« アリさんと仲良くしてね♪ | トップページ | 娘に甘いパパ。 »

2014年6月 9日 (月)

プレイバックW杯~PART1~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は朝からずっと雨の一日でしたねrain

今年はずっと雨に縁がなく、乾いた日が続いていましたが、これで大地も少しは潤いを感じているのではないでしょうかpaper

そしてこの雨は今週いっぱいは続くみたいです。最近よく耳にする「えぞ梅雨」っていうやつですかね。

僕は仕事の関係上、あまり雨が長く続いて欲しくはありませんが、こればかりは自然が相手なので何とも言えませんねbearing

さて話は変わりますが、いよいよ4年に1度、世界中が興奮の渦に包まれるサッカーW杯のブラジル大会の開幕があと3日後に迫ってきましたsoccer

前回大会は「無敵艦隊」スペインが栄冠を掴みとりましたが、果たして今大会はどの国が世界の頂点に立つのか、非常に胸がワクワクと弾んでいますup

そこで今日から、W杯開幕を前にこれまでのW杯での幾多の名シーンの中から、僕が印象に残っている大会の名シーンにスポットをあてて、全3回に渡りその思い出を振り返ってみたいと思いますscissors

題して「プレイバックW杯」ですsoccerそれでは早速、今日はその第1回をお送ります。

「プレイバックW杯」~PART1~

『神様VS将軍』

1986年、この年のW杯は当初は南米コロンビアで開催が決まっていました。ところが経済状態の悪化から、メキシコでの代替開催となったW杯でした。

この大会は、優勝したアルゼンチンを牽引したディエゴ・マラドーナのための大会と言っていいほど、彼の活躍が世界中を魅了した大会でした。このW杯で、彼はその存在を大きく示すことに成功したそんな大会でしたgood

特に準々決勝のイングランド戦は、センターラインからの「5人抜き」のゴールや、「神の手」ゴールなど、今も人々の記憶に焼きつているゴールを決めた歴史的な試合でしたsoccer

そんなマラドーナに注目が集まったメキシコW杯でしたが、僕がこの大会で一番印象に残っているのは、決勝トーナメントの準々決勝、ブラジルVSフランスの試合でしたpaper

当時、この試合は「事実上の決勝戦」といわれるほど注目を集めた試合でしたshine

1923515

当時のブラジルで「10番」を背負っていたのは、もちろん皆さんご存知のジーコですshine。ソクラテスらととも「黄金の中盤」を形成し、「神様」と言われていたジーコを軸に、サッカーファンの多くが優勝候補の筆頭に名前を挙げていたのは確かでした。

O0300026310552712504_2

一方のフランスは、当時バロンドールを連続で受賞していたプラティニを中心に非常にバランスのとれたチームでした。「将軍」の名で親しまれていたプラティニの華麗なテクニックに、全世界が注目した大会でもありました。

僕は当時小学6年生でしたが、プラティニに大ファンnoteで、もちろんフランスの応援をしていまいたし、フランスが優勝するものだと確信していましたgood

僕がプラティニの虜になったのは、W杯の前年に日本で開催された「トヨタカップ」にユベントスの一員として来日した彼のプレーを見てからですeye

6345376538_5751a5cfe0_z

幻のゴールにこそなりましたが、彼が国立競技場で決めたあの華麗なボレーシュートsoccerは今では伝説となっていますshine。あのゴールをリアルタイムで見れたことは僕の貴重な財産ですcrown

Mp1l_2

幻のゴールの後、その悔しさをこのポージングで表現したのもとても懐かしいですconfident

このころから僕はクラブチームはユベントス、国はフランスを応援するようになりましたpaper

そんなブラジル対フランスの試合は、前半16分にブラジルのエースストライカー・カレカのゴールでブラジルが先制しますsoccer

しかし、フランスは前半40分にプラティニが見事に同点ゴールを決めますsoccer

そして試合はこのまま後半に入り、同点のまま終盤に差し掛かります。するとここで、この日スタメンを外れていたブラジルの英雄「神様ジーコ」が登場し、会場は割れんばかりの歓声に包まれますup

するとフランスが反則を犯し、神様のもとにPKのチャンスがいきなり訪れたのですsign03

この瞬間、誰しもが「ブラジルの勝利」を確信したことでしょうconfident

しかし、ジーコが蹴ったボールはフランスのGKにセーブされ、ブラジルは決定的な勝機を逃したのですsign03

その後、試合は延長でも決着がつかず「PK戦」へと突入します。

ブラジルは1番手のソクラテスが失敗、3番手のジーコは汚名返上で見事にゴールを決めました。

Mex004

一方のフランスも4番手のプラティニが失敗するなど、予期せぬ事が起こるPK戦となりましたdown

結局、このPK戦は「4対3」でフランスがブラジルを破り、準決勝進出を決めましたsoccer

「神様」VS「将軍」という、歴史に名を残す2人のスーパープレーヤーが対戦したこの試合は、W杯史上に残る名勝負として今でも語り継がれています。

さて、いかがでしたか、W杯開幕直前企画「プレイバックW杯」の第1夜は、楽しんでいただけましたか。

次回はどんなW杯の歴史が掘り起されるのかどうぞお楽しみにhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

|

« アリさんと仲良くしてね♪ | トップページ | 娘に甘いパパ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/56301914

この記事へのトラックバック一覧です: プレイバックW杯~PART1~:

« アリさんと仲良くしてね♪ | トップページ | 娘に甘いパパ。 »