« 運命の一日。 | トップページ | 秋冬セレクション♪ »

2016年10月30日 (日)

待ちわびていた、2人のスーパースター!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~昨日の夜は実にしびれましたねhappy02

北海道日本ハムが広島東洋カープを破り、10年ぶり3度目の日本一の栄冠を手にしましたcrown

ペナントレースは大逆転での優勝、その勢いそのままにCSも勝利し、そして挑んだ日本シリーズでしたが、敵地で2連敗という最悪のスタートでしたdown

がしかし、札幌に戻ると、大谷のサヨナラヒットなどで2連勝し、さらには第5戦では西川の劇的な満塁サヨナラホームランで勝利し、優勝に王手をかけましたgood

そして迎えた昨日の第6戦、誰もが先発投手に予想していた大谷はベンチに温存し、結局は大谷は投手でも打者でも出場しないまま、優勝の瞬間は訪れましたbaseball

試合に出なくても、大谷の存在は脅威そのものだったのではないでしょうか。

どの場面で出てくるのか、投手なのか打者なのか、少なくとも広島ベンチは大谷を意識していたことは間違いないでしょう。

投手としても、打者としても、そしてベンチにいても、彼はスーパースターだったのですshine

もちろん彼のみならず、この勝利は、監督、コーチ、選手が一丸となって掴んだ見事なチームワークの勝利だったと思いますscissors

10年ぶりに北海道の大地に歓喜をもたらしてくれた、日本ハムというチームに心から感謝したいと思いますconfident

来年は日本ハムに負けないように、我が読売巨人軍がその栄冠を奪還させていただきたいと思いますwink

プロ野球baseballが全日程を終え、サッカーsoccerのJリーグも大詰めに差し掛かり、スポーツはシーズンオフになるとお思いでしょうが、実はこれからがスポーツが楽しい季節なんですhappy01

ウインタースポーツはもちろんのことですが、ラグビー、駅伝、マラソンといった楽しみなスポーツが目白押しですpaper

そんな中、スポーツ好きの僕にとっては嬉しいニュースが飛び込んできましたhappy01

バレーボールの男女の日本代表の新監督が発表されましたshine

5d73f51685833c416c3bc15791d76a86201

男子は中垣内祐一、女子には中田久美と、いずれも1980年代~1990年代の日本を代表するスーパースターが新監督に就任しましたhappy01

2人が活躍していた頃、僕はちょうど中学生~高校生の頃で、2人の活躍をこの目で見ていた世代なので、僕にとっては待ちわびていた2人のスーパースターの監督就任ですhappy02

というか、もっと早く監督になっていてもおかしくはなかったようにも感じます。

Photo

中田久美といえば、15歳で全日本に選ばれ「天才セッター」と称され、3度の五輪で活躍した名セッターです。指導者としても、ユース女子日本代表のコーチなどを経て、プレミアリーグ女子の久光製薬の監督の就任し、チームを優勝へと導くなどの実績も残しています。

就任会見で「戦う集団にするだけ、チャラチャラしたのは好きじゃないですから。」と既に厳しさを表に出していますが、ちょうどチームの変革期に差し掛かった女子日本代表には、一番の適任者ではないかと僕は思います。

女子日本代表の監督を女性が務めるのは、1982年の生沼スミエ氏以来2人目のことです。選手と同じ女性ということで、選手との距離感が男性の監督よりは近く持てることも、彼女の強みの1つかもしれません。

リオで惨敗に終わったチームの再建をぜひ期待したいですconfident

200911200011spnavi_2009112000018_vi

一方、男子日本代表の監督に就任した中垣内祐一、彼も現役当時は押しも押されぬスーパースターでした。shine

エースアタッカーとしての技術やバレーセンスはもちろんのこと、そのルックスから、多くの女性ファンを虜にしましたheart04

僕の中学校の同級生の女子たち(特にバレー部)は、みんなこぞって「ガイチ、カッコイイ!」と毎日のように騒いでいたことを今でも鮮明に憶えています。

彼も五輪や世界選手権など数多くの世界の舞台を経験し、引退後はVリーグの堺ブレーザーズの監督になり、チームを優勝へと導き、さらには全日本男子のコーチを務めるなど、指導者としての実績や経験も豊富です。

ただ、事情があり3年間、バレーボールの現場からは離れていたので、そのブランクをこれから少しずつ埋めていかなければなりません。

きっと彼には、バレーボールから一旦距離を置いたことで得たものもあるでしょうし、何より彼には「カリスマ性」という武器があります。2大会連続で五輪出場を逃した代表チームをきっと変革してくれるとそう信じています。

男子代表には若い逸材がたくさんいます。その「スターの原石」たちをどうスターにしていくか、それはスーパースターだった彼にしかできない役割なのかもしれませんgood

Coytubgu8aa_cwi

そんなスター候補の筆頭が石川祐希です。既に全日本のエースといっても過言ではありませんが、さらにそのスターとしての輝きを磨いて欲しいです。彼抜きで全日本の進化はありえませんgood

そんな男子よりも、チームの立て直しが急務なのが女子日本f代表です。ロンドン五輪でセッターの竹下が引退し、今度はエースの木村が今季限りで引退を表明・・・

チームの大黒柱が抜けた今後は、新たな柱を作っていかなかればなりません。絶対的なエースと、安定感のあるセッターの育成、そこが大きな課題です。

Kogasarina0628thumb300x450132153_2

僕が「木村の後継者」として大きな期待を寄せるのは古賀紗理那です。リオ五輪では残念ながら代表落ちを経験しましたが、その苦い経験は必ず将来生きてくるとそう確信しています。

男女ともに、若い力は確実に育っています。あとはその力を、新監督の2人がどう伸ばしていくか、今から2人の手腕が楽しみで仕方ありませんconfident

2020年の東京五輪まであと4年、奇しくもかつて「スーパースター」と呼ばれた2人に、その時間は託されましたconfident

頑張れ、バレーボール全日本!

東京五輪では男女ともに金メダルだ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« 運命の一日。 | トップページ | 秋冬セレクション♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/68163257

この記事へのトラックバック一覧です: 待ちわびていた、2人のスーパースター!:

« 運命の一日。 | トップページ | 秋冬セレクション♪ »