« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月30日 (金)

移り変わり。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

今日で6月も終わり、明日からは7月です。

2023年も上半期から下半期にちょうど移り変わります。

「移り変わる」といえば・・・

我が家の王子は8月で7歳になるのですが、最近また好きなモノが変わりました。

そこで、王子がこれまでにハマった好きなキャラクターの移り変わりについて簡単に振り返ってみたいと思います。

1586498043146

まずは一番最初に、幼少期3~4歳の頃にハマったのが、『きかんしゃトーマス』の中に登場するキャラクターの「ゴードン」です。

トマースと同じく青い車体が特徴で、車体番号は4番です。

男の子であればだいたいの子が最初好きになるのが、「トーマス」関連のキャラクターですよね。

923a

そして次に4歳~5歳ぐらいでドハマりしていたのが、見ると幸せになれるという伝説の列車「ドクターイエロー」です。

このブログでも何度かお話したと思いますが、まあ寝ても覚めても「ドクターイエロー」の絵を王子は描きまくっていました。

このあたりから黄色に対する執着心が半端なくなってきました。

6860123d3a14a4918b4e947f54388c90

そして、次に5歳~6歳ぐらい、といってもつい最近のことですが、つい最近までハマっていたのが『ポケモン』の中に登場するキャラクターの「リザードン」です。

まあこれもとにかく絵を描きまくっていて、その枚数は何百枚を数えるんじゃないでしょうか・・・

そしてその絵のクオリティーが高い!

自分の息子だからとかではなく、本当にひいき目抜きに上手でした。

そして、そのリザードンブームの次に今現在到来しているのが・・・

これです!

61flaj6vfl_ac_uf8941000_ql80_

「ハギーワギー」です。

皆さんご存知ですか?

実は僕は最初全くこのキャラクターのことを知らなかったので、王子に色々と教えてもらいました。

この「ハギーワギー」は海外のホラーゲームのキャラクターで、見た目通り、ちょっと怖い人食いモンスターらしいです。

ゲームじたいはちょっと残虐なシーンもあるようなので、小さい子供にはあまりさせたくないゲームのようですが、我が家は王子がただこのキャラクターを気に入って絵に描いているだけなので大丈夫でしょう。

ちなみに早速、このキャラクターのTシャツを入手して王子は喜んできています。

Picsart_230630_180832029

さらに、王子は家の庭にあった石にハギーワギーを描きました。

ハマると、とにかくそればかりに夢中になる王子、果たして次に夢中になるのはいったい何なのかな?

今日は王子の好きなモノの移り変わりの歴史をご紹介しました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の珍地名)はお休みします。

| | コメント (0)

2023年6月29日 (木)

超ハイペース!

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

早いもので6月も明日で終わり、明後日からは7月になります。

ここ数日は30℃に迫る暑い日が続き、さらに今日は雨も降り非常に湿度の高いジメジメとした一日となりました。

そんな中、今年は早くも我が家ではクワガタ採集が10日ぐらい前からスタートしています。

昨年は本格的に採り始めたのが7月中盤ぐらいからだったと記憶していますが、今年は暑くなるのが早かったのか、クワガタが結構出没しています。

連日、陽が落ちて街灯が付き始めると、娘と王子とそして今年は虫嫌いの妻も時には一緒に参加してクワガタ採集をしに、近所の街灯廻りを歩いています。時間にして1時間弱歩き続けるので、実は良い運動にもなるのです。

そんなクワガタ採集をスタートしてみて、驚くのはその見つけたクワガタの数です。

今年はクワガタ、多し!!

ここまでの捕まえた経過報告をしますと・・・

6月17日 5匹(雄3匹、雌2匹)

6月20日 1匹(雄1匹)

6月22日 15匹(雄6匹、雌9匹)

6月23日 4匹(雄2匹、雌2匹)

6月25日 6匹(雄2匹、雌4匹)

6月26日 17匹(雄12匹、雌5匹)

6月27日 23匹(雄13匹、雌10匹)

6月28日 21匹(雄6匹、雌15匹)

※そのうち昨日までに死亡=7匹

総合計=85匹となっています。

特にこの2~3日は量産体制!

まだ6月だというのに、既に我が家には何と85匹のクワガタがいます!

これは昨年のペースをはるかに上回る超ハイペースです!

昨年は最高時でカブトムシ23匹、クワガタ99匹の計122匹でしたから、クワガタだけを考えれば、あと14匹で昨年の数字に並ぶということになります。

あまりにも多すぎるので、今年は種類別に部屋割りしています。

Picsart_230629_125450078

Picsart_230629_125540462

まずはミヤマクワガタの雄と雌をAチーム(やや攻撃的なチーム)、Bチーム(おとなしめなチーム)、さらにはヤンキー軍団(狂暴なチーム)の3つに分別しています。

Picsart_230629_125525455

ノコギリクワガタの雄と雌、そしてバルタンを1つのチームにした「ノコギリ族」という部屋割りも作りました。

これだけいると、もはやカオス・・・という人もいるでしょうね(笑)

その他にも、ヒラタクワガタやコクワガタなどの小さめな種類を一緒にした「おとなしい軍団」の部屋もあります。

そんな数多い今年見つけたクワガタの中で僕がイチオシなのが、このクワガタです!

Picsart_230629_125517914

じゃん!デカい!

久しぶりにデカいノコギリの雄を見つけました。

これは僕が子供の頃には「水牛」と呼んでいた、ノコギリの仲間の中でも希少な大きなノコギリクワガタです。

子供の頃は「水牛」を見つけることが1つのステータスみたいになっていて、見つけた時はお互いに友達みんなに見せ合いっこをして自慢していたことを思い出しました。

8月で49歳になる僕ですが、この「水牛」を見つけた時は、娘や王子を差し置いて一番大きな声で興奮してしまいました(笑)

もちろん他のクワガタたちにも長生きして欲しいですが、この「水牛」だけは少しでも長く生きて欲しいと思いますし、できれば2世の誕生も期待したいところです。

このように、今我が家はクワガタの大家族とともに始まったばかりの夏の楽しい時間を過ごしています。

これからもう少しすると、ここにさらにカブトムシたちも加わってくるかもしれません。

それも今から楽しみです。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の珍地名)

クール→沖縄県糸満市にある地名で、糸満の港町である小大渡(クーウドゥ)が転訛してクールとなったと言われています。暑い沖縄にあるクールというところも面白いですね。

| | コメント (0)

2023年6月21日 (水)

夏の楽しみがやってきた!

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

6月も中盤から後半に差し掛かり、ようやく初夏らしい暑い日がやってきました。

そしてそんな暑さにつられ、先日、試しに今シーズン初の昆虫採集に子供達と行ってきました。

昆虫採集といっても、夜に街灯に集まってくるクワガタやカブトムシを見つけにいく採集です。

このブログ上でも昨年、度々お話させていただきましたが、昨年は僕の人生史上最強にカブトムシが見つかり、クワガタと合わせると計122匹を同時に飼育しました。

そんなこともあり、今年は子供達、特に王子が一日でも早くクワガタやカブトムシを探しに行きたくてウズウズしていました。

そして先週の土曜日、今年一番の暑さになったこともあり、今シーズン初の昆虫採集に夜の8時頃から出かけ、近所の街灯を見て回りました。

すると、歩き出して1分程で早速娘が一匹目のクワガタを発見!

しかもノコギリのオス!

一気に子供達もそして僕もテンションが上がりました。

この日は、虫が苦手の妻も同行し、こんなにすぐに見つかることに驚いていました。

その後も、王子がコクワガタのオスを発見し、昨年物干し竿を使い捕獲した空家の壁でまたしてもノコギリのオスを発見し、今回は虫取り網の届く範囲だったので虫取り網で捕獲しました。

結局この日は、オス3匹とメス2匹の計5匹のクワガタをGETしました。

Picsart_230621_141431931

早速、飼育用のカゴにオガクズを敷き詰め、添え木と餌の昆虫ゼリーを用意し、飼育生活がスタートです。

Picsart_230621_141422421

王子も娘も初日から見つけることができて大興奮でした。

まだ6月なので、本格的に採集できるのは7月半ばから8月後半ぐらいだとは思いますが、昨年の数字を越えることができるか非常に楽しみです。

Picsart_230621_141450238

翌日には、早速交尾をするオスとメスもいたので、今年こそは二世誕生も見てみたいような気もします。

いずれにしても、クワガタの姿を目の当たりにすると、夏の楽しみがやってきたと痛感する猫男爵でした。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の珍地名)

あやまる岬→鹿児島県奄美大島の最北端に位置し太平洋に突き出している岬で、こんもり丸い地形が「綾」に織りなす「まり」に似ていることから名前が付いたとされています。ここを訪れて何かを謝って懺悔する岬ではないんですね(笑)

| | コメント (0)

2023年6月13日 (火)

悲願成就。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

6月も半ばに差し掛かりましたが、なかなか天候がすぐれない日が続いています。

ただ、今週末あたりは気温が上がり、初夏らしい暑さになりそうなので期待をしています。

そんな6月は、子供達にとっては運動会シーズンです。

我が家の子供達も、先日小学校で運動会が開催されました。

娘にとっては5回目の運動会、王子にとっては初めての小学校の運動会でした。

今年は4年ぶりに制限の無い中での運動会で、祖父母も待ちに待った孫の姿を見れて本当に良かったです。

運動会も昔とは様変わりし、午前中で全競技が終了し、以前だと恒例だったお弁当持参の昼食は無くなりました。

運動会の風物詩だった光景がなくなったのは寂しい気持ちもしますが、仕事が共働きで忙しい親にとってはそれはそれで楽になるので良いことかもしれません。

運動会当日は暑くもなく寒くもなく、子供達にとっては非常に動きやすい天候でした。

様々な競技に娘と王子が出場するなか、やはり親としては楽しみなのが徒競走です。

特に娘は過去2年間、学年で一番足の速い男子に惜敗しているだけに、今年にかける意気込みは半端ないものがありました。

期待と緊張の中、娘の徒競走の順番がやってきました。

いつもであれば、スタートからライバルの男の子が少しリードをするのですが、今年はスタートダッシュが決まり娘がリードし、そして中盤から後半もそのリードを保ちながら激走します。

我が家の応援団はゴール前に陣取っていたので、ゴール前で『頑張れーー〇〇!』と娘の名前を連呼しました。

Picsart_230608_124745199

そしてリードを保ったまま、そのまま娘が1位でゴールテープを切りました!

遂に、悲願成就!

3度目の正直で、ようやく学年1位の座を掴みました。

陸上競技をしている娘にとっては、自分の学校では他の子には負けるわけにはいかないというプライドもあったでしょうし、運動会の徒競走でその男子に勝つことを目標としていたので、本当に嬉しそうでした。

ゴールをした後は、僕も妻も思わず熱いものが溢れてきました。

運動会の後に娘には何度も『おめでとう、良かったね!』と言葉をかけましたが、改めて娘には『おめでとう!』と伝えたいです。

そして小学校に入り初めての運動会で徒競走に挑んだ王子、こちらの走りにも注目していたのですが・・・

Picsart_230608_124736717

何と、こちらも1位!

思い返せば、娘も小学校の運動会デビュー戦で見事に1位でゴールテープを切りました

王子も見事なデビュー戦を飾ったので、この調子で姉に負けず、学年1位になれるように頑張って欲しいと思います。

来年は、娘にとっては小学校最後の運動会、学年トップだった男の子もきっと雪辱に燃えてくれるでしょうから、それに負けない気持ちと走力をさらに身につけなくてはなりません。

王子も2回目の運動会をまた1位になれるように頑張って欲しいです。

今から来年の運動会が楽しみな猫男爵です。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の珍地名)

釈迦→茨城県古河市にある地名です。なんか御利益のありそうな街です。

| | コメント (0)

2023年6月 6日 (火)

ティラミス、ランバダ、貴花田♪

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

更新が10日程滞ってしまいました、申し訳ございません。

6月に入り、暑い日が続くのかと思いきや、寒い日があったり雨が降ったりとなかなか天候が安定しない日が続いています。

寒暖差もありますので、皆さんも体調管理にはくれぐれもご注意ください。

さて、今日はちょっとした「時代の言葉遊び」です。

皆さんは『巨人、大鵬、卵焼き』という言葉をご存知ですか?

おそらく僕ら世代の40代以上の方であればよくご存じの言葉です。

逆に30代以下の若い世代の方にとっては、『何のこと??』といった感じだと思います。

これは1960年代、昭和でいうと40年代のいわゆる高度成長期時代の象徴として生まれた言葉で、生みの親は作家でのちに経済企画庁長官を務めた堺屋太一氏です。

当時は強さの象徴として、プロ野球でV9全盛の「巨人」、そして相撲界では昭和の大横綱「大鵬」の強さが抜きに出ていました。

それに、高度成長により様々な物価が上昇する中、安定した価格で庶民の味方だった鶏卵を使った料理として「卵焼き」が加わり、『巨人、大鵬、卵焼き』という言葉がその時代の象徴として誕生したようです。

実は1970年代後半には、これに類似するものとして『江川、ピーマン、北の湖』という言葉もあったそうです。

いわゆる「嫌われ者」の象徴とされたようですが、これは前者に比べるとあまり世間ウケはしなかったようです。

もしかするとこの話、いつかわかりませんが、10年ぐらい前にこのブログ内で話したかもしれません(笑)

今、文章を打っていて、なんとなくそんな気がしました。

なんせ、3000回以上の記事があるもので(笑)

もしかして重複していたら、アイムソーリーです。

そして、時代は昭和から平成に入り生まれた言葉が、皆さんご存知のこれです!

『ティラミス、ランバダ、貴花田』です♪

あれ、皆さんご存知ないですか?

何を隠そう、この言葉の生みの親は僕猫男爵なんですけどね。

まあ、これは僕の親しい人たち界隈で流行っていただけなので、無論世間一般的には知るはずもないですが(笑)

30_e3818ae381a8e38186e381b5e38386e382a3e

711kg8yvqil_ac_sy355_

A1w7lsrjxpl377x507

ちょうどバブル時代、僕が高校3年生ぐらいに流行った「ティラミス」と「ランバダ」そして、当時相撲界のニューヒーローだった貴花田(のちの貴乃花)を見事に合わせた、僕の中では最高傑作です!

あれから30年、時代は令和になりましたが、では現代におきかえるといったいどんな言葉になるのか?

何となく、お相撲さんは入れておいたほうがいいのですが、これといったスターがいない・・・

野球界ではスーパースターを選ぶなら、日本にはいませんが、やっぱり大谷翔平以外ないでしょう!

食べ物は?

みんなが好なく食するもの??何だ??

色々考えましたが食べ物はあまり思い浮かべません・・・

そんな中で、完璧とまではいきませんが、あえて時代の象徴の言葉を言うのであれば・・・

「マリトッツオ、大谷、ユーチューブ」といった感じでしょうか。

やはり、今の現状では選べるお相撲さんはいませんし、食べ物も凄くこれっていうのは無いのですが、何となく僕の中で選ぶなら「マリトッツオ」でした。

「コロナ、大谷、ユーチューブ」というのもあったのですが、何となく感染症を時代の象徴にするのも抵抗がありまして・・・

まあ1つ言えるのは、「ユーチューブ」は時代の象徴なので外せないのかなあと思います。

皆さんには、ご自分の中で令和の象徴となる言葉はありますか?

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の珍地名)はお休みします。

| | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »