« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月28日 (土)

さらば、鉄人よ・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

4日前の4月24日、突然の訃報が飛び込んできました。

元プロ野球選手で広島東洋カープで活躍した衣笠祥雄氏が、4月23日に死去したという知らせでした。

0001419m

皆さんもご存じの通り、衣笠氏といえば、連続試合出場の世界記録(当時)を樹立し、「鉄人」という愛称で、広島ファンのみならず多くのプロ野球ファンから愛された方でした。

「2215」これは彼が樹立した連続試合出場の数字です。

僕がこの『北の猫男爵HYPER日記』を開設した時、まず目標に掲げたのがこの「2215」という数字でした。

野球の連続試合出場、ブログの連続更新、もちろんジャンルは全く違いますが、「継続する」という思いはきっと一緒だと思います。

そして、僕は衣笠氏が築き上げた「2215」という数字を、何とか抜くことに成功しました。

僕がこのブログを今もなお続けられているのは、衣笠氏の存在があったからこそです。

ひとことで「鉄人」といっても、彼の努力と精神力は並大抵のものではなかったはずです。

デッドボールになっても、帽子をとって謝る投手に対し、「いいよ気にしないで、大丈夫だよ」と、さりげなく手をあげて一塁ベースへと走っていく姿は今でも印象的です。

強靭な体力、そして寛大な心、ファンを魅了するプレー、まさに「心技体」が揃った唯一無二のプロ野球選手が、衣笠祥雄という選手だったのではないでしょうか。

実は僕は1度だけ、衣笠氏にお会いしたことがあります。

会ったとはいっても直接会話を交わしたわけではありませんが、今から10年以上前に、名球会主催の野球教室が音更町で開催されまして、当時音更の朝野球リーグでプレーしていた僕は、その野球教室のお手伝いとして参加させていただきました。

その日は、名球会から数名の元プロ野球選手たちがやってきて、子供たちに指導をしていたのですが、少し離れた距離で衣笠氏を拝見することができました。

とても優しい口調で子供たちにわかりやすく説明していて、時には身振り手振り、熱のこもった指導をしていました。

今でもあの時の、優しく微笑む姿は僕の脳裏から離れません。

ここ数年は体調が少し悪かったのかもしれませんが、亡くなる4日前の19日まで、解説者として仕事を全うしていたというところは、最後まで彼は大好きな野球のそばにいたかった証しなのかもしれません。そしてそれが彼が「鉄人」であり続けた理由なのかもしれません。

日本プロ野球界は、また1つ偉大な人物を失ってしまいましたが、彼が残した功績や野球に対する情熱、それは色褪せることなく、これからも後輩たちに受け継がれていくことでしょう。

衣笠祥雄さん、享年71歳、どうか天国で安らかにお眠りください。

さらば、鉄人よ・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「桜」=北海道にも桜前線が上陸し、桜の開花が発表されました。これから少しの間は「桜」を見るのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

さんさん、サンデー♪

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

この1週間は4月なのに「夏日」になったり、そうかと思えば、最高気温が一桁台になったりと、非常に寒暖の差が激しい1週間でした。

そんな中、先日の日曜日は娘と王子と、外で遊ぶことができました。

天気もよく散歩日和でしたので、散歩がてらおばあちゃんのお家(僕の実家)まで行くことにしました。

娘は自転車(補助輪付き)に乗り、王子は僕と手をつなぎ、散歩へと出掛けました。

春のポカポカ陽気に包まれて、鳥たちもさえずりを響かせていました。


1524672524705.jpg

途中で少し休憩をしていると、王子がお姉ちゃんの自転車に乗ろうと興味津々の様子でした。


1524672525200.jpg

せっかくなので、姉弟二人で記念写真を撮りました。

王子は道中、ずっと「カァーカァー」と言いながらカラスを探していました。

おばあちゃんのお家に到着すると、今度は早速、縄跳びで遊ぶことに!

1524672525617.jpg

実は娘はついこの前まで、縄跳びができなかったのですが、いったんコツを覚えたら、縄跳びも軽々跳んでました。


1524672526067.jpg

それを見ていた王子は、お姉ちゃんの真似をしながら、一生懸命に跳ぼうと頑張っていました。

休日に、仕事のことは一時忘れて、家族と過ごすのも、僕としては心がリフレッシュされるので非常に貴重です。

太陽が燦々と照っている中での外遊びは、とても楽しかったです。

さんさん、サンデー🎵最高です。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「休」=休み、休日、これからは段々休みの日に外遊びをする機会な増えそうです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

取り戻せ「なでしこ」の誇り!

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

連日、4月とは思えない暑さが続き、夏男は早くも夏が待ちきれなくてウズウズしています。

このまま、今年は夏の到来が早いことを祈ります。猛暑日、熱帯夜、どんとこい!です(笑)

さて、今日もスポーツコラムをお送りしたいと思いますので、どうぞ最後までお付き合いの程、お願い致します。

〈猫男爵のスポーツコラム〉
第2回 「取り戻せ、なでしこの誇り」

4年に一度のサッカーW杯の開幕がいよいよ2か月後に迫ってきた。
ハリルホジッチ監督の電撃解任があり、西野新監督のもとで、ロシアW杯を戦うことになった男子日本代表。

開幕を2か月後に控えたという、この時期での監督交代劇には、多くの疑問が残るが、この協会の決断が成功か失敗かは、W杯が終われば全てわかるだろう。
勝負の世界は結果が全て、例え内容が乏しくてもW杯で勝ち進めば、それは評価されるだろうし、結果が出なければ協会への責任は重くのしかかるであろう。

そんな男子日本代表に続き、女子日本代表も先日、来年開催されるW杯の出場権を獲得した。

なでしこJAPANが「W杯優勝」という栄光を手にしてから、今年で7年になる。

かつての主力選手たちがほとんどいなくなり、メンバーは大きく変わっている。

2年前のリオデジャネイロ五輪には、アジアの予選で敗退するという屈辱を味わった「なでしこ」が、W杯という大舞台で、「なでしこ」の誇りを取り戻してくれると祈ってる。


1524249925665.jpg


W杯出場権を獲得した「なでしこ」は、まもなく、アジア連覇の座をかけてオーストラリアと戦う。

オーストラリアとのアジア杯決勝戦といえば、すぐに思い出すのが、男子サッカー日本代表のオーストラリアとの決勝戦だ。

2011年のアジア杯決勝、日本の李忠成の鮮やかなボレーシュートがネットを揺らし、日本代表はアジア王者の立場に登り詰めた。


1524249926345.jpg

今回の女子のオーストラリア戦は、なでしこの復権の第一歩と言っても過言ではない。

監督が佐々木監督から高倉監督に替わり、ピッチに立つ選手たちも若手がたくさん加わった。

もちろん、W杯優勝を経験したメンバーも数名残っているので、今回のチームは経験と新鮮さが融合した、新チームであるといえる。

個々の能力はもちろん、チームとしての完成度を高める「なでしこ」にとっては、まずはこのアジア杯優勝が、再び世界への扉をこじあける第一歩になることは間違いない。

「なでしこ」たちが、また咲き誇る日を私は楽しみに待ちわびている。

それでは今日はこのへんで。チャオ(clao!)

(今日漢字)→「暑」=純粋に暑い1日でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

春遠し…

こんばんにゃ〜北の猫男爵です。

今朝起きて窓の外を見てビックリ!

辺り一面、雪が積もり季節が冬に逆戻りです。

天気予報で雪マークが出ていたことは知ってはいましたが、まさかこんなに積もるとは…

幸いにも4月なので気温があるため、午後ぐらいからはとけてきてはいましたが、春らしい外観とは一時お別れといったところです。

先日は北海道の桜の開花予想も発表され、帯広は平年よりも少し早い4月後半と予想されていたはずですが、これでは「春遠し」といった感じかもしれません。

4月の雪といえば、確か今から12年前の2006年にも今ぐらいの時期にドカ雪が降った記憶があります。

どうして覚えているかと申しますと、ちょうどその頃、僕はミニバレーの仲間を誘って、十勝のスイーツを食べ尽くすという、「MVDどうでしょう〜スイーツの旅〜」という企画を行ってまして、ちょうどそのドカ雪が降った日がロケの日でした。

Hたちゃんの車で、確か僕とAっけとRょう君の四人でロケを敢行した記憶があります。

あれから12年ですか、あの頃は「打倒大泉洋!」で地タレを目指していたのに、なんか今は小さくまとまっちゃって、冒険心の欠片もない自分に、ちょっとガッカリしちゃったりしています(笑)

まあ、そんな話はさておき、ますは今朝降った雪が早くなくなり、春の到来を待つことにします。

春になれば、子供達が外で走り回れますし、大人は焼肉しながら美味しいビールが飲めます。早くそんな季節がやってくることを願います。


1523806094784.jpg

ちょうど1週間前、娘が今シーズン初の自転車に乗りました。
久しぶりに自転車に乗ったのですが、昨年とは見違える程、上手に乗りこなしていたので、補助輪をはずす日もそう遠くないかもしれません。

娘と二人で自転車をこぎながら、街中を探索するのが今から待ち遠しい猫男爵です。

それでは今日はこのへんで。チャオ(Ciao!)

(今日の漢字)→「雪」=今日は何といっても季節はずれの雪でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

雑草魂、ふたたび!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

春到来と思いきや、昨日からうっすら雪が降り、少しだけ冬に逆戻りしましたね。まあ、この雪はすぐにとけるので、また穏やかな春の陽気が来週からまた戻ってくることでしょう。

さて、今日は僕の大好きな野球の話題を、ちょっとコラム風に語ってみたいと思います。昔、スポーツジャーナリストを夢見ていた頃もあったので、「コラム」とかは一度書いてみたかったんですよね。

<猫男爵のスポーツコラム>

第1回 「雑草魂、ふたたび」

今年も球春到来の季節がやってきた。

甲子園球場で行われていた選抜高校野球大会は、攻守にタレントが揃った大阪桐蔭が勝負強さと底力の違いを見せつけて、1981年~1982年のPL学園以来、実に36年ぶりの春連覇を成し遂げた。

昨夏に春夏連覇を逃した後、主力メンバーの多くが残った大阪桐蔭は既に春の優勝候補筆頭だった。

その周囲の期待に見事に応えることのできる選手たちには、ただただ脱帽する。無論、その影にあるのは、普段の努力から作られる「自信」という強みがあることも忘れてはいけない。

これまで春夏通じて7度決勝戦に進んだ大阪桐蔭の決勝戦の勝率は何と10割。7勝全勝というのだから、監督、選手の精神力の強さは計り知れないものがある。

PL学園、池田などが甲子園を盛り上げた昭和の時代が終焉を迎え、昨今の高校野球界はまさに大阪桐蔭の時代といっても過言ではない。

これからも大阪桐蔭の球児たちが甲子園で躍動する時代は、しばらくは続きそうだ。

さて、選抜高校野球大会も閉幕し、今度は先月30日から開幕したプロ野球が盛り上がる季節がやってきた。

今年も数多くの話題がある中、私が注目するのが、1人のメジャーリーガーの日本プロ野球界復帰だ。

その選手の名前は「上原浩治」。

昨年までメジャーでバリバリ投げていた日本を代表する投手の1人だ。

かつて、レッドソックスを世界一に導いたあの右腕が、日本球界に復帰するという知らせが飛び込んできたのは3月上旬のことだった。移籍先は、古巣の読売巨人軍。

20180309oht1i50018t

巨人を応援して40年余りの私にとっては、この上ない吉報だった。おそらく、すべての巨人ファンがそう思ったに違いない。

北海道に住む私が唯一、東京ドームで巨人戦を観戦したのが2007年の交流戦対オリックス戦だった。

延長戦にもつれこんだそのゲームで、試合終盤にマウンドに上がったのが上原浩治だった。

「ピッチャー、上原」のアナウンスが鳴り響いた瞬間に、東京ドーム中に湧き上がった歓声を私はいまだに忘れない。

既に席を立ち、ドームを後にしようとしていた観客も大勢いたが、「上原」のアナウンスを聞き、即座にみんな慌てて席へと戻ったことを思い出す。

それだけの魅力とスター性が彼にはあるのだ。

その2年後、上原は海を渡った。あれから10年の歳月が経ち、また彼が投げる姿を日本で見れるとは思わなかった。

今年の巨人は開幕から好スタートを切った、2カード連続勝ち越しで、投打が非常にかみあっている印象がある。

その好調の要因には、上原の存在が大きく影響しているのは間違いない。セットアッパーとして主に8回に登板する上原は、ここまで出場した3試合で安打を1本も許していない。まさに完璧、そして貫禄の投球内容だ。

後ろを投げる投手が安定していれば、先発投手は序盤から全力で投球することができる。投手が序盤から相手に点を与えなければ、おのずと打線も投手の力投に応えようとする。全てがチームにとって好循環といえるだろう。その好循環の最大の要因が、上原なのだ。

上原は相手打線を抑えてベンチに戻ると、ハイテンションで選手全員とハイタッチをする。まるで優勝する試合に投げているような光景が毎日見られる。

昨年まで見ることのなかったこの巨人ベンチの明るい雰囲気、まさに上原はチームの士気を高めるムードメーカーの役割も十分に果たしているのだ。

高橋由伸監督とは生年月日が全く同じ、43歳の同級生でもある。今年で就任3年目を迎える高橋由伸監督にとっては、いわば今年はもう後がない3年目、「優勝」という結果が絶対的に求められている。

その同級生の窮地を救うことも、もしかすると上原浩治が巨人に戻ってきた使命なのかもしれない。

入団1年目に20勝をあげ、新人王に輝いた時、パーリーグで同じく新人王を獲得した松坂大輔も、奇しくも今年は中日に移籍し、先日見事な復活登板を果たした。

あれから19年という歳月が過ぎ、この2人が今、日本プロ野球を盛り上げていることも何かしらの縁を感じる。

松坂大輔から生まれた「リベンジ」という言葉は当時流行語にもなった。それと同じく、上原浩治の「雑草魂」という言葉も同じく流行語になった。

2018年は、上原浩治の躍動する姿があの頃と同じように「雑草魂」という言葉を思い出させてくれるのでないか。

「雑草魂、ふたたび!」

今年のプロ野球からは、目が離せそうにもない。

筆:猫男爵

それでは今日はこんへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「雪」=少しの時間ではありましたが、久しぶりに降雪を見ました。もうこれで本当に最後の雪かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

2017年『猫デミー大賞』発表!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日から4月、そして新年度のスタートです。

春は生活環境が変わり、色々と大変な時期でもありますが、新鮮な気持ちにもなれるので僕は好きな季節です。

ただ、ここ数年来、花粉症に悩まされており、そこだけは嫌な時期でもあります。

さて、そんな今日は年に一度の一大イベントをお送りします。

昨年もこの4月1日に発表させていただきました「猫デミー大賞」の発表です。

「猫デミー大賞」とは、この「HYPER日記」の1年間を振り返り、更新したブログの中から「大賞」を決めるものです。

今回は2017年の大賞が選出されますが、果たしてどんな作品が大賞を取るのでしょうか!

今年も既に会場である「スーパーキャットアリーナ」には沢山の方がご来場しているようなので、早速、司会のあの方にマイクを渡したいと思いますkaraoke

会場の、おりもさん宜しくお願いします。

07317905

「皆さん、1年ぶりのご無沙汰でした。ディーン藤岡です、あっ、違うか(笑)これ、1年前も言ってたな(笑)改めまして、どうも、おりも政夫です。今年もこの猫デミー大賞の司会を務めさせていただきます。今年はどんな作品が選ばれるのか、ドキドキして“おりもす”、いえ、“おります”(笑)」

この「猫デミー大賞」は、日本猫デミー協会から選ばれた審査員による厳格な審査のもとに、2017年1月1日~2017年12月31日の期間に「北の猫男爵HYPER日記」に投稿されたブログ作品を対象として、「各部門賞」と「大賞」が発表されます。

それではまずは、過去の大賞作品を振り返ってみましょう。

2008年 『テレフォンショッキング』

2009年 『18時間!』

2010年 『感謝!感謝!感謝!』

2011年 『好きですサッポロ(第1夜~最終夜)』

2012年 『命の誕生♪』

2013年 『「ブログの鉄人」誕生!』

2014年 『一度は出てみたかったな・・・』

2015年 『その時、妻が消えた!』

2016年 『はじめまして、パパですよ♪』

どれも記憶に残る名作ばかりですが、果たして今回で10回目になる栄光の大賞はどんな作品になるのでしょうか。

今年も、この「猫デミー大賞」発表の瞬間を目の当たりにしようと、様々な分野から数多くの著名人が駆けつけています。

20171210s00079000251000p_thum

20171101s00078000112000p_view

183_1_3

2065234_2016011306721160014526665_3

001_4

6_4

7

386221aef8904c5ab43a5cbb133ed986_2

ハゲとるやないかい!(笑)

122e1_759_8f3e43f7_120c4d70_4

やっちまったな~

2f2ce37da70c414ea1f07a829e200b72e_3

なんの(笑)

さあ、それでは審査の方も終わり、これからいよいよ授賞式が始まるようですので、ステージの方を注目してみましょう。

まずは「各部門賞」からの発表です。

「イベント部門賞」→『チッキショー!』(9月19日)

一昨年は台風被害の影響で中止になった地元の「秋祭り」で、娘が「日本舞踊」に初挑戦しました。あいにくの雨模様の中でしたが、娘が最後まで頑張って踊り続ける姿に、感動を覚えるとともに成長も感じました。

「ハプニング・事件部門賞」→『サプライズ作戦、大失敗の巻』(2月13日)

住宅展示会場を訪れた際に行われていたイベントで、「ウルトラマン・オーブ」のショーがあるというので、ウルトラマン大好きな娘に内緒で、ビックリさせてやろうと思い、妻とサプライズ作戦を敢行したのですが・・・なぜか娘は着ぐるみには苦手意識があり、結局少しも見ることなくイベント会場を後にすることになりました。

「感動部門賞」→『惚れてまうやろ~』(2月7日)

保育所で行われた「豆まき」で、娘が大好きな2歳上の男の子が、鬼を前にして娘の前に立ち、鬼から娘を守ってくれたというエピソードを聞き、僕は思わず「惚れてまうやろ~」と感動してしまいました。

「タイトル部門賞」→『ちょっとマテオ!』(6月17日)

プロ野球で活躍する、面白い名前の外国人助っ人を紹介するという内容のブログでしたが、阪神のマテオを、キムタクの名言「ちょっと待てよ!」にモジって、「ちょっとマテオ!」というタイトルにしました。

「旅行部門賞」→『さすが、宇宙一!』(8月2日)

千葉から義弟一家が北海道に遊びに来た際、妻の両親とともに洞爺湖のサンパレスリゾートへ行ってきました。楽しい出来事が盛りだくさんで、特に「宇宙一」のCMでも有名な巨大プールで遊んだことは忘れられない思い出です。

「審査員特別賞」→『僕の8日間戦争(ラウンド1~ラウンド8』(7月4日~7月28日)

6月下旬、かねてから予定していた「扁桃腺摘出手術」を行うために北斗病院に入院しました。その時の入院生活を、約1ヶ月間に渡りご紹介したシリーズ企画です。人生初の手術、今思い出しても一生忘れることのできない出来事ばかりがあった8日間でした。

さあ、それではいよいよ2017年「猫デミー大賞」の発表です!

『自分で自分を褒めてあげたい』(10月31日)

今年の大賞は、晩秋の冷たい雨が降り注ぐ中で初めて参加した、「フードバレーとかちマラソン」の模様をお伝えしたブログです。43歳にしてのハーフマラソン初挑戦は、自分の限界との闘いでした。しっかりとした練習ができずに挑んだ本番は、案の定「苦しさ」の連続でした。完走まで、あと3キロというところで時間制限によるリタイヤとなりましたが、参加して良かったという思いと、必ずリベンジするぞという思いが生まれた1日でした。参加に誘ってくれた友人、参加を支えてくれた家族、沿道から温かい声援を送ってくれた皆さんに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

さあ、今年の「猫デミー大賞」はいかがでしたか。

2018年のブログからは果たしてどんな名作が誕生するのでしょうか!来年の猫デミー大賞もどうぞ、楽しみにしていてくださいね。

それでは「スーパーキャットアリーナ」から、このへんでお別れしたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「嘘」=ご存知だと思いますが、今日は「エイプリルフール」です。皆さんは今日はどんな「嘘」をつきましたか?ちなみに、今日のこのブログには一切「嘘」はありませんのでご心配なく、全てが真実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »