« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月28日 (水)

衝撃のトークショー!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は北海道が歓喜に沸きましたねhappy02

北海道日本ハムファイターズが、4年ぶりのリーグ優勝を決めましたscissors

この奇跡の大逆転優勝には、台風被害で甚大な被害を受けた北海道に、本当に大きな勇気を与えてくれましたconfident本当にありがとう!そして、おめでとう!

そして我が巨人軍も連夜のサヨナラ勝ちで、セリーグの2位を確定させましたgood

日本シリーズbaseballで日本ハムと対戦できることを楽しみにしています。まあ、日本シリーズは巨人軍が勝たせてもらいますけどねsmile

さて、そういえば1ヶ月程前になりますが、我々十勝の方にとっては、なじみのある十勝花子さんがご逝去されたというニュースを目にしました。まだ70歳という若さでした・・・

E38aad7b615261e7a359938952fc73ea

女優そしてタレントとして活躍された十勝花子さんですが、実は僕は一度だけ彼女にお会いしたことがありますpaper

あれは僕が中学1年生か2年生ぐらいの頃だったと思います。

ちょうど今時期の秋祭りの頃です。

お祭りのイベントの1つとして十勝花子さんがトークショーにやってきたのですkaraoke

当時、僕は彼女の存在を知らなかったので、「十勝花子って誰だ?何者だ?」と思いながらも、いったいどんな人で、どんなトークをしてくれるのかとても楽しみにしていました。

そしていよいよトークショーの時間が近づき、僕は友人たち数名と会場に向かいました。

会場がなかなかの人混みでにぎわっている中、いよいよステージに十勝花子が登場しましたsign03

女性にしては、かなりの超短髪sign03

そしていきなりの小気味の良いベシャリsign03

一瞬にして会場は和やかなムードに包まれていきましたhappy01

しかし、トークを聞いていくうちに、その内容が徐々によからぬ方向に・・・

トークの8割、いや9割が下ネタでした(笑)coldsweats01

しかし、その下ネタにより、会場は大盛り上がりを見せていき大爆笑の渦happy02

ちょうど思春期の僕たちも、下ネタは大歓迎good

ただ、近くに親とかもいたので、やや微妙な部分もありましたが、それでも十勝花子の衝撃のトークショーに大喜びした思い出がありますconfident

その内容は結構過激な部分のあるので、ここではご紹介できませんが、僕たちは「また来年も十勝花子こないかな・・・」とみんなで言った記憶がありますconfident

しかし、彼女が来ることはそれ以降一度もありませんでした・・・

今となっては懐かしい思い出の1つですが、そんな彼女が天国に旅立ってしまったことを、非常に残念に思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

オヤジパワー!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

9月も終盤に差し掛かり、明日は「秋分の日」です。この響きを聞くと、季節はすっかり「秋」だな~と感じてしまいますmaple

真夏の真っ只中に息子が誕生して、はや1ヶ月以上が経過しましたconfident本当にこの1ヶ月はあっという間に時間が過ぎていきました。

改めて子育ての大変さを実感している42歳の猫男爵ですcoldsweats01

さて、気がつけば僕の好きなプロ野球baseballのペナントレースも大詰めを迎えています。

セ・リーグは残念ながら我が巨人軍が優勝することはできず、広島東洋カープが25年ぶりの優勝を決めましたcrown

一方のパ・リーグは、ソフトバンク日本ハムが熾烈な優勝争いを繰り広げています。本当に最後の最後まで目が離せませんgood

そんな中、今年も多くの選手たちがユニホームを脱ぐ決断を下しています。

2016092000010004baseballc0001view

昨日は「ハマの番長」として横浜ベイスターズ一筋で活躍した、三浦大輔投手が引退を発表しました。

彼は今年の12月で43歳になる年齢だったわけですが、昨今のプロ野球選手は40代の選手も当たり前の時代となりました。

僕の子供の頃は、35歳ぐらいで引退する選手がほとんどでしたので、選手の寿命というものも非常に長くなったと感じます。

昨年、山本昌(中日)、谷繁(中日)、和田(中日)などといった大ベテラン選手が引退したことにより、今年の現役最年長選手だったのは三浦大輔投手でした。

しかし、彼の引退により現役最年長選手は、僕と同い年(同学年)3選手となりましたpaper

2011090300000052mai0001view1

中日の岩瀬仁紀投手。

002

ロッテの井口資仁内野手。

Kuroda1_2

そして広島の黒田博樹投手です。

この3人はいずれも誕生日がきて42歳になります。

僕と同じ昭和49年生まれ(黒田は早生まれの昭和50年)なのです。

何かそれを聞くと、僕も自分が歳を重ねたことを痛感しますし、それとともに、残り少なくなった同年代が去りゆくことに寂しさも感じますdespair

この3選手には、同世代としてこれからも少しでも長く活躍をして欲しいので応援したいと思います。

ちなみに、彼らの1つ下の学年では、松井稼頭央(楽天)、福浦和也(ロッテ)の2名が現役で頑張っています。

みんな、頑張れ!オヤジパワーを見せつけて、プロ野球を大いに盛り上げてくださいhappy02

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

ウルトラマンさまさま。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

またまた更新が随分と遅れてしまって申し訳ありませんbearing

早いもので、あの大型台風typhoonの被害から2週間以上が経ちました。

大きな被害にあった場所でも水道が復旧するなど、ようやく日常生活が少しずつ元のように戻りつつあります。

しかし、道路や線路などの復旧はまだ見通しがたたない状態です。相当な労力と時間を費やすことは必至ですが、一刻も早い復旧を願いたいものです。

そんな今日は、先月誕生した息子が1ヶ月健診に行ってきましたhospital

早いもので息子の誕生から1ヶ月がたったんですねhappy01毎日が時間との闘いで本当に忙しくてsweat01時の経過の早さに改めて驚いています。

健診の結果は良好で、どこにも異常はなく、も安堵していますconfident

もう少しで4歳になるも含めて、これからが本当の子育てだと思いますが、老体に鞭をうって頑張ります(笑)good

そんなことを思っているうちに、ちょうど1ヶ月前のことをふと思い出しました。

妻が息子を産んですぐの、ある日曜日のことです。

僕と娘は、病院にいるママと息子に会いにいく前に「十勝プラザ」へと足を運びました。

目的は娘が今一番大好きなヒーローshadowに会うためですshine

実はその日、イベントでウルトラマンダイナが帯広にやってきていたのですsign03

「ウルトラマンダイナに会いに行く?」と娘に聞くと、飛び上って「行く!会いたい!」と大喜びしていたので、僕も娘の喜ぶ顔が見れると思い、超楽しみでした。

しかし、いざウルトラマンダイナを目にすると・・・

20160830_125225

泣き崩れてしまい・・・パパから離れようとしませんcoldsweats01

20160830_125232

ウルトラマンにめっちゃ気を遣われてるじゃないですか(笑)

せっかく長い時間並んで手に入れた「記念写真を撮れる権利と握手ができる権利」も棒に振ってしまいましたcoldsweats01

さすが、パパゆずりの“ビビリー”ですcoldsweats01

でも、そんな娘も家では毎日のようにウルトラマンのテレビや本を見ています。

ママが入院中は、ママがいない寂しさを紛らわすのに毎日のようにウルトラマンのテレビを見せていましたし、そういう意味では僕にとってはウルトラマンは“神様”のような存在ですconfident

娘だけでなく、ある意味僕にとってもウルトラマンはヒーローなのですshine

本当にウルトラマンさまさまです。

今度がいつになるか分かりませんが、またウルトラマンが近くに来ることがあれば、今度こそは娘が楽しむ姿を見てみたいものです。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

ご心配をおかけしました。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

まずはブログの更新がなかなかできなかったこと、そして皆様に大変ご心配をおかけしたことを、この場を借りてお詫び申し上げます。

皆様もご存じのとおり、8月30日の夜から翌日の未明にかけて、北海道を襲った大型台風「台風10号」は大きな傷跡を残しました。

あの悪夢ような出来事から1週間が過ぎましたが、その被害は甚大なもので、改めて自然の猛威を痛感させられました・・・

幸いなことに我が家は被害がなく無事でしたが、身近なところでこれほどまでの自然災害がまさか起こるとは、想像もしていませんでした。

いまだ続く、行方不明者の捜索、さらには復旧作業、そんな中、断水が長期化し、人々の生活を苦しめています。

肉体的な疲労はもちろんのこと、精神的な疲労も蓄積されてきています。

でも、こんな時だからこそ、みんなが助け合い、何とかこの困難を乗り越えようと必死に頑張っています。

復興までの道のりは、まだまだ果てしないものなのかもしれませんが、北海道に住む僕たちは、この大自然にたくさんの恩恵をもらって生活してきました。

ですから、その自然の恵みをまた取り戻し、必ず北海道をもとの北海道に戻していかなければなりません。それが何年かかっても!

このたびの台風被害で、多くの方からご心配の連絡をいただいたのですが、携帯電話や自宅の電話などの連絡手段がしばらく不通となり、すぐにご連絡ができませんでした。大変ご心配をかけて申し訳ありませんでした。

ようやく携帯電話はつながるうようになりましたが、それもまだ完全ではありません。自宅の電話においてはいまだに不通です・・・

自宅が光回線なので、自宅でPCが使えませんので、今日は別のところのPCを借りて今、更新しています。

今後もなかなか更新できない日が続くかもしれませんが、僕は無事なので、どうぞご安心してください。

皆様から温かい励ましのお言葉をいただいたことを、まずは今日この場を借りて感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます。

それでは今日は、このへんで失礼させていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »