« 3台目猫SOUL-BROTHERS | トップページ | 空前絶後のセミ・ラッシュ! »

2020年7月 4日 (土)

神秘の瞬間!

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

7月に入りましたが、なかなか天候がすぐれません。

昨日は久しぶりに太陽が顔を出しましたが、今日はまたも雲に隠れてしまいました・・・

いったいいつになれば北海道に夏はやってくるのでしょう?

夏といえば、僕的にはやはり「蝉の鳴き声」が聞こえ始めると、「あ~あ夏だな~」と感じます。

うるさいくらいに鳴いているほうが僕的には嬉しいです。

実は今から2週間ほど前のことになりますが、我が家の軒下の外壁に蝉がくっついているのを発見しました。その下には幼虫の抜け殻があったので、きっとそこで羽化したのだと思いました。

Dsc_92991

樹木などに蝉の幼虫の抜け殻がくっついているのは見たことはありますが、外壁にあるのはちょっと珍しいかもしれません。

我が家の庭にも蝉が鳴きやすそうな大きな木があるので、その数日後には蝉の鳴き声が案の定聞こえてきました。

僕は心の中で、「きっとあの抜け殻から羽化した蝉が、気持ちよさそうに鳴いているんだろうな~」と思いながら聞いていました。

それから2週間近く経った先日、また我が家の外壁に蝉の幼虫がくっついているのを発見しました。

Img_20200702_191750

そこは前回と全く同じ場所で、しかも今回はまだ羽化する前の状態です。

近々、脱皮(羽化)するのかな?と思い気にかけていたその日の夜、子供たちが眠りについたあと、僕がちょっと用事があり外に出た時のことでした。

僕の目に神秘的な光景が目に入ってきました!

Img_20200702_230937

な、な、なんと、ちょうど蝉が脱皮(羽化)している瞬間ではありませんか!

僕は慌ててカメラのシャッターを切りました。

たぶん、この瞬間を生で見たのは45年の人生で初のことだと思います。

Img_20200703_003256

なんとも言えない神秘の瞬間を僕はしばらく眺めていました。羽が大きく広がり始め、徐々に蝉らしくなってきました。

ただ、その日の夜は雨が激しく降っていて、僕は最後の瞬間を見ることなく家の中に入りました。

なんとなく、蝉も見られるのは嫌かな・・・と思いましたので。

Img_20200703_182451

翌日の朝、外に出ると、もうそこに蝉の姿はなく、幼虫の抜け殻だけが残されていました。

起きてきた娘と王子に、昨夜撮影した写真と動画を見せると、凄い興奮していました。

いつか、もう1度、今度は子供たちの自分の目で直に見せることができれば良いな~とそう思っています。

思い出しましたが、今から1ヶ月ほど前、庭の草取りをしている時に、蝉の幼虫を土から掘り起こしてしまったことがありました。

かわいそうなので、すぐにもとの地面の中に戻してあげましたが、もしかすると、あの時の蝉が助けてくれた御礼に、神秘の瞬間を僕に見せてくれたのかもしれません。

45歳のオジサンですが、新たな夏の思い出が1つ刻まれました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人) 堂ノ脇恭子(どうのわき・きょうこ)→小酒井円葉(こさかい・かずは)

Puffer4_20200704141501

子役として活躍し、今は女優としてドラマやCMで活躍中です。

|

« 3台目猫SOUL-BROTHERS | トップページ | 空前絶後のセミ・ラッシュ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3台目猫SOUL-BROTHERS | トップページ | 空前絶後のセミ・ラッシュ! »