« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月22日 (土)

御用だ、御用だ!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

また雨の週末を迎えています。

今年の6月も、まるで「梅雨」のような毎日です。

しかし、週明けからは太陽さんが復活しそうなので、北海道らしい「からっとした」天気に期待しましょう!

さて、先日のことですが、僕の実家で片づけをしているとこんなものが出てきました。

Dsc_6644

「十手」(じって)です。

おそらく、歴史好きだった父が収集していたアイテムの1つだと思います。

「十手」といえば、時代劇などで同心(今でいうところのお巡りさん)などが持っていた武器です。現代でいえば、警棒のようなものなのかもしれません。

Ol_img

でも、考えてみえればよくこんな武器といえるかどうかも微妙なもので、刀を持った相手と相対していましたよね。勇敢というか、捨て身というか・・・(笑)

ちょっと気になったので、この十手のことを調べてみました。

十手は室町時代に中国から伝来されたと言われており、同心の身分証明書の代わりでもあり、今でいうところの警察手帳のような役割も果たしたみたいです。

また、階級によって形や長さも違い、柄についている紐の色で所管がわかるようにもなっていたそうです。

よく見る時代劇の光景→「日本刀を持った悪党VS十手のみの主人公」

見た目では絶対的に不利なはずなのに、時代劇の主人公がこの十手のみで大勢の悪党を一網打尽にしている姿は時代劇の定番風景とも言えます。

まあ、あれはあくまでもフィクションの話で、実際の十手の使い道は、武器ではなく、自分が警官だという身分証明的なものだったみたいです。

そんな十手のことを知ってか知らずか、我が家の王子は、自分の玩具の1つとして、手に持って何かを言いながら遊んでいます。

なんとなく、「御用だ、御用だ!」と言っているように僕の耳には聞こえるのですが(笑)

それはきっと空耳かな。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の色)→「グレー」=今日も空は灰色です。

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

人生で最も震えた日。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

昨日の深夜、それは僕の身にふりかかってきました。

布団の中で眠っていると、強烈な腹痛に襲われ、僕は慌ててトイレへと駆け込みました。

最初はただの腹痛で、用を足せば腹痛も終わるだろうと思っていましたが、それはそんな簡単なことではありませんでした。

便意はあるけど、なかなか出ない・・・

それは数分続き、その後に体中から染み出るように脂汗が湧き出てきたのです。

この状況は以前にも2度経験したことがありました。

一度目の時も、強烈な腹痛であまりの痛さに嘔吐もしてしまうほどの激痛でした。結局は数時間その痛みと戦い、次の日には何でもありませんでした。

二度目は、一度目など比較にならない程の激痛・・・結局、病院に行き、それは尿管結石でした。たぶん、あれは人生で一番の激痛だったと思います。

今回の痛みはその一度目の腹痛と尿管結石の間ぐらいの痛みです。

言葉では「痛み」といえば簡単ですが、その瞬間は本当に死ぬかと思うくらい痛いです。

しばらく、トイレでその痛みと戦った僕は、少し痛みが落ち着いたので、寝室へ戻り、妻に状況を報告しました。

妻も心配して、僕のお腹をさすってくれました。

そして、落ち着きを取り戻し僕は再び眠りに就きました。

どれくらいの時間眠ったでしょう・・・たぶん30分くらいかな・・・

またしても僕の体に異変が、体中を襲う強烈な寒気・・・

今まで体験したことのないような猛烈な震えが全身を襲いました。

Img_01

とにかくブルブル体が震え始め、言葉を発することもできません。

それが数十分間続き、とにかくブルブルガクガク震え続けました。

妻も心配し、急いで水枕と冷えピタを用意してくれました。

今でもあの時の震えは鮮明に覚えています。自分自身でもどうやっても制御できないほどのあの震えは異常というほかありませんでした。

きっとあれは僕が人生で最も震えた日です。

案の定、その後、熱が一気に上がり、38.8℃まで上昇しました。薬を飲んだおかげで、熱は朝には下がりました。

しかし、これで全てが解決したわけではありませんでした。

朝の6時半頃、再び僕を猛烈な腹痛が襲いました。

あの夜中の痛みを上回るさらなる腹痛です。

しばらく戦いましたが、もう僕にはそれ以上の戦う余力は残っていませんでした。

妻がすぐに近くの病院へ電話をしてくれて、時間外ではありますが、診ていただきました。

痛み止めの筋肉注射を肩に打たれたのですが、それ以上にお腹の痛みのほうが勝っていたので、肩の注射は痛くもかゆくもありませんでした。

職場に休みの連絡を入れ、自宅で安静にしていましたが、夕方になってもまだお腹の痛みと違和感が続いていたので、結局再度病院に行き、点滴をうってもらいました。

おかげで、何とか回復し、今日は無事に仕事にも行けました。

病名は「急性腸炎」でした。

たびたび僕がかかるやつです(笑)

でも、今回の痛みはちょっと笑えないかな。正直、生き地獄でしたし、あの体の震えは一生忘れることのない体験でした。

皆さんも健康にはくれぐれもご注意を。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「白」=点滴を打っているとき、暇なんですよね、病室の白い天井を見ているしかないから。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

娘に続き、王子も!

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

更新が1週間以上滞ってしまって申し訳ありませんでした。

6月に入り、気温も低く曇り空が連日続いていますね。今日は少し気温が上がりましたが、それでもまだまだ夏には程遠い感じです。

そんな中、一昨日の日曜日、我が王子(息子)の保育所で運動会が開催されました。

とは言っても、この日は朝から大雨で、屋内での開催になりました。

聞いたところの話によると、雨天での屋内開催は過去にも数回あったようですが、今回は久しぶりのことだったみたいです。

運動会といっても、王子はまだ年少よりも1歳下の年齢の2歳児なので、出場競技はたった2種目だけです。

最初の競技は「かけっこ」でした。

「かけっこ」といっても、所詮まだ2歳、本格的に走るというよりは、ゴールで待っている先生のもとに駆け寄るといった感じでした。

スタート前、僕も妻も、まず王子がちゃんと走るのかが心配でした。

というのも、昨年の運動会ではスタートした後に、途中でしゃがみこんで遊び始めちゃったので(笑)

結構、自由な奴なので(笑)

そんな心配の中、「よーいどん!」でスタートしました。

Picsart_0618125105_1

するとなんと、王子は走る走る!昨年が嘘のような軽快な走りです。

Picsart_0618125147

そして見事に1番最初に先生のもとにたどり着きました。

まさかの1位です(笑)

今年の運動会は姉に続き、まさかの王子もかけっこで1位に輝くという、親としては嬉しい結果となりました。

Picsart_0618124932

その後の親子競技では、僕が王子と一緒に参加して、楽しませてもらいました。

1つ歳を重ねるごとに子供達には成長を感じさせてもらいます。

親としてはその成長を肌で感じることが、何よりも幸せなことです。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→水色=王子が被っていた水色帽子、とっても可愛かったです。

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

願いは叶う!

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

6月もまもなく半ばに差し掛かりますが、連日どんよりとした空模様が続いています。

5月のあの猛暑はいったい何だったんだ?と思うほどの、肌寒い毎日です。

そんな中、一昨日は娘の小学校の運動会でした。

入学して初の小学校の運動会に、娘もそして親もドキドキワクワクの1日でした。

当日の朝は、まずはお父さんの重大な責務である「席取り」からスタートしましたが、1年目にしてはかなり良い場所を確保できました。

しかし、運動会が始まる頃から霧雨が降りだし、徐々に小雨へと変わり、コンディションは最悪でした。

それでも、子供達の元気な姿が見ている観衆の心を温めてくれました。

そしていよいよ娘の競技の順番が来ました。

まずは60メートルの徒競走です。

実は僕は娘とある約束をしました。徒競走で1位になったら、娘の欲しいものを買ってあげるという約束です。

練習ではいつも3位とか4位にしかなれないと聞いていましたし、一緒に走るメンバーを見ても、これはたぶん娘が1位になることはないだろうとたかをくくり、何でも買ってあげるよという約束をしたのです。

でも、もちろん1位になって欲しい気持ちもあり、心の中では頑張って欲しい思いも共存していました。

スタートする前、僕の脳裏には1年前の保育所の運動会でのシーンがよぎりました。

徒競走でスタート後に転倒してしまった娘の姿が、そして悔しくて泣いていた娘の姿が…

あれから1年、その悔しさを晴らす瞬間がやってきたのです。

よーいどん!

勢いよくスタートを切った娘は先頭に立ち、そして中盤から後半もスピードが落ちることなく、何と見事に1位でゴールしました!

やったぁ!という思いと、あれ?これってもしかして、何か買わなきゃならなくなっちゃった(笑)という、複雑な思いが交錯しました。

レース後、ニコニコ喜ぶ娘の顔は僕は一生忘れません。

きっと1年前のあの転倒が、この日の1位という結果に結びついたのだと思います。

後で娘に聞いたところ、走る前も走っている最中も、とにかく「欲しいものがどうしてもゲットしたい!」と思い続けていたそうです。

まさに、執念ともいえます(笑)

その後、PTAの競技で娘の側に行くことができたので、娘に「頑張ったね、やったんじゃん!」と声をかけると、「パパ、約束だよ!○○買ってね!」が第一声でした。

恐るべし子供の物欲!(笑)

まあ、結果的にはニンジン作戦大成功といった感じです。

その後のリレー競技でも娘は二人を抜き去り、何か今までの娘ではないような、走りを僕たちは目の当たりにしました。

きっと眠っていた潜在能力が覚醒しちゃったのでしょうかね?

正直、僕も妻も娘があんなに足が早いとは思っていませんでした。

その他にも、綱引きやダンスなど1年生らしく、可愛らしい姿も見れて、楽しい運動会の1日でした。

Dsc_6802

で、その日に早速、娘が欲しがっていたものを買いにいきました。

娘は最高に喜んでいました。

まさに「願いは叶う」です。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「金」=1位の色はゴールドですね。

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

黄色四銃士!

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

相変わらず暑い日が続いていますが、皆さん体調など崩されていませんか?

しかし、この暑さは明日までで水曜日あたりから天候は下り坂、気温もグッと下がる予想です。

今週の土曜日は娘の小学校の運動会がありますが、雨だけは何とか降らないことを祈ります。

そしてその翌週は、王子の保育所の運動会が待っています。

6月は運動会シーズンなので、楽しみでもありますが親は体を休める暇もありません。

娘も王子も一生懸命に走って踊って、運動会を楽しむことが、親としては最大の望みです。

さて、そんな王子には好きな色があります。

それは黄色です。とにかく視界に黄色のものが飛び込んできただけで大興奮です(笑)

一瞬で変わる黄色信号も見逃しませんし、夜空に見える月を見てしまったら、「あっ!月だ!」と言ってしばらく上を見上げたままです。

中でも大好物のバナナには目がなく、一瞬でもバナナを見られたら、バナナはもう彼に食べられる運命です(笑)

そんな黄色命の王子がお気に入りなのが、このアイテムたちです。

Dsc_6221

名付けて「黄色四銃士」です。

アヒル、バナナ、とうきび、戦隊ものの人形(ジュウオウジャー)の4つの玩具、これが彼のお気に入りアイテムです。

毎日、飽きもせずに黄色四銃士を手に持ちながら遊んでいる王子は、超可愛いです。

きっと彼のラッキーカラーは「黄色」なんでしょうね。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「黄色」=今日はこれ以外は考えられません。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »