« 白物たちの寿命・・・ | トップページ | 飛車角落ち・・・ »

2014年7月 3日 (木)

真夏の主役たち、いざ降臨!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

7月に入り、あっという間に3日間が過ぎました。

歳をとると本当に一日一日が早く感じます。きっと気がつけばすぐに8月がやってきて、そして秋の到来がやってくるんでしょうね。

そんな真夏真っ盛りの今日この頃ですが、まもなくテレビ業界では連続ドラマの新クールがスタートします

そこで今日はまたしても、自称「ドラマオタク」のこの僕がオススメの作品たちをご紹介したいと思います。

と、その前に今回も僕がランキングした前クールのベスト3作品を発表をしたいと思います

<猫男爵が選ぶ 2014年4月~6月期連像ドラマBEST3>

位 『ビター・ブラッド』(フジ系列)

位 『MOZU Season1』(TBS系列)

位 『花咲舞が黙っていない』(日本テレビ系列)

位 『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系列)

前クールは非常に魅力のあるドラマが目白押しで、順位をつけるのが至難の業でした。その結果、僕は3位を2つにせざるを得ませんでした。

1、2位には、奇しくも『半沢直樹』の原作者で知られる池井戸作品が輝き、その強さを証明しました

実際の視聴率では、『花咲~』が18.3%、『ルーズヴェルト~』が17.6%でこちらも上位を独占でした

僕が野球好きということもあり、僅かの差で『ルーズヴェルト~』を1位にしましたが、見ていて爽快感を感じるのは『花咲~』の方でした

僕の中では期待度の高かった西島秀俊主演の『MOZU』はSeason2があるためか、最後の盛り上がりにイマイチかけて、3位に甘んじました。

一方でコミカルかつシリアスな刑事ものとして『ビター・ブラッド』が、当初の期待に反してかなり楽しめたドラマでした

さて、そんな楽しかった前クールのドラマの存在を打ち消すような豪華なラインアップが並んだ今クールのドラマたちを、それでは早速ご紹介していきましょう

①『家族狩り』(TBS系列) 7月4日(金)22:00~スタート

出演:松雪泰子、伊藤淳史、北山宏光、水野美紀、篠田麻里子、平岡祐太、山口紗弥加、浅田美代子、財前直見、遠藤憲一他

ある家族の心中事件を機に、事件を取り巻く人々の家族とその葛藤を描くサスペンスドラマです。「家族」とは何か、「生きる」とはどういうことか、人間の醜さ、哀しさ、気高さ、その全てを描いた、作家・天童荒太の代表作です。

②『GTO』(フジ系列) 7月8日(火)22:00~スタート

出演:AKIRA、比嘉愛未、山本裕典、田山涼成、城田優、黒木瞳他

夏ドラに2年ぶりにまた鬼塚が帰ってきました。前作同様に、AKIRA演じる鬼塚が様々な問題を解決していくストーリーが楽しみです。僕としては反町にもう一度、鬼塚を演じてもらい、40歳になった鬼塚という姿も見たかったような気もします。

③『若者たち2014』(フジ系列) 7月9日(水)22:00~スタート

出演:妻夫木聡、瑛太、満島ひかり、柄本佑、野村周平、蒼井優、長澤まさみ、橋本愛、吉岡秀隆他

昭和の名作『若者たち』をリメイクした作品で、1つ屋根の下に暮らす5人きょうだいの成長を描く青春ストーリです。「昭和」の匂いが感じられる、どこか懐かしいドラマに、豪華な俳優、女優陣が勢ぞろいした注目の作品です。

④『信長のシェフ』(テレビ朝日系列) 7月10日(木)19:58~スタート

出演:玉森裕太、及川光博、志田未来、高嶋政伸、佐々木希、市川猿之助、稲垣吾郎他

僕の大好きなドラマが続編として帰ってきます。現代から過去にタイムスリップした「平成の料理人」のケンが、戦国時代の名将・織田信長のもとで料理人として仕え、生き抜いていくという時代劇の第2弾です。ミッチーが演じる信長の迫力も魅力のドラマです。

⑤『おやじの背中』(TBS系列) 7月13日(日)21:00スタート

出演:田村正和、渡瀬恒彦、西田敏行、役所広司他

倉本聰、山田太一、岡田恵和、井上由美子、三谷幸喜、坂本裕二、池端俊策、鎌田敏夫、橋部敦子、木皿泉という日本を代表する10人の脚本家が、週替わりで「父と子」をテーマにした物語をつなぐという、超楽しみな時間がやってきます。父親役を演じるのも、日本を代表する豪華な俳優たちで、毎週、感動で涙がとまらなくなるかもしれません。

⑥『HERO』(フジ系列) 7月14日(月)21:00~スタート

出演:木村拓哉、北川景子、杉本哲太、松重豊、濱田岳、八嶋智人、小日向文世、角野卓造他

「月9」が遂に切り札を送り出します!何と13年ぶりにあのヒーローが蘇ります。キムタク演じる型破りな検事・久利生公平が、古巣の城西支部に戻り、そこで新たなメンバーたちと繰り広げる群像劇からは目が離せません!もちろん、今クールで僕が一番期待を寄せる作品です。ヒロイン役は松たか子に代わり、北川景子が演じます。

⑦『ST赤と白の捜査ファイル』(日本テレビ系列) 7月16日(水)22:00~スタート

出演:藤原竜也岡田将生、志田未来、芦名星、瀬戸朝香、渡部篤郎他

今回も刑事もののドラマが幾つかありますが、その中で僕が期待を寄せるのがこの作品です。対人恐怖症の捜査官・赤城(藤原)と、気弱なエリート警部・百合根(岡田)が奮闘しながら難事件を解決していくというストーリーです。

⑧『ゼロの真実~監察医・松本真央~』(テレビ朝日系列) 7月17日(木)21:00~スタート

出演:武井咲、佐々木蔵之介、生瀬勝久、和田正人、六角精児、尾美としのり、でんでん、橋爪功、真矢みき他

「IQ150」のズバ抜けた頭脳を持つ、変わり者の新人監察医・松本真央を武井咲が演じ、様々な事案で亡くなった遺体に向き合いながら、不審死を追及していくという物語です。

⑨『金田一少年の事件簿N(neo)』(日本テレビ系列) 7月19日(土)21:00~スタート

出演:山田涼介、川口春奈、有岡大貴、浅利陽介、山口智充他

4代目金田一一をスペシャルドラマで演じた山田涼介が、13年ぶりにドラマ化となるこの作品に再び金田一を演じます。僕の大好きな「金田一少年の事件簿」がまた見れるとあって、土曜日の夜の楽しみが増えました。

さあ、今回はざっとこの9作品をご紹介しましたが、分析すると「続きもの」や復「活もの」が多いのが特徴です。それだけドラマ業界も数字の獲れる作品がなかなか難しく、前作で好評だったものにかけるという苦肉の策なのかもしれませんね

このほかにも期待の作品が目白押しですので、この夏はドラマに夢中になってみてはいかがですか?

真夏の主役たち、いざ降臨です!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« 白物たちの寿命・・・ | トップページ | 飛車角落ち・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の主役たち、いざ降臨!:

« 白物たちの寿命・・・ | トップページ | 飛車角落ち・・・ »