サッカー

2016年1月24日 (日)

奇跡から20年。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は嬉しいニュースがありましたねshine

大相撲初場所千秋楽で、大関・琴奨菊が豪栄道を下し、14勝1敗で初優勝を決めましたcrown

何と、日本出身力士の優勝は2006年初場所の栃東以来、実に10年ぶりのことですsign03

大相撲ファンが待ちに待った瞬間が、今日やっと実現しましたhappy02

この10年間、日本の「国技」である大相撲は、外国人力士に席巻されっぱなしでしたdespair。その証拠に、現在3人いる横綱も全てモンゴル出身の力士です。

10年ぶりに取り戻した「賜杯」は日本人の威信でもありますgood

来場所以降も、琴奨菊を中心した日本人力士の活躍を祈りたいものです。もちろん、3横綱もそう簡単にはその座を譲ることはないとは思いますが。

いずれにしても、相撲ファンにとっては今後に向けて大きな期待ができる場所になったことは間違いないでしょうconfident

さて、そんな中、サッカーでも今、日本の威信をかけて、若き23人の戦士たちが遠いカタールの地で熱戦を繰り広げていますsoccer

いよいよあと数ヶ月後に迫ってきた、リオデジャネイロ五輪男子サッカーの出場権をかけたアジア最終予選、日本は1次リーグを首位で通過すると、決勝トーナメントでも難敵イランを撃破し、明後日の26日に五輪出場の切符をかけてイラクと対決しますgood

今回の五輪代表には飛び抜けたスター選手がいませんが、その分、誰が出てもチーム力が落ちない「総合力」という強さがあります。

この大会も僕はもちろん毎試合、テレビの前で声援を送り続けていますが、勝てば6大会連続の五輪出場が決まる明後日の大一番も、テレビの前から熱い声援を届けたいと思っていますtv

そんなサッカー五輪代表、実は今から6大会前の1996年アトランタ五輪、ここで「奇跡」と呼ばれた試合があったことは皆さんは憶えていらっしゃいますか?

サッカーファンであればもちろんご承知のことだとは思いますが、あの「奇跡から20年」たった今、今日はあの試合のことを少しだけ回想してみたいと思いますconfident

Fe383bce383abe38389e382abe38383e383

1996年アトランタ五輪、日本代表がサッカーに出場するのは、あの釜本を中心に「銅メダル」を獲得した1968年メキシコ五輪以来、実に28年ぶりの出来事でしたshine

前園中田川口松田といった個性溢れるタレントを擁し、アジア予選を勝ち抜いたその戦いぶりは、当時大学4年生だった僕の脳裏に20年経った今もしっかり焼きついていますconfident

「このチームなら、五輪でメダルを狙えるんじゃないだろうか?あわよくば、金メダルも!」と僕の期待も大きく膨れ上がっていました。

そんな中、迎えたグループリーグの初戦の相手はブラジルでしたsoccer

ブラジルといえば、サッカー王国として常に世界のトップに君臨する絶対王者。

さらに五輪の2年前に開催された1994年アメリカW杯で優勝crownし、この時の五輪世代の若い年代にもロベルト・カルロス、ロナウド、ジュニーニョ、フラビオ・コンセイソンとったスター選手が揃い、さらにオーバーエイジ枠でベベット、リバウド、アウダイールといったA代表の主力もつぎこみ、史上最強のメンバーとも言われていましたpaper

これでは、いくらタレントの揃った日本でも「勝利するのは難しい・・・」それが大半の予想でした。

Show_img_2

これがブルジル戦の先発メンバーです。今見てもワクワクする素晴らしいメンバーですよねhappy02特に攻撃陣の3人のトライアングルは、そのワクワク感が半端なかったことを思い出しますup

前園の抜群の個人技、中田の独創的なパスセンス、そして城の得点力、さらにいえば守護神・川口の安定感、どれをとっても素晴らしいものがありました。

本来はここに、エースの小倉がいたわけですが、ケガで代表を外れて五輪出場の夢は叶いませんでしたbearing

「もしも、小倉がいれば・・・」またさらに違う攻撃パターンがあったのかもしれません。

そんな中、会場であるマイアミのオレンジボウルでいよいよ試合開始のホイッスルが吹かれましたpaper

Img_840177_16224838_0

一方的な試合展開が予想される中、日本は中田や前園を中心にブラジルゴールに迫り、守備陣も落ち着いた対応で、ブラジルの分厚い攻めを守り抜き、前半を「0対0」で折り返します。

しかし、後半に入るとブラジルの猛攻が始まります。

1251269500x351_2

後半は、ほとんどが日本サイドでのプレーとなり、ブラジルのシュートの雨が日本のゴールを脅かしますsoccer

しかし、川口がスーパーセーブを連発し、ゴールを死守しますgood

そんな中、あの瞬間が訪れますshine

後半27分、左ウイングバックの路木がゴール前に蹴った山なりのクロスボールに対し、城が走り込むと、ブラジルのCBとGKが激突し、ボールがブラジルゴール前にこぼれたのですsign03

そして、そのボールの一番近くにいたのは、日本の伊東でしたsign03

A0c0d8fe

伊東は無人のブラジルゴールにボールを蹴りこみ、見事に日本が先制点を挙げたのですup

この瞬間は今でも僕は鮮明に憶えていますconfidentテレビの前で「よっしゃ!やったぞ~これは勝てるぞ!」と大きな声をあげたことをhappy02

その後、今までに増してブラジルの攻撃が激しくなり、何度も日本はピンチを迎えましたが、川口の神懸ったセーブや、ブラジルのシュートがゴールポストに当たるなどの運も味方につけて、遂に試合終了のホイッスルがピッチに鳴り響きましたsign03

日本が放ったシュート数はわずか4本、それに対してブラジルのシュート数は28本、これがこの試合の全てを物語っていますが、結果は「1対0」で日本の勝利でしたscissors

これが今でも伝説となっている「マイアミの奇跡」ですsoccer

Miamimiracle

翌日の新聞でも大々的に取り上げられ、号外も出たほどの大きな出来事でした。

そんな「奇跡から20年」、日本サッカーはW杯にも5大会連続で出場し、世界の強豪とも戦える地位を確立してきました。

五輪の舞台でも、もはや「奇跡」とは呼ばせない、そんな実力が今の日本にはあります。現に、前回のロンドン五輪ではメダル獲得に僅かに届きませんでしたが、4位という結果を残していますpaper

今回のリオデジャネイロ五輪でも、日本の若き選手たちが躍動する姿をぜひとも見たいです。そのためにはあと1勝、何としてその「1勝」を勝ちとって欲しいですconfident

26日は、日本から遠く離れたカタール・ドーハに熱い思いを届けたいです。

もう「ドーハの悲劇」とは言わせません、「ドーハの歓喜」がもうすぐ起こりますgood

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

野球部の敵討ち。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵です。

「お正月」が終わり、通常の生活スタイルに戻ったところですが、明日からはまた「3連休」がやってきますhappy01

またちょっと疲れた体を休めて、これからが本番の寒い冬を乗り切っていきましょうgood

さて、年末年始からスポーツに青春をかける高校生たちが、全国の舞台でしのぎを削っていますshine

高校ラグビー、高校サッカー、高校バスケット、高校バレー、そしてもう少しすると高校アイスホッケーも開幕しますpaper

高校生たちにとっては「お正月」どころではないのかもしれませんね。

そんな中で、ちょっと僕的に気になる試合が1つありました。それは男子の高校サッカー準々決勝の1試合ですsoccer

その試合とは石川県代表の星稜と、高知県代表の明徳義塾の試合です。

「星稜VS明徳義塾」、分かる方はすぐに分かったと思いますpaper特に野球に興味のある方にはconfident

そうです、今から24年前の1992年夏の甲子園でこの両校は対戦しているのですbaseball

今でも伝説となった松井秀喜の5打席連続敬遠、当時は社会問題ともなり日本中が大騒ぎとなった試合です。

この試合については、以前もこのブログ内で何度かお話したこともあるので、あまり詳しくは触れませんが、いずれにしても良くも悪くも「高校野球史に残る試合」となったことは事実ですpaper

あれから24年の歳月が経ち、星稜と明徳義塾はサッカーという違うスポーツで対戦することになりましたsoccer

星稜は昨年の王者crownでもあり、この3年間は全てベスト4以上という強豪校です。かたや、明徳義塾も野球部の影に隠れてはいますが、サッカー部も全国の舞台には度々出場する強豪です。

逆にいえば、これまでサッカーで対戦がなかったことが不思議なくらいです。

無論、今の選手たちにとっては24年前の甲子園での出来事など、生まれる前の話なので分かるはずもありません。

そんな“因縁”とも言えるカードは5日に駒沢競技場で行われ、星稜が「3対0」で明徳義塾を下し、準決勝進出を果たしましたup

選手たちにはそんな気持ちはないでしょうが、僕的にはこれで「野球部の敵討ちはとれたのかな」と勝手に思っていますconfident

星稜の次の相手は東福岡です。東福岡といえば夏のインターハイの覇者で、この大会での2冠を狙う優勝候補です。

星稜にはぜひこの難敵を撃破して、連覇を達成して欲しいと願っています。

「星稜VS明徳義塾」、おそらくこの対戦が今後も他のスポーツの試合であった時には、またきっと24年前のあの甲子園のことを思い出すのでしょうね。

きっと僕だけでなく、そう思う方もいるのではないでしょうか。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

「○○JAPAN」

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は暦の上では「立春」でしたが、北海道ではこの冬一番の寒さに襲われましたdown

朝の最低気温は軒並み下がり、帯広でも氷点下20℃を記録しましたbearing

道内の中には氷点下30℃にも迫る寒い朝になったところもあり、「立春」とは程遠い一日でした。この寒さはまだ続くようですので、皆さんもくれぐれも体調管理には気をつけてくださいねdanger

さて、昨日飛び込んできたサッカーsoccerのニュースには驚きましたねsign03

「日本代表監督のアギーレ監督を解任」

このニュースには、「えっ!本当に!」という反応と、「やっぱりね」という反応、「もっと早くそうするべきだった・・・」といった反応など、様々な街の意見が飛び交っています。

解任の理由は、問題となっている八百長問題が引き金ではありますが、アジア杯で成績が残せなかったこともその理由の1つかもしれませんpaper

ただ、「監督を人選する段階で、もっとしっかりとした調査をできなかったのか?」という点で、協会には不信感を感じてしまいますが、既に終わったことはどうすることもできないので、気持ちを切り替えてしっかりと次の監督の人選に取り組んで欲しいと思います。

そこで気になるのが「次はいったい誰が日本代表の監督になるのか?」ということです。

巷ではストイコビッチ(元名古屋監督)や、スコラリ(元ブラジル代表監督・元磐田監督)、レオナルド(元ACミラン監督・元鹿島所属)、オリヴェイラ(元鹿島監督)などの実力者に加え、ザッケローニ前日本代表監督、岡田武史元日本代表監督など、代表監督経験者なども、その候補者として挙がっていますpaper

ただ、監督人選にあたってはこのタイミングは最悪とも言えます。

欧州や南米ではリーグ戦の真っただ中で、欧州では各国が来年の欧州選手権予選も戦っている現状です。クラブチーム、各国代表で指揮を執る有能な監督の獲得はほぼ不可能でしょうbearing

日本代表の今後のスケージュルは、3月に親善試合があり、そして6月からはロシアW杯アジア1次予選がスタートしますsoccer

本当であれば3月までには監督を決め、6月のW杯予選にはしっかりと体制を整えて挑みたいところですが、もしも人選が難航すれば、W杯予選が新監督の“ぶっつけ本番”ということも十分あり得るかもしれません。本当にファンとしては不安な話です。

僕は以前から言っていますが、代表監督は日本人監督で良いと思っています。

日本人が監督になれば、言葉の壁もなくコミニケーションも取りやすくなりますし、選手の戦術の理解も早いですし、何よりも日本人のことは日本人が一番良く分かっていますからgood

協会は「現在Jリーグで指揮を執る監督からは選ばない」ということを公言しましたので、長谷川健太(G大阪監督)や、森保一(広島監督)、西野朗(名古屋監督)などの、日本人でも実績のある監督を招聘する可能性は消滅しました。J2にもラモス瑠偉(岐阜監督)というビッグネームがいますが、それも無いということですねcoldsweats01

そうなると、「この時期に全くフリーで何もしていない人なんているのかな?」と考えたら、いましたflair

そうです!我らが松木安太郎大先生がいるではありませんかhappy02

僕はかえって変な戦術や凝り固まった考えを持つ監督なら、松木さんのような「能天気」な感じの人のほうが良いと思います。(もちろん松木さんはちゃんとした戦術も持っていますけどね)

あっ!でも、松木さんが監督になってしまうとテレビ中継tvがつまらなくなるので、やっぱりダメですcoldsweats01。松木さんにはテレビの前で応援、いえ、解説をしっかりしてもらいましょうhappy01

「他に誰かいないかな・・・」と色々と頭を悩ませていると、1人素晴らしき「適任者」を見つけちゃいましたscissorsその人物とはsign02彼です!

Puffer_1

“ヒデ”こと、中田英寿さんですshine

これ、結構ありじゃないですか?

確かに彼がもしも代表監督になれば、日本中で賛否両論が巻き起こるのは間違いないでしょう。

現役時代から選手や監督とぶつかることが多く、チームをまとめるという点では疑問をもつ人も多いかもしれません。選手が彼が求める高い理想のサッカーを理解できるのか?ということも障害にもなります。

でも、彼はその貫き通した自分のサッカー哲学で、世界のトップクラブチームである程度の結果を残してきた数少ない日本人選手ですgood

その彼が語る言葉は、おそらく選手には説得力が一番あると思います。

選手にも厳しいかも知れませんが、協会にも臆することなく「ダメなことはダメだ」と何でも言えると思いますし、光の見えない代表チームには今までにはない新しい風が吹くのではないかと思いますup

また、彼は世界にも顔がきくので、欧州などの強豪国とのマッチメイクも彼の力で可能になりやすくなり、選手の経験値を増すことも可能です。

ただ、問題なのは彼が監督になるための「S級ライセンス」を持っていないということです。(これは定かではありませんが確か持っていないはずです)

指導者には興味がないのか、ただ純粋に世界中の旅をしたいだけなのか、ライセンス取得には興味がないのかもしれません。

彼はモナコ居住なので、欧州での「S級ライセンス」取得も可能みたいなので、そうなれば日本でのライセンスを持っていなくても、外国人監督という扱いで招きいれることも裏の手としたあるみたいですgood

一部では「既にライセンスは取得している」という噂もあるので、もしもそれが本当であれば、これは本当に「中田監督誕生」も現実味を帯びてくるのではないでしょうかhappy02

「指導者経験が全くない人がいきなり代表監督はどうなの?」という声も出るでしょうが、代表チームというものはクラブチームとは違い、常にいつも行動を共にするものではありません。

数か月に1回集まり、短期集中的にチームとしての機能を高めていき、それを数年間かけて築き上げて行くものですsoccer

特に今の代表チームは海外でプレーする選手が多く、代表での練習の時間というのは限られますclock

そうなれば、自身も海外でプレーし、そういう代表としての経験をしてきたヒデには選手をうまくまとめあげる能力もあるでしょうし、現役時代から「ピッチ上では中田が監督」と言われたほどのそのリーダーとしての才能も活かせるはずですscissors

今の日本代表に必要なもの、それは思い切った「改革」と「刺激」ですsign03

それが一番マッチするのは、「中田JAPAN」の誕生ではないでしょうかsign03

まあ、そもそも彼自身にやる気がなければ、この話は「夢物語」で終わるだけですが、2018年ロシア杯でヒデが監督としてベンチに座っていることを祈りたいですconfident

もちろん、その時にはスーパーサブとして背番号「11」、キング・カズもいることでしょうconfident

Puffer_2_2

いいんじゃないの、たまにはこんなオシャンティーな代表監督もdelicious

毎回、斬新なファッションでベンチに座っているのを観るのも楽しみですし、選手の活躍はもとより監督にも注目が集まり、代表人気に拍車がかかると思いますよup

日本サッカー協会に、こんなオシャンティーな選択が果たしてできるかなconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

30デイズJAPAN。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

気が付けば、2015年がスタートして半月が経過しましたpaper。本当にあっという間に月日は過ぎていくものですね。

今年の冬は例年に比べて暖かく感じるのは僕だけでしょうか?

朝などは車のガラスが凍っている日がほとんどありませんし、昼間でも道路の雪が融けたりしています。

季節的にはもうすぐ「大寒」で、一年の中で一番寒い時がやってきますが、今年は思いのほか寒くならずに終わるかもしれませんねconfident

さて、そんな今日は僕は仕事を終えて自宅に着くとhouse、すぐさま日本代表のユニホームに着替えましたsoccer

そうです、今日は現在オーストラリアで開催されているアジア杯のグループリーグ第2戦、イラク戦が行われましたup

今日も松木大先生の熱い応援、いえ、熱い解説を聞きながら、僕も熱い声援を送りましたhappy02

20150116_212338

今日も初戦のパレスチナ戦と同様のスタメンで挑みますshine

序盤から何度となく好機があったものの、なかなか点を決められない中、前半23分に相手の反則で得たPKをエース本田が決めて、日本が先制しますscissors

その後は両チーム決定的を逃し、そのまま1対0で日本が辛勝しましたgood

さすがは前々回大会の覇者・イラクだけあって、楽には勝たせてくれませんでしたが、これでまずはグループリーグ突破に一歩近づいたといえるでしょう。

第3戦は20日、相手はヨルダンです。ヨルダンにはこれまで何度となく苦戦をしいられているだけに、油断は禁物ですpaper

そんな日本代表を現在率いているのは、皆さんご存知のこの人です。

452670_heroa

アギーレ氏ですpaper

八百長問題などで、色々と世間を騒がせてるのは皆さんも承知のことと思いますが、とにかく今は日本代表を「アジア杯連覇させること」だけに集中して欲しいものです。

そんなアギーレ氏を見ていると、僕はどうしてもある映画を思い出してしまいます。その映画とは!

700

日本では2009年に公開された『30デイズ・ナイト』という映画ですmovie

「全米NO・1」という文字が示すように、大ヒットしたヴァンパイア映画です。

僕は以前この映画をとDVDcdで見たことがあるのですが、そのヴァンパイアたちがどうしてもアギーレに似ているように見えて仕方ないのです。

30days_of_night_sub2

この写真のヴァンパイアはちょっと似ていないかもしれませんが、実際はもっと似ている人、いえ、ヴァンパイア人がいましたcoldsweats01黒目の多いあたりが、似てるのかな?

そんなこともあり、僕は「アギーレJAPAN」とは呼ばずに「30デイズJAPAN」と勝手に呼んでいますcoldsweats01

何か「30日間限定の日本代表」みたいにも聞こえますねcoldsweats01

まあ、呼び名はさておき、日本代表が「アジア杯を連覇」することを僕は強く願っています。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月31日 (金)

「J」の☆たち~アビスパ編~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日で10月も終わり、いよいよ明日からは11月がスタートしますpaper

気が付けば今年も残り2ヶ月です。本当に月日の経過は早いですねconfident

そんな秋深まる中、昨日のスポーツニュースtvはプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの3年ぶりの日本一の話題で持ちきりでしたbaseball

昨日の福岡は、きっと夜遅くまで大いに盛り上がったことでしょうbeer

そんな福岡にはプロ野球の他にもプロスポーツのクラブチームがあります。それはサッカーのアビスパ福岡ですsoccer

そこで今日は、およそ3ヶ月ぶりになりますが、あのシリーズ企画「J」の☆たちをお送りして、アビスパの歴史と魅力に触れてみたいと思いますので、どうぞ最後までお付き合いのほどよろしくお願いしますhappy01

今回で第14弾となる「J」の☆たちですが、今回の主役であるアビスパ福岡は福岡県福岡市をホームタウンとして1996年からJリーグに加盟し、九州で一番最初にJリーグに加盟したクラブチームですpaper

クラブ名の「アビスパ」はスペイン語で「スズメバチ」という意味で、ハチの持つ集団的行動や俊敏性が「軽快で統制のとれた多様なグループ攻撃」という、チームの目指すスタイルから命名されたそうですflair

1996年のJリーグ加盟初年度は、横浜マリノスの元監督であった清水秀彦氏が監督に就任し、ウーゴ・マラドーナ、ペドロ・トログリオ、マジョールといった外国人トリオを擁して注目の的ともなりましたが、終わってみれば結果は15位でしたbearing

さらに翌1997年は17位、1998年は18位と、2シーズン連続で最下位という散々な結果に終わりました。

外国人選手や日本人を移籍で獲得し補強をはかり、2000年の第2ステージでは優勝争いに加わり、クラブ史上最高順位の6位となりますが、2001年は15位で遂にJ2へ降格downとなりました・・・

その後、2005年にはJ2で2位となり5年ぶりのJ1復帰を果たしますが、それも束の間、わずか1年でJ2へ再び降格down、2010年にJ2で3位となり、再びJ1昇格を果たしますが、またしてもわずか1シーズンでJ2へ降格downと、なかなかJ1に残留することができない状態が続き、現在はJ2でも順位が下位に低迷中です・・・

尚、アビスパ福岡は「J1」「J2」「Jリーグカップ」「天皇杯」のいずれのタイトルを1度も獲得したことがなく、これはJリーグのクラブとして最長記録となっています。

過去に在籍した外国人選手にはアルゼンチン国籍の選手が多いのが特徴で、1995年~2002年の間だけでも15名が在籍していましたshadow

日本人選手にも、藤本主悦永井篤志中払大介山下芳輝と、ドリブルを得意とする個人技に長けた選手が数多くいたのも特徴でしたhappy01

それでは今日もいつものように、僕が選出するアビスパのベスト11を発表していきたいと思いますpaper

尚、選出にあたってはチームに3シーズン以上在籍していることを条件として、ポジションの後ろの数字は「背番号」、( )内の在籍年数はJリーグ発足以前の母体チームを含むこととします。

<アビスパ福岡> ベスト11

Member_33818_1

GK 1 神山竜一(2003年~現在)

Bed0d7cd_2

DF 4 田中誠(2009年~2011年) 元日本代表(出場32試合)

Img_1_2

DF 5 千代反田充(2003年~2006年)

Top_nagira_2_2

DF 13 柳楽智和(2004年~2010年)

Nuno3_2

MF 6 布部陽功(2006年~2008年)

92542314_624_2

MF 8 永井篤志(1995年~1998年)

51ufjrkhmdl__sy445__2

MF 11 藤本主悦(1996年~1998年) 元日本代表(出場2試合)

1

MF 14 中村北斗(2004年~2008年)

Top_nakaharai_2

MF 15 中払大介(1996年~2001年、2008年~2009年)

92534776_624

FW 9 山下芳輝(1996年~2001年) 元日本代表(出場3試合)

News_139604_1

FW 10 城後寿(2005年~現在)

News_icon_l_6310_1

監督は篠田善之です。

システムは3-5-2で、外国人選手が1人もいない純和製チームですshine

中盤と前線には非常に個性的なタレントが揃い、チームとしても非常におもしろいと思います。

さあ、いかがでしたか今回の「J」の☆たちはpaper次回は果たしてどのクラブチームになるのかどうぞお楽しみにhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

アギっちゃおうぜ!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~今日は朝から興奮させられた一日でしたhappy02

男子テニスtennisの全米オープン準々決勝で、錦織圭が第3シードのワウリンカを4時間を超える熱戦の末に破り、見事にベスト4進出を決めましたsign03

活字にすると簡単なことのように聞こえますが、これは快挙も快挙、大快挙なことですsign03

日本人男子が全米オープンでベスト4に進んだのは、1918年の熊谷一弥氏以来、実に96年ぶりのことscissors

4大大会でのベスト4は、1933年のウィンブルドン選手権の佐藤次郎氏以来81年ぶりのことなのですから、いかに錦織がやってみせたことが偉業なのかが分かると思いますgood

今朝は、ちょうど仕事に行く寸前までテレビtvで錦織の試合に釘付けになりましたeye

最後のマッチポイントの瞬間は、本当に手に汗を握りましたがsweat01、勝った瞬間のあの感動はスポーツでしか味わえない何ともいえないものでしたhappy02

錦織にはこの勢いそのままに、準決勝でジョコビッチを撃破して、そして夢のファイナルへと進んで欲しいと思いますconfident

日本人選手がテニスの四大大会を制する瞬間、それを目撃できることを楽しみにしていますwink

さて、同じスポーツの話ですが、明日はいよいよ新生サッカー日本代表が新たな船出を迎えますsoccer

W杯ブラジル大会の惨敗から3ヶ月、エース本田がACミランで復権を取り戻しつつあり、日本の「10番」香川は、古巣・ドルトムントで再起に向けスタートしようとしていますup

それぞれが4年後のロシアW杯に向けて新たな一歩footを踏み出す中、日本代表監督もザッケローニからハビエル・アギーレにバトンが渡されましたbell

E0171614_927492

母国・メキシコやスペインのクラブチームで実績を積み、メキシコ代表の監督も務めた経験のあるアギーレ氏が、どんな日本代表を作っていくのか、非常に楽しみなところですconfident

News_146303_1

記念すべき初戦となる明日のウルグアイ戦に向けて、選手とのコミニケーションも順調のようですgood

今回の代表メンバーには初代表が5人も選ばれ、若いフレッシュな力と、経験を積んだ中堅・ベテランの力が交わり、どんなチームが形成されるのか非常に楽しみです。

今回の初代表メンバーには、「和製クリスティアーノ・ロナウド」とも言われる武藤嘉紀(FC東京)、日本代表の「10番」を託された森岡亮太(神戸)など、未知数の潜在能力を秘めた選手もおり、これまでの日本代表とはまたひと味違ったサッカーが見れるような気がしますhappy01

いずれにしても明日の試合は、W杯以来久しぶりに僕も「JAPANブルー」のユニホームを身につけて、テレビの前で熱い声援を送りたいと思いますscissors

明日は、みんなでアギっちゃおうぜ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

「J」の☆たち~レイソル編~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は久しぶりに十勝に太陽さんsunが戻ってきて、夏男としては非常に気持ち良く過ごせた一日でしたhappy02

しかし、西日本では台風11号typhoonの接近で大荒れとなり、これからも被害の拡大が心配されます。今回の台風は速度が遅い分、それだけ被害の範囲も広がりそうなので、とても心配ですbearing

この台風の影響で、今日開幕するはずだった第96回全国高等学校選手権大会baseballは、開会式と1回戦3試合が明後日の11日に順延となりましたpaper

開会式が順延されるのは54年ぶりのことで、開幕日から2日連続で全試合中止となるのは史上初のことだそうです。

今回の大会の敵は、相手だけでなく天気になるかもしれませんねcoldsweats01

さて、4年に1度の世界的スポーツの祭典であるサッカーsoccerW杯が閉幕して、早いもので1ヶ月が経とうとしています。

今回は日本代表の活躍が見れなかったせいか、僕的には何か盛り上がりに欠けた大会ではありましたが、既に代表の新監督も決まり、その視界は4年後に向かっていることだけは確かですgood

欧州などでプレーする選手はもうすぐシーズンが開幕しますし、日本ではJリーグが再開し、熱い戦いが既に始まっていますsoccer

そこで今日は久しぶりにあのシリーズ企画をお送りしますsign03

Jリーグに加盟するクラブチームにスポットをあて、そのチームの歴史や思い出を振り返りながら、僕が選ぶベスト11を選出するというシリーズ企画「J」の☆たち、今回はその第13弾として柏レイソルをご紹介したいと思いますhappy01

この「J」の☆たち、いったいいつ以来なのかと思い調べてみると、今年の2月26日以来、実に5ヶ月半ぶりでしたcoldsweats01

どうぞ久しぶりに、お楽しみくださいpaper

柏レイソルは千葉県柏市をホームタウンとし、ホームスタジアムは日立柏サッカー場です。

日立製作所サッカー部を前身として、1995年にJリーグに加盟した柏レイソルのチーム名の由来は、スペイン語で「レイ(王)」と「ソル(太陽)」を合わせた造語で、「太陽王」を意味しますsun

1995年にJリーグ昇格するにあたっては、当時ブラジル代表のスター選手だったカレカの獲得と活躍が大きかったですup

昇格1年目は1stステージは最下位だったものの、2ndステージは5位で年間成績は12位でした。

1998年には西野朗氏が監督に就任し、ブルガリア代表のストイチコフを獲得、翌年には韓国代表の洪明甫も入団し、チーム力がUPしupリーグ戦では年間3位、ナブスコ杯では優勝を飾り、クラブとして初タイトルを獲得しましたcrown

翌2000年シーズンも最終節まで優勝争いに絡んだものの、あと一歩で優勝を逃すと、2001年には西野監督が解任され、それ以降は成績は常に下位に甘んじながらも何とかJ1残留に踏みとどまっていました。

しかし、2005年はJ1・J2入れ替え戦で甲府に敗れ、遂にJ2降格となってしまいましたdown

1年でJ1に復帰を果たしますが、それも僅か3年で2009年シーズンでは再びJ2降格となてしまいますbearing

その柏レイソルを救ったのが、2009年途中から監督に就任したネルシーニョ氏ですscissors

2010年はJ2で優勝し、再びJ1の舞台に戻ってくると、2011年シーズンはその勢いのままに、何とJ1をも制したのですsign03

J2からJ1へ昇格して1年目での優勝は史上初という快挙でもあり、J1とJ2の両方で優勝を経験したチームも史上初でしたcrown

その後も2012年には天皇杯優勝、2013年にはナビスコ杯優勝と、その強さは現在も持続中ですgood

チームカラーである「黄色」を基調としたそのユニホームは、とても色鮮やかで僕は結構好きなユニホームです。

それでは今日もいつものように、僕が選出するレイソルのベスト11を発表したいと思いますpaper

尚、選出にあたってはチームに3シーズン以上所属していることを条件とし、ポジションの後ろの数字は「背番号」、( )内の在籍年数はJリーグ発足以前の母体チームも含むこととします。

<柏レイソル> ベスト11

1

GK 21 南雄太(1998~2009) 元日本代表(出場0試合)

11230351_2

DF 3 近藤直也(2002年~現在) 元日本代表(出場1試合)

Masushima_nogu_3

DF 5 増嶋竜也(2011年~現在) 

Myonbo_2

DF 20 洪明甫(1999年~2001年) 元韓国代表(出場136試合)

00082763b_2

MF 酒井宏樹(2009年~2012年) 日本代表(出場18試合)

O0600075011137861797_2

MF 8 フランサ(2005年~2010年) 元ブラジル代表(出場8試合)

11

MF 11 加藤望(1992年~2004年) 

00011744b_2

MF 17 明神智和(1996年~2005年) 元日本代表(出場26試合)

Kashiwareysol1112yonexhomekityell_2

FW 9 北嶋秀朗(1997年~2002年、2006年~2012年) 元日本代表(出場3試合)

344337306_2_2

FW 10 カレカ(1993年~1996年) 元ブラジル代表(出場60試合)

1007_1007

FW 28 玉田圭司(1999年~2005年) 元日本代表(出場72試合)

Nelsinho_2

監督はもちろんこの人、ネルシーニョですscissors

フォーメーションは3-4-3ですsoccer。ポイントは本来はサイドバックの酒井宏樹をもう1つ前の右ハーフで使っているところと、運動量の多い明神の1ボランチです。

さあ、いかがでしたか今回の「J」の☆たちは、次回もどうぞお楽しみにhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

悔しいです!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~まずは今の僕の正直な気持ちです。悔しいです!

冒頭からこんな始まりですが、皆さん僕が何を言わんとするか、きっと察知していただけますねcoldsweats01

今朝行われた、注目のW杯soccerグループリーグ第3戦、日本代表の対戦相手は強豪・コロンビアでしたpaper

FIFAランキクングからいえば苦戦は必至ですが、それでも「奇跡」を信じ、そして「奇跡」が起こる場所がW杯という舞台であることを祈り、僕は早起きしてテレビの前で声援を送り続けましたtv

20140625_231710

今日は僕も「縁起」を担ぎ、自分なりの「正装」をしての観戦ですhappy02

しかし、日本代表は前半からコロンビアの猛攻に合い、今野がペナルティエリア内でファールを犯し、相手にPKのチャンスを与えてしまいます・・・

そしてPKを難なく決めたコロンビアが先制、この試合「勝利」が最低条件の日本は窮地に立たされてしまいますbearing

しかし、前半のアディッショナルタイムに「奇跡」は起こりましたsign03

岡崎が執念のヘディングシュートを叩きこみ、「1対1」の同点で前半を折り返したのですscissors

最高の形で前半を終え、流れは完全に日本に傾くかに思えましたgoodしかし・・・W杯はそんなに甘いものではありませんでした・・・

後半に入ると徐々にコロンビアがその実力の差を見せつけ始め、前がかりになった日本DF陣を逆手に取り、2点目、3点目、そしてとどめの4点目をゴールに叩きこみ、僕がそして日本中が信じていた「奇跡」を完全に打ち消したのですdown

終わってみれば「1対4」の完敗でしたbearing

20140625_231655

試合後、多くの選手がピッチから立ち上がれずにいました。4年間、このW杯のために努力してきたその成果がもろくも崩れ落ちた瞬間でしたdown

20140625_231648_2

終始、強気な言葉を貫いてきたあの本田でさえも、ただただ茫然と立ち尽くし、試合後のインタビューkaraokeでもいつもの彼らしい言動は感じられませんでした。「ただ、僕たちが未熟だった・・・」そんな言葉を残し、立ち去っていきました。

日本のエースのその姿に、僕はあの時の光景がダブって見えました。

O0640043612249316030

今から8年前のドイツW杯のブラジル戦の試合後、当時日本の絶対的エースだった中田英寿がピッチに倒れこんだまま、涙を流して立ち上がれなかったあの光景です。

結局、ヒデはこの試合を最後に現役引退をしたわけですが、今回の本田にも重くのしかかた重圧との戦いで、同じような想いが込み上げてきているのではないでしょうか。

まあ、彼の場合はヒデとは違いまだまだもちろん現役を続けるはずですが、気持ちの切り替えには相当な時間を要すると僕は推測します。

いずれにしても、日本代表のこの大会はこれで終わりました。選手たちには難しいことかもしれませんが、次の目標に向かって視線を前へと向けて欲しいと思いますeye

松木大先生もおっしゃってましたpaper「下を向いていたらダメだ!」と、4年後のロシアW杯に向けた戦いはもう今日からスタートですsoccer

中にはこの大会で代表から退く選手もいることでしょうが、この大会では若い選手が非常に大きな経験をしました。これから4年後、あるいは10年後に日本代表を支えていくであろう選手たちもたくさんいます。

この悔しさを糧にして、次につなげるように頑張って欲しいと思いますgood

悔しいのは、僕以上にもちろん選手たち自身だと思います。ぜひこの悔しさを忘れずに、胸に刻んで、次の戦いに挑んで欲しいと切に願います。

4年に1度の祭典は、日本代表にとっては幕を閉じたわけですが、まだまだ大会はこれからが本番です!

前回王者のスペイン、さらには前々回王者のイタリア、さらにはイングランドと、続々と強豪国がグループリーグで姿を消す中、果たしてどの国がW杯crownを手にするのか、楽しみにこれからもW杯観戦をしていきたいと思いますhappy01

まずは日本代表の選手の皆さん本当にお疲れ様でした。胸を張って日本へ帰ってきてくださいconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

縁起を担ぐべきだった・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~悔しい、そして歯がゆい・・・

なぜ勝てない・・・なぜ点が入らない・・・

日本中が注目した今朝のブラジルW杯、日本対ギリシャの一戦は0対0のスコアレスドローという結果になりましたbearing

日本代表の選手は必死にピッチをかけまわり、何とかギリシャのゴールをこじ開けようとしましたが、ギリシャの固い守りを最後まで崩すことはできませんでしたsad

引き分けで「勝ち点1」を辛うじて得たことにより、決勝トーナメント進出の望みは、最終戦のコロンビア戦に持ち越されましたが、自力での進出がない今、その可能性は極めて低くなりましたdown

しかし、僕は、いえ、日本国民は最後の最後まで信じていますsign03日本代表が奇跡を起こしてくれるとgood

最後の相手コロンビアは、そう易々と勝たせてくれる相手ではないのは百も承知です。でも、ここは日本人か一番得意とするチームワークを見せてやろうじゃありませんかpaper

例え「個」の力で劣っていても、日本には「団結力」という強い武器がありますscissors。今こそ、それを世界に見せつける時ですsign03

このままグループリーグでブラジルの地から去るのは、非常に悔しくてたまりませんbearing何としても決勝トーナメントに日本が進めるように、5日後のコロンビア戦は日本から熱い「大和魂」を届けたいと思います。

さて、少し話は変わりますが、皆さんはご自分の中で「縁起を担ぐ」というようなものは何かありますか?

僕はいつからそうなったのか分かりませんが、靴shoeを履くときに必ず左足から履くようにしています。これは靴下も同じです。

たまに間違って右から履こうとすると、何か変な違和感を感じてすぐに左からに履きかえますcoldsweats01

「縁起」って一度気にすると、凄く気になるので、どうしてもそうなっちゃいますよね。

その「縁起を担ぐこと」の1つに、僕はサッカー日本代表の試合(公式戦に限らず親善試合でも)を観戦する時は、必ず代表のユニホームを着て応援することにしていますsoccer

これを着て応援していた時には、数々の奇跡的な勝利も体験してきたので、ある意味僕の中でも「お守り」的なものでもあります。

ところが今回のW杯は、よりによって2試合ともそれを実行していないのですshock

初戦のコートジボワール戦は、の幼稚園の運動会で出かけていたので、観戦じたいもできなかったのでやむを得ませんが、今朝の試合は仕事に行く準備もあり、朝の忙しい時間をバタバタしながらsweat01テレビ観戦していたためにtv、ユニホームを着ている場合ではありませんでした。

でも今となっては、やっぱり無理してでも着れば良かった、縁起を担ぐべきだった・・・と後悔していますbearing

縁起って、今までしていたことをしなかった時に限って、物事がうまくいかなかったりしますからね。縁起って、きっとそういうものなんでしょうねpaper

ということで25日のコロンビア戦は、何が何でもユニホームを着て早朝から観戦することにしますscissors

「寝る時にもうユニホームを着て寝たら?」とアドバイスをいただいたので、それを実行してみたいと思いますhappy01

寝ている時にも、ブラジルの地へ「念」を送ろうと思いますcoldsweats01

前回王者のスペインは既に敗退、強豪イングランドも敗退濃厚と、W杯という大舞台は「予期せぬこと」が起こる場所でもあります。

ということは逆をいえば、「奇跡」も起こり得る場所でもあるということですgood

崖っぷちからのW杯優勝、それも素敵じゃありませんかup夢物語に終わらせないためにも、とにかく25日の試合は23人の侍たちに4年間の集大成を見せてもらいたいと思いますshine

頑張れ、日本代表!勝利を信じ、最後まで応援します!

最後は、僕のコロンビア戦の予想先発メンバーを発表してお別れです。

GK 川島

DF 内田、吉田、森重、長友

MF 青山、山口

FW 岡崎、遠藤、大久保、本田

4-2-3-1というよりは、本田を1トップの位置に置く4-2-4-0のいわゆる0トップにして、前線の攻撃を流動的にするのはどうかと僕個人的には思います。遠藤をトップ下におくことで攻撃に厚みも出るのではないでしょうか。

とにかく最終戦は得点を取って勝たなければならないので、思いきった発想が必要だと思いますよ、ザッケローニ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(caio!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

4年間の想いを込めて!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日もまたパッとしない一日でしたねdespair。こんな天気が続いて、これでまもなく2週間になろうとしています。

天気予報では今週は天候は回復するはずだったのですが、いざ蓋を開けると雨に振り回された1週間でしたrain

「えぞ梅雨」とも言われるこの雨も、ようやく明日で終わりそうな予報ですが、これもあまりあてにはできませんねcoldsweats02

一刻も早い、梅雨明け?を望みたいところです。

さて、2014FIFAsoccerW杯ブラジル大会が開幕してちょうど1週間が経ちました。

グループリーグも出場国の全てが1試合目を終え、2試合目に突入し、決勝トーナメント進出をかけた戦いがさらに白熱してきていますup

そしていよいよ明日の早朝に、我らが日本代表の第2戦、ギリシャ戦が行われますsign03

15日の初戦、コートジボワール戦では自分たちのサッカーができずに、不甲斐ない結果となってしまいましたが、あの試合で得たものは大いにあったはずですpaper

それを活かすも活かさないも、全てが明日の試合にかかっています。

ブラジル大会の試合時間は、日本時間の夜中から早朝にかけてなので、なかなか観戦するのが難しく、僕はまだ1試合も90分間観戦できていませんbearing

この週末は仕事が休みなので何とか観戦したいとは思っていますtv

先日の日本代表の初戦はちょうど日曜日でしたが、娘の幼稚園の運動会があり、生中継は見ることができなかったので、明日の日本代表の試合こそはいつもより少し早起きして観戦したいと思いますgood

ただ、平日なので仕事に出勤する時間までに試合が終わりそうもないので、90分間の観戦は不可能のようです・・・

明日はいったいどんな戦いになるのか、期待で胸が膨らみますconfident

僕の勝手な予想としては、前半に相手の反則で得たPKを本田が決めて先制shine

後半にはシュートのこぼれ球を岡崎が泥臭く押し込んで2点目をあげ、2対0で日本代表が勝利すると予測しますhappy01

4年前の南アフリカW杯、決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦で敗れて以降、このブラジル大会のために築き上げてきた日本代表の戦術やサッカースタイル、それを明日は思う存分に発揮して、世界中に日本サッカーの素晴らしさを見せて欲しいと思いますscissors

現地に応援に行けない分、僕たち日本にいる国民は、地球の裏側に届けとばかりに、4年間の想いを込めて声援を送りたいと思いますhappy02

頑張れ、日本代表、負けるなザックJAPAN!!!

まずは明日のギリシャ戦に勝利し、そしてグループリーグを突破し、目指すは光り輝く「W杯」を手にすることのみですcrown

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧