« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月31日 (日)

今年も恒例のアレ。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

今日で1月も終わり、明日からは2月のスタートです。

そして今日は1月31日、語呂合わせで1(あい)31(さい)=愛妻の日です。

ということで、今年も僕は妻に感謝の気持ちをこめて、花束を贈ることにしました。

結婚して今年で11回目となり、我が家ではすっかり定着しているこの愛妻の日ですが、まだ世間ではなかなか浸透していないようです。

どうして、バレンタインデーやホワイトデーのように愛妻の日が浸透しないのか、不思議でなりません。

それは花屋さんでも感じましたが、数年前に花を買いに行くと『もしかして、愛妻の日の贈り物ですか?』と尋ねてくる店員さんがいたのですが、ここ数年は一回も愛妻の日について、店員さんに触れられた記憶がございません。

それだけ世間一般では浸透していないということです。

今年はちょうど日曜日でしたので、娘も一緒に花屋さんに付き合ってくれました。

娘は花束が出来上がっていく工程をずっと観察していて、楽しそうでした。

花束を準備して、自宅に帰り、いよいよ妻に渡す瞬間がきました。

妻が驚くこの瞬間が何ともたまりません。1年に1度やってくるこの瞬間が至福の時間です。

僕が黙って花束を渡すと、妻は『あれ?あれ?』と何かを感じたようでしたが、次の瞬間に出てきた言葉は!

『あっ!もしかして、奥さんの日だ!いや違う、良い奥さんの日だ!』

それは昨年と同じ答えやないか〜い(笑)と思わずツッコんでしまいました。

残念ながら、今年も不正解。これで11年連続の不正解。

いつか正解する日が果たしてやって来るのでしょうか?(笑)

そんなこんなで今年も楽しい楽しい愛妻の日となりました。

Img_20210131_185707

花束を見て、『うわっ〜キレイ!』と喜んでくれる妻の顔を見れて、とても幸せな一日でした。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の誕生日3人衆)

①ノーラン・ライアン【メジャーリーグを代表する名投手の1人】(74歳)

②真矢みき【知れずとしれた元宝塚出身の女優さん】(57歳)

③片山晋呉【世界に通用する日本男子界の重鎮です】(48歳)

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

1つ1つに思いを込めて。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

今日は1月30日、僕にとってのメモリアルデーです。

毎年、この日のブログはこのお話をしているので皆さんもお分かりだと思いますが、1月30日はこの「北の猫男爵HYPER日記」が誕生した記念すべき日です。

2007年1月30日、それが記念すべき第1回目のブログでした。

今日であれからちょうど丸14年が経ちました。

ここまで積み重ねたブログの記事の数は「3384」です。

この14年間の間には幾多の出来事がありました。

妻と結婚し、子供が2人生まれ、家を建てました。

父が他界し、長年乗り続けた愛車ともお別れしました。

尿管結石の苦痛を体験し、扁桃腺除去手術もしました。

東日本大震災、ブラックアウトという大きな災害があり、そして今はコロナと闘っています。

楽しい事、嬉しい事、悲しい事、苦しい事、まさに僕の14年間の「喜怒哀楽」が全てつまっているのがこのブログです。

たまに自分でも昔の記事を見返すことがあるのですが、「あの時はこんなことがあったんだ~」「あの時はこんなことを考えていたんだ~」と、懐かしさを感じながら見ています。

「継続は力なり」僕の座右の銘です。

これからもこの言葉通り、この「HYPER日記」の記事1つ1つに思い込めて更新していきますので、何卒今後も宜しくお願い致します。

こうやって14年間も継続できているのは、見続けていてくださる皆様の応援があるからこそだと思っています。本当に心から感謝いたします。

13480348e8a898e5bfb5e697a5e38284e8aa95e7

今日から15シーズンがスタートします。

今後も時間がある限り更新し続けますので、どうぞ宜しくお願い致します。

Fengshuiluckynumber_02

「15」といえば、スポーツ好きの僕には何となくスポーツと繋がりの多い数字に思います。

例えば、ラグビーは15人で行いますし、テニスの最初のポイントは「15」、ボクシングは昔15ラウンド制でしたし、現在の高校野球は延長15回まで、大相撲は1場所15日制、箱根駅伝は昔は出場できたのは15校でした。

なので、15年目の今年は何かスポーツと縁がありそうに感じます。

そんな15年目の「北の猫男爵HYPER日記」をどうぞ宜しくお願い致します。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

15シーズンの「今日の〇〇シリーズ」は、「今日の誕生日シリーズ」の改訂版として、数多くいるその日の誕生日リストの中から僕の勝手な趣味で3人だけに誕生日の方を絞ってご紹介する、題して「今日の誕生日3人衆」をお送りしたいと思います。

記念すべき第1回目の「今日の誕生日3人衆」は!

①団時朗【帰ってきたウルトラマンです】(72歳)

②吉村由美【PUFFYの由美ちゃん、僕と同い年】(46歳)

③尾上松也【多方面で活躍中のご存じ歌舞伎役者、年男!】(36歳)

| | コメント (2)

2021年1月26日 (火)

韓国映画最高!

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

1月も終盤に差し掛かり、連日寒い日が続いていますが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか。

そんな今日は、今、少しだけ僕がハマりつつある、映画のお話です。

実は僕猫男爵、「韓国映画」に興味を持ち始めています。

以前はほぼ全く韓国の映画やドラマに興味は無かったのですが、数年前から妻が韓国映画や韓国ドラマをいつも見ていて、家の中には常に韓国語が聞こえていました。

ちなみに、妻はBTS(防弾少年団)が昔から好きで、今ではかなりビッグになってしまいましたが、「妻には先見の目があるんだな~」と感心しているしだいです。

話をもとに戻しますが、僕が「韓国映画」にハマるきっかけとなったのが、ある俳優さんです。

1cf32f3b37e92c376bad895d47407d44

彼はコン・ユという俳優さんで、韓国では人気の俳優さんです。

妻が家で見ていた韓国ドラマ(確か「トッケビ」だったかな?)をたまたま僕も見ていて、「あれ?この人、鳥谷じゃない?」と妻に話しかけました。

妻はチンプンカンプン???でしたが、野球好きな人であれば「鳥谷」といえばすぐにわかるはずです。

阪神で長く活躍し、現在はロッテに在籍するイケメン選手の鳥谷敬です。

9

どうですか、2人、似てないですか?

まあ、似ているかどうかはさておき、そのコン・ユの芝居にちょっと引きつけられるものがあり、韓国の作品に興味を持ち始めたのは事実です。

A1kdpnvzgal__ac_sl1500_

そんなある日、僕がレンタルしてきたDVD(邦画作品)を見ようとしたときに、本編が始まる前に流れる作品案内で『新感染~ファイナル・エクスプレス~』という韓国映画の作品案内を見た時に、「この映画超おもしろそう!」と僕の中で衝撃が走りました!!

しかも、その主役が何と偶然にもコン・ユだったのです!

その話を妻にすると「その映画、うちのテレビで見れるよ!」と言うのです。

そして先日、子供たちがちょうど祖父母の家に泊まりに行った時に妻と2人で鑑賞しました。(内容がゾンビ映画なのでちょっと子供と一緒には見れないので・・・)

映画をみた感想は、一言で言うと、もうとにかく最高!素晴らしかったです!

感染もの、ゾンビ映画独特のちょっとグロい部分と緊迫感はもちろんあるのですが、ラスト10分はとにかく涙、涙です・・・・

この作品を見た方で、しかもお子さんのいる方であれば、特にわかると思いますが、もう涙が止まりません・・・

ちょうどその時、娘が泊まりにいって家にいなかったので、なおさら僕は感情があふれ出してしまいました。

もう号泣どころの騒ぎではありません・・・

妻も一緒に号泣です・・・

妻はこの映画一度見たことあるのに、それでも号泣です。

その時、思いました「いや~韓国映画最高!」

次はどの作品を見ようか、今、色々とリサーチしているところです。

ちなみにこの『新感染』は、日本では今年の1月1日に『新感染半島~ファイナル・ステージ』として題名で続編として公開されていますので、この作品もいつか鑑賞するのを楽しみにしています。

Md

これはまたしても余談ですが、その『新感染』に出演していたマ・ドンソクという俳優さん、見た瞬間「あっ!中田だ!」と僕は思いました。若干似てませんか?

1madonsok

Nakata_sho_l

映画中も彼が出るたびに僕は、「よし!中田、早く!逃げろ!」と叫んだりしていました。

とにかく、1つ言えることはいまさらですが、韓国映画の良さに僕は気づいたということです。

韓国映画最高です!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)光岡知足(みつおか・ともたり)→龍坐(りゅう・すわる)

5f7185a204a43887de15fdccc56d703e9910b9d8

埼玉県出身の47歳の俳優さんです。数々のドラマや映画で脇役として出演しています。

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

124年ぶりの「節分」。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

新しい年がスタートしてあっという間に20日余りが経ちました。

ここ連日は寒さも厳しく、積雪量もだいぶ増えて、北海道らしい冬になってきました。

先日、娘と王子は雪山でソリ遊びをして楽しみました。やっぱり子供は、冬は雪まみれになりながら遊ぶのが楽しいですよね。

さて、そんな今日は「大寒」です。

「立春」からスタートする二十四節気の中で、一番最後の24番目の節気が「大寒」です。

1年の中で1番寒い時期とされるのがこの「大寒」です。

確かに今日を含め最近は非常に寒いです。

そしてこの「大寒」の次にやってくる二十四節気が「立春」です。

今年の「立春」は2月3日です。

「えっ?ちょっと待ってよ、立春は2月4日だよね?だって2月3日は節分で、その翌日の4日が立春でなかったっけ?」とお思いの方もいるのではないでしょうか。僕もそう思っていました。

確かに「立春の前日=節分」、それは変わることない決まりです。

しかし実は今年はいつもとはちょっと違うんです。

今年は立春が2月3日で、節分は2月2日なのです。

「えっ?節分とかってその年によって日にち変わるの?」と思った方もいると思います。

何と実はそもそも二十四節気じたいが、日付が固定されたものではなく変動するものなのです。

なので、立春の日にちが変わればおのずと節分も変わるのです。

では、なぜ今年の立春はいつもとは違って2月3日なのか?

そもそも季節は春夏秋冬と変化しますが、それをさらに春分や秋分といった二十四節気に分けてその変化を表現しています。

季節が変化する理由は地球が傾いた状態で公転しているためで、例えば日本では北極側が太陽を向く時期は夏になり、南極側が太陽を向く時期は冬となります。

地球が太陽の周りを1周すると1年ですが、1周にかかる時間は厳密にいうと365日ではなく365日と約6時間かかるそうです。

そのわずかなズレを調整するためにあるのが、皆さんご存じの4年に1度ある「閏年」(1年=366日)です。

しかし、地球が立春の位置を通過する時間単位でみるとわずかにそのズレを調整できない場合もあり、立春の日付が前後するということです。なので、立春が2月3日になることもあれば、2月5日なることもあり、それに伴い、節分も2月2日なることもあれば、2月4日になることもあるそうです。

僕の中では「立春は2月4日で、節分は2月3日」という固定概念があったので正直ビックリです。

たぶん、生まれてから一度もこんなことはなかったと思うので・・・

確かに節分が2月2日になるのは、1897年(明治30年)以来124年ぶりのことだそうです。

124年って、ギネス世界最高齢の方が現在118歳で1903年(明治36年)生まれなので、人類でこの124年前の節分を体験した人はいないということになります。

ちなみに、2月4日が節分だったことは37年前の1984年(昭和59年)にあったそうです。

僕が9歳、小学3年生の時ですが、全くそんな記憶はありません(笑)

Setubunfi5

今年の節分は2月2日ですので、皆さんも「豆まき」をする日を間違いないようにしてくださいね。いつも通り3日にまいてももう鬼はいませんので。

ちなみに来年以降の節分はどうなるのかと申しますと、立春が2月4日に戻るので節分も2月3日に戻ります。ただし、しばらくは閏年の翌年の立春が2月3日なるそうで、そうなると2025年と2029年はまた節分が2月2日になるみたいです。

だいぶ先になりますが、2057年と2058年は例外的に2年連続で2月2日が節分みたいです。何か覚えるの大変なので、もうそのへんは近くになったら思い出しましょう。その頃は僕も82歳と83歳、憶えているかな・・・

今日は例年とはちょっと違う今年の節分のお話をさせていただきました。

節分だけに「豆知識」なんつって(笑)

お後がよろしいようで。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)小鴨由水→光岡知足(みつおか・ともたり)

Mitsuoka2015

日本が誇る微生物学者で、腸内細菌学という新しい学問を世界に先駆けて確立した、その分野においてはパイオニア的な存在です。現在91歳です。

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

ラッキー☆スター

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

1月も半ばに差し掛かり、ようやく冬らしい景観になってきました。

ただ、冬が嫌いな僕としては、もう雪はいらない・・・って思っていますが、早速明日の未明にかけて積もりそうですね(泣)

テンションが落ち気味の猫男爵です。

さて、そんな今日この頃ですが、先日、娘と王子が水彩画を描きました。

その日は休日でしたので、僕も子供たちが絵を描くところを見ながら、多少お手伝いをしたりもしました。

まあ、皆さんご存じの通り、僕は子供に絵を教えられる立場ではないんですけどね(笑)

Picsart_0115020557

自宅の2階の窓から見える風景を描くことにしましたが、2人とも身を乗り出して思い思いに風景を描いていました。

王子は、4歳にしてはなかなか上手に描けてました。想像力を働かせて見えてはいない「虹」を色鮮やかに描いていました。

娘はさすが小学2年生、当然ながら王子とはタッチが違い、かなりの良い出来栄えでした。

娘はこの絵を冬休みの自由研究の課題として学校に提出することにしました。

「2人とも僕に似ないで良かった」と、本当に心から思いました(笑)

絵や字は上手に越したことはないですからね。

そんな水彩画を描いたあとに、子供たちがオヤツを食べていたのですが、そこで懐かしいお菓子「アポロ」を発見!

僕も子供の頃から大好きなチョコのお菓子です。

実は甘党の王子は、このアポロが大好物でいつも食べたいとせがんできます。

僕も1つ貰おうと、箱から1粒取り出すと、何と!

Img_20210104_125632

星型のアポロ!

娘に聞くと、「これはラッキーなことがあるよ!」と興奮していました。

Img_20210104_125656

箱にも書いてありましたが、どうやら今のアポロには運が良ければ『ラッキースタ』ーと呼ばれる星形のアポロが入っているみたいです。

色々調べてみると、入ってる確率的にはそんなにレアなものではないようですが、まあラッキーなことに間違いはないでしょう。

他にも、上と下に分かれているチョコのところが逆になった「逆さアポロ」なるものも存在するようなので、今度はそれにもお目にかかってみたいものです。

ラッキースターとの出会いで、何か良いことがありますように・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)六子(ろこ)→小鴨由水(こかも・ゆみ)

As20190407001023_comm

1992年バルセロナ五輪女子マラソン日本代表選手で、20歳で出場した五輪選考会を兼ねた大阪女子マラソンで、当時の女子マラソン日本新記録と初マラソン世界最高記録を出すという快挙を成し遂げました。残念ながら五輪では結果を出せず、その後は競技人生を終えています。

| | コメント (0)

2021年1月13日 (水)

待ち人来たる!

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

2021年がスタートして明日で2週間になりますが、お正月には全く無かった雪が、ここにきて立て続けに降っています。

まだまだ冬はこれからが本番なので、ドカ雪とかも降るのでしょうが、シーズン前半に降らない分、ちゃんと帳尻を合わせてくるものなんですね。

あまりドカ雪が降らないことだけを願い、一刻も早い春の到来を願います。

さて、新年早々、我が巨人軍にとってとても嬉しいニュースが飛びこんできました!

20210112s00001173391000p_view

あの桑田真澄氏が今季からコーチ(肩書は投手チーフコーチ補佐)として巨人軍に帰ってきます!

「KKコンビ世代」の僕にとっては、桑田も清原も大好きな選手でしたし、あの2人が巨人で一緒にプレーした時などは本当に感無量の気持ちでした。

まあ、お互いそれまでの道のりには色々なことはあったとはいえ、野球ファンにとっては、やっぱり「KKコンビ」という存在は偉大であることに間違いはありません。

清原氏も、プロ野球界への復帰というのはなかなか難しいのかもしれませんが、とにかくこれからも何らかの形で、野球にだけは携わっていて欲しいと願っています。

さて、話を桑田氏のコーチ就任に戻しますが、本当にこれは嬉しいニュースです。

2006年に巨人を退団し、メジャーへと行き、そしてその後引退してから、一度も彼がコーチに就任しなかったことじだいが、そもそも不思議な話です。

理論派で解説などでも的確なコメントをしている彼であれば、おそらくコーチとしても結果を残してくれるであろうと確信しています。

Img_c1c7fa4e0f754b64b71517b1048bf2d94056

今回のこの就任については原監督直々の要請だったようで、1980年代~1990年代の巨人を支えた4番とエースがタッグを組むという姿は、ファンにとってはたまらない光景です。

原監督が3度目の監督の就任する際には、他にも色々な巨人OBの名前が挙がっていましたが、僕は個人的には桑田氏か松井氏が良いと思っていました。

ただ、松井氏はいきなり監督ではなくヘッドコーチか何かで経験を積み、その後長期政権に就いてくれればという願いがありました。

一方で、桑田氏は投手コーチというのもありではありますが、いきなり監督でも良いのではないかという思いもありました。

結果的には原監督が3度目の就任となったわけですが、遅かれ早かれ、桑田、松井の両氏には監督の座に就いて欲しいと願っています。

そういった意味では、今回の桑田氏の投手コーチ就任は、次期監督候補への布石とも言えるのではないかと勝手に推測しています。

エース菅野がメジャーを断念しチームに残留したことも、ある意味2021年最大の補強かもしれませんが、それよりなによりこの桑田氏のコーチ就任が、もしかすると今年の巨人軍にとって最大の補強かもしれません。

それは今年の秋に結果として出るのか、それとも2年、3年後に彼が蒔いた種が花を咲かせるのか、それはまだわかりませんが、いずれにしても非常に楽しみなところです。

桑田氏が現役時代、肘の大ケガをしてチームを離れた時、2軍のジャイアンツ球場の外野フェンス手前には芝生が枯れた一本の道ができました。

それは、桑田が毎日毎日来る日も来る日も走りこんだ時に、芝生が枯れてできた道でした。

それは「桑田ロード」と呼ばれるようになりました。

あの時も、巨人ファンは桑田がマウンドに帰ってくるのを待ちました。

引退後は、桑田がもう一度巨人のユニホームを着てくれることを待っていました。

そして、やっと「待ち人来たる!」です。

巨人のユニホームを着た桑田が見えると思うだけでワクワク感でいっぱいです。

きっとおそらくこれは、ON世代の方たちがミスターが巨人のユニホームに再び袖を通した時の感覚に似ているのかもしれません。

背番号は「73」、あの恩師である故藤田元司氏が監督としてつけていた背番号です。

桑田氏は「藤田監督に恥じぬように頑張ります」と語っていました。

この背番号が空き番になっていたことにも、桑田氏が帰ってくることが運命で決まっていたように感じます。

とにかく、今からシーズン開始が待ち遠しくなってきました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)石川よしひろ→六子(ろこ)

Maxresdefaultjpg1

山陰地方を拠点に活動している36歳の女性シンガーソングライターです。

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

予言者?

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

今年の十勝地方は、観測史上初めて積雪のないまま新年を迎えるという非常に珍しい出来事からの2021年の幕開けでしたが、遂に昨日雪が降りました。

スキー場やスケートリンク造成など、雪を待っていた方々には恵の雪でしたが、雪が嫌いな僕にとっては、遅ればせながらもまたこの季節が来てしまったか・・・とテンションがやや下がり気味です。

でも、僕にとっては念願であった「雪のないお正月」を体験できましたので良かったことにします。

今まで雪が降らなかった分、おそらくこれから何度かドカ雪がやってくるのでしょうが、1~2ヶ月の辛抱なので我慢することにします。

春になって雪が解け、また外焼きができる季節になることを祈ります。

さて、話はガラリと変わりますが、「コロナ元年」とも言われ、世界がコロナにより一変してしまった2020年ですが、その年末にちょっと不思議というか、何かが僕に降臨してきたような出来事がありました。

2020年12月30日の朝のことです。

僕はいつものように目を覚まし、残り2日となった2020年の年の瀬の一日をどう過ごすか考えていました。

すると、本当に何となく、ふわっと急に頭の中に「あっ、今日誰かが電撃結婚する・・・」ということが浮かびました。

言葉で説明するのが難しいのですが、本当に突然そんな感覚が頭の中に浮かんだんです。

自分でも不思議で、なんでそんなことを急に思ったのかいまだにわかりませんが、まずはそのことをすぐに妻に伝えました。

その時は、妻も「もしかしたら誰か結婚するのかな?」と疑心案儀な様子でした。

そして時が過ぎ、その日を過ごしていた時の事です。

僕は自宅のすぐ裏にある母の家に子供たちと行っていました。

すると、妻から電話がかかってきました。

電話に出ると妻が、「ちょっと!くさなぎ、結婚した!朝の予言の通りだよ!」とやや興奮しながら僕に話してくれました。

「くさなぎ?お笑いの?」と妻に尋ねると、妻は「違う!草彅剛!」と言いました。

「えっーーー!マジで!!」

まさに電撃婚でしたが、それよりも僕が朝思ったことが的中したことに僕も妻も驚きを隠せませんでした。

いまだになぜ僕がそんなことを思ったのかはわかりませんが、予言というか、何かか僕の中に降臨してきたように思えてなりません。

そもそもそんな「予言者」のような能力は僕にはありませんし、草彅剛が結婚しそうだという情報をしるわけもありません。

とにかく昨年末に起きた不思議な出来事であったことに間違いはありません。

Ff9aea025b986923b0f7fdee4dbbce7a4

信じるか信じないかはあなた次第です。

皆さんもこんな経験はあったりしますか?

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)カーチ・キライ→石川よしひろ

M85789572189_1

1990年代にかけて活躍した男性ソロシンガーで、僕が好きだったのは『曇り時々晴れ』という歌です。

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

良い年になりますように。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

新年明けましておめでとうございます。

2021年が幕を開けました!

振り返るのも避けたいほど、昨年は本当に嫌な一年でした。

新型コロナウイルスというものが、世界中の人々の生活を一変させ、その長く暗いトンネルの出口は一向に見えていません。

年が変われば何かが急に変わるというような、そんな簡単な問題ではありませんが、何とか今年は良い年になりますように、とにかく心から強く願います。

あと数カ月もすれば、娘は小学3年生、王子は年中さんにそれぞれ進級します。

Picsart_0101125431

子供たちが、心から楽しんで笑えるような環境を、このコロナ過の中でも大人は作ってあげなければなりません。

制限や自制という生活スタイルの中でも、自らが考え、そして自らが動く、それがコロナ共存社会でのキーワードになるのではないでしょうか。

今年の年越しは、いつもとは何か雰囲気が違う年越しではありましたが、そんな中、王子が初めて神棚掃除を手伝ってくれました。

Picsart_0101125048

まだまだ小さな幼児だと思っていましたが、率先してお手伝いをしてくれる王子の姿をみて、改めて成長を肌で感じました。

何とか家族みんな健康で大晦日を迎え、年越しそばを食べて、紅白歌合戦を見て、最後はみんなでカウントダウンをして、クラッカーで新年の幕開けを祝うことができました。

8歳の娘はともかく、4歳の王子がこの時間まで起きていられたことにビックリです。

今は二人とも眠りの中ですが、きっと楽しい夢でも見ることでしょう。

皆さんにとっても、2021年という年が良い年になりますように願っています。

最後はすっかり恒例になりました、干支の引継ぎ式(ネズミ→牛)をご覧になってお別れしましょう。

Img_20210101_003510

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

今日のマニアック有名人しりとりは今日はお休みします。

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »