« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月25日 (土)

「娘」と「姪」。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

1週間ブログの更新ができませんでした、申し訳ありませんでしたbearing

まさか・・・また扁桃腺?と思った方もいらっしゃるかと思いますが・・・

安心してください!腫れてませんから(笑)

実は東京からが遊びにきていまして、何かとバタバタしていて更新ができませんでした。

我がは姪のことが大好きで、姪がくることを何日も前から待ちわびていましたhappy02

Dsc_0644

空港で姉と姪の乗った飛行機airplaneが降りてくるのを、ずっとニコニコしながら見つめていました。

まだ姪が小さかった頃、僕が東京にいる姪に会いにいった時は、夜遅くになっても姪は僕が来るのを寝ないで待っていてくれました。空港での娘の姿を見て、僕はその時のことを思わず思い出しましたconfident

実は娘の行動などには、どことなく姪に似た共通点が多く、僕はよくその姿を姪にダブらせてしまいます。

そんな、似た者同士の娘と姪ですから、仲が良いのも当然ですpaper

Dsc_0666

「粘土」や「絵の具」など色々な遊びで、2人で仲良く楽しい時間をたくさん過ごしたようですhappy01

姪は今年の春から大学生になりますschool

あんなに小さくて、小さな手を僕の手にしっかりと繋いでどこにでも行っていた姪が、大学生になるのですから、本当に月日が経つのは早いものです。

Dsc_0653

姪と初対面となった我が息子も、相変わらずニコニコしながら愛想を振りまいていましたhappy02

わずか5日間の滞在でしたが、姉と姪は北海道の澄んだ空気を吸い、そして子供たちからパワーをもらい、心身ともにリフレッシュして東京へと帰っていきましたairplane

年齢は14歳も離れてはいますが、「娘」と「姪」は「いとこ」の仲を超えた、仲の良い姉妹のようにも僕の目には映りましたconfident

北海道と東京で離れて暮らしているので、会う機会は限られますが、またいつか会える日を「娘」も「姪」も心待ちにしていることでしょうconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

野球づくし!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

3月も半ばを過ぎて、雪解けも徐々に進み、春の足音がようやく聞こえてきたそんな今日この頃ですconfident

今日から3連休という方もいると思いますが、雪が解ければ観光にレジャーにと、色々と屋外での楽しみが増えてきますねup

そんな中、今盛り上がりを見せているのが、野球の「WBC」ですbaseball

Ogp

既に皆さんもご存じだとは思いますが、国別の代表が一堂に会し、野球の世界一を決めるのがこの大会です。

2006年の第1回大会、そして2009年の第2回大会は日本が連覇を達成しcrown日本の野球の実力を世界に魅せつけることができました。

前回の2013年は残念ながら準決勝で敗北してしまいましたが、今大会も見事に準決勝進出を決め、4大会連続してベスト4以上が確定しました。

今回は過去3回の大会に比べると、選手の顔ぶれにやや見劣りするという感じがあり、さらに投打の中心でもある大谷の欠場で、いったい侍ジャパンは大丈夫なのか・・・という不安もありました。

しかしながら、開幕してみるとそんな不安は一掃されましたgood

筒香、中田を中心とした打線の爆発、投手陣がフル回転で各国の強打者を抑え、守備では菊池が世界を驚かせるようなプレーの連続、ラッキーボーイ小林が正捕手として著しい成長も見せてくれています。

そんな選手たちはいざアメリカに乗り込み、いよいよ22日に準決勝、そして23日に決勝が待っていますbaseball

何とかあと2つ、勝利をもぎ取り、世界一の称号を再び手に入れてくれることを野球ファンとして強く願っていますconfident

そして、明日からはいよいよ阪神甲子園球場で「選抜高校野球」が開幕しますbaseball

球春をとげる「センバツ」ですが、何といっても今年の注目は、超高校級スラッガーの清宮君(早稲田実業)です。

Show_img

鳴り物入りで早稲田実業に入学し、1年夏に甲子園で大フィーバーを起こした彼は、その後は甲子園に出場することはできませんでしたが、ようやく甲子園に帰ってきてくれました。

この間に、積み上げた高校通算の本塁打数は79本baseball残り半年の高校野球生活で、いったい何本までその数を伸ばすことができるのか非常に楽しみです。

その他にも、履正社の安田君、大阪桐蔭の根尾君など、今大会は打者に注目する選手が多いのも特徴です。

果たしてどの高校が紫紺の大優勝旗を手に入れるのか、明日から12日間、高校野球からも目が離せませんnote

そして陰には隠れてはいますが、プロ野球も開幕に備えてオープン戦が各地で繰り広げられていますbaseballWBCで主力選手が抜けているとはいえ、各チームとも、長いペナントレースを戦い抜くために、それぞれチーム力を高めてきています。

秋に日本一のチャンピオンフラッグを手にするのはどの球団になるのか、こちらも楽しみですhappy01

今年の春は、まさに野球づくし!

最近はサッカーsoccerのほうに人気がとられがちですが、野球だってまだまだその人気は捨てたものじゃありませんscissors

僕たち野球人にとっては、いつになっても野球は最高に楽しく感動するスポーツですshine

WBC、高校野球、そしてプロ野球、すべてにおいてそこに最高のドラマが誕生します。

やっぱり、野球って最高です!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

反逆は豚丼のあとで!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

やりましたね~キング・カズ50歳にしてゴールsign03またも自身のJリーグ記録を更新しましたsoccer

50歳にして現役バリバリなわけですから、本当に感服しますconfident

実はが通う保育所のパパ友から誘われて、地元のフットサルチームに来月から入ろうかと思っていますhappy01

ここ数年、運動という運動は全くしていないので、運動不足解消に向けて頑張ろうと思いますgood

フットサルは数年前にちょっとだけ“かじった”ことがありますが、42歳にしてまたあのハードな動きについていけるのか、ちょっと不安もありますがcoldsweats01ケガだけしないように楽しみたいと思います。

さて、話はガラっと変わりますが、先日の休日、僕はとある場所へ足を運びました。

Dsc_0593_2

このブログでも何度か登場するお馴染みの「雀荘」ですshine

今回もいつも「麻雀」を楽しむ、お馴染みのHきYっちSし、そして猫男爵の4人がこの場所に集いましたhappy01

前回の開催は昨年の5月でしたので、約10ヶ月ぶりの開催です。

Dsc_0596_4

これまでの過去の優勝回数はSしが最多の4回、Yっちが3回、そして僕猫男爵が2回、Hきが1回と続きます。

Dsc_0594_3

序盤戦は、いきなり僕がトップ賞を取り、幸先の良いスタートをきりましたup

ところがその後は、実力者のYっちが3ゲーム連続でトップを取り、独走態勢を築きますup

第5ゲームは下位に甘んじていたHきがトップを取ったものの、いつも爆発的な引きを見せるSしはこの日は別人のように沈黙し続けますdown

そしてここで「夕食タイム」restaurant

僕は何を頼んだかというと、もう皆さんお分かりですよねconfident

Dsc_0595

僕のパワーの源、「豚丼」ですshine

ここの「豚丼」は日本一note何度食べても感動ですhappy02

さあ、「豚丼」パワーを注入したところで、反逆でも始めることにしますかscissors

反逆は「豚丼」のあとで!

そして本当にこの「豚丼」を境にして、ゲームは大きく動き始めましたsign03

第6ゲームこそ、Yっちがトップを取ったものの、日付が変わったラスト第7ゲームは、僕猫男爵が怒涛の鬼ヅモを連発sign03

Dsc_0597

真夜中の驚異の追い上げでトップ賞を獲得shine結果的には最初と最後のゲームは僕が獲るという形になりました。

そして全てのゲームが終わった総合結果は・・・

優勝 Yっち(+121)

準優勝 猫男爵(+13)

3位 Hき(-38)

4位 Sし(-96)

Yっちが2大会連続4回目の優勝を飾りましたcrown

気がつけば時計の針は午前3時をまわっていましたclock

4人は約11時間に及ぶ戦いを終え、家路へと向かいました。また、次回の開催を待ちわびます。

1488898450270_2

この日の僕は、まだ「扁桃腺炎」の回復がままならない状況でしたが、何とか最後まで戦い抜くことができましたconfident

お家に帰ると、息子は僕の労をねぎらいベッタリと抱きついてくれましたが、そのまま僕も息子も眠りにおちましたsleepy

本当のオッサンと、見た目がオッサンの小さな天使の「睡眠2ショット」をご覧になって今日はお別れしましょう(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

さらば、ガラスの喉よ・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

また1週間程、更新が遅れてしまって申し訳ございませんbearing

本当は話したいことが山ほどあります。

WBCのこと、キングカズが50歳でプレーしていること、清水富美加の出家のこと、森友学園問題などなど・・・時間がいくらあっても足りないくらいです。

辛かった「扁桃腺炎」の影響からくる高熱は何とかおさまり、現在は平穏な日常生活に戻っていますconfident

昨日になりますが、帯広市内の病院hospitalへ行き、扁桃腺の摘出手術をすることを決断してきましたpaper

これから何度も何度もあの高熱にうなされるのは、もうこりごりです・・・

術後の痛みや辛さも結構あるようですが、今後熱に悩まされることがなくなることを思えば、手術に踏み切ることが正解のような気がします。

手術は6月で予約してきました。あと3ヶ月あまり、その間に再び「扁桃腺炎」にならないことを祈ります。

さらば、ガラスの喉よ・・・

僕を高熱の地獄から解放してくれ・・・

Dsc_0620

ちなみに奥の建物、我が母校ですschool久しぶりに母校の姿を見てきました。

僕が手術をするのは母校の近くの病院ですhospital入院は1週間~10日間ぐらいだそうで、6月の初夏の季節は、母校を見ながらの入院生活になりそうですconfident

痛みに耐え、頑張ってきます!まだだいぶ気が早いですけどね(笑)

そんな、僕の心の闘いを癒してくれるのは何と言っても我が家の天使ですshine

Dsc_0529

最近は床を少しずつ這って進むようになりましたhappy01

1488950750184

色々なところに冒険しに自分の力で行けるので、とっても楽しそうですhappy02その分、危ないものdangerはどこにでも置けなくなってきたので、もそしても気をつけています。

1484973050634

以前、息子が「フクスケ」に似ているというお話はしたと思いますが、また別のそっくりさんを発見しました。それはsign02

1488596488431

内山くんです(笑)笑っているところとか、そっくりup

いつも息子の笑顔で我が家は、笑いに包まれていますconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

喉に爆弾を抱える・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は「ひなまつり」でしたね、我が家でも飾られた「雛人形」を見ながら、楽しい「ひなまつり」のひと時を楽しみましたhappy02

4歳になるは保育所でも「ひなまつり」を楽しんできたので、一日で2回も嬉しい出来事があったそんな日でした。

さて、ブログがおよそ10日間あまりも更新できずにいまして、申し訳ありませんでした。

実は・・・

また発熱してしまいまして、原因はいつものごとく「扁桃腺炎」ですdespair

1ヶ月程前に入院して元気になったばかりなのに、またしても、やらかしてしまいましたsad

今回は前回のように「入院」まではなりませんでしたが、扁桃腺に細菌が居座っているので、ちょっと疲れがたまったり、体力が落ちたりすると、その細菌が動き出してまた悪さをすようです・・・

今回も38℃前後の熱が5~6日間続き、薬を服用すれば一旦は熱も下がりdownますが、時間の経過とともにまた熱が上がるupという状態を繰り返し、食事も満足にとれずの生活が続きました。

その結果、体重は一気に4kgも落ちdown、今朝計測したら60.1kgでした。あと少しで50kg台・・・50kg台なんて、たぶん高校生ぐらいの頃以来なっていないと思います(笑)

今日も病院hospitalへ通院し点滴をしてきて、耳鼻咽喉科の先生とも話してきたのですが、もうこの状態を打破するには、扁桃腺摘出手術に踏み切るしかないという決断に至りました。

まだ具体的な日程はこれから決めますが、早い段階で手術はしたいとは考えています。

このままいつまでも喉に爆弾bombを抱えたままの生活は、家族にはもちろんのこと職場にも迷惑をかけますし、一番に自分の体が崩壊してしまいます・・・

妻は「Mr.扁桃腺」と言ってイジってくれるので、おかげで心が和みますが、正直本当に毎日熱にうなされ、ただ寝ているだけの時間は「地獄」以外の何者でもありません・・・

早くこの「地獄」から脱出したいです。

扁桃腺の出術をするにあたっては、もちろん不安なこともいっぱいあります。自分の体にメスを入れるわけですから。

聞いた話によると、術後の痛みthunderや辛さが半端ないようですが、きっと個人差もあるのでそれは人それぞれだと思いますが、怖いという気持ちが正直ありますshock

でも、長い目で見れば取る方が間違いないのも事実です。

誰か、こんな僕の不安を取り除いてくれるような、扁桃腺摘出手術の経験者の方で体験談をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご参考までに教えていただければ嬉しく思います。

それでは「Mr.扁桃腺」は今日はこのへんで、失礼させていただきますhappy01

チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »