« 少しだけ大人気分。 | トップページ | 端午の節句。 »

2019年5月 1日 (水)

「令和」

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

今日から元号が「令和」になり、日本の新たな歴史が幕を開けました。

昨日は平成最後の日で、202年ぶりに「退位の儀」が執り行われました。憲政になり初の儀式という、歴史的な瞬間を見ることができたことは人生の中で非常に貴重な出来事でした。

普段は日本の皇族には、それほど関心はありませんが、やはり皇位継承、そしてそれとともに元号が変わるということは、歴史的なことなので自然と興味をひかれました。

そんな平成最後の日の昨日は、僕と妻と娘と息子の家族4人に、おじいちゃん&おばあちゃんを加え総勢7名で旭川へ行って来ました。

目的は旭山動物園です。旭川へ着いたのは10時を少し過ぎたぐらいでしたが、動物園まであと3キロぐらいから大渋滞が発生していました。

待てども待てども車は少しずつしか進まず、結局3キロの道のりを1時間半程かけて、やっと正門までたどり着きました。

がしかし、今度は駐車場の空きが全くありません。無料駐車場はもちろんのこと有料駐車場もです。待っている間、入場門に目を向けると、そこには見たことのない長蛇の列がありました。

これは例え、駐車場に空きができ車を停めれたとしても、動物園の中に入るだけでも相当な時間を要します。そして、入れたとして、この混雑の中で果たしてどれくらいの動物を見ることができるのか…

答えは1つでした。僕たちは勇気ある撤退を決断し、目の前に見える旭山動物園に別れを告げました。

僕たちは旭川市内に行き、昼食を食べたのち、子供達の遊べる施設へと向かいました。

Picsart_0501091127

Dsc_6387

娘と王子は動物園に入れなかったショックを忘れるかのごとく、走って飛んで遊びました。

Dsc_6403

Picsart_0501091245

Picsart_0501090953

時間もあったので、さらにもう1つ違う遊べる施設へと移動し、たっぷりと楽しい時間を過ごしました。

楽しみにしていた動物園に行けなかったことは、子供達には本当に悲しい思いをさせてしまったと思いますし、一緒に来てくれたおじいちゃん&おばあちゃんにも悪いことをしました。

この穴埋めは必ずいつかしたいと思います。もっと空いている時期を見計らって。

教訓です。ゴールデンウィークの旭山動物園は行くものじゃないです(笑)

しかし、平成最後の日が思い出に残る日になったことは間違いなく、何十年経ってもしか「令和」が終わる時には、「平成最後の日はあんなことがあったよね」と思い出話に花が咲くことでしょう。

花が咲く…

令和最初の日の今日、男爵村のある僕の実家では桜が花を咲かせました。

Dsc_6464

まるで「令和」のスタートを祝福するかのようです。

実は2006年から13年間続けて開村していた男爵村ですが、今年は諸事情がありまして、村を開くのを中止しました。また来年以降、男爵村の様子をお伝えできればと思っていますので、宜しくお願い致します。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「ピンク」=今日はやっぱり桜の開花にちなんてピンクです。

|

« 少しだけ大人気分。 | トップページ | 端午の節句。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少しだけ大人気分。 | トップページ | 端午の節句。 »