« W杯の原点。 | トップページ | 王子の初恋? »

2018年7月 3日 (火)

全ては未来のために。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

いやー悔しい…本当に悔しい!

今日はおそらく仕事中、眠気と戦った方も多かったのではないでしょうか。

サッカーW杯soccerロシア大会決勝トーナメント1回戦、日本代表VSベルギー代表の熱戦、僕も午前3時の試合開始前に目覚ましをセットして、しっかりと応援しました。

結果は惜しくも2対3で敗退し、初のベスト8進出は今回も果たせませんでした。

しかしながら、日本代表の戦いぶりは誇らしく立派だったと思います。

2対0とリードした時は、「これは勝てる!」と思った方もたくさんいたはずです。 そこから日本代表は決して守りには入らなかった、逆に3点目を狙いにいった、そこは間違ってなかったと思います。 守りに入ると必ずリズムが崩れ、悪い方向にいきますからね。

結果的には立て続けに2点を取られ、最後の最後で決勝点を入れられましたが、そこはやはり世界との自力の差というしかありません。

考えてみれば、W杯開幕2ヶ月前に異例の監督交代があり、直前のテストマッチでは結果を残せず、「史上最弱の代表」とまで揶揄されて挑んだ大会でした。 それが見事にグループリーグを勝ち抜き、ベスト16まできたわけですから、称賛以外の言葉は見つかりません。

開幕前に誰がここまでの躍進を予想できたでしょうか。

試合後に西野監督がコメントしたように、確かに世界との壁はまだあるのかもしれません。 でも、その壁を越えられる日はもうそんなに遠くはないのではないでしょうか。

サッカーには、もちろん個人の技術が必要ではありますが、日本にはそれをカバーする組織力や戦術があります。そして、日本人特有の「団結力」というものがあります。これはどの団体競技にも通じるものですが、この目には見えない日本人の「和」という力が、世界との差を埋めてくれるはずです。

既に4年後に向けての戦いはスタートしています。 これからの4年間で、いかに世界との差を埋めれるのか、今から僕は楽しみでワクワクしています。

今回W杯を経験した選手の中には、次の大会も中心になるであろう選手もたくさんいます。 彼らが先人たちから受け継いだ、日本代表の誇りや魂を胸に、次世代の若手たちと融合すれば、間違いなく強く見ていてワクワクするような日本代表ができあがると、僕はそう信じています。

ドーハの悲劇から25年、W杯初出場から20年、着実にそして確実に日本代表は強くたくましいチームになってきました。

幾多の苦い経験や失敗は、必ず将来に活かされます。 全ては未来のために繋がっているのです。

いつの日か、W杯という大舞台で日本代表の選手たちがW杯のトロフィーを手にする日を僕は夢見て、明日からも日本代表を応援し続けます。

ありがとう日本代表!そして、これからも頑張れ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

今日の漢字→「壁」=今日は本当に世界の壁を感じた一日でした。

|

« W杯の原点。 | トップページ | 王子の初恋? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/73794862

この記事へのトラックバック一覧です: 全ては未来のために。:

« W杯の原点。 | トップページ | 王子の初恋? »