« 了解ちゃん。 | トップページ | Aゆ、逃げて! »

2014年4月10日 (木)

役者魂は生き続けている!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は天気予報の通り、朝からの雨が雪snowに変わってしまいました・・・

昨日までせっかく乾いていた道路や辺りの景色も、一変して雪化粧となり冬へと逆戻りですsad

確かあれは、僕がMVDメンバーと「スイーツの旅cakeの収録をしていた頃ですから、今から7~8年前のことになると思いますが、その時も4月に雪が降りましたsnow

その時は4月も後半に差し掛かっていたと思いますが、雪が降る中をHたちゃんの車rvcarで、ロケを敢行した思い出がありますmovie

僕の記憶が確かなら、その時のメンバーはHたちゃんRょう君Aっけ、そしての4人だったと思いますpaper今となってはそれも懐かしい思い出です。

今日降った雪は、おそらく明日になればすぐに融けて消えてしまうと思いますが、できればこれが正真正銘、今シーズン最後の雪になってくれることを祈りますbearing

さて、皆さんも既にご存知だとは思いますが、先週末にあの名俳優、蟹江敬三さんの訃報が飛び込んできました。

正直、当然のことで僕はビックリしたのと同時にショックでした・・・

E89fb9e6b19f

蟹江さんといえば、非常に個性的な俳優さんで、“男臭さ”があるにも関わらず、どこか“爽やかさ”も感じられる俳優さんでしたconfident

僕は見ていませんでしたが、最近では昨年大ヒットしたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で、ヒロインの祖父の役を好演していましたし、テレビ東京系列の『ガイアの夜明け』のナレーションは、2002年の番組開始からずっと担当していましたpaper

そんな蟹江さんは、昨年末の検査hospitalで「末期の胃がん」と診断され、年明けから入退院を繰り返し、2月からは仕事にも復帰していたそうですが、3月19日に容体が急変して入院し、3月30日に家族が見守る中、安らかに息を引き取ったそうです。

69歳、まだまだこれからが役者としてもっともっと活躍できる年齢だっただけに、本人も本当に悔しかったのではないでしょうか。

N0061979

この写真は今から2年前の2012年4月、第21回日本映画批評家大賞の際に、長年に渡り映画界に貢献してきた俳優に贈られる「ゴールデングローリー賞」を受賞した時の写真ですpaper

この時、蟹江さんは「私はあまり賞というものには縁がありませんでしたが、こういう賞をいただくと、そろそろ引退してもいいですよ、と肩を叩かれているような気がします。でも、すみません、まだ引退するつもりはありません!」と宣言して会場の笑いを取っていました。

「良い老人の役を演じられるように、これからも頑張っていきたいと思います。」そう強く誓っていた蟹江さんの姿が今でも思い浮かびます。

演出家の蜷川幸雄氏らと劇団を旗揚げした蟹江さんは、1970年代にかけては映画やテレビにも出演していましたtv

Fdee60c42dccce756c65bdcecf2db727

当時はその野生的なところから、刑事ドラマなどでの猟奇的な犯人役などが多く、「悪役」のイメージが強くありました。

しかし1980年代に入ると、『熱中時代』で警官役を演じ、そのあたりから「悪役」のイメージは払拭されるようになりましたgood

数多くの蟹江さんが出演した作品の中で僕が一番印象に残っているのは、何といっても『スケバン刑事』ですgood

Img_0

『スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説』で、南野陽子演じる麻宮サキ(五代陽子)らのクラス担任でありながら、実は暗闇指令の凄腕エージェントの西脇という役を演てたいたのが凄く印象に強く残っています。

Bkyr5obcaae56od

ヨーヨーを開くと「桜の大門」が姿を現すシーンは思い出深いですconfident

その他にも『さすらい刑事旅情編』、『おとり捜査官・北見志穂』などでも刑事役を演じ、若い刑事にとっては見本のような刑事像を演じていた印象があります。

また1人、名俳優を失ったその“喪失感”が今僕の胸の中には広がっていますsad。もう彼の味のある演技が見られないのかと思うと、凄く残念でなりません。

20140410_212620

まだ僕のは幼いので、テレビを見ても当然俳優さんのことなど理解できることはできません。

でも、ある程度、俳優さんのことを理解できるようになった時に、素敵なおじいちゃん役を演じていたであろう蟹江さんの姿を見せてあげたかったな~と残念に感じています。

蟹江さんはこの世を去りましたが、彼が残した数多くの作品は消えることはありません。

その作品の1つ1つに、蟹江さんが役者魂をかけて演じたその姿がしっかりと描写されていますmovie

きっとこれからもそこに役者魂は生き続けていると、そう僕は信じています。

心より蟹江敬三さんのご冥福をお祈りし、今日のブログを終わりにしたと思います。本当に長い間、お疲れ様でしたconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> STAP細胞→今日は朝からワイドショーのネタは、昨日の小保方さんの会見だったと思います。4月という段階ですが、間違いなく今年の流行語大賞に「STAP細胞」はノミネートされると思います。

|

« 了解ちゃん。 | トップページ | Aゆ、逃げて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/55700554

この記事へのトラックバック一覧です: 役者魂は生き続けている!:

« 了解ちゃん。 | トップページ | Aゆ、逃げて! »