい、アンパンマンと記念撮影をすることに。


1525619058485.jpg

王子は自らアンパンマンのところに歩みより、アンパンマンに抱っこをしてもらいました。

この日は、僕の母も一緒に来たので、僕と王子と母の3人で記念撮影をしました。

残念ながら、娘と妻は記念撮影に間に合いま
せんでした。


1525619058940.jpg

娘は年長さんなので以前程、アンパンマンには興味はありませんが、王子がアンパンマンに夢中なこともあり、一緒になってアンパンマンを楽しんでいます。

王子にとっては大興奮の1日だったと思います。

アンパンマンにも会えて、玩具も手に入り、大満足の時間だったことでしょう。

1525619059436.jpg

帰り道は、王子も娘も車内で深い眠りにつきました。
きっとアンパンマンの楽しい夢をみていたんでしょうね。


1525619059919.jpg

帰り道で今まで見たことのない、大きな虹を見ることができました。これもまた思い出に残る出来事となりました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「虹」=あの大きな虹はかなりのインパクトでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

四人で見る伝説の夕陽。

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

3月も終わり、明日からは平成30年度がスタートしようとしています。

この時期は年度変わりで何かと慌ただしいですよね。

来年は平成31年度が4月だけということになるんでしょうね?

5月からは新しい元号になるわけですから。そのへんも凄く気になるところではありますが、それはまた別の機会に話すことにして、今日も前回に引き続き東京旅行のお話をさせていだきます。

そして今日が東京旅行のブログとしては、遂に最終回となります。どうぞ最後までお付き合い願います。

2月27日(火曜日)

いよいよ旅行最後の日がやってきました。
あっという間の5日間が過ぎ、まだまだ東京にいたい…そんな気持ちにかられていたのは、きっと妻も娘も王子も同じだったと思います。


1522338883806.jpg

品プリの部屋から見る、見慣れた景色も今日でまたしばらく見納めです。


1522338884324.jpg

最後の日ということで、朝食はホテルのビュッフェにしました。品プリの朝食はちょっと値段がはるので、最後の日の楽しみにとっておきました。

朝食とはいえ、相変わらず充実した料理の数々でしたが、何となく4年前に来た時よりも、豪華さに欠けるかな?というのが本音でした。

それでももちろん美味しいことに変わりはないので、朝から沢山食べてしまいました。

子供達も美味しく、好きなメニューを沢山食べていました。

朝から満腹感でいっぱいになった僕達はチェックアウトを済ませ、あるところに向かいました。

それはホテル内にあるボーリング場です。まさか東京でボーリングができるとは思ってもいませんでしたが、これも楽しい思い出の1つです。

1522338884825.jpg

実は娘にとっては、これがボーリングデビューです。まさかデビュー戦が東京になるとは(笑)

初めてにしては、なかなか上手にボールを投げていた娘です。


1522338885257.jpg

僕もボーリングはいつ以来?というくらい久しぶりでした。最後に行ったのは妻とディノスだったと思います。しかも結婚前、だからデートだったと思います。

今回のボーリング、タイミングが悪いことに王子が寝てしまったので、僕は王子を抱っこ紐で抱っこしたままプレイするという、かなりなハンデを背負いました。


1522338885676.jpg

しかし、そこは自慢ではありませんが、最高スコア224点を持つ僕です。意地でターキーやってやりましたよ(笑)

ただ王子を抱っこしながらの代償は大きく、足の付け根に痛みが発生し、その後は痛みとの戦いになってしまいました。

たった1ゲームだけでしたが、家族みんなで初めてプレイしたボーリングはとても楽しかったです。またみんなで行きたいと思います。

ボーリングでエネルギーを消化し、朝食での満腹感を何とかなくすことに成功した僕達は、いったん荷物をホテルにあずけて、次の目的地へと向かいました。


1522338886093.jpg

そこは、豊洲にあるララポートという場所です。4年前にも訪れたここには、あのスイーツが僕らを待ってくれています。


1522338886510.jpg

「バター」というお店です。どうやら名前が「バター・プレミアム」に変わったようですが、店の感じは変わっていませんでした。


1522338886960.jpg

ちなみにこれが4年前に訪れた時の写真です。


1522339633502.jpg

娘が頼んだ飲み物、確かレモンなんとか…名前は忘れてしまいましたが、めっちゃ美味しかったです。


1522339634084.jpg

そして遂に待ちに待ったパンケーキの登場です!
4年前に最初に口に入れた瞬間の衝撃は、今でも忘れていません。

パンケーキはもちろんのこと、生クリームとアイスクリームの味が超絶品なんですよ。

早速、美味しくパンケーキをいただきました。


1522339634597.jpg

ちなみに、この写真は4年前にパンケーキを食べて満腹感でやられている僕です。
この時は、築地でお寿司をさんざん食べた後に行ったので、既にパンケーキを食べる前からお腹がいっぱいだったので、あんな表情になりました。

今回も「バター」のパンケーキに魅了され、笑顔が止まらない僕でした。

パンケーキを食べ終えた僕達は、豊洲を後にして東京駅に向かいました。

駅構内にあるお土産屋さんで、お土産屋を買うことが目的です。

妻が事前に調べてくれた、「バターサンドクッキー」がめちゃくちゃ美味しいというお店です。

お店に到着すると、既に長蛇の列!
店員さんに整理券を配られ、30分以上待つことになりました。

ようやく順番が来て、列に並んでいた妻があることに気がつきました。

それは「お一人様5個(5箱)まで」という張り紙です。

妻は5個以上買う予定だったので、僕を呼んで相談しました。

結局、仕方ないから5個までにするしかないね、と妻と会話をしていると、隣に並んでいた女性が、「私、5個も買わないので、足りない分、買いましょうか?」と声をかけてくれたのです。

何と優しい方なんでしょう!
都会の人は冷たいと思っていたけど、人の優しさを強く感じた瞬間でした。

お土産屋を買い終わり、女性に代金を渡し、深々と御礼をして、僕達は東京駅を後にしました。

気がつけば時計は午後4時を過ぎ、帰りの飛行機の時間が迫ってきました。

僕達は急いで品プリへ戻り、預けてあった荷物をとり、羽田空港へと向かいました。

楽しかった東京旅行もいよいよ終わりが近づき、羽田空港に向かう電車内ではセンチメンタルな感情に包まれてきました。

子供達は疲れてぐっすり眠っていました。

羽田空港に着き、搭乗手続きを済ませ、あとは出発時間が来るのを待つだけです。


1522535207564.jpg

娘も楽しかった東京旅行の終わりに寂しいきもちになっているようでした。

そして僕達は、あの伝説の夕陽を見ることにしました。

今から9年前に僕の心に気づかせてくれた、あの羽田空港から見た夕陽。

その翌年には妻と二人で見ました。
さらにその4年後には妻と娘と家族3人で見ました。
そして今回、王子を加え、家族4人で見る伝説の夕陽です。


1522535208536.jpg

角度が悪く、正面からは見れませんでしたが、それでも何度見ても、僕にとっては素敵な優しい夕陽です。
この夕陽を見るたびに、あの時の気持ちを思いだし「恋」の意味を感じます。本当に素敵な夕陽です。

そんな感情に包まれながら、いよいよ機内に入り、飛行機は離陸することになりました。

サヨナラ東京、また来るからね!

飛び立った飛行機の中から、小さくなっていく東京の町並みを見ながら、僕は心の中でそうつぶやきました。

機内では、旅の疲れがどっと出たのか娘は爆睡モードでした。


1522535209600.jpg


ところが王子は、それまでに睡眠をたっぷりとっていたせいか元気いっぱいで、抱っこされた僕の膝の上で遊び放題で大変でした。

でも、おかけで僕にとっては苦手な飛行機の時間があっという間に過ぎ、気がつけば帯広空港が近づいてきました。

そして、何事もなく無事に僕達は十勝の地に帰ってきました。

空港から外に出た瞬間の空気の違いに、思わず「寒っ!」という言葉が出てしまいました。
また、明日からは普段通りの日常が待っているんだとということを思い出した瞬間でもありました。

4年ぶりに行った東京旅行はこうして幕を閉じました。次はいつ行けるか分かりませんが、やっぱり旅行は良いものですよね。

約1ヶ月に渡り、東京旅行のことを振り返るブログをご紹介してきましたが、お付き合いしていただき、ありがとうございました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「旅」=旅は楽しいものです。そしてそれは、思い出として一生の宝物になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

未来の王子が輝く場所♪

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

今日の十勝は最高気温が15℃を超え、4月下旬〜5月上旬並の暖かさでした。これで雪解けが一気に加速し、春本番といったところです。

さて、今日も前回に引き続き東京旅行のお話をさせていだきます。

旅行からかれこれ1ヶ月が経過しているので、何だか遠い昔の出来事に感じられますが、楽しかった旅の思い出を振り返ってみたいと思います。

2月26日(月曜日)

東京旅行5日目は、前日に泊まらせてもらった中野にある姉の家を出発するところから始まりました。

姉一家に別れを告げ、僕達はまずは地下鉄の駅へと向かいました。

すると、駅で妻がある有名人を発見しました。

その人物とは!山本晋也監督です。最近テレビで拝見する機会は減りましたが、生で見るとやっぱり何となくオーラがありました。

妻は以前も東京旅行の際に、古田新太を発見しましたし、有名人を見つけるのがとても上手です。

我が家は一路、今日の最初の目的地である水道橋に向かいました。

水道橋と言えば、勘の良い人であればすぐにわかりますよね。そうです、東京ドームです。

僕が東京ドームを訪れるのは、巨人戦を観戦した2007年以来、実に11年ぶりのことです。

とは言っても今回は東京ドームに用事があるわけではなく、東京ドームシティにある「アソボーノ」という遊技場に子供達を連れていくことが目的です。


1522252103330.jpg

水道橋駅を降りて、東京ドームの方へ歩いていくと、辺りにはものすごい行列が待ち構えていました。
何とこの日は韓国の歌手グループ「SHINee」のコンサートがあるみたいで、それの長蛇の列だったみたいです。


1522252230790.jpg

東京ドームシティには娘が大好きな「キュウレンジャー」の看板などかあり、娘は喜んでいました。


1522253617881.jpg

楽しみにしていた「アソボーノ」の中に入りました。平日にも関わらず、中はなかなかの混雑状態でした。


1522253618466.jpg

娘は色々な遊具や玩具で早速、楽しんでいました。


1522253618935.jpg

しかし…王子は爆睡で一向に起きる気配がありません。

入場して約1時間が経とうとした頃、ようやく王子がお目覚めです。

1522253619386.jpg

睡眠ばっちりのせいか、起きてすぐに玩具に飛び付き夢中で遊び始めました。


1522253619801.jpg

大好きなトーマスを見つけ、プラレールで遊んでいました。


1522253620250.jpg

娘はブロックで「ドイツ」の国旗を作ってくれました。

残り時間も少なくなってきたので、娘も王子も思い思いの遊びで楽しみます。


1522253620709.jpg


1522263028033.jpg


時間にして1時間半程でしたが、娘も王子も楽しい時間を過ごすことができました。

「アソボーノ」を出た後は、すぐ真向かいにある食事のブースで昼食を食べました。

体を動かした後だったので、子供達はたくさん料理を食べていました。

みんなでラーメンを食べたのですが、どうやらスープが合わなかったみたいで、この後、僕と妻はお腹がやられて、ちょっとトイレに行くはめになりました(笑)


1522261729418.jpg

食後にはソフトクリームを食べて、娘はニコニコです。


1522261729899.jpg

王子、かぶりついています(笑)

こうして、お腹を満たした僕達は東京ドームシティを後にしました。

最後に僕は、東京ドームを見ながら王子に「ここは王子が将来、巨人のユニホームを着て野球をするところだよ。」と語りかけました。

父親としては、本当に未来の王子が輝く場所であって欲しいと願っています。

僕達は再び水道橋駅から電車に揺られ、品川に戻ることにしました。

電車内で10代後半ぐらいの若い女の子が席を譲ってくれました。本当にその優しい気持ちには感謝の気持ちでいっぱいになりました。

1522262735672.jpg

2日ぶりに第2の家、品プリに帰ってきました。部屋から見える東京タワーを娘に教えてあげました。

そして、少し部屋で休憩した後、今度は品プリ内にある「アクアパーク」に足を運びました。


1522262736177.jpg

前回泊まった時に見ることが出来なかった、イルカのショーを見るのが目的です。

娘も王子も何が始まるのか興味津々です。


1522262736660.jpg

そんな中、いよいよイルカのショーがスタートです。


1522262737110.jpg


1522262737559.jpg

とても迫力のある感動的なショーでした。

娘も王子も凄く楽しんでいました。がしかし、時間が10分〜15分くらいで終了してしまったので、もう少し長く見たかったようにも感じました。

部屋に戻り、夕食は品川駅で買ってきた「燕グリル」のオカズと、娘のリクエストでマックのハンバーガー&ポテトを食べました(笑)

こうして東京旅行最後の夜は、あっという間に更けていきました。

さあ、次回はいよいよ東京旅行最終回をお送りしますので、どうぞお楽しみに。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「夢」=東京ドームに行き、息子の野球選手への夢を勝手に思い描いてしまった僕です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

別れと再会。

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

気がつげば、3月も残すところあと1週間余りとなり、春らしい日が続く今日この頃です。

あれだけ積もっていた雪も一気にとけはじめ、これからは春の到来が駆け足でやってきそうですね。

さて、今日も前回に引き続き東京旅行のお話をさせていただきます。

東京旅行から既に1ヶ月が経過しようとしていますので、記憶をたどりながらお話します(笑)

2月25日(日曜日)

前日のディズニーシーでの夢のような時間から一夜明け、僕達は義弟の家で少し遅めの起床となりました。

子供達は疲れている様子もなく元気に朝から遊んでいましたが、僕はさすがに前日の疲れが体から取れませんでした。


1521823059868.jpg

娘が姪の幼稚園の制服を借りて着てみました。とても可愛かったです。
娘が通う保育所には制服は無いので、なかなか新鮮な姿でした。

そして、とうとう義弟一家との別れの時間がやってきました。

わずか1日半しか一緒の時間を過ごすことができませんでしたが、ディズニーシーでの忘れられない大切な思い出ができて、娘も姪も本当に楽しかったと思います。
それが親としては一番嬉しく思います。


1521823060434.jpg

ストライダーの大会で活躍する姪が、愛車で駅までお見送りに来てくれました。


1521823060869.jpg

最後は駅の改札の前で娘と姪が熱い抱擁を交わし、その姿は見ていても何とも愛しいものでした。

また会える日が待ち遠しいです。


1521823061304.jpg

義弟一家と別れを告げ、再び僕達は東京へと戻ることにしました。
品川駅まで約1時間、電車の心地よい揺れに娘も王子も爆睡しました。

品川に着き、品プリに荷物を一時預け、僕達は今度は僕の姉一家が住む中野へと向かいました。

中野に着き、義兄と姉と姪との再会が待っていました。

そして、姉の家には新しい仲間のワンちゃんも僕達の到着を待っていました。

知らない人には警戒心があるので、あまりむやみに近づくことはできませんでしたが、王子はそんなことはお構い無しです(笑)


1521823146190.jpg


ぐいぐいと歩み寄っていき、あまりにもぐいぐい来られるので、逆にワンちゃんのほうが困っていました(笑)


1521823061737.jpg


夜になり、みんなでイタリアンのお店にお食事に行きました。
ここで大学の部活を追えた甥も合流し、久しぶりの再会に笑顔が溢れました。

写真は我が家のボーダズです(笑)若干1名カメラ目線です(笑)


1521823062168.jpg


パスタ、ピザ、ローストビーフなど、色々な料理に舌包みをうち、楽しい夕食の時間を過ごせました。

楽しい時間はあっという間に過ぎていき、東京旅行4日目も終わりを迎えるところでしたが、姉の家に帰宅後、子供達を寝かしつけ、みんなでお酒を飲みながら、久しぶりの再会に話はつきませんでした(笑)

気がつげば、時計は夜中の3時でした。

こうして、別れと再会の1日は幕を閉じました。

この続きはまた次回のお楽しみです。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「犬」=姉の家にいたワンちゃん、おとなしくて可愛かったけど、もっと本当はかまってあげたかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

ありがとう、夢の国♪

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

ここ数日ポカポカ陽気が続き、いよいよ春到来が近づいてきたようですね。
大嫌いな冬とお別れできるかと思うと僕はとても嬉しい気持ちです。

さて、今日も前回に引き続き東京旅行のお話をしていきたと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

2月24日(土曜日)

東京旅行3日目は快晴の朝を迎えました。いよいよ今日はこの旅行のメインイベントでもある、東京ディズニーリゾートへと行く日です。娘の強い要望で、ディズニーランドではなく、ディズニーシーへ今回は行くことになりました。

まあ、どちらにしても娘と王子にとっては初めての場所、そして僕と妻にとっては高校の修学旅行でディズニーランドに来て以来、実に27年ぶりのこととなります(笑)

前日早めの就寝にしたおかけで、子供達の目覚めもバッチリです。

朝食をすませ、僕たちは品プリとは一旦お別れを告げ、品川駅から電車へと乗り込みました。

東京駅で乗り換えて舞浜駅へと向かおうとしたのですが、ここで予想外のことが…

乗り換えの場所までが遠い!
結構な早歩きで歩きましたが、東京駅構内だけで15分ぐらいは移動しました。
危なく乗りたい時間の電車に乗り遅れるところでした。変な話、この乗り継ぎだけで、体力の半分ぐらい使い果たしてしまいました(笑)

午前9時、予定通りに舞浜駅に到着、ここで千葉に住む、妻の弟一家と合流し、いざディズニーシーへと向かいました。

入場ゲートを通過すると、今までの世界とは全く違う別次元の世界が僕の目の前に飛び込んできました。


1521383153360.jpg

これがディズニーシーなんだ。何とも言えない独特の空気感がそこには広がっています。


1521383154416.jpg

王子も見たことのない光景にやや緊張気味です。

アトラクションのチケット(ファストパス)を取りに義弟が行ってくれている間、僕たちはとりあえず色々なところを見て歩くことにしました。


1521383155433.jpg

まずはパレードに遭遇。凄く見ていても引き付けられるものがありました。


1521383156502.jpg

娘は早速、お目当てだった「ポップコーン」を買い、同い年の従姉妹と一緒に仲良く食べていました。


1521383157049.jpg

次にマーメイドラグーンに入り、娘たちは超ハイテンション!まだアトラクションに入るわけでもないのに、盛り上がっていました。

この日は天気は良かったのですが、気温が低く、浜風が肌寒く、体感気温はかなり低かったので、マーメイドラグーンの中でしばし暖を取ったのは正解でした。

その後、ファストパスをゲットした義弟が昼食の場所をキープしてくれていて、順番が近づいてきたという連絡が入ったので、昼食の場所へ急ぐことにしました。

ディズニーランドやディズニーシーは、基本的には何に対しても並ばなければなりません。自らを犠牲にして、並んでくれた義弟には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


1521383600437.jpg

僕たちが昼食を食べたところはファーストフードのお店で、ショーを見ながら食事を見ることができるお店だったので、子供達も凄く楽しそうでした。

昼食を終えた僕たちはファストパスを取ったアトラクションまで時間があるので、蒸気船に乗ることにしました。


1521413646240.jpg

トランジットスチーマーラインです。
蒸気船に乗り約10分ぐらい、ディズニーシーの中をぐるぐる回って見れたので、子供達も大喜びでした。


1521413647272.jpg

また別のところでショーをやっていたので、それを見て、その後はタートル・トークというアトラクションに1時間以上かけて並びました。

そして、いよいよ順番が来て中に入れるというところでハプニング発生!
なんと、王子が突然の号泣…
何度か泣き止ませようとはしたものの、一度火がついたら泣き止むわけもなく、仕方なく僕は王子を抱っこしたまま、外で待つことになりました。

小さい子供がいればこれは仕方のないことです。それでも、娘が楽しかったよと言って、中でのことを色々話してくれたので嬉しかったです。


1521414983403.jpg

ディズニーシーには鳩がたくさんいました。娘は急に側に寄ってくる鳩が苦手のようで、鳩がくるたびに怖がっていました。
実はこれ、前日の上野動物園でも同じで、この旅行中にすっかり、鳩が天敵になってしまったようです。


1521414984599.jpg

次に行ったアトラクションは、ニモ&フレンズ・シーライダーです。これは義弟がファストパスを取ってきてくれたので、それほど待たずにすんなり入れました。

がしかし…王子は身長制限で入場できず、またしてもパパと二人でアトラクション外で待つことに。

でも待っているだけでは暇なので、その間、王子と二人で広いディズニーシーの中をぐるぐると探索しました。

探索していると、外国人観光客の多さや、色々な人間模様が会話の中から見え隠れして、人間観察が好きな僕にとっては楽しい時間でした。


1521414985284.jpg

みんながニモ&フレンズ・シーライダーから戻ってきた後は、オヤツ休憩をして、その後、再びマーメイドラグーンへと向かいました。

ここで、マーメイドラグーンシアターでアリエルのミュージカルショーを見ました。

とても感動的なショーでした。妻は思わず号泣し、王子も手を叩いて喜んでいました。
もちろん娘も凄く楽しかったようで、また見たいを連呼していました。


1521414985984.jpg

マーメイドラグーンを出ると、あっという間に辺りは真っ暗闇です。
楽しい時間というのは、本当に早く過ぎていくものです。
最後は買い物をして帰ることにしました。


1521414986652.jpg

キレイな光のアトラクションが僕たちに別れを告げるかのごとく、光輝き、名残惜しさを残しながら、僕たちはディズニーシーをあとにしました。

最初はディズニーシーは子供達は楽しいところだけど、大人は別にそれほど…と思っていましたが、いざ行ってみると、そこはやはり間違いなく「夢の国」でした。

帰りたくない…
僕もそんなきもちになり、絶対にまた来たくなりました。


1521414987288.jpg

ありがとう、夢の国。
そんな思いを胸に、東京ディズニーシーでの楽しい時間は幕を降ろしました。

その日は、千葉の義弟の家に泊めてもらい、疲れはてた娘も王子もぐっすりと眠りにつきました。

この続きはまた次回ご紹介することにします。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「夢」=夢の国は素敵な場所でした。まさに子供達に夢を与えてくれる場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

シャンシャン・フィーバー♪

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

さて、今日も前回に引き続き東京旅行のお話をさせていただきます。宜しくお願い致します

2月23日(金曜日)

東京旅行2日目の幕が開きました。
この日の最大の楽しみは何と言っても上野動物園です。

娘は幼い頃から、とにかく動物が大好きで動物園に行くといつも楽しんでいます。

地元の帯広動物園がやはり近場なので、いつも行くのですが、何度連れていっても飽きずに喜んでいます。

そんな娘に日本有数の動物園でもある上野動物園を一度見せてあげるのが、僕の夢でした。
そして運良く昨年、ちょうどシャンシャンというパンダが誕生し、その夢はさらに大きくなり、今回の旅行での楽しみが1つ増えました。

さて、果たしてシャンシャンの姿を我々は見ることができたのでしょうか!

話をまずは2日目の朝に戻します。
昨日の移動の疲れも見せず、子供達は元気に目覚めました。どちらかというと、パパとママはややお疲れです(笑)

部屋で軽い朝食を済ませ、少し部屋でゆっくりした後に出かけることにしました。
朝食後に、僕が便意を感じて用をたしたのですが、そこでトイレが詰まるという事件から2日目はスタートしました(笑)

詰まったトイレは電話をして客室係の人に託して、僕たちはまずは品川駅に立ち寄りました。

品川駅にある、生野菜ジュースの店で美味しいジューシーなジュースを飲むのが、僕と妻の品川での毎回恒例の楽しみでもあります。

早速、いつもの店に前に行きました。ところが何と!店がない!えっ?どうした?

楽しみにしていただけに動揺が隠せませんでしたが、色々聞いてみた結果、そのお店はもうなくなったようでした。

ショックでしたが、仕方ないので駅構内にある別の生野菜ジュースの店で僕たちは喉を潤してから出かけることにしました。

山手線、銀座線を乗り継ぎ、僕たちが着いたのは上野広小路という場所です。
まずはここで昼食を食べてから、シャンシャンの待つ上野動物園へと向かうことにしました。


1520865052623.jpg

都会は階段が多い…普段の生活でいかに足腰が怠けているかすぐにわかります。すぐに息がキレちゃいますから(笑)

そして、長い階段を登りきると!


1520865053327.jpg

この東京旅行最初の食事場所は「ガスト」です。「帰れま10」などでお馴染みのファミレスで、僕と妻は「一度行ってみたいね」と言っていた場所です。

正午よりも少し前に店内に入りましたが、既に満席で30分ぐらい待ってようやく座ることができました。

ある程度想定はしていましたが、東京はどこに行っても「待つ」ということは必須科目です。
ただ、幼い子供二人がいるので極力待ち時間は少なくしたいのが願望ではあります。


1520952013996.jpg

席に座りオーダーを済ませ、遂にカラカラの喉を潤す瞬間がやってきました!かんぱーい!と声をあげた、その時でした…

妻が「ちょっと待って、これ何?」

妻が指差す、ビールのジョッキーの方を見ると、ジョッキーに何か黒い得体の知れないゴミらしき物体がべっとり付着してるではありませんか!

すぐに店員さんを呼び説明し、取り替えてもらうことにしました。

やっとビールが飲めると思ったのに意気消沈です…

間もなくして、店長が新しいビールを持って謝罪に来ました。僕たちは気を取り直して、ようやく喉を潤すことができました。

するとその数分後、店員さんが子供達二人分の料理を運んできました。
ところが、2つとも頼んだメニューではない違うメニューが来たのです。店員さんに説明し、頼んだメニューを持ってきてもらうことにしました。(当然です)

すると再び店長が料理を持って登場。またしても、店長からの謝罪を受けることになりました。


1520952014534.jpg

料理は美味しくて、子供達も喜んで食べていました。
もう何も無いだろうと思っていると、僕の頼んだはずのライスが待てど暮らせど来ません…
僕はビールでお腹もいっぱいになってきたので、まだ用意していないならキャンセルしようと、店員さんを呼びました。
すると、来たのは店長でした。
いつの間にか、僕たちのテーブルはきっと店長が担当するはめになっていたのかもしれません。(問題ばかり起きるので)

僕が店長にライスが来ていないことと、キャンセルできるか話をして、結局キャンセルということになり、店長は3度目の謝罪をしました。
もう、ここまで来ると店長が気の毒に思えてきました。

そうこうしているうちに、食事も終わり帰る準備をしようかと思っていると、伝票が来てないことに気がつきました。

「あれ?これって、もしかして色々と不手際があったからお金は要りませんっていうことかな?」と、僕と妻は話していました。

すると、店長がまたしても登場!
「こちら伝票ですが、ちょっとメニューを間違えたりとか、キャンセルとかがあったので分かりづらくなっていて申し訳ありません。」と言って伝票を置いていきました。

「やっぱりお金は取るんかーい」と、僕と妻は心の中で苦笑いしました。

ガストでの食事はなかなか思い出に残る時間となったことは間違いありません。

お腹を満たした僕たちは、再び電車に乗り上野駅に到着しました。
上野駅から歩いて5分で遂に待ちに待った上野動物園が見えてきました。


1520952014968.jpg

すると僕らの目に飛び込んできたのは、「シャンシャン観覧整理券の配布は終了しました」という看板です。

ある程度予測はしていましたが、シャンシャンを見るには早朝から並んで整理券をもらわないと見れなかったみたいです。
恐るべしシャンシャン・フィーバーです。

子供達には申し訳ないことをしましたが、さすがに早朝から並ぶのは無理なので今回は涙をのんでもらうことにします。


1520953262387.jpg

上野動物園にはジャイアントパンダ以外にもたくさんの動物がいるので、気を取り直して他の動物たちをたくさん見よう!と園内に入ることにしました。

東京都が管理しているので、入場料が大人でも600円と格安なのに加え、シャンシャン・フィーバーで園内は多くの観光客で賑わっていました。

そして園内の広さは間違いなく、僕がこれまで行った動物園の中でも群を抜く広さです。子供達なんて、ちょっと目を離したらすぐに迷子になってしまいます。
幼稚園や小学生が遠足に来ている姿も数多く見受けられたのですが、実際に子供達ではなく先生が迷子になっているくらいでしたから(笑)

正門から動物園に入ると、まず真っ先にジャイアントパンダがいるみたいなのですが、ものすごい行列でパンダの姿など全く目に入りません。整理券もらった人だけが並んでいるのでしょうが、この人たち何時間並べばやっとシャンシャンにたどり着くのかな…と思いながら僕たちは前に進んでいました。

すると!


1520953262945.jpg

パンダ発見!
実は上野動物園にはシャンシャンと母親のシンシン以外にもパンダがいたのです。名前はリーリーです。
娘も王子も初めて見る生パンダに興奮し喜んでいました。
正直、シャンシャンでなくても十分です。だって、パンダはパンダだも(笑)
リーリーの前も、シャンシャンが見れなかったお客さんで大混雑でしたが、それでもパンダを見れてラッキーでした。

ジャイアントパンダを見れて気持ちもスッキリし、僕たちは他の動物たちを満喫することにしました。


1520953263426.jpg

珍しい動物がいました。ちょっと写真では見づらいですが、バクです。人間の夢を食べると言われている不思議な動物です。初めて見ましたが、その容姿も何か不思議な動物でした。


1520953263927.jpg

こちらはニホンザルです。帯広動物園のサル山よりもキレイな感じでした。


1520953961676.jpg

こちらはゾウです。本来は屋外で見れるのですが、ちょうどゾウの区域が工事中でゾウは屋内にいました。年齢は40歳を超えているそうで、僕たちと年齢はあまり変わりません。


1520953962233.jpg

上野動物園は東園と西園に分かれていて、そこを移動するにはモノレールを利用します。その辺りからも、広さが伝わりますよね。


1520953962648.jpg

西園に移動すると、カンガルーがいました。帯広動物園のカンガルーは、行くといつも寝ていますが、ここのカンガルーは元気に動きまわっていました。


1520953963184.jpg

これも珍しいコビトカバです。カバが好きな娘はもっと大きいカバに会えると思っていたので、ビックリしていました。


1520953963701.jpg

こちらはサイです。生でサイは初めて見ましたが、何か恐竜の名残が残る動物でした。


1520953964184.jpg

こちらはオカピです。オカピって、もっと小さい動物のイメージがあったのですが、意外と大きくて驚きました。


1520953964717.jpg

オカピを見ていた王子が反応。何だこのやろう!と猪木バリにアゴを出して対抗です(笑)


1520955798875.jpg

最後はペンギンです。動きがとても可愛かったです。

気がつげば、時刻は15時近くになり夕陽も西へと傾き始めてきました。この他にも、もっとたくさんの動物を見ましたが、全てをご紹介できなくて申し訳ありません。

僕たちは再びモノレールに乗り、東園から正門の出口へと向かいました。


1520955799558.jpg

まだシャンシャンのところにはかなりの行列がありました。あの人たちは何時間並んでいるのでしょうか…

僕たちは約2時間程度の滞在でしたが、非常に楽しいひとときを過ごすことができて、とてもハッピーでした。
またいつか上野動物園には来たいと思います。

上野動物園を後にした僕たちは、いったん品プリに戻って、少し体を休ませることにしたのですが、電車の中で子供達は爆睡してしまいました。

王子は元々僕が抱っこ紐で抱っこをしていたので大丈夫でしたが、問題は娘です。
寝てしまった娘を妻は抱っこして、駅の階段を登り、腰が爆発寸前になりました。

2日目にして、体力的にも厳しさが増してきましたが、この日の夕食は楽しみにしていた場所に行くことにしました。

品プリで休憩をとり、僕たちが向かった夕食の場所は!


1520955800141.jpg

くら寿司です。
こちらも「帰れま10」などでお馴染みの店で、北海道には無いので非常に楽しみでした。

店内に入ると満席でかなりの時間待つことになりました。
東京=待つ、これはもう普通のことですね。
待つこと1時間、ようやく席へ案内されました。


1520955800638.jpg

家族みんなで「かんぱーい!」

この後、写真を撮るのも忘れるくらい夢中でくら寿司を満喫しました。とてもとても美味しかったです。絶対にまた行きたいです。

くら寿司を出て、僕たちはタクシーで品プリに戻ることにしました。

タクシーを拾おうと探していると、反対車線を1台の空車のタクシーが通りました。
僕は手を挙げて合図をしました、それを目にした運転手が会釈をしました。

タクシーは信号待ちで停まり、右にウィンカーをあげました。きっと、交差点でUターンして戻ってくると思い、僕たちは待つことにしました。

その間、タイミングが悪いことに目の前を何台もの空車のタクシーが通っていきましたが、先に呼び止めたタクシーの運転手に悪いので、それらのタクシーたちはスルーしていました。

そして、信号が変わりやっとさっきのタクシーがUターンしてこちらに来ると思いきや、何とそのタクシーはそのまま右折して行ってしまったではないですか!

来ないんかーい!
僕と妻は同時に大きな声で思わずツッコんでしまいました(笑)

後になって思えば、たぶんあの会釈は「ごめんなさい」という会釈だったのかもしれません。

そんなん、わかるかーい!(笑)

結局、僕たちは違うタクシーを拾い、無事に品プリへと帰還しました。

東京旅行2日目にして、相変わらず事件がてんこ盛りの珍道中ですが、家族が四人いれば笑いも楽しさも四倍です。
みんなに笑顔が溢れる東京旅行はこの後も続きますが、それはまた次回ご紹介することにします。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「待」=とにかく待つことばかりの1日でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

第2の我が家に到着。

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

3月に入り、強烈なドカ雪が降ったかと思えば、今度は季節外れの大雨で道路が冠水と、今年は春から天候が何やらおかしいです。

相手は自然ですから、結局どうすることもできませんが、皆さんもくれぐれもご注意してくださいね。

さて、東京旅行から戻ってきてはや10日余りが経過しましたが、やっとやっと今日から旅行を振り返るブログをスタートさせたいと思います。

2月22日(木曜日)
その日仕事を終えた僕は足早に帰宅し、そして東京旅行へと向かう準備を整えました。
妻と娘そして王子を車に乗せ、僕はとかち帯広空港へと車を走らせました。

妻のご両親がお見送りにきてくれ、僕たちはいよいよ空港を旅立とうとしました。

まずは恒例の第一関門で事件発生。
手荷物検査で僕は息子を抱っこしながら探知機を通過しようとしたのですが、ブザーが鳴り響きました。
内心「またかよ…」と思いました。

実はこれは毎回のことで、たぶんベルトが原因だと思います。
ベルトが危ないというのは分かってはいたのですが、抱っこ紐で息子を抱っこしているので、今さらベルトをはずすのが面倒くさかったのです。
でも機械は正直ですね、ちゃんと反応しました。というか、なぜか僕のベルトは反応しちゃうんですよね、普通はいちいちベルトはずしている人なんていないはずです。

結果、抱っこ紐をはずし、息子をおろし、ベルトが原因ですね、ということがわかり、やっとの思いで通過です(笑)

またしても出鼻をくじかれたスタートとなりましたが、幼い子供がいるので、僕たちは一番最初に飛行機に搭乗できました。


1520774144582.jpg

王子が泣くことを想定し、回りの迷惑も考え、座席は一番最後尾にしました。

そして、いよいよ緊張の瞬間がやってきました。
僕にとってはまさに生き地獄の1時間30分…
飛行機が大の苦手の僕には苦痛以外の何者でもありません。

娘は前回はまだ1歳だったので、飛行機の記憶はまるでなく、初めて乗るような感覚で凄くワクワクしながら楽しんでいる感じで、王子はたぶんいつもと何となく違う雰囲気にぎこちない様子でした。

そんな中、あの強烈なGが4年ぶりに僕を襲いました…
気がつけば、僕の手の平には搾れるほどの汗が溢れていました。唐揚げでもあれば、レモンの代りに僕の手汗が使えたぐらいです(笑)

その後飛行機は安定な飛行を続けていましたが、想定していた通り王子がグズりはじめ、オヤツで気を紛らわす作戦を決行!これが効果覿面!王子は落ち着きを取り戻しました。

そうこうしているうちに、飛行機はまもなく着陸態勢に突入しました。
ところが今度は娘に異変が!
どうやら気圧の関係で耳をやられたらしく、耳が痛い!と叫びはじめました。
妻が耳抜きを教えたのですが、なかなかうまくいかなく娘にとっては苦しい体験となってしまいました。
(これ以降、娘は飛行機に対する悪印象が残ってしまい、旅行中も次は飛行機乗らないよね?大丈夫だよね?とやたらと気にしていました)

そんなこんなで無事に僕たちは羽田空港に到着しました。
遅い時間帯にも関わらず、空港内は多くの人々で混雑していました。


1520779301342.jpg

娘はいよいよ始まる東京旅行に笑みがこぼれっぱなしで、大好きな歩くエスカレーターを満喫していました。

僕たちが預けた荷物を受け取り、到着ロビーを出ようとした時、ものすごい勢いで咳をしている男を発見しました。
40代後半ぐらいで少し態度のデカい男性で、マスクもつけず、手で口を押さえるわけでもなく、菌を巻き散らかすかのごとく、何度も咳を繰り返す姿にはエチケットの欠片もありません。

ただでさえ、色々な所から人が集まる空港という場所で、色々な感染症が流行している中で、あのような奴を見ていると、ひっぱたきなくましたが、近づくのも菌がうつるので嫌で、すぐに距離をとり逃げ出しました。

羽田空港からは電車に乗り、20分程で品川駅で降車しました。


1520779301865.jpg

懐かしい4年ぶりの品川です。僕たちが東京に来るときは必ずこの街が拠点です。
どこに行くにも利便性が良く、また近場に何でもあるので旅行には最適の場所です。


1520779302314.jpg

品川駅から徒歩で3分、今回も品プリこと、品川プリンスホテルが僕たちの宿泊場所です。
言うなれば、第2の我が家に到着です。

ホテルに入ると23時近くにも関わらず、フロント前には長蛇の列、妻と子供達を椅子に座らせ、僕は急いでその列に並びました。

並び始めて数分後、僕は僕の前で並ぶ一人の男性の異変に気づきました。

年齢にして60歳近い白髪の会社員風の男性、どうも足元がおぼつかず、フラフラしはじめました。
かなりの泥酔状態で、壁によしかかったり、近くにあるポールを支えにして立っていたり、目をやっとの思いで開けてる感じで、一瞬オチているのか急にビックリしたような反応をしたりと、明らかな挙動不審です。

すると、足元がおぼつかないせいか、前に並んでいる人にぶつかったりして、回りにも迷惑をかけはじめました。

これは何か起きなければいいなぁ…と僕は思いながら受付の順番が来るのを待っていました。

あともう少しで、その白髪のおっさんも順番が来るという頃に、遂に事件は起きました。
またそのおっさんの足元がフラつき、前に並んでいる人にぶつかったのです。
これには前に並んでいた人もキレて、「おい!」と声を出しました。
しかし、おっさんは酔っているので、自分がしていることの重大性には気づかず、軽く手を挙げて何もかも言わずにいるだけです。
うわっ…これは喧嘩になるな、前の人が怒るぞと思った瞬間、運が良いのか悪いのか、前の人の順番が来て、受付に呼ばれたので何事もなくその場は終息しました。

次にそのおっさんも呼ばれて受付に行きましたが、見ている限り、ホテルの人と会話が噛み合っているようには見えなかったので、ホテルの人もしばらく対応が大変だったと思います。

そうこうして、ようやく僕たちもチェックインが終わり部屋に入ることができました。

王子は羽田空港から爆睡、娘は電車の中で睡魔と闘いながらも、何とか自力でホテルまで歩いてくれて本当に助かりました。

部屋に入ると娘も爆睡し、僕と妻はまずはビールで安着祝いをしました。気がつけば時計は日付が変わっていました(笑)


1520779302786.jpg

これからの始まる旅、ここまでの感じからいくと、また色々な事件の香りがプンプンしてくるそんな旅になりそうです。
そんなことを思いながら、僕はこの日眠りに就きました。

この後の続きはまた次回のお楽しみです。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「汗」=旅行初日、色んな意味で汗をかきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

「TOKYO」思い出旅行。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

1週間ぶりの更新となってしまって、申し訳ありません。

昨日の夜、無事に東京旅行から帰ってきました。

出発前は、東京からブログを更新するので、お楽しみに♪と言ってましたが、過密なスケジュールとまだ幼い子供2人を連れた旅行は、思いのほかハードで、ホテルの部屋に戻ると、疲労困憊ですぐに眠りに落ちてしまい、結局1日も更新することはできませんでした。

今日から早速僕は仕事に来ていますたが、昨日までの楽しかった旅がまるで嘘のように、今までと同じ日常生活に戻っています。

できることなら、この時間が永遠に続けばいい・・・と旅行中何度思ったことか。

でも、現実はそう甘くありません、今日からはまた気を引き締め、仕事に精を出そうと思います。

5泊6日の家族4人での「TOKYO」思い出旅行は、一言では言い尽くせれないほど、様々な出来事がたくさんありました。

その楽しい6日間の出来事については、近々日を改めて詳しくお話したいと思いますでの、今度こそ乞うご期待!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「夢」=昨日までの楽しかったことが、今日は一日中、まるで夢物語のような感覚になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧