« ギックリ脇腹! | トップページ | 大切な思い出の場所。 »

2014年4月 5日 (土)

今年の春は超激戦!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日も昨日からの荒天の影響で、曇り空の広がる一日でした

今週は「年度初め」ということで仕事が忙しく毎日残業続きでしたが、久しぶりの休日に僕は少しだけ体を休めることができました

20140405_212405

自宅でと3人でテレビを見たり、玩具で遊んだりしながら、ゆっくりと楽しい時間を過ごしました

午後から天気が良ければ、娘と散歩にでも行こうかと思っていましたが、風も強く寒かったので散歩は断念しました

その代わりに、車でコンビニまで娘と2人で買い物に行ってきました

コンビニの駐車場に着くと、何か見覚えのある犬がコンビにの前につながれていました。そうですご存知、半袖少年の愛犬である白い犬です

20140405_212027

白い犬を前にして娘は「ワンワン!ワンワン!」を連呼していました。

娘は犬好きなのですが、実際に間近で目にするといつも怖がるのですが、今日に限ってはそれはありませんでした

この「奇跡」はもしかしたら、僕がこの白い犬に好意を持っていることを娘が感じとっていたのかもしれませんね

また1つ、娘の成長を感じ取った瞬間でした

さてそんな今日のブログは、3ヶ月に1回すっかり恒例となった、新しく始まる連続ドラマのご紹介です

と、その前にこれまた恒例ですが、僕が選ぶ前クールのドラマ「ベスト3」を発表したいと思います。

<猫男爵が選ぶ 2014年1月~3月期ドラマ BEST3>

位 『S-最後の警官-』(TBS系列)

位 『ロストデイズ』(フジテレビ系列)

位 『明日、ママがいない』(日本テレビ系列)

最後の最後まで1位は迷いましたが、結果的に野島作品である『明日、ママがいない』を1位に選びました。色々と世間を騒がせたドラマでしたが、僕的には非常に良いドラマだと思いましたし、なぜこのドラマの視聴率が悪いのかがイマイチ納得できないところです。

『ロストデイズ』は、ドラマが始まる前までは僕の中ではそれほど期待度のあるドラマではありませんでしたが、回が進むごとに引きこまれていきました。ただ、最終回にもっと驚くような展開があれば、順位も変わっていたのかもしれません

いずれにしても、この2作品はドラマが始まる前は、このブログの新ドラマ紹介の中のリストに入っていなかった作品です。その2作品が1、2位に選ばれたわけですから、期待度と結果は決して比例しないという、1つの良い例えになりました

さあ、前置きが長くなりましたが、それでは今クールで僕が期待を寄せる新ドラマたちをご紹介していきましょう

①『SMOKING GUN~決定的証拠~』(フジテレビ系列) 4月9日(水)22:00~スタート

出演:香取慎吾、西内まりあ、中山優馬、倉科カナ、鈴木保奈美、谷原章介他

香取演じる民間企業の科捜研調査員が、決定的証拠をあぶり出し、難事件を解決していくというサイエンスヒューマンミステリーです

②『BORDER』(テレビ朝日系列) 4月10日(木)21:00~スタート

出演:小栗旬、青木崇高、波瑠、滝藤賢一、浜野謙太、古田新太、遠藤憲一他

事件に巻き込まれ一度死んだ状態から蘇生し、それ以来、死者と交信する能力を身につけた刑事の石川(小栗)が、死者の声を手掛かりに事件解決に挑むという刑事ドラマです

③『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』(TBS系列) 4月10日(木)21:00~スタート

出演:西島秀俊香川照之、真木よう子、伊藤淳史、有村架純、長谷川博己、石田ゆり子、生瀬勝久、小日向文世他

2012年にTBSとWOWOWで合同製作された『ダブルフェイス』の監督、スタッフが再び集結し、主演も『ダブルフェイス』同様に西島&香川、そして他のキャストでも共演していたメンバーが集まってお送りするアクション刑事ドラマです。キャストそして内容ともに、僕は今クールで一番期待しているドラマです

④『アリスの棘』(TBS系列) 4月11日(金)22:00~スタート

出演:上野樹里、中村蒼、オダギリジョー、田中直樹、中村梅雀、藤原紀香、栗山千明、国村隼他

上野演じる若き外科医が、自分の父を死に追いやった悪徳医師たちに復讐をしていくというサスペンスドラマです。上野樹里は4年ぶりの民放ドラマ出演とあって、非常に楽しみなドラマです

⑤『極悪がんぼ』(フジテレビ系列) 4月14日(月)21:00~スタート

出演:尾野真千子、椎名桔平、三浦翔平、仲里依紗、竹内力、板尾創路、、宮藤官九郎、オダギリジョー、小林薫、三浦友和他

田島隆原作の漫画をドラマ化した作品で、架空の町である金暮市を舞台に、裏会社に飛び込んだ主人公・薫(尾野)が、一筋縄ではいかない厄介事を解決していくというストーリーです。何といってもその豪華な出演陣が魅力です

⑥『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系列) 4月16日(水)22:00~スタート

出演:、上川隆也、塚地武雅、榎木孝明、大杉漣、生瀬勝久他

昨年日本中を席巻した『半沢直樹』の原作者である池井戸潤の小説が、今クールは2作品ドラマ化されます。その1つ目の作品がこの『花咲舞が黙ってない』です。

原作は池井戸作品で唯一、女性が主人公の『不祥事』という作品と、『銀行総務特命』という作品をもとに作られたドラマです。

杏演じる主人公の花咲舞が、問題案件を抱える銀行内の不祥事と闘っていくという物語になっていますが、果たして「女版・半沢直樹」はどこまで視聴率を伸ばせるのか、期待の膨らむドラマです

⑦『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系列) 4月27日(日)21:00~スタート

出演:唐沢寿明、檀れい、石丸幹二、六角精児、立川談春、峰竜太、江口洋介、山崎努他

池井戸作品2つ目は、中堅精密機器メーカーを舞台に、不況で経営危機に陥った会社と、廃部を迫られる会社野球部の攻防。さらには同業他社とのせめぎ合いを描いた、会社存亡を懸けた戦いの物語です。

放送枠が『半沢直樹』と全く同じところや、あの名作『愛という名のもとに』で共演した唐沢と江口が、『白い巨塔』(2003年)以来の共演となるところにも注目です

今回は以上7作品を数多くの作品の中から厳選してご紹介させていただきました

もちろん、今日ご紹介できなかった作品の中にも魅力満載の作品がありますので、そちらの方もお見逃しなく

いずれにしても、自称「ドラマオタク」のこの僕が思うには、今年の春は超激戦です

これほどまでに魅力のあるドラマが揃ったクールも、非常に珍しいのではないでしょうか。これは今年の春はドラマから目が離せそうにありません

皆さんもお時間があれば、どうぞご覧になってみてください

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> マー君→今朝は、マー君のメジャー初登板初勝利に沸いた朝でした。先頭打者にホームランを打たれ、2回にも連打を浴びたりと、序盤はどうなることかと思いましたが、その修正能力にはただただ脱帽です。メジャーでもマー君の「不敗神話」は続きそうですね。

|

« ギックリ脇腹! | トップページ | 大切な思い出の場所。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の春は超激戦!:

« ギックリ脇腹! | トップページ | 大切な思い出の場所。 »