« 足のスペシャリスト。 | トップページ | サブマリンと呼ばれた男たち。 »

2023年3月 7日 (火)

器用な面々~左右両打~

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

いや~昨日のWBC日本代表の試合、大谷翔平の圧巻の2本の本塁打には本当に驚かされました。さすがはメジャーで本塁打王を争う技術ですね。

そしてヌードバーと吉田正尚も見事に活躍し、3人のメジャーリーガーが加わったことで、これまで不安視されてた打線もこれでひと安心といったところです。

WBCの開幕も2日後に迫り、いよいよ開幕モードに突入です!

そんな今日は先日からスタートした「WBC開幕記念特別編」の第2弾をお送りします。

第1弾では「足のスペシャリト」ということで「足」にスポットをあてて、過去のプロ野球で活躍した選手をご紹介しましたが、今日の第2弾でスポットにあてるのは、「左右両打」通称「スイッチヒッター」です。

Rectangle_large_type_2_176e251119de56169

人間には必ず「利き手」や「利き足」というものがあり、生活する上では必ずその「利き手」や「利き足」が重要になります。

そしてそれはスポーツにおいてもそうであり、必ず「利き手」や「利き足」というものが存在します。

ただ、中にはどちらもバランス良く使えるという器用な人もいます。

あのダルビッシュ有はもともとは右利きですが、以前から練習で左でボールを投げたりしてキャッチボールしたりしています。

体の体幹やバランスのことを考えると、左右均等に筋力を使うことは非常に大切な事です。

そこで今日はプロ野球の中で「左右両打」ができる器用な面々をご紹介していきたいと思います。

僕が子供の頃は「スイッチヒッター」のプロ野球選手はたくさんいて、各球団に1人ぐらいはいたようなイメージがあります。

しかし、昨今の野球では「スイッチヒッター」が激減し、現役のプロ野球選手ですぐ浮かぶ選手といえば、西武の金子侑司、巨人の若林晃弘、楽天の田中和基ぐらいしか思い浮かびません・・・

野球のスタイルが20~30年前とは変わったということもあるのかもしれませんが、僕が思う1つの要因にはイチローというスーパースターの登場で右投げ左打ちの子供達が一気に増えたことも1つの要因ではないかと推測しています。

基本、子供と言うのは憧れの選手の真似をすることから始まりますからね。

というわけで、今日は僕が思い出に残っている過去のプロ野球選手の中から「スイッチヒッター」の器用な面々をご紹介したいと思います。

まず、僕が幼少の中で一番凄かったと思う「スイッチヒッター」の選手、それは松永浩美です。

1980年代に阪急で活躍した彼は、左右どちらでも広角に打ち分けるシュアなバッティングで打率も出塁率も高い中距離打者で、また守備力や走力もあったので、パリーグのスター選手としてプロ野球を盛り上げてくれた存在でした。

さらに、同じ年代の「スイッチヒッター」といえば、広島の高橋慶彦、山崎隆造、正田耕三、この3選手はいずれも足も速く、なおかつ打率も良いので、この「スイッチヒッタートリオ」が並ぶ広島の1番から3番は非常に相手チームにすると脅威でした。

この時代には大洋の屋敷要、巨人の松本匡史、ロッテの西村徳文、中日の平野謙など数多くの「スイッチヒッター」がいまいしたが、彼らに共通するのは足が速く小技も使えるということで、当時は「スイッチヒッター=足が速い」というイメージがありました。

そんな中、巨人にいた助っ人外国人のレジー・スミス、彼は長打力も持ち合わせた元メジャーリーガーで巨人の優勝に大きく貢献してくれました。

そして1990年代初期に来日し西武黄金期を支えた助っ人外国人のデストラーデ、僕の中では彼は外国人選手の中では「史上最強のスイッチヒッター」です。

外国人選手でいえば、日本ハムのセギノールや大洋のレイノルズも良いスイッチヒッターでしたが、デストラーデにはやっぱり敵わないです。

そして、1990年代後半~2000年代に入り、日本人選手の中でも素晴らしいスイッチヒッターが登場しました。

それが西武の松井稼頭央です!

西岡剛(ロッテ)も凄く良い選手でしたが、やはり総合的には松井稼頭央は頭1つ抜けた「スイッチヒッター」だったと思います。

走攻守と三拍子揃った松井稼頭央は、日本プロ野球の歴史の中で、唯一「スイッチヒッターでトリプルスリー」を達成した選手です。

今までの僕の見解を総合的に判断いたしまして、僕の中での歴代最強スイッチヒッターの順位をつけますと、

第5位 西岡剛

第4位 レジー・スミス

第3位 松永浩美

第2位 デストラーデ

そして第1位は!

Sp_2007_g041top

松井稼頭央です!

やはり、単打のみならず長打力も兼ね揃えたあの打撃、さらには抜群のスピードもあり内安打も量産できるあたりも「史上最高のスイッチヒッター」だと思います。

ちなみに彼はもともとは高校時代(PL学園)は投手であり打席も右打席で、プロに入ってからスイッチヒッターに転向したので、その適応力からみても非常に器用さをもった選手であることもわかります。

僕的には「スイッチヒッター」という存在は、野球の中では非常に重要なポイントであると思っているので、今回のWBCメンバーにスイッチヒッターがいないこと、というか、選ばれるようなスイッチヒッターが現代の野球界にいないこと、もっといえばスイッチヒッターの選手じたいの絶対数が少ないことに非常に寂しさを感じます。

もしもこれから野球を始めようとするお子さんがいるのであれば、ぜひ「スイッチヒッター」に挑戦させてみてはいかがでしょうか。

野球界では非常に貴重な存在ですので。

ちなみに、僕も幼い頃から野球をしていまして、もともとは右打ちだったのですが、中学の野球部の時に1年生の秋からスイッチヒッターにチャレンジしてみました。結果は数ヶ月で断念することになりましたが、その時にスイッチヒッターというものの難しさは身をもって痛感しました。

やはり人間には左右の癖というものがあり、それを無くすには幼い頃からの体幹が非常に重要だと思います。そのへんを踏まえて、お子さんのいる方にはまず体幹を鍛えることをお勧めします。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の珍地名)

トロントロン→日本の宮崎県児湯郡川南町というところにある地名です。その地名の由来は諸説ありますが、湧き水からの水の音が「トロントロン」と聞こえるので名前がついたという説もあります。

|

« 足のスペシャリスト。 | トップページ | サブマリンと呼ばれた男たち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足のスペシャリスト。 | トップページ | サブマリンと呼ばれた男たち。 »