« 「娘」と「姪」。 | トップページ | 「王子」の成長♪ »

2017年4月 1日 (土)

2016年『猫デミー大賞』発表!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日から4月になり、新年度(平成29年度)がスタートしましたup

雪解けも進み、長かった冬にもそろそろ別れを告げ、春の到来ですcherryblossom

以前は4月1日といえば、「エイプリルフール」のネタが毎年恒例だったこのブログですが、もう「ウソ」をつくネタもなくなったので、それはやめにします(笑)

さて、そんな今日は年に一度の一大イベントをお送りしますshine

この「HYPER日記」の1年間を振り返り、更新したブログの中から「大賞」を決める、題して「猫デミー大賞」ですcrown

本来はもっと早い段階で行いたかったのですが、ここまで日程がずれこんだことをお詫び申し上げますbearing

以前、毎日ブログを更新していた2014年までは365作品があったのですが、2015年は106作品、そして昨年2016年は90作品と数は減少はしていますが、その中から今回も「各部門賞」と「大賞」を厳選いたしましたので、ぜひ最後までお楽しみくださいhappy01

今年も既に会場である「スーパーキャットアリーナ」にはたくさんの方がご来場しているようなので、早速、司会のあの方にマイクをお渡ししたいと思いますkaraoke

会場の、おりもさん宜しくお願い致しますpaper

7762a0_3f7b66938ec74be29a2454b17a9c

「皆さん、1年ぶりのご無沙汰でした。ディーン藤岡です、あっ、違うか(笑)、どうも、おりも政夫です。今年もこの猫デミー大賞の司会を務めさせていただきます。今年はどんな作品が選らばれのか、ドキドキして“おりも”ます、いえ、おります(笑)」happy01

この「猫デミー大賞」は、日本猫デミー協会から選ばれた審査員による厳格な審査のもとに、2016年1月1日~2016年12月31日の期間に「北の猫男爵HYPER日記」に投稿されたブログ作品を対象として、「各部門賞」と「大賞」が発表されますpaper

それではまずは、過去の大賞作品を振り返ってみましょう。

2008年 『テレフォンショッキング』

2009年 『18時間!』

2010年 『感謝!感謝!感謝!』

2011年 『好きですサッポロ(第1夜~最終夜)』

2012年 『命の誕生♪』

2013年 『「ブログの鉄人」誕生!』

2014年 『一度は出てみたかったな・・・』

2015年 『その時、妻が消えた!』

どれも記憶に残る名作ばかりですshine

今年も、この「猫デミー大賞」発表の瞬間を目の当たりにしようと、様々な分野から数多くの著名人が駆けつけてくれていますhappy01

Tfp20101115spkisensbig

Gridcell41714791939599_3

O0439080013778369625_5

Img_news

68111_200908010730217001249096501c

Img_65937f4d448b5af7ab7b84604f513ef

Ph1

E382b9e382afe383aae383bce383b3e382b

Tablet_image_fotor

ハゲとるやないかい!(笑)

4000005

やっちまったな~

2f2ce37da70c414ea1f07a829e200b72e81

なんの(笑)

それでは審査の方も終わり、これからいよいよ授賞式が始まるようですので、ステージの方を注目してみましょうkaraoke

まずは「各部門賞」からの発表ですpaper

「イベント部門賞」→『初めての参観日』(5月25日)

保育所に通う娘の参観日schoolに行ってきた日の出来事です。生まれて初めて、親として行った子供の参観日はドキドキと楽しみの連続でした。これから小学生、中学生と、何度も参観日でそんな気持ちを味わえると思うと、またドキドキとワクワク感でいっぱいですhappy02

「ハプニング・事件部門賞」→『生き地獄・・・』(10月19日)

毎年受けている「人間ドック」で大腸の再検査を受診することになり、後日検査に行ってきたのですが、肛門からカメラを入れた時の苦痛は今でも思い出すとゾッとします・・・本当に言葉にできないほどの苦い体験でした。もう二度と体験はしたくはありません。昨年に続き、この部門賞からは自分の健康に関するネタでしたhospital

「感動部門賞」→『感動NO・1映画~誰か涙の止め方を教えてください~』(1月10日)

妻と2人で行ってきた上映会movieで見た『愛を積むひと』という映画に、思わず感動して人目をはばからず号泣してしまいましたcrying本当にこの映画は、僕が今まで見た映画の中で最高に泣ける映画でした。ぜひ、皆さんもDVDなどを借りて、良ければ大切な人と一緒にご覧になってください。

「タイトル部門賞」→『菌なんていらねえよ、夏。』(8月13日)

夏真っ盛りの8月、もうすぐ妻が出産だというその時期に、僕がまさかの「溶連菌」にかかってしまいました。妻にうつってしまっては大変なので、妻は後ろ髪をひかれる思いで、40℃近い高熱で苦しむ僕を家に残し、娘と共に実家へと避難しましたbearing。お陰さまで熱は1日で下がりましたが、本当にこれも苦い思い出となりました。ドラマ『愛なんていらねえよ、夏。』をモジってのタイトルですpaper

「旅行部門賞」→『4年前を思い出して~前・後編~』(7月12日、14日)

娘が生まれる前の2012年夏に旅行した旭川・富良野方面に、今度は息子が生まれる前に妻と娘と一緒に行ってきた旅行日記ですcar「アンパンマンショップ」に「ラベンダー」という4年前と同じ行程をたどり、お腹の中の息子も一緒に家族旅行を楽しみましたconfident残念だったのは、4年前に行った「カレー屋さん」が閉店していたことです。美味しいお店だっただけに残念でしたconfident

「爆笑部門賞」→『マエケンも、お友達。』(2月23日)

日本プロ野球を代表する投手・マエケン(前田健太)が『雨トーーーク』の「絵心ない芸人」のコーナーに登場し、その絵心のなさに爆笑しましたhappy02そして、彼に負けない絵心のなさを持つ僕も、負けずにその自慢の作品をご紹介したというブログでしたpencil暇な時にでもこのブログ見てください、きっと爆笑してもらえるはずですcoldsweats01

「審査員特別賞」→『五輪の後に天使が舞い降りる♪』(2月26日)

キング・カズが49歳を迎えたこの日、僕はブログで重大発表をしましたshineそれは夏に「第2子が誕生する」という嬉しいお知らせでした。8月に開催される「リオ五輪」の後に天使が舞い降りてくる何とも喜ばしいお知らせに、皆さんからも喜びの声をいただきました。実際には五輪最中に誕生した息子は、元気に成長しています。そして、この日はブログ更新が通算「3000回」という記念日でもありましたshine

さあ、それではいよいよ2016年「猫デミー大賞」の発表ですsign03

今年の猫デミー大賞は!

『はじめまして、パパですよ♪』(8月18日)

今年の大賞は、やっぱり何と言っても息子の誕生ですhappy0242歳にしてパパになるとは思ってもいませんでしたが、娘の誕生の時とはまた違う、何とも言えない喜びの瞬間でしたheart04生まれてすぐの息子を抱きかかえた時のあの感動は、本当に言葉には表現できないものでした。僕と妻と、そして娘のところに生まれてきてくれた息子に、本当に感謝ですconfident

さあ、今年の「猫デミー大賞」はいかがでしたか?1年間というものは本当にあっという間に過ぎて行くものです。

今年も既に3分の1が終わり、きっと2017年もあっという間に過ぎ去っていくのでしょうね。

その時その時の思い出や出来事、心に残ったことを言葉や写真として残せておける「ブログ」って本当に素敵なものなんだなあ~ということを、3100回以上ブログを更新して、改めて思いましたconfident

まだ僕の気力と体力が続く限り、このブログは更新し続けますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたしますhappy01

それでは今年も「スーパーキャットアリーナ」から、「猫デミー大賞」をお伝えできたことをご報告して、今日はお別れしたいと思いますpaper

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« 「娘」と「姪」。 | トップページ | 「王子」の成長♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/68936793

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年『猫デミー大賞』発表!:

« 「娘」と「姪」。 | トップページ | 「王子」の成長♪ »