« 4年前を思い出して~後編~ | トップページ | 神ってる?? »

2016年7月19日 (火)

向上の道、進むなり!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

7月も半ばを過ぎ、本来であれば夏真っ盛りの頃ですが、ここ数日は雨rainと低温で、何だか夏がどこかに行ってしまったようですねsad

全国的には猛暑が続いているようですが、北海道に夏は戻ってくるのでしょうか・・・いえ、必ず戻ってきますsign03戻ってこさせますとも、このわたくし、夏男が!

さて、そんな全国的な猛暑の中、今一番熱いのが、全国各地で繰り広げられている夏の全国高等学校野球選手権の地方予選ですbaseball

今年も球児たちの聖地「甲子園球場」を目指し、熱戦が行われていますbaseball

残念ながら我が母校は地区予選で敗退し、27年ぶりの甲子園出場はまたしても夢と消えましたweep

今年に地方予選は、全国各地で強豪校が早い段階で姿を消すのが目立っていますが、先日15日に大阪府予選で行われた試合で、ある1つの強豪校が敗れ、そしてその伝統ある歴史に幕を降ろしました・・・

高校野球を知らない方でも必ず1度や2度は耳earにしたことのある名前、それはPL学園ですpaper

Photo01

胸に刻まれた「PL GAKUEN」の文字、この伝統あるユニホームを着た球児たちの姿がもう見れないのかと思うと、幼い頃から高校野球を愛してきた人間としては、寂しい想いでいっぱいですsad

度重なる不祥事問題を機に野球経験のある監督が不在となり、さらには新入部員の募集停止が決まり、遂に2016年7月15日、PL学園野球部は大阪大会2回戦の東大阪大柏原に敗退したことにより、これをもって休部ということになりました。

1980年代に黄金期を迎え、春3回、夏4回の全国制覇を達成し、プロ野球にも数多くの選手を輩出した超名門校のPL学園ですが、1980年代といえば、僕はちょうど小学生から中学生の頃で、このPL学園に憧れて野球をやり始めたといっても過言ではありませんconfident

中学卒業の時、本気で「一か八かPL学園に進学しようか」迷った時期もあったほどです。まあ、結果的に自分の力を冷静に判断してそのギャンブルはしませんでしたけどねcoldsweats01

きっと僕と同じように、甲子園に行きたいと思っていた子供たちで「PLに行きたい!」と憧れた人はたくさんいたと思います。

そのPL学園野球部が、なぜこのように休部という事態に陥ることになったのか、それについては今日はあえて詳しくは触れませんが、休部になるのはやむを得ないんじゃないか、いや、何とか存続できないのか・・・

世間では様々な意見が飛び交っています。それだけ国民的にも関心のある「PL学園問題」です。

でも、今確かにいえることは、この秋からはPL学園野球部というものは存在しないという事実ですpaper

僕的にはまだ実感がありませんが、あのユニホームはもう見れないのです。

あのユニホームを見ると、僕はふと思い出します。

中学生の頃、部活の試合で自分がバッターボックスに立った時、少し緊張を感じ、その緊張をほぐすために、自分のユニホームの胸のあたりをグッと握り、深呼吸をして落ち着かせたことをconfident

それはテレビの向こう側で、PL学園の選手がよくやっていた動作を真似た行動でした。

PLのユニホームは着ていなくても、あの動作をするとなぜか心が落ち着いたことを今でも思い出します。

「逆転のPL」、「KKコンビ」、「春夏連覇」、「人文字」、「甲子園最多得点」などなど、幾つもの思い出と記録を残し、PL学園野球部は、高校野球界から姿を消します。

僕は今でも、PL学園の校歌(1番)を暗記しています。自分の母校の校歌は憶えていないのにcoldsweats01

『PL学園校歌』

燃ゆる希望に いのち生き

高き理想を 胸に抱く

若人のゆめ 羽曳野の

聖丘清く 育みて

PL学園 永久に

向上の道 進むなり

ああPL PL

永遠の学園 永遠の学園

まさに今、PL学園は「永遠の学園」になろうとしているのでしょうか。

でも、僕は心のどこかで信じています。

また、PL学園が高校野球界に戻ってくるとsign03そしてまた多くの高校野球ファンを楽しませてくれると、そう信じていますsign03

それがいつの日のなるのか、それは誰にも分かりませんが、その日がやってくるまで僕は待ち続けます。

校歌にもあります!向上の道、進むなり!

それがPL学園に託された永久の宿命であると、僕は信じていますconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« 4年前を思い出して~後編~ | トップページ | 神ってる?? »

コメント

PLと駒苫の校歌だけは全部歌えますねぇ

厳しい付き人制度のおかげで、プロに入ってからすぐに活躍する選手が多かったのでは?とも思う。
でも今の大阪桐蔭を見てるとそんなこともないし、
やっぱり中高生の指導は難しい。

投稿: 29 | 2016年8月 9日 (火) 11時11分

29さん
昔と今では指導方法も大きく変わっているんでしょうね。
僕も中学で野球部でしたが、付き人とまではいきませんが、先輩後輩の上下関係は今よりも厳しかったと思いますし、監督やコーチに殴られることもありましたからね。それを僕は体罰と一度も思ったことはありませんでしたけどね。

投稿: 猫男爵 | 2016年8月10日 (水) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/66587761

この記事へのトラックバック一覧です: 向上の道、進むなり!:

« 4年前を思い出して~後編~ | トップページ | 神ってる?? »