« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月29日 (金)

ノコギリも、そしてホボロちゃんまでも・・・

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

まずは残念なお知らせをしなければなりません・・・

以前このブログでご紹介した、お祭りの金魚すくいで王子がGETした金魚たちが・・・

数日前に全員旅立ちました・・・

わずか2週間余りの我が家での生活でしたが、本当に残念です。

子供達も日に日に減っていく金魚たちに、声をかけながらなんとか長生きするように祈っていましたが、魚を飼うのはなかなか難しいですね。

15年前のメダカの教訓は今回も活かされませんでした。

というか、15年も経ちすぎてしまって活かされるどうこうという話ではなかったのかもしれません・・・

天国に旅立った10匹の金魚たちのご冥福をお祈りいたします。

さてそんな中、我が家にはまだ元気に過ごす昆虫たちがいます。

夏に捕まえたクワガタ&カブトムシです。

一番多い時で350匹程いましたが、現在はクワガタが41匹、カブトムシが5匹暮らしています。

ただ先日、最後のノコギリクワガタの雄が死んでしまい、クワガタでは雄がコクワガタが7匹いるだけになりました。(クワガタの雌は全部で34匹います)

クワガタの世界でも女性が長生きするのは同じようです。

そしてカブトムシでも、今年一番大きいサイズだったカブトムシが先日旅立ちました・・・

Picsart_230928_110456910

名前は「ホボロちゃん」。

昨年の車中泊の旅の際に羽幌町で見つけた雌のカブトムシ「ハボロちゃん」に色や大きさがそっくりで、見つけたところが保育園の前だったことから、「ほいくえん」の頭文字の「ほ」を取って、子供達が「ホボロちゃん」と名付けました。

Picsart_230928_110447004

その「ホボロちゃん」が旅立ち、子供たちはショックを受けていました・・・

「生あるものいつかは死んでしまう」ものですが、他のクワガタ&カブトムシたちには少しでも長生きしてもらえるように、飼育していきたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao)

(今日の珍地名)

〆切→新潟県新発田市東部にある地名です。住んでいても何かいつも期限に迫られているように感じるかもしれませんね。

| | コメント (0)

2023年9月28日 (木)

氷上を駆け抜けろ!

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

9月も終盤に差し掛かり、朝晩の気温はグンと下がり、一気に秋色が濃くなってきた今日この頃です。

巷ではインフル&コロナがW流行の兆しがあるようなので、皆さんも季節の変わり目の体調管理にはくれぐれもご注意ください。

さて、そんな中ではありますが、先週末の土日に王子(我が息子)の今シーズン初のアイスホッケーの試合がありました。

Picsart_230925_120940008

小学1年生になり、正式にアイスホッケー少年団に加入した王子にとっては、事実上初めての公式戦です。(16番が王子です)

7月から氷上での練習を重ね、滑るごとに上達はしてきているので僕も妻もその王子の成長ぶりには感心しています。

今回行われた試合は『クロスアイスホッケー大会』という大会で、全道各地から小学3年生以下の子供達が集まり、各少年団(団体)ごとで戦うのではなく、集まった選手をランダムに振り分け、幾つかのチームを作って試合をするという大会です。

9歳以下というまだ幼い年齢のカテゴリーなので、大会の趣旨は『ホッケーを楽しもう!』というところで、色々な地域の選手との交流も目的の1つです。

試合方式はリーグ戦でのゲームで、1ピリオド9分間×3ピリオドで戦い、3人対3人でのゲームで90秒ごとに選手が入れ替わるというシステムです。

9歳以下とはいえ、当然技術や経験値の差もあり、見ていても勉強になることばかりでした。

土日の2日間で計4試合を戦った王子は、果敢にパックを追いかけ、倒されてもすぐに立がる姿勢には親としてもその頑張りを感じました。

まだまだ技術的にも体力的にも劣る王子ではありますが、何とか点を入れようと必死に表情を駆け抜ける姿には思わずグっとくるものがありました。

Picsart_230925_121002292

そんな王子は4試合で2得点を入れることができました。

1点目はかなり離れた距離から何気なく相手ゴールに向かって打ったパックが、まるでゴルフのホールインワンのようにゴールへと吸い込まれる、「ナイスショットゴール」(笑)

そして、2点目は名付けて「そっ~とシュート」!

王子の前にパックが転がってきたチャンス、そこで王子はパックを独りで相手ゴール近くまで持ち込みシュート!

思わず観客席にいた僕も『打てぇーー!』と声が出てしまいました。

その声が届いたかどうかはわかりませんが、王子はゴールに向かってシュート!

しかし、そのパックの勢いは・・・

そっ~と(笑)

しかし、パックは見事にゴールへと吸い込まれました。

これが伝説の「そっとシュート」です(笑)

一緒に観戦していたHこと2人で、その瞬間を目の当たりにすることができました。

なにわともわれ、王子にとっての公式戦デビュー戦は上々の滑り出しだったと思います。

Picsart_230925_121014245

まず大好きなホッケーを王子が楽しんでいたことが、僕は最高の収穫だったと僕は思っています。

そして、王子はシュートだけでなくパスもできていましたし、そのことによって全く知らなかったチームメイトが今度は王子にパスをくれたり、そこにチームワークが生まれました。

当然まだ低学年のホッケーなので、みんな周りを見るほどの余裕はありませんが、少なからずチームワークを感じた瞬間がありましたし、王子がゴールを決めた瞬間に、今日初めて会ったばかりの名前も顔も良く知らないチームメイトが祝福してくれたりする光景には、スポーツの素晴らしさ、団体競技の素晴らしさを改めて感じました。

王子には未来のホッケー選手目指して、これからも氷上を駆け抜けて欲しいです。

頑張れ王子!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao)

(今日の珍地名)はお休みします。

| | コメント (0)

2023年9月20日 (水)

えっ?バスケになってる!

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

今日は暦の上では「彼岸の入り」です。

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、その通りで、天気予報ではお彼岸が終わると気温も下がり、季節は秋になっていきそうです。

既にお墓参りに行ってきた、あるいは数日の間に行く予定という方もいるのではないかと思いますが、今日はそんな「お墓参りに」にちなんだお話です。

北海道札幌市には「藤野聖山園」という霊園がありまして、昔から北海道内ではその「藤野聖山園」のCMがテレビで放送されています。

Mqdefault_20230916155401

もちろん、道産子の僕も子供の頃から何度も見たことがありますし、『ふじの、せいざ~んえん♪」というあの聞きなれたフレーズが耳にしっかりと記憶されています。

そして何よりインパクトがあるのが、小学生ぐらいの子供が墓石の前でいうあのセリフです。

Hqdefault_20230916155301

『僕、サッカーで優勝したよ。』です。

あのCMを見てあのセリフを耳にすると、『お盆だな~』とか『お彼岸だな~』と感じます。

ところが何と!

最近気づいたのですが、あの「藤野聖山園」のCMが変わってるじゃありませんか!

墓石の前で家族みんなが並び、子供がセリフを言うのは今までと変わらないのですが・・・

なんと、登場した小学生ぐらいの子供から発せらるセリフは!

Maxresdefault_20230916155401

『僕、バスケットで優勝したよ。』なんです!

これには僕は衝撃を受けました!

『えっーーーーバスケになってる!!!』

子供の頃から慣れしたんだCMが変わるって、ちょっと衝撃を受けちゃうものですね。

もう既にCMを見てお気づきになった方もいるかと思いますが、まだご覧になっていない方はぜひ注目してみてください。

ちなみに「藤野聖山園」は昨年で開園40周年を迎えたそうで、そういった節目にCMにも変化を加えたのかもしれませんね。

サッカー、バスケときたら、野球ファンとしてはぜひ次は野球で!と言いたいところですが、王子(息子)もアイスホッケーをしていますし、北海道という土地ですから、冬バージョンで『アイスホッケーで優勝したよ!」というのもアリではないでしょうか。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao)

(今日の珍地名)

大雄下根田谷地→秋田県横手市にある地名ですが、まずどこで切るかにもよりますが、下衆な僕は「だいゆうしもねたやち」と呼んでしまいました(笑)正しくは「たいゆうしたこんだやち」でした。「下根田」の部分は「しもねた」ではなくて「したこんだ」でした。

| | コメント (0)

2023年9月18日 (月)

「鬼塚英吉」復活!

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

数日前、ネットニュースの記事を見ていて、久しぶりに胸の高鳴りが抑えきれず、興奮と期待でワクワクが止まりませんでした!

あの「鬼塚英吉」が復活します!

藤沢とおる原作の漫画をドラマ化して、1998年に放送された『GTO』は元暴走族の高校教師・鬼塚英吉が破天荒な行動で生徒や学校の問題に真正面からぶつかっていくという学園ドラマで、その主演を務めたのが僕が崇拝する反町隆史です。

当時のドラマの視聴率は全話平均で28.5%、最高視聴率は35.7%を記録するという大人気ドラマでした。

その1年前に放送されたドラマ『ビーチボーイズ』と並び、僕の中では「バイブル」になっているこのドラマの復活に、僕の興奮は止まりせん!

劇場版『GTO』では北海道でロケが行われ、僕もエキストラとして参加したり、僕の地元でロケをした際には、すぐ目の前で憧れの反町隆史を見ることができ、今でも僕の一生の思い出として心に焼き付いています。

実はこの『GTO』は2012年と2014年にリメイク版としてドラマ放送されたのですが、この時に鬼塚英吉を演じたのはEXILEのAKIRAで、僕はいつか「反町隆史の鬼塚」が帰ってくることをずっと願っていました。

そして26年の時を経て、遂にその願いが届きました!

当時、24歳だった反町も今は49歳の2児の父親です。

髪の毛にも若干白いものも見えるようになってきたのですが、若い頃のあの茶髪にピアスの鬼塚とはまた違った鬼塚をどう演じるのか、今は楽しみでしかありません。

2023091500010003realsound0001view

今回の『GTO』は、来春にカンテレ・フジテレビ開局65周年特別ドラマ『GTOリバイバル』として放送されるようで、既に収録はスタートしているようですが、まだ放送は半年後なのですが期待感を抑えきれません。

時代は「平成」から「令和」になり、当時は放送できたであろうシーンも、色々なコンプライアンスなどでできない部分も出てきているのかもしれませんが、演出的には極力あの頃の鬼塚に近い鬼塚、僕の思い出にある鬼塚を壊さない鬼塚であって欲しいと勝手に思います。

81qfiyohvml_cr45006401136_sy960_cr005409

『お前ら、グレードだぜぇ!』

「グレイト・ティーチャー鬼塚」のあの名ゼリフを再び楽しみにしています。

そしてもう1つ、気になるのは他のキャストです。

生徒役はもちろん今の時代にあった若い俳優・女優さんたちが出演するのでしょうが、当時の生徒役だった面々。

912wkcjbgll_cr100012001200_sx1080_cr0010

今ではトップスターになった小栗旬をはじめ、窪塚洋介、池内博之、希良梨、山崎裕太、徳山秀典、中村愛美などの面々が登場するのかも楽しみの1つです。

ここは1つ、どんな登場の仕方でも良いので当時の生徒役のみんなが登場してくれることを祈っています。

他にも鬼塚の親友で警察官役だった藤木直人や、教頭役だった中尾彬などの登場もあると嬉しいです。

そして何より、当時は鬼塚の同僚である女性教師・冬月あずさ役として出演し、のちにプライベートでも妻となった松嶋菜々子もサプライズで共演なんてことにになってくれれば最高なのですが!

26年の時が経ち、様々な面で生活スタイルや環境などが変化したこの令和という時代。

「人と人が正面から接して信頼を築く」そんな当たり前のことが失われつつあるそんな時代だからこそ、今こそ鬼塚英吉のような教師の存在が必要な時なのかもしれません。

「いち教師」そして「いち人間」として、今、鬼塚英吉が生徒たちを救うために立ち上がります!

今から来春が待ち遠しくて仕方のない猫男爵でした。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の珍地名)

おもちゃのまち→栃木県南部の壬生町に実在する地名で、おもちゃのまち駅というのも実在します。何ともメルヘンで素敵な町です。

| | コメント (0)

2023年9月16日 (土)

新しい家族が増えました。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

9月も半ばに差し掛かり、すっかり秋らしくなっきましたと言いたいところですが、まだまだ夏日を超える暑さがここ数日は続きそうです。

残暑とまではいいませんが、おそらく今年最後の暑さだと思いますので、この3連休は暑さを楽しむ方法で過ごしてみたいと思っている猫男爵です。

さて、そんな中ではありますが、実は我が家に新しい家族が増えました!

といっても、子供が増えたわけではありません(笑)

先日僕の地元では秋祭りが開催され、コロナ以前のように4年ぶりに街に賑わいが戻りました。

「御神輿」や「子供相撲」や「餅蒔き」などのイベントも行われ、食べ物などの出店も数多く並び、以前のような秋祭りの光景が帰ってきました。

子供達も食べ物や飲み物を口にしながら、スマートボールやくじ引きなどでたくさん楽しんでいました。

そんな中、お祭りといえば「金魚すくい」です。

特に王子は興味津々で何度も「金魚すくい」にチャレンジしていました。

そしてその結果、なんと10匹の金魚をGET!

Picsart_230915_120001388

我が家に来た新しい家族とは、金魚のことです(笑)

正直、魚を飼育するのは、あの伝説の2008年のMVDクリパーでのプレゼント交換で、僕がGETした「メダカ」(Rえが用意したプレゼント)以来実に15年ぶりのことです!

今思い出しても本当に驚いたあのプレゼント交換。

MVDクリパー史上、最初で最後の生き物のプレゼントでした(笑)

3匹のメダカに僕は「大吉」「ジョニー」「みなみ」という名前をつけて育てていましたが、わずか10日間で3匹ともこの世を去るという結末になりました・・・

しかし、僕にとっては忘れることのできない10日間のメダカたちとの思い出です。

それ以来、魚を飼う機会は無かったわけですが、今回金魚たちが我が家に来てくれました。

とりあえず、何の準備もできていなかったので、クワガタ用に使っていた飼育ケースを利用し、すぐにエアポンプと餌を購入して、現在金魚たちを飼育しています。

みんな元気にスイスイと仲良く泳いでいます。

子供達は金魚たちに名前を付けていたようですが、10匹もいるのでそのうちにどれがどれだかわからなくなってしまい、とりあえず今は「金魚たち」と呼んでいます(笑)

15年前のメダカたちのように、すぐに天国にはいかないように、少しでも長生きしてもらえるように大切に飼育していこうと思っています。

まだクワガタが75匹、カブトムシも8匹、飼育しているので、僕の仕事はさらに増えはしましたが、これも子供達のためだと思い頑張ります。

追伸、久しぶりに15年前のメダカがいた当時のブログ見たら懐かしかったですし、面白かったです。もしも、お暇があれば2008年11月24日、11月27日、12月2日、12月4日あたりのブログをご覧になってください。特にMVD関係者の方(笑)

実に懐かしくて、良い時代ですよ(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao)

(今日の珍地名)

引越(ひっこし)→千葉県山武市松尾町というところに「引越」(ひっこし)という地名があります。ここに引っ越す場合は、引越に引越すということになりますね(笑)

| | コメント (2)

2023年9月 8日 (金)

水牛くん、サヨナラ・・・

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

9月に入り、朝晩の涼しさを感じるようになり、季節は夏から秋に移り変わるんだなということを肌で感じている今日この頃です。

そしてこのシーズンは台風到来のシーズンです。

僕もこの9月の台風には何度となく痛い目にあっていますが、今日はその話は語りだすと長くなるので割愛しますが、今日も台風13号が関東地方を直撃し、このまま東北そして我が北海道へと北上してきそうです。

皆さんも、くれぐれも台風情報に耳を傾けながら、十分に気を付けてくださいね。

さて、そんな秋の始まりを感じる中ではありますが、我が家に300匹以上いたクワガタ&カブトムシは、暑い夏を過ごしたのち徐々に息絶えていくものが多くなり、現在はクワガタが107匹とカブトムシが12匹の合計119匹にまで減りました。

今年の夏は例年以上に多くのクワガタたちを採集でき、多くの出会いと多くの別れもありました。

王子にとっても僕にとっても今まで以上に思い出深い、昆虫たちとの夏になりました。

残念ながら、『カブトムシのオスを捕まえる』という王子の夢は叶いませんでしたが、来年こそその夢を叶えてあげたいです。

そんな今年の夏、300匹以上のクワガタ&カブトムシの中で一番印象に残ったのが、やはり『水牛(スイギュウ)』です。

クワガタにあまり詳しくない方には、『えっ?クワガタなのに牛?』と思う方もいるかと思いますが、「水牛」というのは「ノコギリクワガタ」のオスの中でも角が大きく鋭いクワガタで、その角が牛の水牛の角に似ていることからそう呼ばれています。

僕が子供の頃も、この水牛を捕まえることは1つのステータスになっていたといっても過言ではありません。

Picsart_230906_132857483

今年の夏、王子と見つけた水牛は2匹いました。

Picsart_230906_132845956

1匹はそんなに長く生きれませんでしたが、大きい方の水牛は6月下旬に見つけたのですが、ずっと長生きしていました。

Picsart_230906_132908528

ところが先月の31日に、遂にこの世を去ってしまいました・・・

僕も子供時代に経験しましたが、王子も僕と同じように水牛が死んだ日はショックで少し落ち込んでいました・・・

それでも王子は大好きだった水牛が動かくなった姿を見ながら、『今までありがとうね、天国で元気でね』と優しく声をかけていたのが印象的でした。

僕が子供の頃に出会った水牛に、「長州ノコ」という水牛と「九州力」という水牛がいました。

僕が命名したのですが、どちらの水牛も僕の心に今もしっかりと思い出として焼き付いていますし、あの頃のことを思い出すと懐かしく感じます。

今年の夏に王子と見つけた水牛にも名前をつければ良かったな・・・と今になり思いましたが、名前がなくてもあの水牛くんのことは王子の胸にしっかりと焼き付いていることでしょう。

水牛くん、サヨナラ・・・

そして、ありがとう。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の珍地名)

牛の舌→水牛の話だったので牛つながりで、福島県双葉町浪江町に「牛の舌」という珍地名があります。

| | コメント (0)

2023年9月 4日 (月)

季節外れの・・・

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

9月に入り、暑さも少し落ち着きを見せ、朝晩の空気は秋を感じれるようになった今日この頃です。

とはいっても、まだまだ天気予報では30℃超えの真夏日の日もあるみたいですので、油断せずに引き続き熱中症対策に心がけましょう。

そしてこれからの季節は台風の影響も非常に怖い季節ですので、台風に対する備えにも気を配ると良いかもしれませんね。

さて、そんな中、先日我が家の庭先をふと見ると、黄色のものが目に入ってきました。

真っ先にそれを見つけたのは王子で、『あれ、たんぽぽじゃない?』と言うのです。

『まさか、たんぽぽじゃないよ』と思って2人で見に行くと、なんとやっぱり「たんぽぽ」でした!

Picsart_230904_163406402

9月のこの時期に「たんぽぽ」が咲くなんて、聞いたことも見たこともないですし、まさに季節外れの開花です。

どこかで先日、サクラの花が咲いたというニュースも目にしましたし、この日本列島を襲っている異常な暑さに植物たちもパニックを起こしているのかもしれませんね。

ちなみにその「たんぽぽ」、綿毛にもならずにしぼんでしまいました。

一瞬の光景でしたが、季節はずれの「たんぽぽ」を王子と二人で見れたことも1つの思い出です。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao)

(今日の珍地名)

ロコツ→これは我が北海道の長万部町にあるバス停の名前です。正式には地名ではないのですが、名前の由来は近くを流れるルコツ川から来ているそうです。『次はロコツ、ロコツ』とバスのアナウンスが流れるんでしょうね、バスに乗っていたら思わず笑ってしまいそうです。

| | コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »