« 娘のリベンジ! | トップページ | 運命の一日。 »

2016年10月19日 (水)

生き地獄・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

前回のブログでご紹介したように、先日の日曜日は誕生日&発表会でした

ドキドキで迎えた今年の発表会でしたが、そこには1年前の号泣した娘の姿はなく、笑顔で楽しみながら踊ったり歌ったりする娘の姿がありました

その姿を目にしたは、結構な序盤から涙していました(笑)

娘のリベンジは見事に成功です本当によく頑張りました、心から娘の成長を感じた一日でした。

20161019_114602

発表会の後に行われた誕生会では、ケーキを前にニコニコでした

おじいちゃん&おばあちゃんからも、たくさんプレゼントをもらい、娘にとっては最高の一日となったことでしょう

20161019_114541

そんなお姉ちゃんの姿に、息子もニコニコです

ここ最近、息子は頻繁に笑うようになりました。家族が笑っていると、自然と笑顔を憶えるのかもしれません。これからも、みんなで笑顔をたくさん見せてあげたいと思います

さて、そんな今日は「健康」のお話です

今月の初めに、僕は毎年受診している人間ドックを今年も受診してきました

コレステロールは既に投薬で数値を調整しているので問題ありませんでしたが、何と今年は大腸で引っかかってしまいました・・・

検便に少し血便があったようで、再検査となりました

再検査というのは、大腸内視鏡検査、つまり、肛門からカメラを入れる検査です

テレビなどで芸人などが受けているのを何度かみたことがありましたが、まさか自分がそれを受けることになろうとは・・・

そして今日その検査を受けてきました

その検査は一言で言えば、まさに「生き地獄」でした・・・

その闘いは前日からでした。まず夜9時に下剤を服用します。そこから腹痛との闘い・・・

さらに今朝は7時から水でうすめた下剤2リットルを、15分間隔で2時間かけて飲み干しました。

そして10分おきに襲ってくる便意にトイレにかけこみ、腸の中をクリアにしました

トイレに行くことじたいは腹痛とかはないので苦ではないのですが、2リットルの下剤を飲み干すのが苦痛でたまりませんでした

味が微妙なんです、何か食塩水をまずくしたみたいな感じで・・・もう2度と飲みたくありません。

しかし、ここまではあくまでも序章、本当の闘いは病院に着いてからです

検査着に着替え、自分の順番が来たので検査室に入りました。

ベッドに横になり、肛門からカメラが入ってきました。

最初は「あれ?意外と大丈夫かな?」と思っていたのですが、腸の中を肛門がどんどん奥に入っていくにつれ、カメラが腸の壁にあたり、もの凄い痛みが・・・

時間にして10分~15分程だったと思うのですが、僕にはそれが1時間にも2時間にも感じました

本当に言葉にできないくらいの激痛です・・・

痛いのはそれほど気にならない僕ですが、さすがにこの検査だけはもう2度と絶対にしたくありません!

さらに、肛門から空気を入れて腸を膨らますので、お腹が張ってその痛みも半端ないのです。

「苦しかったらガス(オナラ)を出してもいいですよ~」と看護師の方が言うのですが、痛くてそれどころではありませんでした

検査の結果は、どこにも異常なく、ホッとしましたが、本当にもうこの検査は絶対に嫌です

検査後も、ガスがなかなかでなくて、お腹が張った状態だったので、歩くことも苦痛でしたが、何時間かかけてガスも出し切り、今は体調は普通に戻りました

皆さんの中にも、もしかしたらこの検査を受けた方もいるかと思いますが、わかっていただけますよね

昨年からノロウイルス、手足口病、そして今年は溶連菌、咳喘息、そして大腸検査と、40歳を過ぎてから、何か急に体のあちこちにガタがきたように感じます

今回は何も異常がなくて良かったのですが、これはもしかすると神様からの「気をつけなさい」という警告なのかもしれません

僕だけのことだけではなく、僕には守るべき家族がいます。自分の健康のことをもっと真剣に考えなければいけない、そんな年齢に差し掛かってきたのかもしれません

皆さんも健康にはくれぐれも気をつけてください。何か異変を感じた時は、早めに病院に行ってくださいね健康第一です。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« 娘のリベンジ! | トップページ | 運命の一日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き地獄・・・:

« 娘のリベンジ! | トップページ | 運命の一日。 »