« なぜか休日に限って・・・ | トップページ | 極めろ、アジアのテッペン! »

2014年9月16日 (火)

夢で良かった・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

一昨日の夜中に高熱を出したの体調はだいぶよくなり、今日も一日中、楽しそうに家の中を動き回っていたようです

僕も仕事から帰ってきてその元気な姿を見て、ホッと胸をなでおろしました。まだ、鼻水が少し出てはいますが、それも徐々に回復に向かっているようです

そんな今日ですが、僕は仕事から帰ってくるなり、娘をギューと抱きしめてしまいました。もちろん、体調の事も心配だったこともありますが、それよりも何よりも僕が今朝見た夢にその理由があります

夢の中で、は仕事に行き、は大きな病院になぜか入院しており、も妻と一緒に病院にいました。

僕が仕事をしていると、僕の携帯電話がなりました

電話に出ると、電話の向こうで妻が泣きながら叫んでいました。

「○○(娘の名前)がどこにもいないの、いなくなったの!」

妻の絶叫にも近いその声を聞き、僕は職場を飛び出し、なぜか自転車を激漕ぎしながら病院へと向かいました

妻と一緒に病院にいたはずの娘が行方不明になったと知り、僕は死に物狂いで自転車をこぎました

僕が病院につくと、院内では先生や看護師さんたちが総出で娘を必死に探している光景がありました。

僕はすぐに妻のところにかけよりましたが、妻は泣き崩れパニック状態でした。妻を看護師にあずけて、僕も必死に院内を探し回りました

病室から診察室まで1つずつ懸命に探しますが、どこにも娘の姿はありません

まだ1歳の娘のことです。好奇心にかられてどこかに紛れこんでしまったのか、それとも誰かに誘拐されたのか・・・頭の中では不安なことばかりがよぎります

どれだけ探したでしょう・・・

誰かが「丸2日、探しても見つからないからもうダメだよきっと・・・」とつぶやきました。

僕は「何言っているんだよ、諦めるな!絶対に娘を見つけるんだ!」と大きな声を張り上げて必死に探し続けました。でも僕も見つからない不安から涙が自然と溢れてきていました

その時、ある看護師の1人が「あの人に聞いてみたらどうかしら?」と言ったのです

“あの人”とは、どうやらこの病院の最上階にある食堂にいつもいる男性で、看護師の話によると、その男の人は「世の中のことを何でも知っている不思議な人で、多額のお金を払えば、どんなことでも情報として教えてくれる。」ということでした。

僕は猛スピードで最上階に上がり、そしてその男の人を探し、見つけました

「頼む、お金ならいくらでも払うから、娘の居場所を教えてくれ!」そう僕が懇願したその男性の正体は何と俳優の松重豊でした

僕の切なる願いに松重は「それは無理だ・・・」とだけつぶやきました。

「どうして?お金ならいくらでも払うよ、あんた何でも知っているんだろ?」と僕はさらに問いかけました。

すると松重は「その件についてだけは、俺にもわからないんだ・・・」と言い残しその場を去っていきました。

僕は最後の頼みの綱を失い、絶望の中で立ちすくんでしまいました・・・

下の階に降りると、妻はまだ泣き崩れ、ひたすら娘の名前を叫んでいました・・・

それはもう悪夢と表現するしかない想像を絶する光景でした・・・

愛しい愛しい娘の姿をもう見ることはできないのか、どこかで生きていて欲しい・・・そう思いながら、僕は妻が入院している病室へとたどり着きました。

もちろんそこに娘の姿があるはずもなく途方に暮れていると、窓際にある床にまでつくほど長い薄いピンク色のカーテンが少し盛り上がっていることに僕は気がつきました

僕はゆっくりとそこに近づき、そしてそのカーテンをバーッ!と開けました

するとそこには何と娘の姿があったのです

体を丸めて小さくなりながら座っている娘を僕は即座に抱きかかえ、何度も何度も娘の名前を呼び続けました

娘は丸2日間、食事も水分もとっていないせいなのか、明らかに元気がなく衰弱していました。でも確かに「生きている」それを実感し、僕はもう涙が止まりませんでした

すぐに僕は娘を抱きかかえたまま病室を出て、「先生!先生!見つけました、娘がいました!誰かすぐにきてください!」と助けを呼びました。

その声を聞いた妻も、泣きながら僕のもとに走ってきました

そこで目が覚めたのですが、本当に夢で良かった・・・と起きた瞬間に強く感じました。

隣りではスヤスヤと寝息をたてて眠る娘の姿があり、それを見ながら僕は思わず泣きそうになりました

こんな悪夢は本当にもう2度とゴメンです・・・

きっと、娘の体調が良くなったことが僕にこんな夢を見させたのかもしれません

そして登場した松重豊は、昨日寝る前に見たドラマ『HERO』の影響だと思います

とにかく僕は何度も何度も夢で良かった・・・と心の中でつぶやいたそんな夢のお話でした

今日もこれから眠りに就きますが、今日は嫌な夢を見ないように願います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« なぜか休日に限って・・・ | トップページ | 極めろ、アジアのテッペン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢で良かった・・・:

« なぜか休日に限って・・・ | トップページ | 極めろ、アジアのテッペン! »