« 不惑、到達! | トップページ | 猫のケンカの話。 »

2014年8月 5日 (火)

人の命は儚きもの・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は異常なまでに蒸し暑かったですね

が降ったせいもありますが、強烈な湿気に朝から晩まで参りました

仕事をしていても、書類などが湿気で湿った感じになりましたこんな経験はあまりありません。

きっと本州の梅雨時期って毎日こんな感じなのでしょうか?そう思うと本当にゾッとしてしまった僕でした

そんな今日は、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)というところの、「笹井副センター長が自殺した」というニュースが飛び込んできて、衝撃を受けました

「えっ!あの笹井さんが死んだの?」と驚きを覚える人もいれば、「誰それ?」とその存在じたいも知らない方もいるのかもしれません

今年1月に発表された「STAP細胞」の発見、そしてその後それが「不正改ざん問題」に発展し、日本のみならず世界中を騒がせたことは皆さんもご承知の事と思います

その「STAP細胞」を発見した小保方氏の上司でもあり共著者であったのが、亡くなった笹井芳樹氏でした。

僕は彼自身のことをそれほど詳しく知りませんし、どんな人だったのかも分からないので、彼が行ったことを肯定も否定もしません。

ただ、「STAP細胞」関連のニュースが報道されるようになってから、彼が世界的にもその分野においては優れていた人だったということは認識しています。

その笹井氏が死に至った原因、それは彼にしか分からないのかもしれません。遺書が数通残されていたようですが、そこに何が書かれていたのか・・・

人間とは身勝手な生き物で、素晴らしい出来事を起こせば、こぞって持ち上げはしますが、それが悪い結果(今回は不正改ざん)と分かれば、声を揃えてバッシングして、これでもかと叩きます

それは当然のことで「自業自得」と言ってしまえばそれまでですが、いったいどれだけの人がその「真実」を理解した上で、そういう行動を取っているのでしょうか?

僕は報道やマスコミのことを肯定も否定もしません。それが彼らの仕事でもあり、彼らはその言動1つ1つに責任を持って行動していると信じています。

でも1つ言えることは、人は「責められることに弱い生き物」だということです。

責任、重圧、罪悪感、人はそれを限界以上に感じてしまった時、耐えることから逃げてしまいます・・・

人の命は儚きものです。

ほんのちょっとした言葉や態度で、その命は消えてしまうのです。逆をいえば、ほんの些細な言葉や態度で助けられる命もあります。

その境界線は本当に紙一重なのかもしれません。

何度も言いますが、僕は今回亡くなった笹井氏のことを詳しく知りません。なので彼を肯定も否定もしません。

過去に報道されたことが全て「真実」だとも思いませんし、全てが「嘘」だとも思いません。

大事なことは「人は完璧ではない」ということ、そしてそれを「責めることも許すことも、人はできる」ということです。

人は誰かの死に直面すると「残念でならない」と言います。でも本当に一番「残念」なのは死んだ本人です。

笹井氏はどんな想いで自ら命を経ったのか、今となってはそれを知ることはできません・・・

日本は貴重な才能をまた1つ失ってしまいました。これが今後の日本の再生医療分野に大きな影響を及ぼすことだけは、間違いないことではないでしょうか。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« 不惑、到達! | トップページ | 猫のケンカの話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の命は儚きもの・・・:

« 不惑、到達! | トップページ | 猫のケンカの話。 »