« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月30日 (月)

歯が抜けた。

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

毎日暑い日が続いていますが、皆さん夏バテなどにはなっていませんか?

僕は夏バテにはなっていませんが、1週間前ぐらいから咳が出始めて、ここ2〜3日は酷くなってきて、夜も眠れないくらいの症状になってきたので、昨日病院に行って来ました。

処方された薬を飲んではいますが、今現在も苦しい咳は続いています。少しでも早く、咳が取れることを祈ります。

さて、今からおよそ1ヶ月程前、今年で6歳になる娘の歯が抜けました。


1532959671739.jpg

歯がぐらぐらして気にはなっていたのですが、ある朝、自分でいじってるうちに抜けてしまったみたいです。


1532959672645.jpg


ちょうどこの頃は、歯が抜け変わる時期なので
、よく前歯がない子供を目にしますが、遂に娘もそんな年齢になったんですね。

ついこの前、歯が生えてきたね!
と妻と喜びながら成長を見たと思ったら、もう生え変わりの時期になるとは、また子供の成長の早さに驚かされています。


1532959673480.jpg

歯はとても大切なものなので、しっかり立派な歯が成長してくれることを祈ります。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の漢字)→「歯」=下の歯が抜けたら屋根に向かって、上の歯が抜けたら地面に向かって歯を投げるという慣習は今も続いているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

よこやま弁護士。

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

すっかり夏らしくなりましたが、皆さんどうお過ごしでしょうか。

連日、猛烈な暑さが日本列島で続いているようですが、40℃の世界はきっと北海道民からすると異次元の世界なんでしょうね。

40℃と聞くと、確かに無駄な外出は控えるようにと警告されるのもやむを得ないでしょうね。
本当に命にかかわる数字だと思います。

その点、北海道は暑いと言っても30℃前半に数日なっただけですから、幸せなのかもしれません。

とはいっても暑いのは確かなので、皆さん熱中症などにはくれぐれもご注意して下さいね。

さてそんな中、我が家では王子が熱を出し保育所を休んでいました。
熱と言っても39℃や40℃といった高熱ではなく、今朝はだいぶ平熱に近づいたので元気に登所していきました。

どうやら保育所では、微熱、咳、鼻水といった症状の風邪が流行っているようなので、それをもらってきたのかもしれません。

そんな我が家の王子は、今ちょっと反抗期です。


1532529578244.jpg


何か気に入らないことがあれば、しかめっ面をして反抗します。
まあ、それも成長の証なので良いことかもしれません。

今年で6歳になる娘には反抗期がなかったので、新鮮といえば新鮮なので僕も妻もその王子の様子を見ながら楽しんではいます。

特におもしろいのが、「あけない」とか「いらない」とか言葉を発するところが、ある人物に似ている言い方だということです。

その人物とは!


1532528692970.jpg

皆さんわかりますよね(笑)
そう、よこやま弁護士です。
あの、一連のオウム事件のときに麻原の私選弁護人として弁護を担当した方で、その独特のしゃべり方はブームというわけではないですが、皆さんの記憶にもしっかりと残っていると思います。

調べてみたら、2007年にお亡くなりになられていました。

「やめてー」という彼の個性的なキャラクターは今でも忘れられませんが、なぜか我が王子の言い方がそれにそっくりなのも笑えてしまいます。

反抗期がいつ頃まで続くのか、これも今しか経験できないことなので、どうせなら楽しんでみようと思っています。

ちょっと急によこやま弁護人の当時の映像を見たくなったので、これからYouTubeで検索してから寝ることにします(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の漢字)→「弁」=よこやま弁護士の弁護士から一字もらい、弁にします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

平成最後の夏!

おはようにゃ~ 北の猫男爵です。

ブログの更新がしばらくできずに、申し訳ございませんでした。

先週は子供たちの保育所の七夕祭りなどの行事があり、バタバタとしていて、そして先週末からの連休で、家族で小樽・定山渓方面に家族旅行に出かけたりしていまして、非常にハードな日程を過ごしていました。

おかげさまで、楽しい思い出つくりがたくさんできましたが、体はもうボロボロです(笑)

旅行中に僕自身、ちょっと負傷もしまして(笑)

詳しくはまた後日、このブログでご紹介しますね。

そんなこんなでブログをお休みしている間に、6月半ばからずっと続いていた長雨ともおさらばし、ようやく、ようやく、遅ればせながらも、我が北海道にも夏がやってきたようです!

ここ数日は遅れていた夏を取り戻すかのように、暑い日が続いています。

520f36e2ae015a288b85335e2435499c


そして、天気予報では今日と明日の土日は十勝地方30℃オーバーが予想されています。

体がまだ夏モードに切り替わっていない方もいるかと思いますが、くれぐれも熱中症などには気をつけてくださいね。

僕も「夏男日本代表」(自称)、そして「夏ソムリエ」(自称)という肩書きを持つ以上、夏を皆さんに好なく楽しん欲しいので、まずは健康管理だけはしっかりと注意してくださいね。

皆さんもお気づきだと思いますが、今年平成30年の夏は、平成最後の夏です。

来年の夏は平成の夏ではありません、いったい何の夏になるのでしょうね?そのへんも気にはなるところですが、とにもかくにも、平成最後の夏を思い出に残る、楽しく充実した夏にしましょう。

来週あたりからは、学校は夏休みになり、そして8月に入ればお盆がやってきます。

夏休み、お盆、花火大会に夏祭り、スイカを食べて昆虫採集、プールに海水浴。

夏は夏にしかない楽しみが目白押しです。

北海道の夏はあっという間に過ぎます。どうか皆さんにとって、素敵な平成最後の夏になることを祈り、今日のブログを終わりにしたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「夏」=今日はこの言葉に限ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

王子の初恋?

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

今日は久しぶりに太陽が顔を出しました。いったいいつ以来のことになるのでしょう?すぐに思い出せないくらい、遠い昔のことのように感じます。

日本列島はここ数日の大雨で、全国各地で甚大な被害が出ています。

なかでも残念ながら犠牲になった方の数が、ニュースを見るたびに増え続けています。

おそらく雨による災害では、史上最悪規模の災害ではないでしょうか。

その被害は僕たちの住む北海道でも起きており、あの2年前の台風被害を思わず思い出してしまった人もいるのではないでしょうか。

今はまず、天候が回復し、被害が最低限で終わることを祈るばかりです。

さて、2週間ぐらい前の日のことになりますが、家族でグリーンパークに行って来ました。


1531062411403.jpg

その日はまさに快晴の天気で、グリーンパークで遊ぶには最高のコンディションでした。

娘や王子にとっては、グリーンパークデビューです。


1531062412363.jpg

遊んでいると、王子が誰かに向かって走っていきました。
よくみると、それは王子と同じ年齢くらいの見ず知らずの女の子でした。

王子は何かを話しかけたい感じで、ずっと女の子のことを気にしていました。

女の子も女の子で、王子のことが気になるのか、チラチラと様子をうかがっていました。


1531062413035.jpg

結局、二人は一言も会話らしきものを交わさないまま、離れていきました。

僕はその様子がおもしろくて、ずっと観察していましたが、遠ざかる女の子の姿を王子がずっと眺めている姿には哀愁さえ感じました(笑)

これはもしかして、王子の初恋?なんつって(笑)


1531062413685.jpg

まあ、ちっちゃなことは気にしない。
すぐに王子は、ふざけた仕草で茶目っ気いっぱいの、いつもの王子に戻っていました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「晴」=やっぱり晴れた日が一番です。今日は改めてそう感じました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

全ては未来のために。

こんばんにゃ~北の猫男爵です。

いやー悔しい…本当に悔しい!

今日はおそらく仕事中、眠気と戦った方も多かったのではないでしょうか。

サッカーW杯soccerロシア大会決勝トーナメント1回戦、日本代表VSベルギー代表の熱戦、僕も午前3時の試合開始前に目覚ましをセットして、しっかりと応援しました。

結果は惜しくも2対3で敗退し、初のベスト8進出は今回も果たせませんでした。

しかしながら、日本代表の戦いぶりは誇らしく立派だったと思います。

2対0とリードした時は、「これは勝てる!」と思った方もたくさんいたはずです。 そこから日本代表は決して守りには入らなかった、逆に3点目を狙いにいった、そこは間違ってなかったと思います。 守りに入ると必ずリズムが崩れ、悪い方向にいきますからね。

結果的には立て続けに2点を取られ、最後の最後で決勝点を入れられましたが、そこはやはり世界との自力の差というしかありません。

考えてみれば、W杯開幕2ヶ月前に異例の監督交代があり、直前のテストマッチでは結果を残せず、「史上最弱の代表」とまで揶揄されて挑んだ大会でした。 それが見事にグループリーグを勝ち抜き、ベスト16まできたわけですから、称賛以外の言葉は見つかりません。

開幕前に誰がここまでの躍進を予想できたでしょうか。

試合後に西野監督がコメントしたように、確かに世界との壁はまだあるのかもしれません。 でも、その壁を越えられる日はもうそんなに遠くはないのではないでしょうか。

サッカーには、もちろん個人の技術が必要ではありますが、日本にはそれをカバーする組織力や戦術があります。そして、日本人特有の「団結力」というものがあります。これはどの団体競技にも通じるものですが、この目には見えない日本人の「和」という力が、世界との差を埋めてくれるはずです。

既に4年後に向けての戦いはスタートしています。 これからの4年間で、いかに世界との差を埋めれるのか、今から僕は楽しみでワクワクしています。

今回W杯を経験した選手の中には、次の大会も中心になるであろう選手もたくさんいます。 彼らが先人たちから受け継いだ、日本代表の誇りや魂を胸に、次世代の若手たちと融合すれば、間違いなく強く見ていてワクワクするような日本代表ができあがると、僕はそう信じています。

ドーハの悲劇から25年、W杯初出場から20年、着実にそして確実に日本代表は強くたくましいチームになってきました。

幾多の苦い経験や失敗は、必ず将来に活かされます。 全ては未来のために繋がっているのです。

いつの日か、W杯という大舞台で日本代表の選手たちがW杯のトロフィーを手にする日を僕は夢見て、明日からも日本代表を応援し続けます。

ありがとう日本代表!そして、これからも頑張れ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

今日の漢字→「壁」=今日は本当に世界の壁を感じた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »