« 斎藤さんだべ? | トップページ

2018年8月12日 (日)

あぶパニック!

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

いやー北の大地に暑さが戻ってきました!
今日は久しぶりの夏日、まだまだ夏は終わっていませんでしたね。

そんな今日は、地元の幾つかの町内会合同で子供縁日が開催されたので、娘を連れて行って来ました。
初めて参加しましたが、色々なゲームがあり、お菓子や景品をたくさん貰えましたし、食べたり飲んだりと、娘はとても楽しんでいました。

僕が子供の頃には無かった催しで、とても新鮮でしたし、素晴らしい企画だと思います。
また来年も参加したいです。

話は変わりますが、まもなく2歳の誕生日を迎える我が家の王子、最近言葉もだいぶ話すようになり、成長をつくづく感じているのですが、そのなかである変化があります。


1534083263834.jpg


以前はパパという単語を連呼し、ママに向かってもパパと呼んでいたのですが、それが最近、真逆になりました。

僕に向かってママと言い出したのです。僕が違うよパパだよと言うと、思い出したようにパパと言いますが、また時間が経つとママと僕に向かって呼びます。
もちろん、ママに向かってはママと呼ぶので、以前の状態と真逆になってしまいました(笑)

きっとそのうち、パパとママをちゃんと呼び分けてくれる日がくることでしょう(笑)

そんなママに先日ちょっとした小事件が…

家族四人で外出先から帰宅し、玄関の前まできたときに、ママが「嫌だ!何か虫の音しなかった?」と。

僕は気づきませんでしたが、次の瞬間ママの悲鳴が響き渡りました。

どうやら、ママの着ていたシャツの中には何らかの虫が入り込んだみたいで、大の虫嫌いのママにとっては、命に関わる大事件です!

悲鳴をあげながらママはシャツを脱ぎ、とりあえず家の中に。

虫の姿はどこにも無いかと思いきや、娘があそこに虫がいる!と指を指しました。

この先にいたのは、何と「あぶ(虻)」でした!しかも、なかなかのサイズの。

僕は即座にその虻を捕獲、それで事件は無事に解決したものの、被害者のママはしばらくはその興奮が冷めませんでした。

確かに自分のシャツの中に得体の知れない虫が入り、飛び回っていたとすれば、それは虫嫌いの人でなくてもパニックです(笑)

とりあえずは何事もなく、解決はしましたが、ママにとっては「あぶパニック」でした。

そして今日、ママが窓に「あぶ」がへばりついているのを発見しました。もちろん、家の外側です。
虫とかって、嫌えば嫌うほど、その人に近づいたりするんですよね。

まだまだ虫の多いシーズンですが、虫嫌いの皆さん気をつけて下さいね。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の漢字)→「虫」=昔はよく夏休みに昆虫採集とか行ったけど、今時の子供達はそういうことはしないのかな?

|

« 斎藤さんだべ? | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/73978059

この記事へのトラックバック一覧です: あぶパニック!:

« 斎藤さんだべ? | トップページ