« 日本の夏、44回目の夏、そして100回目の夏。 | トップページ | あぶパニック! »

2018年8月11日 (土)

斎藤さんだべ?

おはようにゃ~ 北の猫男爵です。

あの猛暑はすっかりと影を潜め、既に夏の終わりを感じる今日この頃です。

僕としてはまだこれから夏の暑さがやってくることを祈るところです。

そんな今日はちょっとした小話です。

先日、僕は尾てい骨の打撲で病院に行ってきたのですが、そこでちょっとおもしろい光景を目にしました。

受付を済ませ待合室で待っていると、一人のおじいちゃんが、別のおじいちゃんの元に歩み寄っていきました。

老人A:「あれ?斉藤さんか?」

老人B:「・・・・」

老人A:「斉藤さんだべ?」

老人B:微笑みながら小さくうなずく

老人A:「いや~久しぶりだな、50年ぶりか。」

老人B:微笑む

老人A:「50年経ってもわかるもんだな。いや~懐かしいな~」

老人B:微笑む

ここで老人Aが看護師に呼ばれる

老人A:「じゃ、俺いくな、またね元気でな。」

老人B:微笑む

Org

この50年ぶりの再会という光景に、僕はちょっと微笑ましい気持ちになりました。

それからしばらくの時間が流れ、僕は自分が診察に呼ばれるのを待っていました。

すると、「山崎さん」と看護師さんが患者さんを呼ぶ声がしました。

ふと見ると、何と!

さっき、斉藤さんだべ?と声をかけられていた老人Bが、「はい」と言い立ち上がるではないですか!

「えっ?あんた斉藤さんじゃないの?」

と僕は思わず絶句しました。

あれだけ老人Aと昔を懐かしんで話していたはずなのに、老人Bは何と斉藤さんではなかったのです。

きっと老人Aは今でも50年ぶりに斉藤さんに会えたことを喜んでいるはずです。

老人Bがなぜ斉藤さんのフリをしたのか?

あるいは、もしかしたら耳が遠かったりして、老人Aが言っていることをよく理解できずにいたのかもしれないと後になって僕は思いました。

だから特に言葉を発さずに微笑んでいたのかもしれません。

ただ、外野から見ていた僕にしてみると、ちょっとおもしろい光景だったような気がします。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「雨」=最近、お盆を前にして雨が多いですね。

|

« 日本の夏、44回目の夏、そして100回目の夏。 | トップページ | あぶパニック! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/73962143

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤さんだべ?:

« 日本の夏、44回目の夏、そして100回目の夏。 | トップページ | あぶパニック! »