« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月27日 (水)

一発進行!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

2月も明日で終わり、まもなく3月がスタートします。

「3月」という響きを聞くと、一気に「春」の足音が聞こえてきそうですね。

今年の冬は異常なほど雪が少なく、僕としては最高の冬でしたが、昨年は3月に超ドカ雪がきましたので、まだまだ油断はできませんね。

さて、そんな中、我が家では王子が今日も元気いっぱいに走り回っています。 冬になる前には、まだ余裕のあったつなぎの防寒着が、既に丈が短くなってきているので、それだけひと冬でかなり背が伸びたということです。

王子の最近のブームは、「ニャーニャー」と猫の真似をすることと、聞こえているのに聞こえないふりして「すっとぼける」という技を身につけました(笑) 相変わらず「トーマス」は好きですが、一時の大ブームは影を潜めています。

1551265176081.jpg

昨年末に「トーマス」のイベントを見に行ってきたのですが、記念写真を撮るところで王子は「一発進行!」と叫んでいました(笑)

1551265177442.jpg

本人は「出発進行!」と言っているつもりです。 そしてお家でも、ねえねの自転車にまたがり、「一発進行!」と叫んでいます。

1551265178075.jpg

まあ、こんな感じで毎日愉快な我が家の王子です(笑) そんな王子も、4月からは1つお兄さんになって、保育所では1つ上のクラスになりますが、ちゃんと先生の言うことを聞いてくれるのか心配な限りです。

親としては王子には、たくましく健やかに、そして心優しく成長して欲しいです。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の色)→「青」=今日は雲一つない快晴でした、澄みきった青空がキレイでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

ゆりゆり。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

最近、我が家の女性陣(妻と娘)は、ある若手俳優のことで大盛り上がりしています。

その俳優とは、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で、「ゆりゆり」こと由利匡平役を演じている横浜流星です。


1550720643008.jpg

まあ、イケメンではありますが、僕的にはそんなに夢中になるほどなのかあ?という思いがありますが、巷では結構人気あるみたいですね。
まあ、44歳になる僕がイケメン俳優に夢中になっているほうが、ある意味怖いですからね(笑)

そんな横浜流星くん、横浜流星というのは芸名ではなく本名みたいです。さらに、出身地が横浜市だということも、妻が言っていました。

横浜市出身で名前が横浜、なかなかいないでしょうね。そもそも「横浜」っていう名字聞いたことないですしね、僕が知っているのは横浜銀蠅ぐらいかな(笑)

さらに、横浜流星くんは極真空手の世界チャンピオンにもなったことがあるそうで、顔よし運動よし、まさにモテるパターンの男子です。

数年前には戦隊シリーズの「トッキュウジャー」にも出演していて、それを知った妻と娘は「トッキュウジャーみたい!」というので、早速TSUTAYAに行き、借りてきたDVDに夢中になっています。

妻と娘は録画してある『初めて恋をした日に読む話』をほぼ毎日見ていて、「ゆりゆり!」と興奮しながら大騒ぎしています。


1550720644259.jpg


僕にしてみれば、「ゆりゆり」といえばこの人なんですけどね(笑)
「おしゃまんべ〜」のギャグでご存じの、由利徹です(笑)


1550720645077.jpg


THE昭和のコメディアンです(笑)


1550720645761.jpg

「平成」もあと70日を切りましたが、「昭和」はもう忘れ去られていくのですかね…
こうやって「ゆりゆり」(由利徹)を思い出していると、昭和って良い時代だったなぁ〜とつくづく感じます。

ちなみに余談ですが、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』に出演している深田恭子さん、気づけば彼女も36歳になったんですね。
実は僕は彼女がデビューしたての頃に、彼女のファンクラブに入っていました。当時は、毎月送られてくるファンクラブ通信をワクワクしながら見ていたことを思い出します。

その頃はまだ10代で、初々しさが何とも可愛らしかったですが、30代になり大人の魅力を兼ね揃え、さらに美しさに磨きがかかってきたように思えます。

でも僕も44歳のオジサンになったせいか、今は彼女を見てもワクワクやドキドキというものは全く感じなくなりました。歳は取りたくないものですね(笑)

話がだいぶ横道にそれてしまいましたが、これからの「ゆりゆり」の活躍に注目していきたいと思います。


1550720646447.jpg

こっちじゃないか(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

今日の色→「ピンク」=ドラマ『初めて恋をした日に読む話』では横浜流星くんの髪の毛の色が目立ちます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

昔からの定説。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

更新が10日ぶりになってしまい申し訳ありません。
今日はまるで春のような陽気で、街中は雪がとけ水浸しでした。
このまま春の到来といきたいところです。

春といえば「卒業」シーズンです。
我が娘もいよいよ、保育所とお別れする時が徐々に近づいてきています。
数えてみたら、保育所に行くのは実質あと23日間です。

毎朝、保育所に娘を送っている僕にしてみると、今とても寂しい気持ちにかられています。保育所での娘との色々な思い出が脳裏に浮かんできます。

娘は4月からいよいよ小学生です。卒業の寂しさの後は、今度は楽しい生活が待っているので、娘には今年の春はいつもとはちょっと違う春になりそうです。

話は変わりますが、4月といえば色々なものがまた値上がりするようです。

全社ではありませんが、カップラーメンや炭酸飲料水、さらにはサバ缶なども値上がりするようです。
原材料の高騰や、人件費のアップなどもあるので、致し方ないとは思いますが、消費者にとってはまた頭を悩ませる問題です。

そして、もう1つ忘れてはいけないのが牛乳などの乳製品の値上げです。

これも一部の会社ではありますが、我が家には一人牛乳の消費量が尋常でない子がいるので、これは非常に大問題です。


1550586084638.jpg


1550586085430.jpg


1550586086183.jpg

1550586309020.jpg


そんなことは知る余地もない我が家の王子は、今日も元気に牛乳をゴクゴクと飲み干していました(笑)

牛乳のおかげなのか分かりませんが、我が家の王子は2歳の平均身長を遥かに上回る背丈があります。

昔からの定説で、「牛乳を飲むと背が伸びる」とよく聞きますが、本当にそれを証明するような成長ぶりです。

お医者さんに聞けば、実際はそんか定説は根拠のないウソみたいですが、王子にはそれが定説であって欲しいと思います。

背が伸びるといえば、他に「バスケットボールやバレーボールをすると背が伸びる」とか


1550586087583.jpg

「ぶら下がり健康器を使うと背が伸びる」


1550586088033.jpg

などの定説が昔はありましたが、お医者さんいわくこれも根拠はないみたいです。

いずれにして、特に男は背が高いにこしたことはないので、王子にはこのままスクスクと成長して欲しいです。

ちなみに実は今日僕は年に1度の人間ドックに行ってきましたが、身長が1年前より、0.6cm伸びてました(笑)いまさら成長?(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

今日の色→「白」=分かる人には分かるんですが、人間ドックでバリウム飲むとね、そのあとのアレがね(笑)、白いですよね(笑)まあ、アレはアレっていうことでね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

肌身離さず。

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

史上最強の寒波に襲われた日本列島、東京でも降雪があり、そして我が北海道では氷点下30度という、大寒波に見舞われています。

外に出ただけで、突き刺すような冷たい空気を肌で体験したのは、久しぶりです。

僕が子供の頃は、氷点下20度とかはごく普通にありましたし、通学中に鼻がくっつく(分かる人には分かると思います)ことは、よくあることでした。

それが最近では、こんなニュースになるということは、やっぱり温暖化の影響で昔とは気候が変わっているからなのかもしれませんね。

さて、話は変わり、今日は娘の宝物の話です。

娘にはいつも肌身離さず大切にしているものがあります。


1549694465067.jpg

右側が「ピヨピヨちゃん」、左側が「ソラカラちゃん」です。

「ピヨピヨちゃん」は妻の職場の同僚からいただいたもので、「ソラカラちゃん」はおばあちゃんが東京に行った時にお土産でくれた、東京スカイツリー公式キャラクターです。

この2つを娘はとても大切にしており、どこに行くにも一緒です。

もちろん、寝るときも枕元におき、目が覚めた瞬間にその2つを手に持ち起きてきます。

まさに「肌身離さず」という言葉がピッタリです。

ただ、この娘の宝物には難敵がいます。


1549695148070.jpg

この小さなイタズラっ子は、知ってか知らずか、娘の大切な「ピヨピヨちゃん」と「ソラカラちゃん」を、目を盗んではどこかに隠すのです。

大切な宝物の姿がないことに気づいた娘は、錯乱状態になり、いつもパパがイタズラっ子によって隠された宝物を探しあてます。

きっと明日もこの娘とイタズラっ子の、宝物をめぐる闘いは続くことでしょう(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→「黄色」=2つの宝物に共通する色味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

2018年『猫デミー大賞』発表!

おはようにゃ~ 北の猫男爵です。

立春も過ぎ、これから徐々に春の足音が近づいてくるのかと思いきや、この週末は「観測史上最強」とも言われる大寒波が北海道を襲いそうです。

でも、この寒波を乗り切れば春はもうすぐそこです。 僕と同じように春が待ち遠し方、もう少しの辛抱ですよ。

さて、そんな今日はこの「HYPER日記」の1年に1度の一大イベント「猫デミー大賞」の発表をお送りしたいと思います。

すっかりおなじみになったこの「猫デミー大賞」ですが、知らない方のために簡単にご説明させていただきます。

「猫デミー大賞」とは、この「HYPER日記」の1年間を振り返り、更新したブログ記事の中から「大賞」を決めるものです。

今回は2018年の大賞を選出するわけですが、果たしてどんな作品が受賞するのでしょうか!

今年も会場となっています「スーパーキャットアリーナ」には、沢山の方がご来場しているようなので、早速、司会のあの方にマイクをお渡したいと思います。会場の、おりもさん宜しくお願いいたします。

C339a25c6176de01942aab7702d33ba5137

「皆さん、1年ぶりのご無沙汰でした。どうも、野村萬斎です、あっ、違うか(笑)改めまして、おりも政夫です。ちなみに、これはヅラですよ、決して地毛ではありませんからね(笑)うっかり、時代劇のロケと間違えてきちゃいました(笑)しかも家から(笑)

さあ、無駄話はこのへんにして、今年もこの猫デミー大賞の司会を務めさせていただくことになり、身に余る想いです。今年はどんな作品が選ばれるのか、私自身もドキドキして“おりもす”、いえ“おります”(笑)」

この「猫デミー大賞」は、日本猫デミー協会から選ばれた審査員による厳格な審査のもと、2018年1月1日~2018年12月31日の期間に「北の猫男爵HYPER日記」に投稿されたブログ作品を対象とし、「各部門賞」と「大賞」が発表されます。

それではまずは、過去の大賞作品を振り返ってみましょう。

2008年 『テレフォンショッキング』

2009年 『18時間!』

2010年 『感謝!感謝!感謝!』

2011年 『好きですサッポロ(第1夜~最終夜)』

2012年 『命の誕生♪』

2013年 『「ブログの鉄人」誕生!』

2014年 『一度は出てみたかったな・・・』

2015年 『その時、妻が消えた!』

2016年 『はじめまして、パパですよ♪』

2017年 『自分で自分を褒めてあげたい』

過去10年間を改めて振り返ってみると、どれも印象深い作品が大賞を受賞しています。果たして、今年はどんな作品が大賞となるのでしょうか! 今年もこの「猫デミー大賞」発表の瞬間を目の当たりにしようと、様々な分野から多くの著名人が駆けつけています。

534bdd1e0db6df58ab9c12335b38110d_15

20181122_asagei_hanyu

7

66476_3

Owa18091005050001p1

Jpp023787965e1533798386754

Img_7b22b34598abe9bae33ecea4be75c6f

250pxtakanohana

Img_7c21f1e3b1967708f048d5a371f59e5

Post_18146_02_2 

R_hkh

E382b9e382afe383aae383bce383b3e382b

ハゲとるやないかい!(笑)

Coolpoko1

やっちまったな~

2018y10m25d_174347585

なんの(笑)

さあ、それでは審査の方も終わり、これからいよいよ授賞式が始まるようですので、ステージの方を注目してみましょう!

まずは「各部門賞」からの発表です。

「イベント部門賞」→『五輪新競技へ~ぞうり卓球~』(9月27日)

友人Sんでぃの誘いで、今年初めて「ぞうり卓球大会」に参加してきました。予想以上に楽しく、老若男女が楽しめる画期的なスポーツでした。今年もぜひ参加したいと思っています。

「爆笑部門賞」→『斎藤さんだべ?』(8月11日)

病院の待合室で僕が目撃した、高齢の男性2人による会話をお話した内容でしたが、そのやり取りがまさに愉快痛快でした(笑)

「感動部門賞」→『惜別の時~さらば親愛なる相棒よ~』(6月10日)

僕が26歳の時から実に17年間に渡り乗り続けた愛車と6月にお別れをしました。ずっと苦楽をともにしてきた「相棒」との別れは、悲しく切ない思いでいっぱいでした。33万kmという長い長い僕との旅を終え、今「愛車」はゆっくり体を休めていることでしょう。

「タイトル部門賞」→「四十尻(しじゅうけつ)』(11月20日)

妻が肩の痛みを訴え「四十肩」の話をしている時に、ちょうど僕もお尻が謎の激痛に襲われていたので、「四十尻「しじゅうけつ)と命名したという、ややウケるブログです。

「旅行部門賞」→『ありがとう、夢の国♪』(3月18日)『四人で見る伝説の夕陽』(3月31日)

家族4人で行った東京旅行の2つの記事を今年は旅行部門賞にさせていただきました。1つは東京ディズニーシーでの楽しい1日の出来事、そしてもう1つは東京から帰る日に、空港で見たあの「伝説の夕陽」のお話です。

「審査員特別賞」→『さらば、鉄人よ・・・』(4月28日)

2018年4月23日にご逝去された「鉄人、衣笠祥雄さん」について、自分の思いを語らせていただきました。僕自身が勝手に「尊敬」し続けていた彼の死にショックを覚えました。しかし、彼から教えられた「継続は力なり」という言葉は今でも僕の座右の銘となっています。

さあ、それではいよいよ2018年「猫デミー大賞」の発表です!

今年の猫デミー大賞は!

『家族のもとに帰れました』(9月8日)

昨年9月6日に発生した北海道胆振東部地震は多くの人々に甚大な被害をもたらしました。ちょうどその地震発生の瞬間を僕は札幌のホテルで被災し、一生忘れらない様々な体験をしました。その数日前に仙台へ出張をしていたこともあり、家族とのもとに帰り再会できたのは5日ぶりのことでした。その時の感動は今でも忘れることはありません。家族の絆の大切さを肌で感じた瞬間でした。

さあ、今年の「猫デミー大賞」はいかがでしたか。 2019年のブログからは果たしてどんな名作が誕生するのでしょうか! 来年の猫デミー大賞もどうぞ、楽しみにしていてくださいね。

それではスーパーキャットアリナーから、このへんでお別れしたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の色)→「オレンジ」=家族のもとに帰れた時の暖かい感情は、優しく光る夕陽のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

いざ、アジアの頂点へ!

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

4年に1度、サッカーのアジアNo.1を決めるアジアカップの決勝戦があと数時間後に迫っています。

ロシアW杯でベスト16へ進出し、その後、森保新監督のもと、世代交代をはかるべく集まった新生日本代表のメンバーは、親善試合などで結果を残しながら、このアジアカップに挑みました。

怪我人などもありベストメンバーではありませんが、予選グループからアジアの難敵を次々に撃破し、2大会ぶり決勝戦へと駒を進めました。

実は僕個人的には、W杯や五輪などの大きな大会よりも、このアジアカップのほうが楽しみなんです。

というのも、アジアカップでは想像もできないことが様々な状況で起きて、観る側としては、そのハラハラドキドキが何とも楽しいんです。

中東独特のスタジアムの雰囲気、中東の笛と呼ばれる普通では考えられない審判の判定、これまでも数々のドラマが生まれ、日本代表もそれに泣き笑いしてきました。

そんなアジアカップを夜中にテレビ観戦するのは、僕の4年に1度の楽しみの1つです。
解説?の松木大先生とともに、「おーい!」とか大きな声を出しながら、テレビにかじりついています(笑)

前回大会は日本代表はベスト8で敗退しましたが、8年前は決勝戦でオーストラリアを破りアジアの頂点に輝いています。


1548992422646.jpg

李忠成のあの伝説のボレーシュートが決勝点でした。
いまだにあの瞬間の衝撃は忘れることができません。

あの8年前のメンバーで今回も選ばれているのは、吉田麻也と長友佑都ぐらいかな?
それだけ時代とともに世代交代が進んでいるということだと思います。

今の日本代表には堂安、南野、冨安、さらには怪我をしている中島と、若くして世界で活躍している選手が数多くいます。

この選手たちを中心にして、どんどんと選手個々のレベルが上がっていけば、おのずと世界との差も埋まっていくと思います。

W杯でベスト8、ベスト4などいうものも現実化してきそうです。

まずは今日、カタールを破り、再びアジアの頂点へ登り詰めていきましょう!

頑張れ森保JAPAN!
いざ、アジアの頂点へ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の色)→サムライブルー=今日はこの色に日本中が染まりましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »