« 二の腕をぷるぷる。 | トップページ | アギっちゃおうぜ! »

2014年9月 3日 (水)

オナラごっこ。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

9月に入り、朝晩の涼しさがより目立つようになり、昼間でも秋風を感じるようになった今日この頃です

僕の家の近くには林があるので、夜になると色々な秋の虫たちがその音色を響かせていますが、それを聞くたびに秋をしみじみと感じています

寝苦しい夏の夜が終わり、嬉しく思っている方もいるでしょうが、寝苦しくても良いので暑い夏が好きな僕にとっては、非常にもの寂しい季節になってしまいました

日本には「四季」というものがあるので仕方のないことですが、今から来年の夏が待ち遠しい猫男爵です

さて、先日の夜のことです。

と3人でいつものように布団に入り、眠りに就こうとしたのですが、娘がなかなか寝付けずに、布団の上で動き回ったりして遊んでいました

眠れるように何度か寝かしつけてみたのですが、全く寝る気配もなく、目をギラギラとし始めた時のことです。

娘が妻の腕に息を吹き込み、遊び始めました

「ブーッ!ブーッ!」と。

よく、“オナラの音”の真似をするのに、口で手に息を吹き込むアレです(笑)

それが楽しくて仕方ないのか、娘はゲラゲラ大笑いしながら、しばらく妻の腕で遊んでいました

それを見た僕もは自分の腕を使い、娘にオナラの音の真似をしてやりました

すると、それが妙にリアルな音だっためか、娘はさらに大喜び

「もう1回!もう1回!」を何度も連呼し、僕はそれを延々とやるはめになりました

娘が凄く楽しそうにしているので、僕も何度も何度もオナラごっこで娘を喜ばせていましたが、あまりにも終わりが見えなくなってきたので、「これはマズイな・・・エンドレスだぞ」と思い、その遊びをやめることにしました。

すると、その直後、さっきまでゲラゲラ笑いながら喜んでいた娘が「パパ、嫌っ!」と言い始めました。

「えっ・・・」と思わず僕は絶句してしまいましたが、今は何でも「嫌っ!嫌っ!」言う時期なので、それは仕方のないことだと割り切りました

でも、娘はまたきっとオナラごっこがしたいはずです。

また近いうちに、娘にリアルなオナラの音を聞かせてあげたいと思いますその時の、娘の笑顔を見るのが楽しみです

それでは今日はこんへんで。チャオ(ciao!)

|

« 二の腕をぷるぷる。 | トップページ | アギっちゃおうぜ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オナラごっこ。:

« 二の腕をぷるぷる。 | トップページ | アギっちゃおうぜ! »