« オナラごっこ。 | トップページ | 名将逝く・・・ »

2014年9月 4日 (木)

アギっちゃおうぜ!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

いや~今日は朝から興奮させられた一日でした

男子テニスの全米オープン準々決勝で、錦織圭が第3シードのワウリンカを4時間を超える熱戦の末に破り、見事にベスト4進出を決めました

活字にすると簡単なことのように聞こえますが、これは快挙も快挙、大快挙なことです

日本人男子が全米オープンでベスト4に進んだのは、1918年の熊谷一弥氏以来、実に96年ぶりのこと

4大大会でのベスト4は、1933年のウィンブルドン選手権の佐藤次郎氏以来81年ぶりのことなのですから、いかに錦織がやってみせたことが偉業なのかが分かると思います

今朝は、ちょうど仕事に行く寸前までテレビで錦織の試合に釘付けになりました

最後のマッチポイントの瞬間は、本当に手に汗を握りましたが、勝った瞬間のあの感動はスポーツでしか味わえない何ともいえないものでした

錦織にはこの勢いそのままに、準決勝でジョコビッチを撃破して、そして夢のファイナルへと進んで欲しいと思います

日本人選手がテニスの四大大会を制する瞬間、それを目撃できることを楽しみにしています

さて、同じスポーツの話ですが、明日はいよいよ新生サッカー日本代表が新たな船出を迎えます

W杯ブラジル大会の惨敗から3ヶ月、エース本田がACミランで復権を取り戻しつつあり、日本の「10番」香川は、古巣・ドルトムントで再起に向けスタートしようとしています

それぞれが4年後のロシアW杯に向けて新たな一歩を踏み出す中、日本代表監督もザッケローニからハビエル・アギーレにバトンが渡されました

E0171614_927492

母国・メキシコやスペインのクラブチームで実績を積み、メキシコ代表の監督も務めた経験のあるアギーレ氏が、どんな日本代表を作っていくのか、非常に楽しみなところです

News_146303_1

記念すべき初戦となる明日のウルグアイ戦に向けて、選手とのコミニケーションも順調のようです

今回の代表メンバーには初代表が5人も選ばれ、若いフレッシュな力と、経験を積んだ中堅・ベテランの力が交わり、どんなチームが形成されるのか非常に楽しみです。

今回の初代表メンバーには、「和製クリスティアーノ・ロナウド」とも言われる武藤嘉紀(FC東京)、日本代表の「10番」を託された森岡亮太(神戸)など、未知数の潜在能力を秘めた選手もおり、これまでの日本代表とはまたひと味違ったサッカーが見れるような気がします

いずれにしても明日の試合は、W杯以来久しぶりに僕も「JAPANブルー」のユニホームを身につけて、テレビの前で熱い声援を送りたいと思います

明日は、みんなでアギっちゃおうぜ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« オナラごっこ。 | トップページ | 名将逝く・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アギっちゃおうぜ!:

« オナラごっこ。 | トップページ | 名将逝く・・・ »