« 閣下を超える天敵登場! | トップページ | 何も言えねー »

2015年7月17日 (金)

破られない記録。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は野球好きの僕にとって非常に楽しみな夜でした

それもそのはず、プロ野球オールスターゲームの第1戦が今日、東京ドームで行われたからです!

年に一度の日本プロ野球の「お祭り」、華々しいスター選手たちが集う夢の競演です

僕が子供の頃は、「人気のセ、実力のパ」と言われ、スター選手の多くがセ・リーグに在籍していましたが、試合に勝つのはパ・リーグという状況でした。

しかし近年では、「人気のパ、実力もパ」と言ってもいいほど、人気そして実力ともにパ・リーグが上をいっています。それは交流戦の結果を見れば、一目瞭然です

しかし、僕はそんな状況を覆すためにも我が巨人軍がいるセ・リーグに熱い声援を送り続けました。

結果、今日のゲームは「8対6」でセ・リーグが見事にパ・リーグを破り、勝利しました

そんな今日のゲームで一番の盛り上がりは、藤浪(阪神)と(西武)の大阪桐蔭時代のバッテリー対決ではなかったでしょうか

藤浪が投じた豪速球に対し、振り抜いた森のバットはボールを見事にとらえ、東京ドームの天井目掛けて真上へと飛んでいきました

そして何と天井に直撃したボールはそのまま落下して、野手が捕球しアウトとなりました。ルール上はファールということらしいので、ファールフライということになります。

この対決には、あのPL学園の仲間だった桑田・清原の「KK対決」を、オールスターで初めて見た時と同じくらいの身震いを感じました。

これからも、また幾多の名勝負を刻んでいって欲しいものです。

さて、そんな今年の前半のプロ野球の中で僕が一番印象に残っているのは、秋山翔吾(西武)の連続試合安打です

結果は「31試合連続安打」で記録がストップし、「33試合連続安打」というプロ野球記録には僅かに届きませんでした

ところで皆さんは、この「33試合連続安打」というプロ野球記録、いったい誰が持っているかご存知でしょうか?

王や長嶋、日本が誇る安打製造機の張本でもなく、あの落合やイチローでもありません

1

答えはこの人です広島東洋カープで活躍した高橋慶彦です

僕ら40代の野球ファンには非常に懐かしい選手ですね。

「走攻守」にバランスのとれた選手で、相手にするには非常に嫌な選手だった印象があります。

SMAPの中居君が彼の打撃フォームを真似することも有名ですが、非常に個性的な選手でした

以前テレビで彼は、引退後の今も他の選手が自分の記録に近づいてくるとドキドキする。「打つな!」と祈っていると言っていました。

そんなことを正直に話す、裏表のない彼の性格には僕は非常に好感を持てます

そんな彼は実は北海道生まれで、幼少まで北海道にいたということで、そこも何か親近感がわくところです。

よく、 記録は破られるためにある」と言います。

しかし、彼が記録を達成したのは1979年のことです。それから実に36年、幾多の名選手が挑み、そして抜くことができなかったこの「33試合連続安打」という記録、もしかしたらこの記録だけは「破られない記録」なのかもしれません

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« 閣下を超える天敵登場! | トップページ | 何も言えねー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 破られない記録。:

« 閣下を超える天敵登場! | トップページ | 何も言えねー »