« D.A.K.T | トップページ | 最後の「体育の日」 »

2019年10月10日 (木)

快速ブラザーズ。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

今日は10月とは思えない暖かな1日でしたね。が、しかし…今度の週末は日本列島に今年最大級の台風がやってきます。

既に都市圏では交通機関が計画運休を行うかを検討したり、現在行われいるラグビーW杯でも中止の試合も決定したりしています。

また、台風15号の被害を受けた千葉県では復旧がままならない中にまた台風が来るということで、影響が非常に心配されます。

とにかく被害が大きくならないことを祈るばかりです。

さて、そんな今日のブログはつい先日までカタールはドーハで開催されてました世界陸上を見ていて、僕が気になった選手、というか兄弟たちがいましたので、そのお話を少しさせていただきます。

Dsc_7812

たまたま見ていた男子1500mに、ノルウェーからインゲブリクセンという選手がいました。

アフリカ勢が上位を独占する中長距離界の中で、ヨーロッパとりわけノルウェーの選手は珍しいな〜と思い注目していました。

前半から積極的にレースを引っ張るレーススタイルはなかなか魅力でした。結果は見事に決勝進出となり、僕もテレビの前で拍手を送っていました。

すると、次の組にも何とインゲブリクセンという選手がいるではありませんか!

あれ?今走ったよね?これ、テロップ間違ってるんじゃない?と僕は思いましたが、よーくみると、さっきの選手ではありませんでした。

テレビのアナウンサーの実況を聞いてわかったのですが、実は兄弟だったのです。

Dsc_7813

こちらが、兄のフィリップ・インゲブリクセン。

Dsc_7814

そしてこちらが、弟のヤコブ・インゲブリクセンです。

実は彼らは7人兄弟の陸上一家で、フィリップが三男、ヤコブが五男、そして次男のヘンリク・インゲブリクセンも今回の世界陸上に出場していたのです。

何とも凄い快速ブラザーズたちです!

結果は惜しくもメダルには届きませんでしたか、しばらくはこのインゲブリクセン兄弟たちか陸上の中長距離界を席巻しそうです。

僕も当分は、この快速ブラザーズたちから目が離せません。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「白」=インゲブリクセンたちのノルウェーチームのユニホームは、シンプルな白でした。

|

« D.A.K.T | トップページ | 最後の「体育の日」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D.A.K.T | トップページ | 最後の「体育の日」 »