« 最後の決戦! | トップページ | その名は「NO.6」 »

2024年6月 4日 (火)

2025年、ナトゥ(夏)

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

6月に入り、いよいよ夏がやってくる!と思いきや、涼しいというか、寒い日が続いています。

毎年のことですが、5月が暑くて、6月や7月って意外と寒いんですよね・・・

北海道は梅雨がないと言われていますが、雨の日も多くて最近は「蝦夷梅雨」なんてよく言われたりもしていますよね。

今年の夏は猛烈に暑くなくてもいいので、ほどほどに暑い日があって、たまに涼しい日があって、なんていうのが最高ですが、そんなうまい話はきっとないですね。

さて、前回のブログで子供たちの運動会のお話をしましたが、今年の運動会は残念ながら娘も王子も1位を取れず2位に終わりました。

まあ、これも1つの結果としてまた次に活かせばいいので、子供達には頑張って欲しいです。

正直、娘は小学校最後の運動会だったので勝たせてあげたかったですけど・・・

さて、そんな今日は少し前のブログでご紹介した『グラントシロカブト』の幼虫の話題です。

Picsart_240604_151956497

あれから3週間以上が経ち、ごらんのように幼虫も順調に徐々に大きくなってきました。

以前のブログで『夏が待ち遠しい!』つまり夏に成虫になると、てっきり僕は思い込んでいたのですがこれは大きな間違いでした。

実は「グラントシロカブト」の幼虫期間って1年半ぐらいあるみたいなんです!

そのことに最近気づきまして、正直驚いています!

一般的なカブトムシは8ヶ月ぐらいが幼虫期間なので、グラントシロカブトは何とその倍です。

となると、この我が家にるグラントシロカブトの幼虫は1月に卵から幼虫になったので、計算すると蛹になるのが、だいたい来年の5月か6月、そこから2ヶ月ぐらい蛹になり羽化するので、成虫に出会えるには、古賀シュウが真似する長嶋三奈風に言うと『2025年ナトゥ(夏)』です(笑)

5wzk29pmzza2n4c6bxdsf4689a49

このことは、王子に告げなければなりません。

王子は今年のナトゥ(夏)にグラントシロカブトの成虫に会えると思っているので・・・

いずれにしても暑くなる夏を超え、さらに今度は寒くなる冬が待っています。

温度管理だけには十分に気を付けて、2025年ナトゥ(夏)に無事に成虫に会えるようにパパは頑張りたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の昭和の有名人しりとり)

「木村一八」→「山本小鉄」

プロレスラーとして、そしてレフェリーや解説者として長きに渡り「新日本プロレス」を支えた昭和のプロレス業界を代表する人物です。

|

« 最後の決戦! | トップページ | その名は「NO.6」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の決戦! | トップページ | その名は「NO.6」 »