« 雀卓の屁放師(へほうし) | トップページ | クオリティー。 »

2022年12月11日 (日)

サンデー兆治。

こんにちにゃ~北の猫男爵です。

ちょうど1ヶ月前の令和4年11月11日の朝、スマホにニュース速報が表示されました。

そこには「元プロ野球選手の村田兆治さん宅で火災、村田さんの死亡が確認された」という衝撃的なニュースでした。

その1ヶ月半ほど前の9月23日、羽田空港で女性保安検査員への暴行容疑で村田兆治さんが逮捕されたというニュースもあまりにも衝撃的でしたが、この立て続けに届いた悪い知らせに、僕は本当に驚きを隠せませんでした・・・

村田兆治さんという人物は、野球にそんなに詳しくない方にとってはただの70歳を超えた高齢者にしか見えないのかもしれませんが、野球を知っている人にしてみれば、偉大な選手であり、その選手がこの数ヶ月の間に、逮捕、そして死去というのは、信じられない出来事です。

火災の原因もいまだに不明で、ネットでは、認知症だったとか、精神的にうつ状態だったとか、それがもとで自分で放火したことによる自殺だったなどと書き込まれていることも目にします。

実際、真実は村田さん以外誰も知ることができないのかもしれませんが、いずれにしても野球少年だった僕にとっては凄く寂しく悲しい村田さんの最期です・・・

村田さんのことを知る人たちがみんな口をそろえて言うのは、「曲がったことが大嫌いな実直な性格」だということです。

良く言えば「一本気で裏がない」、悪く言えば「頑固で融通が利かない」。

その取り方によって、人の見方は様々かもしれません。

それは人の性格のことなので、僕はとやかく言いたくはありませんが、引退後も鍛錬を欠かさず、60歳を超えても130kmを超える速球を投げていた村田さんの姿をニュースなどで度々見ていると、この人は本当に根っからのアスリートであり野球人なんだなあと思いました。

とにかく、歳を重ねて衰ていく自分がきっと嫌だったのでしょうし、歳のせいにして自分に負けるのが嫌だったのだったと思います。

どんなことにも全力投球、絶対に手を抜かない、それはそれで立派な信条だと思います。

彼が引退後に力を入れていた「離島甲子園」という活動。

これは全国各地の離島を巡り、離島の子供達に野球を教えて振興活動を行うという素晴らしいものです。

村田さんが亡くなる前に行われた今年のドラフト会議では、村田さんが直接指導した、鹿児島県の奄美大島出身の大野稼頭央投手が、福岡ソフトバンクから4位指名を受け、先日入団会見が行われました。

会見の席で大野選手は「全試合先発完投」という目標を色紙に書いてみせました。

これは、亡くなった村田さんの座右の銘「人生先発完投」という言葉を受け継いだ証です。

大野選手が中学生だった当時、村田さんから『とにかく自信をもってマウンドに上がりなさい』と言葉をかけられたそうです。

そんな村田さんの言葉を今もリスペクトして、『これからも頑張る』と彼は言っていました。

きっと村田さんの思いは、彼がプロのマウンドで継承してくれるはずです。

今日はちょうど日曜日です。

Mig2219x300

僕が小学生の頃、村田さんは日曜日になると必ず先発し、そして勝ち続けました。(日曜日に限って7連勝で、開幕から11連勝という記録を残す)

当時「サンデー兆治」と呼ばれ、僕たち子供達は毎週日曜日が楽しみでワクワクしていました。

実は村田さんは肘に故障をかかえ、今では当たり前となりましたが、当時は肘にメスを入れるのは投手生命の終わりだと思われていた手術(トミー・ジョン手術)を受けたのです。

その後、2年間をリハビリに費やし、そして奇跡の復活を遂げ、「投手でも肘にメスを入れても復活できる」ということを証明してくれたのです。

その結果、肘への負担を少しでも軽減するために中6日の登板間隔を空けたために、毎週日曜日に登板する「サンデー兆治」が誕生したのです。

こうして考えると、村田さんが勇気を持って先駆者となり手術にチャレンジした功績は大きなものがあり、今のプロ野球の発展にも大きく貢献したと言っても僕は間違いではないと思っています。

プロ通算215勝の「マサカリ投法」と呼ばれた豪快なフォームはもう見ることができませんが、その記憶は僕や野球を愛する人の心にいつまでもしっかりと焼き付いていることでしょう。

どうか、安らかに天国で暮らしてください。

きっと今頃は、カネやん(金田正一さん)や、ノムさん(野村克也さん)と野球の話で盛り上がっているのではないでしょうか。

野球少年だった僕からは『ありがとう、サンデー兆治!』と心から御礼を言いたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の名曲しりとり)

『人魚』→『夜明けのMEW』(小泉今日子)

キョンキョン大好きの僕にとっては、キョンキョンの曲の中でもかなり上位にランキングされる大好きな曲です。めっちゃ可愛かったな~

|

« 雀卓の屁放師(へほうし) | トップページ | クオリティー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雀卓の屁放師(へほうし) | トップページ | クオリティー。 »