« 第2の我が家に到着。 | トップページ | ありがとう、夢の国♪ »

2018年3月13日 (火)

シャンシャン・フィーバー♪

こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。

さて、今日も前回に引き続き東京旅行のお話をさせていただきます。宜しくお願い致します

2月23日(金曜日)

東京旅行2日目の幕が開きました。
この日の最大の楽しみは何と言っても上野動物園です。

娘は幼い頃から、とにかく動物が大好きで動物園に行くといつも楽しんでいます。

地元の帯広動物園がやはり近場なので、いつも行くのですが、何度連れていっても飽きずに喜んでいます。

そんな娘に日本有数の動物園でもある上野動物園を一度見せてあげるのが、僕の夢でした。
そして運良く昨年、ちょうどシャンシャンというパンダが誕生し、その夢はさらに大きくなり、今回の旅行での楽しみが1つ増えました。

さて、果たしてシャンシャンの姿を我々は見ることができたのでしょうか!

話をまずは2日目の朝に戻します。
昨日の移動の疲れも見せず、子供達は元気に目覚めました。どちらかというと、パパとママはややお疲れです(笑)

部屋で軽い朝食を済ませ、少し部屋でゆっくりした後に出かけることにしました。
朝食後に、僕が便意を感じて用をたしたのですが、そこでトイレが詰まるという事件から2日目はスタートしました(笑)

詰まったトイレは電話をして客室係の人に託して、僕たちはまずは品川駅に立ち寄りました。

品川駅にある、生野菜ジュースの店で美味しいジューシーなジュースを飲むのが、僕と妻の品川での毎回恒例の楽しみでもあります。

早速、いつもの店に前に行きました。ところが何と!店がない!えっ?どうした?

楽しみにしていただけに動揺が隠せませんでしたが、色々聞いてみた結果、そのお店はもうなくなったようでした。

ショックでしたが、仕方ないので駅構内にある別の生野菜ジュースの店で僕たちは喉を潤してから出かけることにしました。

山手線、銀座線を乗り継ぎ、僕たちが着いたのは上野広小路という場所です。
まずはここで昼食を食べてから、シャンシャンの待つ上野動物園へと向かうことにしました。


1520865052623.jpg

都会は階段が多い…普段の生活でいかに足腰が怠けているかすぐにわかります。すぐに息がキレちゃいますから(笑)

そして、長い階段を登りきると!


1520865053327.jpg

この東京旅行最初の食事場所は「ガスト」です。「帰れま10」などでお馴染みのファミレスで、僕と妻は「一度行ってみたいね」と言っていた場所です。

正午よりも少し前に店内に入りましたが、既に満席で30分ぐらい待ってようやく座ることができました。

ある程度想定はしていましたが、東京はどこに行っても「待つ」ということは必須科目です。
ただ、幼い子供二人がいるので極力待ち時間は少なくしたいのが願望ではあります。


1520952013996.jpg

席に座りオーダーを済ませ、遂にカラカラの喉を潤す瞬間がやってきました!かんぱーい!と声をあげた、その時でした…

妻が「ちょっと待って、これ何?」

妻が指差す、ビールのジョッキーの方を見ると、ジョッキーに何か黒い得体の知れないゴミらしき物体がべっとり付着してるではありませんか!

すぐに店員さんを呼び説明し、取り替えてもらうことにしました。

やっとビールが飲めると思ったのに意気消沈です…

間もなくして、店長が新しいビールを持って謝罪に来ました。僕たちは気を取り直して、ようやく喉を潤すことができました。

するとその数分後、店員さんが子供達二人分の料理を運んできました。
ところが、2つとも頼んだメニューではない違うメニューが来たのです。店員さんに説明し、頼んだメニューを持ってきてもらうことにしました。(当然です)

すると再び店長が料理を持って登場。またしても、店長からの謝罪を受けることになりました。


1520952014534.jpg

料理は美味しくて、子供達も喜んで食べていました。
もう何も無いだろうと思っていると、僕の頼んだはずのライスが待てど暮らせど来ません…
僕はビールでお腹もいっぱいになってきたので、まだ用意していないならキャンセルしようと、店員さんを呼びました。
すると、来たのは店長でした。
いつの間にか、僕たちのテーブルはきっと店長が担当するはめになっていたのかもしれません。(問題ばかり起きるので)

僕が店長にライスが来ていないことと、キャンセルできるか話をして、結局キャンセルということになり、店長は3度目の謝罪をしました。
もう、ここまで来ると店長が気の毒に思えてきました。

そうこうしているうちに、食事も終わり帰る準備をしようかと思っていると、伝票が来てないことに気がつきました。

「あれ?これって、もしかして色々と不手際があったからお金は要りませんっていうことかな?」と、僕と妻は話していました。

すると、店長がまたしても登場!
「こちら伝票ですが、ちょっとメニューを間違えたりとか、キャンセルとかがあったので分かりづらくなっていて申し訳ありません。」と言って伝票を置いていきました。

「やっぱりお金は取るんかーい」と、僕と妻は心の中で苦笑いしました。

ガストでの食事はなかなか思い出に残る時間となったことは間違いありません。

お腹を満たした僕たちは、再び電車に乗り上野駅に到着しました。
上野駅から歩いて5分で遂に待ちに待った上野動物園が見えてきました。


1520952014968.jpg

すると僕らの目に飛び込んできたのは、「シャンシャン観覧整理券の配布は終了しました」という看板です。

ある程度予測はしていましたが、シャンシャンを見るには早朝から並んで整理券をもらわないと見れなかったみたいです。
恐るべしシャンシャン・フィーバーです。

子供達には申し訳ないことをしましたが、さすがに早朝から並ぶのは無理なので今回は涙をのんでもらうことにします。


1520953262387.jpg

上野動物園にはジャイアントパンダ以外にもたくさんの動物がいるので、気を取り直して他の動物たちをたくさん見よう!と園内に入ることにしました。

東京都が管理しているので、入場料が大人でも600円と格安なのに加え、シャンシャン・フィーバーで園内は多くの観光客で賑わっていました。

そして園内の広さは間違いなく、僕がこれまで行った動物園の中でも群を抜く広さです。子供達なんて、ちょっと目を離したらすぐに迷子になってしまいます。
幼稚園や小学生が遠足に来ている姿も数多く見受けられたのですが、実際に子供達ではなく先生が迷子になっているくらいでしたから(笑)

正門から動物園に入ると、まず真っ先にジャイアントパンダがいるみたいなのですが、ものすごい行列でパンダの姿など全く目に入りません。整理券もらった人だけが並んでいるのでしょうが、この人たち何時間並べばやっとシャンシャンにたどり着くのかな…と思いながら僕たちは前に進んでいました。

すると!


1520953262945.jpg

パンダ発見!
実は上野動物園にはシャンシャンと母親のシンシン以外にもパンダがいたのです。名前はリーリーです。
娘も王子も初めて見る生パンダに興奮し喜んでいました。
正直、シャンシャンでなくても十分です。だって、パンダはパンダだも(笑)
リーリーの前も、シャンシャンが見れなかったお客さんで大混雑でしたが、それでもパンダを見れてラッキーでした。

ジャイアントパンダを見れて気持ちもスッキリし、僕たちは他の動物たちを満喫することにしました。


1520953263426.jpg

珍しい動物がいました。ちょっと写真では見づらいですが、バクです。人間の夢を食べると言われている不思議な動物です。初めて見ましたが、その容姿も何か不思議な動物でした。


1520953263927.jpg

こちらはニホンザルです。帯広動物園のサル山よりもキレイな感じでした。


1520953961676.jpg

こちらはゾウです。本来は屋外で見れるのですが、ちょうどゾウの区域が工事中でゾウは屋内にいました。年齢は40歳を超えているそうで、僕たちと年齢はあまり変わりません。


1520953962233.jpg

上野動物園は東園と西園に分かれていて、そこを移動するにはモノレールを利用します。その辺りからも、広さが伝わりますよね。


1520953962648.jpg

西園に移動すると、カンガルーがいました。帯広動物園のカンガルーは、行くといつも寝ていますが、ここのカンガルーは元気に動きまわっていました。


1520953963184.jpg

これも珍しいコビトカバです。カバが好きな娘はもっと大きいカバに会えると思っていたので、ビックリしていました。


1520953963701.jpg

こちらはサイです。生でサイは初めて見ましたが、何か恐竜の名残が残る動物でした。


1520953964184.jpg

こちらはオカピです。オカピって、もっと小さい動物のイメージがあったのですが、意外と大きくて驚きました。


1520953964717.jpg

オカピを見ていた王子が反応。何だこのやろう!と猪木バリにアゴを出して対抗です(笑)


1520955798875.jpg

最後はペンギンです。動きがとても可愛かったです。

気がつげば、時刻は15時近くになり夕陽も西へと傾き始めてきました。この他にも、もっとたくさんの動物を見ましたが、全てをご紹介できなくて申し訳ありません。

僕たちは再びモノレールに乗り、東園から正門の出口へと向かいました。


1520955799558.jpg

まだシャンシャンのところにはかなりの行列がありました。あの人たちは何時間並んでいるのでしょうか…

僕たちは約2時間程度の滞在でしたが、非常に楽しいひとときを過ごすことができて、とてもハッピーでした。
またいつか上野動物園には来たいと思います。

上野動物園を後にした僕たちは、いったん品プリに戻って、少し体を休ませることにしたのですが、電車の中で子供達は爆睡してしまいました。

王子は元々僕が抱っこ紐で抱っこをしていたので大丈夫でしたが、問題は娘です。
寝てしまった娘を妻は抱っこして、駅の階段を登り、腰が爆発寸前になりました。

2日目にして、体力的にも厳しさが増してきましたが、この日の夕食は楽しみにしていた場所に行くことにしました。

品プリで休憩をとり、僕たちが向かった夕食の場所は!


1520955800141.jpg

くら寿司です。
こちらも「帰れま10」などでお馴染みの店で、北海道には無いので非常に楽しみでした。

店内に入ると満席でかなりの時間待つことになりました。
東京=待つ、これはもう普通のことですね。
待つこと1時間、ようやく席へ案内されました。


1520955800638.jpg

家族みんなで「かんぱーい!」

この後、写真を撮るのも忘れるくらい夢中でくら寿司を満喫しました。とてもとても美味しかったです。絶対にまた行きたいです。

くら寿司を出て、僕たちはタクシーで品プリに戻ることにしました。

タクシーを拾おうと探していると、反対車線を1台の空車のタクシーが通りました。
僕は手を挙げて合図をしました、それを目にした運転手が会釈をしました。

タクシーは信号待ちで停まり、右にウィンカーをあげました。きっと、交差点でUターンして戻ってくると思い、僕たちは待つことにしました。

その間、タイミングが悪いことに目の前を何台もの空車のタクシーが通っていきましたが、先に呼び止めたタクシーの運転手に悪いので、それらのタクシーたちはスルーしていました。

そして、信号が変わりやっとさっきのタクシーがUターンしてこちらに来ると思いきや、何とそのタクシーはそのまま右折して行ってしまったではないですか!

来ないんかーい!
僕と妻は同時に大きな声で思わずツッコんでしまいました(笑)

後になって思えば、たぶんあの会釈は「ごめんなさい」という会釈だったのかもしれません。

そんなん、わかるかーい!(笑)

結局、僕たちは違うタクシーを拾い、無事に品プリへと帰還しました。

東京旅行2日目にして、相変わらず事件がてんこ盛りの珍道中ですが、家族が四人いれば笑いも楽しさも四倍です。
みんなに笑顔が溢れる東京旅行はこの後も続きますが、それはまた次回ご紹介することにします。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日の漢字)→「待」=とにかく待つことばかりの1日でした。


|

« 第2の我が家に到着。 | トップページ | ありがとう、夢の国♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャンシャン・フィーバー♪:

« 第2の我が家に到着。 | トップページ | ありがとう、夢の国♪ »