MVD

2015年10月14日 (水)

あんちゃん、策に溺れる・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は寒い一日でしたね。山間部だけでなく、今日は道内の平野部でも初雪を記録したところもあったとか

幸いにも十勝はまだ初雪は降っていませんが、その知らせもそう遠くはないかもしれませんね。また僕の嫌いな季節「冬」の到来です・・・嫌だ、嫌だ

さて、一昨日の「体育の日」、今年も毎年恒例の駅伝大会に参加してきました

20151013_123816

当日の朝、家の窓から「虹」が出ているのをが見つけてくれました

「きっと、良い事あるよ。」その妻の言葉を胸に僕は会場へと向かいました

今年もMVDメンバーのHこAっけ、そしてHこのご長男(Wく)とご次男(Yざん)、そして僕猫男爵いう昨年と同じメンバー5名による出場となりました

もちろん、MVDの名にかけて、目指すは2年連続4回目の優勝です

今年も僕らの走りを応援しに、Rえと僕のがかけつけてくれました。そしてもう1人、僕にとっては最強の応援団の姿が

20151013_123702

が初めて駅伝大会を観戦しに来てくれました

ここで父である僕が頑張らなければ、いつ頑張るんだという話です(笑)

20151013_123635

午前8時30分、秋空のもと、16チームによる熱戦の火ぶたが切っておとされました

スタートの1区はWくです。

あっ、先日のブログでもお話しましたが、今年のチーム名は久しぶりにシンプルに「M・V・D駅伝部」です。

ちなみに、受付の時に主催者側のミスで、チーム名がなぜか「M・I・D駅伝部」になってましたが、最終的にはちゃんと「M・V・D駅伝部」に修正してくれました

さて、話を戻しますが、いきなり1区にエースのWくを投入した我がチームの作戦はズバリ的中で、Wくは見事に4位という好順位で2区へと襷を繋いでくれました

そして2区は兄から弟への襷渡しです。2区はYざんが務めます。

Wざんは今年も小学4年生とは思えないその快脚を披露し、上位チーム抜き、何と2位で3区へと襷を渡します

3区はHこです。

自分の息子2人が見せたその快走に父として応えざるを得なくなったHこは、これまた40歳とは思えない激走で、最長区間の3区を走り抜き、4位で4区へと襷を繋ぎました

各チームのエースが集う「花の4区」は、強烈な斜度の登り坂がある難関区間です。この4区を走るのは紅一点のAっけです。

山登りで日頃鍛えたその快脚で、Aっけは向かい風の中を走り抜き、8位で最終区間へと襷を繋ぎました。

最終5区はいよいよの登場です。

スタート前に妻と娘の心強い声援を受け、Aっけから襷をもらいスタートしました

実に1年ぶりの運動なので、ケガをしないか不安でしたが、マイペースで走ることを心がけました。

そして僕の頭の中では、ある策がありました

実は今年の設定タイムは昨年の結果と同じ64分01秒に設定しました

というのも昨年とメンバーが同じだったためです。Hこ、Aっけ、僕の3人が1つ歳を取り体力が衰えたとはいえ、WくとYざんが昨年よりも早く走れるという考えで、プラスマイナス0の設定をしました。

前半戦から上位につけ、かなり設定タイムよりも早いと僕は自分の頭の中で解釈し、このままだとかなり早いタイムでゴールすることになるので、全力よりも少しペースを落として走りました

途中、女子中学生にも抜かれましたが、それも優勝のためのペース配分です

おかげで1年ぶりの運動とはいえ、それほど辛くはありませんでした。

そしていよいよゴールが僕の視線に入ってきました。

妻は僕がケガをしないでゴールまで辿り着くか心配してくれていましたが、僕は無事にゴールにたどり着きました

20151013_123800_2

最後は脚を引きづりながら、「ひとつ屋根の下」のあんちゃん(えぐっちゃん)のようにゴールする演出も考えましたが、それはちょっと恥ずかしくてできませんでした

5人で繋いで襷は無事におよそ10キロの距離を繋ぎ切りました

そしていよいよ注目の結果発表です

20151013_123308_2

我ら「M・V・D駅伝部」は何と準優勝という結果でした

準優勝でも素晴らしいことなんですが、優勝を狙っていた僕らにとってはちょっと残念な結果でした。

そして悔やまれるのが僕らの設定タイムとの誤差が1分12秒、優勝チームの誤差は1分0秒ということで、トップとの差が僅か12秒でした

僕がもっと本気で走っていれば12秒の差は縮められ、もしかすると優勝していたかもしれません。それが悔やんでも悔やみきれません

あんちゃん、策に溺れました・・・

やっぱり何事も「全力」が一番という、良い勉強になりました

また1年後の「体育の日」に、このリベンジをすることを誓い、今年の大会を無事に終えた僕でした

一緒に走ったHこ、Aっけ、Wく、Yざん、本当にお疲れさまでした。そして応援にかけつけてくれたRえ、妻と娘に本当にありがとうございました

また来年、老体に鞭を打って走ることをここに誓います

筋肉痛も1日で治ったし、まだ意外と僕の体、若いかも(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

MVDの名にかけて!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は大型台風の接近により、北海道は大荒れの一日でしたね。皆さんは被害などには遭われていませんか?明日もまだ風の強い一日になりそうなので、くれぐれも注意しいてくださいね

さて、今年も体育の日に行われる毎年恒例の「駅伝大会」が、あと数日後に迫ってきました

今回もMVDメンバーで出場を予定しています

参加者はHこAっけWくYざん、そして猫男爵です。

我らMVDは、2005年に初出場をして以来この大会に8回出場し、そのうち優勝3回、準優勝1回を誇る名門チームとなりました

毎年、ユニークなチーム名で大会を盛り上げているだけではなく、自分でいうのもなんですが、成績もなかなかのものなんですよ

では、もう1度過去の大会を振り返ってみましょう。

2005年 M.V.D (6位)

2006年 TEAM M.V.D(4位)

2007年 悪天候のため中止

2008年 なんや (5位)

       かんや (優勝)

2009年 インフルエンザ流行のため中止

2010年 ニッキーニッキーズ (優勝)

2011年 どぶろくを抱いた夜 (3位)

2012年 ヒッヒッフーッ (準優勝)

2013年 五寸釘平吉 (6位)

2014年 霧島、相撲やめるってよ (優勝)

改めて振り返ってみると、実にふざけたネーミングですよね(笑)

でも、実は大会関係者も、毎年「今年はどんなチーム名でくるかな~」と楽しみにしているみたいです

そんな今年のチーム名は原点回帰ということで「M.V.D 駅伝部」にしました

「Simple is BEST」という言葉もあります。今年はMVDの名にかけて、優勝を狙い、2年連続4度目の頂点を目指します

ただ、不安材料ももちろんあります。実は僕自身、運動をするのは昨年のこの駅伝大会以来1年ぶりです

もちろん練習などもしていませんし、1年ぶりに急に体を動かそうとして動くものなんでしょうかね。かなり不安です

たまたま今回は僕は最終区間を走るのですが、足が痙攣して、最後はドラマ『ひとつ屋根の下』のあんちゃんみたいに足を引きづりながらのゴール・・・なんてことにならなければいいのですが

Img20070205_1_p

ゴール後にはこんな光景が待っているのかな?

あんちゃん(猫男爵)、ちい兄ちゃん(Hこ)、小雪(Aっけ)、かずや(Wく)、ふみや(Yざん)、あれ?もう1人足りないな・・・小梅は誰が??

まあ、そんなことはさておき、10月12日の駅伝大会が無事にケガなく終わり、このブログで良い結果報告ができることを祈っています

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

夢は大きく!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

2月に入り、雪が降る日が多くなり、そして風が強い吹雪の日も多い今日この頃です。

「春」が近づくどころか、「冬」真っただ中ですね

そんな中、昨日のことになりますが、我が家は家族3人で「帯広の森アイスアリーナ」へと足を運びました

目的は、友人Hこ夫妻のご子息、WくYざんが出場するアイスホッケーの試合を観戦するためです

20150215_065700

にとっては久しぶりのアイスホッケー観戦です以前はよく2人でHこが出場する試合の応援に行ったものですが、子供が生まれてからはなかなか足が遠のいていました

20150215_065939_2

にとっては初めてのアリーナ、そして初めてのアイスホッケー観戦です

見るもの全てが娘にとっては初めてのものばかりで、きっとドキドキしていたと思います

20150215_065809

WくとYざんのチームの監督を務めるのは父親であるHこですまさにスポーツの世界では「親子鷹」と称される関係ですが、5年生と3年生になった2人の勇敢なプレーを生で初めて見た僕は思わず感動しました

数年前までは、あんなに小さかった2人の成長した姿を見ると、本当にたくましく思えました

20150215_065914

試合は残念ながら負けてしまいましたが、子供たちのホッケーの試合も実に楽しいということが凄くわかりました

実は試合中、アイスホッケーを見ていた娘が「ホッケーしたい!」と言いだしました

「これは、将来“スマイルJAPAN”目指しちゃおうかな」と、相変わらず親バカぶり全開です

まあ、子供には夢は大きく持って欲しいので、それぐらいの高い目標を持って欲しいです

僕の想像では最短で2030年の冬季五輪出場、開催地は当然まだ決まっていないでしょうが、その時娘は17歳(高校2年生)です。その次は2034年で21歳、さらにその次は2038年で25歳、選手としてはちょうど良い頃ですね

まあ、これは完全に僕の妄想の世界ですけどね(笑)夢は大きくです(笑)

僕自身はアイスホッケー経験者ではないのですが、観戦するのは大好きなので、またWくやYざんの試合を、そしてもちろんHこの試合も観戦しに行きたいと思います

ちなみに僕が子供の頃好きだったアイスホッケーの選手は、王子製紙の本間貞樹と国土計画の運上一美でした

偶然にも確か2人とも背番号は「12」番、そしてWくの背番号も「12」番

野球は「18」、サッカーは「10」がいわゆるエースナンバーと言われていますが、アイスホッケーにもエースナンバー的なものはあるのでしょうかね?ちょっと気になりました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

娘に捧ぐ金メダル♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は昨日お話したように、「体育の日」ということで毎年参加している「駅伝大会」に参加してきました

この「駅伝大会」は速さを競うのではなく、自分たちがスタート前に申告したタイムにより近いチームが優勝という、少し変わったシステムの大会です

でも、そこには「速くなくても優勝できる」という醍醐味があり、極端なことをいえば「順位じたいは最下位でも優勝」という可能性も秘めた大会なのです

僕たちミニバレーの仲間MVDはこの大会に2005年に初出場し、今年でちょうど10年目を迎えました

2007年と2009年は雨天などにより中止となっていることから、実質の出場は今回で8回目となりますが、2005年当時、僕はまだ31歳、そして僕と同様に連続出場を継続中のHこは30歳でした

それが今では40歳と39歳になり、体力の衰えは隠せません

その代わりといっては何ですが、Hこさんの2人の子供たちが昨年から大会に参加してくれているのは心強い限りです

ちなみに最初に参加した2005年当時、Hこさんの次男であるYざんはまだHこ妻さんのお腹の中にいて、この駅伝大会をお腹の中から観戦していました

そのYざんが立派に駅伝を走っているわけですから、時の流れを改めて感じてしまいます。

さて、前置きはこのへんにしておき、「駅伝大会」をプレイバックしてみましょう

今年も我がチームはネーミングに力を入れました毎年のことながら、「ベストネーミング賞」があれば、確実に連続受賞をしていることと思っています

そんな今年のチーム名は

「霧島、相撲やめるってよ。」です(笑)

あえて説明はしませんが、あの邦画の題名のパロディです。駅伝とは全く関係はありません(笑)

午前8時30分、澄み渡る青空のもと、今年も駅伝大会の幕が開きました

区は僕猫男爵が務めることになりました。

全く運動をしていない40歳のオッサンは、過去にはないような猛烈な不安を抱えたままのスタートとなりました

スタート後は順調だったのですが、しばらく走っていくとすぐに足に若干の痛みと、呼吸も大きく乱れてきました

周りには僕よりも遥かに背の小さい小学生たちが走っているのですが、気がつけばその小さな背中がどんどんと僕から離れていき、さらに小さくなっていくではありませんか・・・

頑張って追いつきたくても、足が言うことを聞きません。

それもそのはず、運動らしい運動といえば、ちょうど1年前のこの駅伝大会以来なのですから(笑)

40歳になった僕の体は、完全に既に自分の意志ではどうすることもできなくなっていました

それでも何とか2区へと襷を繋ごうと走り続け、結局、襷を渡した時は15チーム中14位の順位でした

でも、これでいいんです。この駅伝は「速さ」を競うわけではないのですから。そして僕はスタート前に「後ろから2番目」で襷を渡すと宣言していたので、ある意味「有言実行」というわけです

そんなヨレヨレの僕から襷をもらいスタートしたのは、区のAっけです。

Aっけは昨年の大会こそ欠席したものの、それ以外は全て参加しているため今回で7回目の走りになります。

Aっけの走る2区はある意味一番しんどい区間です。というのも、ただひたすら直線が続く区間で、景色も変わることなくただ前に見えるランナーの姿を見ながら走らなければならない、「地獄の区間」とも言われています。

それでもAっけは諦めることなく、最後まで自分のペースを守り、そのままの順位で3区へと襷を渡しました

区は我がチームのエースでもある、Hこさんのご長男・Wくです。まだまだ子供だと思っていたWくも、早いもので小学5年生になりました。

普段スポーツで鍛えているその健脚は見事なもので、かなり離れていた前のチームに追いつき、そして追い越し、4区で待つ弟のYざんへと襷を渡しました

前との距離が離れる中での激走は、今回の我がチームの「MVP」といっても過言ではありません

Wくから襷をもらった4区のYざんも、小学3年生とは思えない走りを見せてくれました。

強烈な登り坂が続くこの4区は、各チームともエース級を揃える、「花の4区」とも言われています。

僕も何度か走ったことがありますが、本当に肺がおかしくなっちゃいそうな、厳しい区間です

そんな区間をYざんはもろともせず、その小さな体で逆に数人の選手を交わして5区で待つ父・Hこに襷を繋ぎました

僕と同様8回連続出場のHこは、この大会のコースを熟知した猛者です

襷をもらった後も、頭脳的な走りで前方を走る子供たちを抜き去り、39歳とは思えない健脚を披露してくれました

そして見事に我がチームは全員の力を結集してゴールすることができました

気になるのはゴールした順位ではなく、申告タイムとの誤差です

いつもの大会ではあれば、レース終了後に駅伝の結果が貼りだされるのですが、今回はそれがなく、表彰式での発表となりました。

今までにない緊張感の中、表彰式が始まりました。

そしてその結果、主催者が読み上げた優勝チーム名は

「霧島、相撲やめるってよ。」でした

僕たちはまたしても奇跡を起こしたのです

賞状を読み上げられる時は「霧島、相撲やるってよ。」と間違えられましたが、どっちにしてもそんな名前をつけているのは僕たちぐらいなものです。まあ、来年も当然、チーム名には力を入れますけどね

そんなこんなで4年ぶり3回目の栄冠を僕たちは掴むことができました

ちなみに今年の申告タイムは63分24秒で、実際のタイムは64分01秒、誤差47秒での優勝でした

来年は再び「連覇」のかかる大会ですが、もちろんまたテッペンを取りにいっちゃいます

今日一日、スタートからゴールまで車で各区間まで移動して応援を続けてくれた、Hこ妻さん本当にありがとうございました。応援は選手にとっては一番のパワーになりますからね、本当にお疲れ様でした

今日は家に帰り、に優勝を報告しました

Img_20141013_222438

娘は「金メダル」を首からさげてニコニコしながら、興味津々でした

今年のこのメダルは、娘に捧ぐ金メダルです

いつか、娘も何かしらで「金メダル」を獲れるようになってほしいです。五輪に出るようなスポーツ選手になって、メダルと表彰状の専用の部屋を作るのがパパの夢です

明日の朝、布団から起き上がれるのかが今一番心配な僕です

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

CM制作。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

台風11号がいよいよ北海道に近づいてきましたね

その影響で今日は夕方から雨が降り出し、明日は激しい雨が予想されます

交通機関を利用する際は、くれぐれもご注意してください

そんな今日、車を運転してると懐かしい曲がカーラジオから聞こえてきました。それはエレファントカシマシの『風に吹かれて』という曲です

この曲は確か1997年にリリースされた曲で、僕が憧れる反町隆史が出演した「グリコ・アーモンドチョコレート」のCMで使われていた曲です

846b3ad97581fe09

実はこの曲には他にも思い出があります

今から6~7年ぐらい前に、ミニバレーの仲間と「すべっちゃうかもしれない話」という企画を行い、それをビデオ撮影しDVD化した時に、CM制作も同時に行いました

その時、僕は憧れの反町隆史を真似て、同じ設定で「グリコ・アーモンドチョコレート」のCMを撮影したのです

20140810_221822

実はこの画像は、その時制作したCMの一部です。何だか懐かしくなって、今日は制作したDVDを見ちゃいました

やっぱり若干僕も若いですね、当時は34歳ぐらいかな?

20140810_221814

本物のCMの設定が確か「旅立ち」という設定で、反町が空港にいるシーンでしたなので、僕も空港でロケをしなければということで、「とかち帯広空港」でロケをしました

20140810_221807_2

ロケと言っても決して大がかりなことではなく、ホームビデオを片手に撮影するだけなのです。そしてそのロケに付き合ってくれたのが、何を隠そう当時は友人だった我がです

今もこの時のことは鮮明に憶えています。僕が自分で言い出したくせに、空港でのロケは結構人目もあり恥ずかしかったです

実はこのCM制作、他にも数作品行い、そして3作ある「すべっちゃうかもしれない話」の中で使用しています

そこで今日は話のついでに、過去に僕が制作した作品をDVDの中からご紹介して振り返りたいと思います

20140810_221924_2

PART1(1作目)のオープニングはこんな感じだったんですネ。懐かしい~

20140810_221916

当時の34歳ぐらいの僕です。

20140810_221910

グリコの「パピコ」のCMですこれは僕とAゆとNかの3人でカラオケ店で撮影しました

20140810_221903_2

これはマンダムの「GATSBY」のCMで、当時キムタクが出演していたCMが話題でしたので、それを僕が放っておくわけがなく、パロディで制作しました。これはその記念すべき第1弾です

そして、その後このCMはさらに進化していきます

20140810_221828

こちらがPART2バージョン

20140810_221733

そしてこちらがPART3バージョンということで、だんだんCM慣れしてきた感じがするのは僕だけでしょうかいずれにしても、笑えますね

20140810_221856_2

すべ話PART2の本編では、宮川大輔を真似て眼鏡をかけている僕です

20140810_221843

PART2では、ヨコハマタイヤのCMで今は亡き「キョウボウ」と共演を果たしています。このCMでは織田裕二のモノマネを僕がしているのですが、これが怖ろしいほど似ていません

20140810_210832_2

PART3になると、僕もすっかりカメラ慣れしちゃってます

20140810_221753

これはアクエリアスのCMのパロディです。小野伸二が出演していたCMでアクエリアスを一気に飲むというシーンです

20140810_221747_2

最後は「一生アクエリアス!」の決めゼリフです

20140810_221741_2

こちらは窪塚洋介出演の「ライフカード」のCMのパロディです

20140810_221726_2

このCMは2パターン撮影しましたが、どちらでも「でっていう」って言っています。

実はアクエリアスとこのライフカードのCMは、いずれも撮影に付き合ってくれたのがです。

こうやって思うと、やっぱり当時から仲良かったんですね僕たちはちょっと恥ずかしくなってきちゃいましたので、CMを振り返るのはこのへんにしますが、今思うと本当にこのCM制作というものは楽しかったです

今は公私ともにとても忙しくて、そんな暇は全くありませんが、またいつか暇をみてCM制作というものにも取り組む時間ができればと思っています

そしていつか、「すべっちゃうかもしれない話」も復活させたいと、そう思っています

今日は昔の映像で、僕自身とても楽しませてもらいました

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

予期せぬ結末!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

3連休最後の今日は「体育の日」ということで、全国各地でスポーツに関する様々なイベントや行事が開催されました

僕も毎年この「体育の日」は、あるスポーツで年に1度のこの日を楽しんでいますそれは「駅伝」です

昨日のブログでもお伝えしたように、ミニバレーの仲間を中心に参加している「駅伝大会」に今年も挑んできました

2005年の初出場から、諸事情での2度の大会中止を挟み、今回で7回目の出場となりました

20131014_184827

昨日の強い風は影を潜め、気温もちょうど走りやすい、絶好の駅伝日和となりました

気になる今年の我がMVDのチーム名はと言いますと

「五寸釘平吉」です

これは「五寸釘寅吉」というものを参考につけたチーム名です

きっとこの「五寸釘寅吉」という言葉を初めて耳にする方も、当然いらっしゃると思います。事実、僕もそうでしたから

何となく人の名前だという事はお分かりだと思いますが、「五寸釘寅吉」というのは、日本の歴史にも名の残る、日本で最も脱獄を多く行った脱獄のプロの名前です

「五寸釘寅吉」の本名は西川寅吉と言います。

彼は14歳の時、イカサマがばれて殺された叔父の仇を討とうと、敵の一家に忍び込み、親分と子分4人を斬りつけ、火を放って逃げたのです

その後、捕まった寅吉は無期刑となり三重の牢獄に入れられます。

しかし牢獄内で、仇討ちをしたはずの相手が実はまだ生きていたことを知り、牢獄を脱走をします

仇の相手を探して全国各地を歩くのですが結局見つからず、たまたま行った賭場で逮捕され再び牢獄へと戻されます。

そして再び脱獄、その時に逃げる際に「五寸釘」を踏んでしまったのです

しかし寅吉は、そのまま12キロも逃走を続け、そしてようやく捕まりました。

「五寸釘を踏みながらでも走り続けた」ところから「五寸釘の寅吉」と名付けられ、さらにはどの牢獄からもいとも簡単に脱獄すること、そして賭場で稼いだお金を貧しい庶民の家に投げ込むことから、寅吉は庶民の英雄となったのです

五寸釘を踏みながらでも走るその忍耐力、脚力の強さ、それにあやかり、今日の駅伝大会に2005年から全て参加しているHこの名前から1文字ずつとり、「五寸釘平吉」と今回のチーム名を名付けました

まあ、いつもの通り、受付での申し込みでは「五寸釘さ~ん」と呼ばれ、“辱め”を受けましたがそれも年に1度の僕の楽しみでもあります

快晴の中午前8時に開会式が行われ、いよいよスタートの時間がやってきました

今日の我がチームのメンバーをご紹介しましょう

区→Yざん

区→Hこ

区→Wく

区→Hこ父

区→猫男爵

これが今年のメンバーです

MVD事情に詳しい方であればすぐにお分かりだと思いますが、WくYざんHこのご子息で、Hこ父さんも参加してくれたことから、今日のメンバーは僕猫男爵を除けば、全員Hこ一族です

どうせだから、Hこ妻さんが走れば完全に「チームHこ」だったのに(笑)

MVD史上、初めての子供の参加に期待が膨らむ大会です

その期待通りに、1区のYざんがいきなり快走を披露してくれて、小学2年生ながら区間6位の力走で2区のHこへと襷をつなぎます

2区は走った方は分かると思いますが、とにかくひたすら直線の区間で、実は一番しんどい区間でもあります

Hこはその2区を「小学生や中学生には抜かれてはいかん!」と激走し、3区のWくへと襷を渡します

3区のWくもYざん同様、初めて走る駅伝を苦にもせず、5区間の中で一番長い距離をかなりのハイペースで走り抜きます

本当に子供の力は僕達大人の想像を遥かに超えるものがあります。

孫から襷をもらった4区のHこ父さんは、おそらく今大会最年長選手だと思いますが、誰よりも走りを経験している方でもあります

数々のマラソン大会に出場した実績のあるHこ父さんも、息子や孫が必死につないだ襷をかけ、「花の4区」と呼ばれる登り坂の区間を見事な健脚で登りきり、最終5区の僕の前に姿を現しました

正直、まだまだ後ろの方で我がチームは来るだろうと思っていたので、5番目に中継所に現れた時は焦りました

「えっ?もうはや?心の準備できてないよ・・・」

そして襷を受けた僕猫男爵は、下り坂の多い5区を走り始めました

目標は昨日も話したように「アキレス腱を切らないで完走」です

最悪もし切った場合は、『ひとつ屋根の下』のあんちゃんのようなゴールシーンも頭の中で描いたりもしましたが、ゴールで待っている「小梅」役は誰だ?とか、いらない妄想を深めるだけでした

アンカーは各チームとも速い人がいるのか、それともただたんに僕の走りが遅いのか、2人に抜かれて僕はいよいよゴール地点にやってきました

そして無事に何とかゴール

しかし、そこには予期せぬ結末が待っていました・・・

20131014_184845

ゴールしたタイムは、何と僕達が申告したタイムよりも5分以上も早いタイムだったのです

一応説明しておきますが、この駅伝大会は、速さを競うのではなく、自分たちが申告したタイムにより近いチームが優勝という駅伝大会です。

つまり、1位でゴールしても申告タイムより1番離れたタイムであれば最下位。それとは逆に、最下位でゴールしても申告タイムに1番近ければ優勝ということになるわけです

そんなこの大会、今年の僕達の順位は

20131014_184706

ちょっと見づらいかもしれませんが、6チーム中6位という結果に終わりました惨敗です・・・

申告タイムを66分台に設定したのが間違いでした。やっぱり子供たちの脚力と、Hこ父さんの走力は、今までの僕達MVDメンバーの走りの上を行っているということです

61分09秒というタイムは、MVD史上最速の記録です本気で走ればこれぐらいの記録は出るという事ですね。

来年は、果たしてどんなメンバーになるのか?今から楽しみでもありますが、来年こそはあの「優勝」という感動をもう一度味わうためにも、申告タイムをより慎重に設定しなければいけないとそう思いました

大会終了後はいつものように打ち上げを、ウエスタンで行いました

20131014_184904

打ち上げには我がも合流して、久しぶりに楽しい会話に花が咲きました

20131014_184855

娘も凄く楽しそうで良かったです

「体育の日」の今日、僕は「スポーツの秋」を思う存分満喫できました

忙しい中、参加してくれたHこさん、Wく、Yざん、そしてHこ父さん、本当にお疲れ様でしたそしてありがとうございました。

そして、応援にかけつけてくれたHこ妻さんも本当にお疲れさまでした。来年は走ってみますか(笑)

ちなみに現在既に僕は体が悲鳴をあげています。いかに運動不足なのかを露呈していますが、もっと怖いのは明日の朝ですね無事に仕事に行けることを祈ります。

皆さんは「体育の日」の今日、どんな一日だったのでしょうか

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 10月14日生まれ

永作博美(43歳)、加藤貴子(43歳)、堺雅人(40歳)、不動裕理(37歳)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

MVDの輪♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

ここ数日、暖かい日が続いていますが、今日はそれに輪をかけて暖かったですね

十勝では最高気温が20℃に迫るような勢いでした。これだけ暖かいと、お散歩をしている大人や、自転車に乗っている子供など、老若男女が外へとたくさん繰り出しています

ただ、明日からは天候がめまぐるしく変わる一週間になる予報です

晴れていたと思えば、雨や雪になることもあるようですので、皆さんもくれぐれも天気予報は気をつけて見るようにするといいかもしれませんよ

Dsc_0414

我が家でも、が春らしいファッションを身にまといご機嫌でした

さて、そんな昨日は久しぶりにミニバレーの仲間、いわゆるMVDのメンバーたちと集ってきました

実は年明けに予定していた「新年会」が伸び伸びになり、ようやくある程度の参加者の都合がつき、遅ればせながら「MVD2013年新年会」を開催することができました

まあ、もう「新年会」とは言えない時期ですけどね

昨日はMVD御用達の「Cのすけ」にメンバーが集まり、久しぶりの宴に大いに盛り上がりを見せました

Dsc_0399

昨日のメンバーはHこAいくんNぶさんAゆNかRえAっけAいちゃんTっか、そして猫男爵の大人10名に加え、WくYざんYとらNのRほなの子供たち5名も一緒に楽しみました

久しぶりに会うメンバーも沢山いて、色々な話に花が咲きあっという間に時が過ぎました

昨日、僕の座っていたテーブルで話題になった話は「みんなが誰に似ているか?」という話です。これは結構毎回話題になる話ですが、一応昨日の話を整理してみましょう

Hこ→内野聖陽(Tっかいわく)、Aいくん→吉田沙保里、Nぶさん→次長課長(井上)、Aゆ→ミラクルひかる、Nか→小林聡美、Rえ→武井咲、Aっけ→IKKO、Aいちゃん→吉瀬美智子、Tっか→持田香織、猫男爵→渡辺いっけい(Tっかは反町隆史って言ってました)

という、よ~く見てみれば豪華なメンバーが勢ぞろいです

久しぶりの「Cのすけ」はメニューも結構変わっており、非常に美味しく楽しく宴を満喫できました

Dsc_0400

最後に食べたスイーツ美味しかったです

さて、我らが「MVD」ですが、ここ数年来の悩みであった人数不足が深刻化し、昨年あたりからほぼミニバレーの活動ができていない状態に陥っています

MVDは結成して13年目に突入したわけですが、少し大げさかもしれませんが、今、MVDは「存続の危機」に直面しているといっても過言ではありません

とは言っても、みんなそれぞれ、家庭の事情、仕事の事情などで、ミニバレーに参加できないのは当然のことで、それを改善することはほぼ不可能です

そうかといって新たなメンバーを募るというのも、なかなか難しい問題です。

きっと今は、様々な事情が重なっているので、これはもう少し時の経過を待てば、子供が大きくなり自由がきくようになったり、仕事の時間帯なども変動し来れるようになったりと、何らかの変化があることもゼロではないと思います

今はその「変化」を待つしかないのかな・・・とも思います

でも、MVDとして何にも活動せずにいるのは、せっかく作り上げられた仲間との“絆”を無駄にしてしまうので、ミニバレーに限らず、みんなが集まれる企画を年に数回行うことも必要かと思います

サイクリング、登山、駅伝大会、クリパー、これからの年中行事は今までと同様にもちろん開催することにして、例えばキャンプ、バーベキューなども夏休みなどを利用して行うのもありかと思います

もちろん、毎週水曜日に行っている「ミニバレー」も続行を前提にして、何らかの打開策を模索しなければなりません

僕自身も、昨年の後半ぐらいから娘の誕生とともに、体育館に足を運ぶことが遠のいています

もちろん、娘がまだ小さいので家を空けれないということもありますが、以前よりはモチベーションが落ちているのも確かですきっとそれは他の人にも言えることだと思います。

行ったはいいけど、結局人数が集まらないで何もせずに帰ることになれば、おのずとモチベーションが下がるのは当然のことです

では、どうすれば、そうならないか?

それはとても難しい問題です。結局、モチベーションは個々の気持ちの問題なので自分で高めるしかないのですが、まずはみんなが足を運ぶような環境を作ることです。

行けばミニバレーができる→ミニバレーをすれば楽しい→楽しいから来週も行こう

当たり前のことのようですが、その雰囲気が以前の「MVD」にはありました。この雰囲気を取り戻すには、何とかみんなで気持ちを1つにして行動に移すしかないと思います

じゃ、それはいつやるかって?

1

今でしょ!(笑)

実はこういう話を昨日したかったのですが、あまりに久しぶりにみんなに会って、他の話に夢中になってしまってできませんでした(反省)

では僕自身、ミニバレーにすぐ行けるのか?ということになると、毎週行けるかどうかは正直分かりません。でも、行ける限りは行動に移そうと思います

昨日、久しぶりにみんなの顔を見てそれは強く思いました

「仲間っていいな~MVDっていいな~」ってね

これからも僕はあの楽しい空間、楽しいミニバレーを復活する事を諦めませんだって、MVDの輪は最高だから

十勝に広げよう、MVDの輪!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 4月14日生まれ

ピート・ローズ(72歳)、乱一世(63歳)、桜田淳子(55歳)、今井美樹(50歳)、小沢健二(45歳)、工藤静香(43歳)、小泉進次郎(32歳)、日馬富士(29歳)、(27歳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

写真の中の☆スターたち☆

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は朝からある1つのニュースが頭から離れない一日でした

Apx201212280003

松井秀喜引退・・・

遂にこの日が来てしまいました。スポーツ選手であれば誰しもが経験するこの日が、今日になろうとは・・・

彼は僕と同じ1974年生まれの38歳、プロ野球選手としての現役生活はちょうど丸20年でした

それでも野球選手としては長くプレーできたほうですが、頑丈な体が長所だった彼の体も、30歳を過ぎてからは度重なるケガに悩ませれ、それが「引退」に繋がっていったことも事実です。

「松井引退」というニュースを聞いた瞬間、僕は「松井、お疲れ様」という気持ちになったと同時に、自分もそういう年齢(同世代に野球選手が引退する)になったんだということを改めて実感しました

Img_589434_19913707_0

僕が一番好きな彼の姿、そして一番彼に似合っているユニーホームがジャイアンツの「55番」ではなかったでしょうか

今日はまだ僕自身も気持ちの整理がついていませんので、彼の話はこのへんにして、また後日「松井秀喜特集」を改めて組みたいと思いますので、ご了承ください

さて、そんな日本プロ野球界を代表する1人のスターが去った今日は、十勝に存在するミニバレーのスターたちを「写真」という形で振り返る、年末恒例のアレをやっちゃいます

僕が週に一度、足を運んでいる「MVD」という団体が行うミニバレーで、最後に必ず記念撮影をしているのですが、その今年の「ベストショット」を決める、題して「写真の中の☆スターたち☆」を今日はお送りしていきます

今年で4年目を数える記念撮影ですが、一応僕的にはこのモデルというものは、昔やっていた歌番組『ザ・ベストテン』の最後の記念撮影です。その日に登場した歌手たちが、それぞれ思い思いのポーズを取り、1枚の写真におさまるというものです

それでは今年も、そのランキングを早速発表してみますかMVDの皆さん、自分が写っている写真は何位にランキングしているか、どうぞ最後まで楽しんでくださいね

120201_203724

位 『ロビー撮り』

撮影日:2012年2月1日

参加者:Hこ、Aっけ、Mきちゃん、猫男爵

2012年最初のMVDミニバレーがこの日でした。例年よりも約1ヶ月遅い集まりとなりましたが、この日はコートを確保できず、「撤退」という決断をせざるを得ませんでした。そこでロビーでの記念撮影をすることにしたのですが、これが「ロビー撮り」の始まりとなりました。ちなみにカメラを固定した場所は、植木鉢の中です(笑)

120516_213210

位 『籠で入場』

撮影日:2012年5月16日

参加者:Hこ、Mきちゃん、猫男爵

この日は参加者が僅か3名という事態でしたが、「男爵ボール・シングルス」という新たな種目を考え出し、基本的なルールを作りました。写真で猫男爵が取っているポーズは、「男爵ボール・シングルス」で選手が入場する際に、時代劇のように籠に乗って入場する様子を再現したものです

120418_201843

位 『春は遠し』

撮影日:2012年4月18日

参加者:Hこ、Rえ、Aっけ、Wく、Yざん、猫男爵

この日もコートを確保できずに「撤退」を余儀なくされました。Hこ一家が勢ぞろいしてくれたのに残念でした。WくとYざんの仲良し兄弟がモジモジ君の「人文字」を披露してくれました。4月とはいえ、みんながまだ防寒着を着ていることからも分かるように、春の訪れを待ちわびている姿は、MVDも「春は遠し」と言った感じです

120704_201052

位 『異色なトリオ』

撮影日:2012年7月4日

参加者:Hこ、Aゆ、ベビちゃん、猫男爵

この日は人数不足で「撤退」したのですが、せっかくなのでロビーで記念撮影をしました。左から銀龍光、大鶴義丹、元レディース総長という、異色な3人での記念撮影でした。一応、妻(Aゆ)の名誉のために説明しますと、妻は元レディース総長ではなく、お腹の中にベビちゃんがいたので、風邪などがうつらないようにマスクを装着していただけです(笑)ちなみにHこは昔、大鶴義丹に似ていると言われたことがあるそうです

121003_201107

位 『私服』

撮影日:2012年10月3日

参加者:Hこ、Aゆ、ベビちゃん、Aっけ、猫男爵

「ロビー撮り」がすっかり定着してしまいましたが、もうみんなジャージを着てくることすらなくなり「私服」になっちゃいました。でも実はこれには理由があり、この日は直前に迫った「駅伝大会」の打ち合わせがメインだったので、みんな「私服」で登場したというわけです。ちなみにこの日は、当時はまだ“ベビちゃん”と呼ばれていた愛娘の光希がこの世に誕生する13日前です

120328_212825

位 『W香川』

撮影日:2012年3月28日

参加者:Hこ、Aっけ、Mきちゃん、Wく、猫男爵

この日は春休みを利用してWくが遊びに来てくれました。香川似のWくも一緒にミニバレーをプレーし、本格的な「男爵ボール」デビューも果たしました。写真左下の「オジャパメン」は無視して、その後方にいる少年時代の香川真司と、おっさんになった香川真司で「W香川」の誕生です

120229_203453

位 『4年ぶり』

撮影日:2012年2月29日

参加者:Hこ、Aっけ、Mきちゃん、Iくちゃん、猫男爵

この日は4年に1度、閏年の年にしかやってこない「2月29日」でした。4年ぶりに訪れたこの日に、みんなで楽しくミニバレーで汗を流すことができたのは、非常に良い思い出になりました

120718_215007

位 『夏本番!』

撮影日:2012年7月18日

参加者:Hこ、Aっけ、Mきちゃん、Iくちゃん、猫男爵

この日は非常に暑い一日で、夜とはいえ体育館の中はまるで蒸し風呂状態でした。みんな汗をかきながらも最後までボールを追って楽しみました。「夏本番」を肌で実感したそんな一日でした

120222_213448

位 『いい日旅立ち』

撮影日:2012年2月22日

参加者:Hこ、Mきちゃん、Mみちゃん、Iくちゃん、猫男爵

この日は2012年のMVDミニバレーの開幕日でした。コートが取れなかたったり、人が集まらなかったりで、かなり遅れてのシーズンインとなりました。そんな記念すべき日は、久しぶりにMみちゃんが来てくれましたしかも「新妻」になって。久しぶりの「ヤングライオンシスターズ」揃い踏みで、非常に盛り上がった一日でした。しかし、Mみちゃんは旦那さんの仕事の関係で茨城県に転居する事になり、この日が最後のMVDミニバレーでした。2月22日という「2」が並ぶ縁起の良い日は、まさに「いい日旅立ち」となりました

それではいよいよ、2012年の栄光の第1位の発表です

2012年で最も写真の中で輝いたスターたちは

120711_214246

位 『正体がバレる?』

撮影日:2012年7月11日

参加者:Hこ、Aゆ、ベビちゃん、Aっけ、Tっか、Mきちゃん、Iくちゃん、猫男爵

今年一番人数が集まった日がこの日でした。妊娠中の妻(Aゆ)はプレーは無理でしたが、他の6名により久しぶりに「男爵ボール」ではなく普通のミニバレーができました。7名以上が集まったのは、2011年10月以来、実に9ヶ月ぶりのことで、2012年においては7名以上が集まったのはこの日が最初で最後でした。プレーの合間の休憩で、Aっけが登山中に体験した「怪奇地蔵の話」がとても印象的なそんな一日でした。写真撮影の際には、右後方にいる「スパイダーマン」がマスクを被るのがギリギリのところで、危なく正体がバレるところでした。いずれにしても、みんなの笑顔がとても素敵な1枚なので、今年の1位に選出しました

さあ、いかがでしたか今年のランキングの結果は。皆さんは何枚登場しましたか?来年も今年以上に盛り上がりを見せるためにも、ぜひ体育館に足を運び、思い出の残る1枚をみんなで作っていきいましょうね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 12月28日

1228

「熊笹」(くまざさ)

花言葉は「抱擁」です。

「熊笹」はササの一種で山林中に自生し、シャープな色合いと姿から観賞用に広く栽培されています。葉は料理や菓子の装飾用に使われています。名前の由来は、葉に隈があるからという説と、熊が出没する深い山で見かけるからという2つの説があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

全種類揃っちゃった♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は非常に天気の良い、心地よい秋の一日でした。そして今日は「体育の日」という事で、全国各地で様々なイベントや行事が行われました

そんな中、僕も今日は毎年恒例となった「駅伝大会」にMVDの仲間と一緒に参加してきました

毎年この日が近づくと、ワクワク感と不安な気持ちに襲われる「駅伝大会」です。楽しみな反面、「全く運動もしていない体が果たしてもつのか・・・」という不安にかられます

2005年に初参加してから今年で6回目の出場(2007年と2009年は大会が中止)となりましたが、気がつけば初参加当時31歳だった僕も38歳になってしまいました

年々、衰えを感じる体にムチを打ち、今日も年に一度の走りに挑戦です

この「駅伝大会」は、普通の「駅伝大会」のように“速さ”を競う大会ではなく、自分達が申告したタイムにより近い時間でゴールしたチームが優勝するという、特殊な競技です

もちろん、「申告したタイムに合わせて走る」という不正を防ぐために、時計の所持は禁止ですし、沿道で応援する人が時間を教えることも禁止です

あくまでも襷をつなぐ「5人の感覚」だけが頼りというわけです

それでは今年の大会の模様に入る前に、まずはこれまでの僕たちの戦いの結果を簡単に振り返ってみましょうちなみに( )の中はチーム名です。

2005年 6位(M.V.D)

2006年 4位(TEAM M.V.D)

2007年 雨天中止

2008年 優勝(かんや)

       5位(なんや)

2009年 インフルエンザ流行により中止

2010年 優勝(ニッキーニッキーズ)

2011年 3位(どぶろくを抱いた夜)

近年は優勝2回を経験していますが、参加した当初はなかなか上位に入る事すらできませんでした。2008年には初めて2チームで参加するという、非常に活気のある年でした

参加するにあたり、毎年楽しみなのが「チーム名」です。毎年何にしようか頭を悩ませますが、大会主催者側にも毎年「今年はどんなチーム名かな?」とすっかり楽しみにされるようになりました(笑)

そして注目の今年、2012年の我がMVDチームのチーム名は

「ヒッヒッフーッ」です

これは間もなく僕の妻が出産を控えているという事で、それにちなんで付けられました。まあ、実際は帝王切開になったので「ヒッヒッフーッ」を使う機会はなくなりましたけどね(笑)

今年の各区間はスタートの1区が僕猫男爵、2区がFいさん、3区がHこ、4区がAっけ、5区がYみちゃんというメンバーです

この5人は2年前の大会で申告タイムとの誤差11秒という、大会史に残る優勝を飾った時と全く同じメンバーなので、今年もあの再現が期待されるところです

午前8時30分、秋空の下、いよいよスタートの時間がやってきました

1区のスタートラインに立ったは特に緊張感というものはありませんでしたが、「約2kmに及ぶ道のりを走り切れるか・・・」という不安だけが頭にずっとありました

まさか、ドラマ『ひとつ屋根の下』のあんちゃん(江口洋介)みたいに、足を痛めて引きずりながら走る事にならないよな・・・しかも1区から(笑) それに“小梅”的な存在もいないから、仮にそんな事になっても盛り上がらないしな・・・そんな事を頭の中で考えながらスタートを待っていました

すると、僕に声をかけてくる1人の女性がいました「誰だ?」と思い振り返ると、それは地元の僕の1つ上の先輩のあっこちゃんでした

昔の思い出などを色々話しているうちに緊張もほぐれ、スタートの時間がやってきました

そしてスタートの合図を告げるピストルの音が鳴り響いたのですが、それが何とも言えない“スカした音”でして、本当にピストルを撃たずに、何か機械に録音された音なのですが何とも言えない微妙な音でした

過去に1区を走ったメンバーから聞いてはいましたが、「これが噂の音か・・・」と思いながら“ぎこちなく”スタートを切りました

最初だけ目立つためにトップに出てやろうかとも思いましたが、中学生や子供たちのスタートダッシュは半端なく速かったので、それは諦めてマイペースでのスタートを切りました

スタートしてしばらくは順調でしたが、数百m走ったところで既にふくらはぎに違和感が

「これは本当にあんちゃんになっちゃうぞ・・・」そんな事を思いながら走り、ふと自分の後方の状況を確認するために振り返ると、僕のやや後ろを走っていたのは、先程スタート前に話をしたあっこちゃんでした

その後も僕とあっこちゃんの距離は保たれたままで、振り返らなくてもあっこちゃんの息使いでだいたい距離が変わっていないのは感じられました。

しかし僕も徐々に疲労がピークに近づきペースも落ちてきました。でも、後ろにいるあっこちゃんに抜かれるわけにはいきませんでした

「1つ上の女の先輩に抜かれるのだけは避けなければ・・・」と、変な男のプライドが僕の闘志を掻き立てました

もうそこからはタイムどうこうではなく、男のプライドとの戦いでした(笑)

結局、あっこちゃんとはその後もその距離感を保ったまま、僕は2区のFいさんへと何とか襷を繋ぐ事ができました

走り終わった後にあっこちゃんと談笑しましたが、もしかしたらあっこちゃんは僕を抜こうと思えば抜けたのかもしれません。でも、あっこちゃんは気を遣って、僕に花を持たせてくれたのかもしれません

そんな僕の今年の1区、時間にして10分余りの走りの状況でした

2区に入り、Fいさんは快調な走りを見せてくれました。しかし実は、走り始めてすぐに「これはまずいな・・・」と思ったそうです。全然足が思うように動かなくて、改めて運動不足というものを感じたそうです。

初めて「もう走りたくない・・・」と、途中思ったとも言っていました。

Fいさんでさえもそう感じるのですから、いかに駅伝というものに「ぶっつけ本番」で挑む事が大変だという事がわかりますよね

それでもFいさんは3人を抜き、ペースを上げて3区のHこに襷をつなぎました

3区Hこは僕とAっけと共に、初参加から全大会出場している、いわばこの駅伝大会のベテラン選手です

3区は平坦な道のりですが、その分一番距離が長いという区間です。同じような田舎の畑の光景が続く、何とも楽しみのない道のりなので、自分との戦いが勝負の分かれ目です

しかし持ち前の運動神経を活かし、「Mr.駅伝」は今年も力走を見せてくれました

襷は4区Aっけに渡されました。実は記録的な優勝を遂げた2年前も、Aっけはこの4区を走っており、非常に縁起の良い区間でもあります

この4区は強烈な登り坂が続く、地獄の区間でもあります。その厳しさゆえに、各チームのエースが集結する「花の4区」とも呼ばれています

あまりの厳しさに、肺があちこちに落ちているとかいないとか(笑)

そんな過酷な区間を、あえて自ら志願したAっけは相当な“M”ですね

しかしAっけは、前回以上に良いペースでこの区間を走り抜け「前よりも凄く楽だった」と余裕のコメントを残していました

「山登りのスペシャリスト」のAっけから襷はいよいよ、最終5区のYみちゃんに渡されました

5区は今度は下り坂の多い区間で、後半足にくる事もある若干危険な区間でもあります

この5区は僕も経験がありますが、その待ち時間の長さが何とも辛い区間です。待っている間の手持ち無沙汰といったらたまりません。

そんな待ちに待った襷を受けて、Yみちゃんは快調にゴールを目指します

既に僕とFいさんは、移動のバスでゴール地点に到着していたので、Yみちゃんのゴールを待ち構えていました

時計を見ながら、「きっとこの時間あたりにゴールしたら、多分かなり良い線いくよね。」と話しをしていると、その予想した時間ぐらいにYみちゃんの姿が見えてきました

全種類揃っちゃった♪

最後までスピートが落ちる事なく、Yみちゃんは見事にゴールをしました

今年も僕たちは5人の力で見事に襷を繋ぎ、ゴールする事に成功しました

全種類揃っちゃった♪

ゴール後はみんなで記念撮影です。みんな疲労感も感じられず元気です(笑)

そして注目の結果が発表されました

全種類揃っちゃった♪

今年の僕たちの結果は

何と準優勝でした2大会ぶりの優勝とはいきませんでしたが、昨年の3位を上回る成績でした

申告タイムは67分36秒で、結果は65分39秒でしたから、誤差は1分57秒という事でした

ちなみに、優勝したチームは申告タイムとの誤差が僅か6秒という、素晴らしい結果でした

2年前に僕らが誤差11秒という大記録を出し、「向こう20年は塗り替えられないであろう」と思っていた記録は、あっさりと抜かれてしまいました

大会終了後は表彰式が行われ、表彰状とメダルが授与されました

表彰状授与の時、チーム名を呼ばれたのですが、「ヒッヒッフーッ」と呼ばれないといけないのが「ヒツヒツフーツ」と小文字が大文字で呼ばれて、僕らは大爆笑

訂正して呼びなおしてくれたのですが、それも「ヒソヒソフーツ」????なぜ、「ツ」が「ソ」に?しかもまた大文字だし(笑)

まあ、このチーム名を呼ばれる瞬間が一番の楽しみですからね僕たちは(笑)

全種類揃っちゃった♪

毎回よく見る写真ですが、ロンドン五輪に負けないくらいの飛びっきりの笑顔です

「Fいさんを手ぶらで帰すわけにはいかない!」それがチームの合言葉でした。なんつって(笑)

全種類揃っちゃった♪

その後は「打ち上げ」という事で、FいさんとYみちゃんの娘さんであるCのちゃんRかちゃんの仲良し姉妹と、僕の妻のAゆも合流し、みんなで楽しく食事をしてお腹をいっぱいにして盛り上がりました

全種類揃っちゃった♪

これでついに、僕の手元には駅伝大会の「金、銀、銅」のメダルが全種類揃っちゃった♪

このままいくと、メダルと賞状が置く場所がなくなるので、「メダルルーム」を作らないといけませんね

まずは今日、無事にみんなケガもなく大会を終えて何よりです

走り終わった後、メンバーのみんなから足や腰が痛いという声が聞こえていましたが、僕も今、足がパンパンで歩くのもやっとの状況です。明日の朝、起きるのが非常に怖いです

この痛さも年に1度の楽しみですし、頑張った今日の走りの結果ですので、数日間は我慢して耐える事にします

Fいさん、Yみちゃん、Hこ、Aっけ、今日はお疲れ様でしたまた来年も頑張りましょうね

中尾彬には「もっと段取り良くしろよ!」って言っておきますから(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 10月8日

1008

「野牡丹」(のぼたん)

花言葉は「自然」です。

「野牡丹」はノボタン科の常緑低木で、アジア南部・オーストラリアに広く分布し、日本でも沖縄に自生しています。

「メラストマ」という属名は、ギリシャ語の「メラス」(黒い)と「ストマ」(口)に由来しています。この果実を食べると口の中が暗紫色になってしまうからだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

角刈り女将。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

来ました真夏日

お見事な「30℃」超えの一日でしたが、皆さんバテてませんか?急にこんなに暑くなると体がなかなかついていけませんよね

角刈り女将。

ちなみに僕の愛車の外気温計では一時「34℃」を表示していましたが、これは誤表示だと思われます。でも、それだけ「暑い」という証拠です

しかし明日はまた一気に気温が下がり、「22℃」前後になるみたいですから、本当に体調管理には十分気をつけてくださいね

そんな今日は週の真ん中「水曜日」という事で、楽しみにしていたミニバレーに僕は行ってきました。今週も先週に続き、楽しく汗を流してきました

角刈り女将。

今日のメンバーはHこAっけMきちゃんIくちゃん、そして猫男爵の合計5名でした

2週連続で5名以上が集まり、非常に嬉しい限りです。今日は「3対2」の変則マッチで、「男爵ボール」を繰り返し楽しみました

メンバーはすっかり「男爵ボール」に慣れ親しんでいるので、もう違和感は全くありません

今日の暑さ同様に、体育館の中も熱気で溢れていました。久しぶりに僕らの他にミニバレーをしているグループもいましたし、相変わらず「バドミントンブーム」は凄く、コートの大多数を占領していました。

さらにはバスケを楽しんでいるグループもあり、体育館はスポーツを愛好する人々で埋め尽くされていた感じです

もちろん一番の熱気に包まれていたのは、我がMVDである事は間違いありませんけどね

「男爵ボール」でかなり体力を消耗したので、途中休憩しながらトークの時間を楽しみましたが、そこで話題になったのがAっけの「女将転職」です

まずは田舎で小さな居酒屋を開く事から始めるのですが、基本はAっけの好きな時にだけ店を開くという形になります

それが週に1回なのか、あるいは土日だけなのか・・・

ただAっけは「旅」が好きなので、どこかに長期的に出かける時は店を閉める事になるので、実際は週1回も厳しいという事になりました

だったらいっそのこと、「旅をしながら店を出せばいいじゃん!」という結論に至りました

旅先で暖簾を出し、そこでそこの住民相手に居酒屋を開く、まさに“流れ“の女将です

で、そうなると必要になるのが移動手段です

だったらいっそのこと、「トラックの運転手やりながら、全国を周ればいいじゃん!」トラック野郎みたいに

この案は、先日このブログでもご紹介した菅原文太主演の『トラック野郎』の影響を完全に受けている僕の案でしたけどね(笑)

だったらいっそのこと、「角刈りにすればいいじゃん!」

よっ!角刈り女将!これを言ったのは、だいたい想像できますよね「Mr.黒幕」(笑)

トラックに乗りながら、トラックの荷台を居酒屋にして客を集める。希望としては、新鮮なお魚を、ささっとさばいて「お造り」を出して欲しいですし、「あんこう」も吊るしながらさばいて欲しいです

夢は膨らみますね~

まずそのためには、「大型自動車運転免許」と「衛生管理者免許」を取得しないといけないという結論に至りました

トラック野郎には菅原文太の「一番星の桃次郎」や、愛川欣也の「ジョナサン」のように、ニックネームも必要になってきます

そこでAっけに付けるニックネームは何が良いか、みんなで案を出し合った結果、「クマブエ」に決まりました。これは登山が好きなAっけが持っている「熊笛」から由来しています。

これはまた、一気にAっけは忙しくなってきそうです

皆さんもAっけの夢が叶ったあかつきには、Aっけのトラックにお酒を飲みにいきましょうね。だって、そのトラック居酒屋にいるのは角刈り女将ですよ。そりゃ、いかなきゃ失礼です

こんな楽しいトークで、休憩中も盛り上がるMVDミニバレー最高です。そして、そんな話題をいつも提供してくるAっけは素敵です。Aっけのアグレッシブさには本当に頭が下がります。これからも僕らを楽しませてくださいね

さあ、来週の水曜日も体育館で汗をたくさんかいて、楽しい時間をともに過ごしたいと思いますので、ぜひMVDメンバーの皆さんも足を運んでくださいね

明日も皆さんにとって素晴らしい「真夏の一日」になりますように、おやさみなさい。今日はいつも以上に爆睡できそうな猫男爵です

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 7月18日

0718

「マリーゴールド」

花言葉は「嫉妬、悲哀、勇者」です。

「マリーゴールド」はキク科の一年草で、メキシコ原産の観賞用植物です。この花は園芸品種が多く、花色は黄色、橙赤色などが主流です。

和名は「千寿菊」、「万寿菊」と言います。丈夫なうえに、初夏から晩秋まで美しい花を咲かせ、夏花壇の主役として定評がある花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧