« 世界で一番幸せな夏♪ | トップページ | 菌なんていらねえよ、夏。 »

2016年8月 6日 (土)

さよなら、ウルフ・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

毎日暑い日sunが続きますが、皆さん夏バテなどにはなっていませんか?

そんな暑い陽ざしsunに負けないくらいの熱い戦いが、いよいよ今日から地球の裏側ブラジルで開幕しましたsign03

リオデジャネイロ五輪の幕開けですsign03

これからおよそ2週間近くにわたり、日本中が歓喜の沸き上がることは間違いありませんpaper

明日からは甲子園球場で高校野球baseballも開幕しますし、今年の夏はスポーツ三昧の毎日になりそうですhappy02

さて、そんな中、かつて日本中を歓喜に沸き上がらせ、国民的英雄となった1人の大横綱のお通夜が本日営まれました。

昭和を代表する大横綱、第58代横綱・千代の富士、61歳という早すぎる生涯でしたdespair

ちょうど1週間前、この訃報を聞いた時は僕は正直信じられませんでした・・・

「まさか、本当にあの千代の富士が亡くなったの?」とその現実をすぐに受け止めれませんでした。

僕は祖父や祖母の影響で子供の頃から相撲は大好きでした。

いつも相撲中継は欠かすさずに見ていましたtv

そんな僕をさらに相撲の虜にさせてくれたのが、千代の富士でしたconfident

他の力士たちに比べると小さな体でしたが、土俵の中ではその体がとても大きく見え、鍛えられた筋肉隆々の体から出る豪快な技には、いつも魅了させらましたhappy02

横綱になってからもその強さは衰えを知らず、昭和の大横綱にふさわし活躍を見せてくれました。

Chiyonofujishiko

印象的なのが土俵入りの際の大きく上げた足ですfoot強靭な足腰があるからこそ、あんな「四股」を踏むことができたのでしょうpaper

「ウルフ」のニックネームで親しまれ、相撲ファンのみならず、多くの国民から愛された千代の富士ですが、その鋼の体も年齢と体力の衰えには勝てず、「体力の限界、気力もなくなり・・・」と引退することになりました。

引退後は、後進の指導に力を注ぎ、多くの関取を誕生させました。

まだまだこれからが親方としての人生だったはずなので、非常に残念でなりませんdespair

Tpc16073122280002p11

目をつぶると、ウルフが口元を緩め、笑顔でインタビューに応えるあの表情が今でも僕の脳裏に浮かんできます。

多くの感動を僕らに与えてくれ、そして楽しませてくれた千代の富士のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

昨年11月に亡くなった、こちらも大横綱・北の湖と、天国で大いに相撲談議に花をさかせながら、日本の国技である「相撲」の未来を見守っていてください。

ありがとう、ウルフ、そして、さよなら、ウルフ・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« 世界で一番幸せな夏♪ | トップページ | 菌なんていらねえよ、夏。 »

コメント

一代年寄を断って九重を継ぐ。
男の中の男ですねぇ
北の富士が千代の富士の一番印象に残ってる一番を、大乃国に連勝を止められた相撲と語ってたことは何とも感慨深い。
私もあの一番の衝撃は忘れられない。

投稿: 29 | 2016年8月 9日 (火) 10時37分

29さん
おひさしぶりです。
千代の富士の逝去、本当にショックでしたね。
大乃国との一番、僕の鮮明に憶えています。昭和最後の一番でしたし、千代の富士の3場所連続全勝優勝がかかった取組でした。
北の富士との師弟関係も凄く印象的でした。

投稿: 猫男爵 | 2016年8月10日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/66795131

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、ウルフ・・・:

« 世界で一番幸せな夏♪ | トップページ | 菌なんていらねえよ、夏。 »