« お父さん、大好きだよ。 | トップページ | 謎の5人組? »

2014年3月15日 (土)

ガイチ。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日で3月もちょうど半分が過ぎ、いよいよ「春の足音」もそろそろ聞こえてくる、そんな季節になってきました

しかし、まだ外にはたくさんの「雪」が残っています。これから気温も上昇し、雪解けも進むのでしょうが、少しでも早い「春の到来」を待ちわびている今日この頃です

そんな「春の足音」を感じるように、今日は外が少し暖かったので自宅前の駐車場を散に連れていきました

20140315_233934

まだおぼつかない足取りとはいえ、しっかりと自分でアスファルトの感触を確かめていました。あまりにも歩く勢いが早すぎで、転んだりもしました。家の中とは違い、転ぶと痛いので娘もちょっとビックリしていました。

少しの時間でしたが、娘は凄く楽しそうにニコニコ顔で歩いていました

きっと1ヵ月後には、もっと歩き方もスムーズに歩けるようになっているでしょうし、そんな姿を見るのが楽しみでもあります

さて、そんな今日はと2人で、ある元バレーボール選手の講演会に行ってきましたその人物とは

200911200011spnavi_2009112000018_vi

中垣内祐一です

中垣内といえば、その甘いマスクとスバ抜けた身体能力で、1990年代の男子バレー界を支えたスーパースターです

そのスター性は当時の選手の中でも群を抜いており、女子中高生を中心に「ガイチ」のニックネームで人気を博していました

僕のも彼の大ファンの1人で、小中高とバレーボール部だった妻にとっては憧れの人でもあったそうです

そんな中垣内は2004年に現役を退き、その後はVリーグで堺ブレイザーズの監督を務め、チームを優勝に導きました

2009年にはチームの監督を辞任し、チームアドバイザーに就任、さらには2011年には全日本代表コーチに就任し、当時の「植田ジャパン」を影から支えていました

Fb7b65ad_2

僕的には、植田監督退任後は彼が全日本男子の監督に就くものだと思っていましたが、現在はバレーの現場からは少し離れて、新日鉄住友という会社の一社員として営業を担当しているそうです(ちなみに上の写真は今日の講演会の時の写真ではありません)

僕達の年代にとっては、バレーボールに詳しくない人でも彼の名前を知らない人はいないほどの「スーパースター」に会えるとあって、僕達は今日が来るのを指を数えて待っていました

特に昔からファンだった妻のテンションは半端なかったです

午後3時からの講演会ということで、僕達は30分前に会場入りしたのですが、少しロビーのところで座っていると、何とそこで偶然にも中垣内が控室から出てきて、目の前で会う事ができました

妻は目を輝かせて凄く嬉しそうでした。僕の印象はやっぱり「デカい」という感じでした。そして思った以上に体がゴツゴツした感じで、今でも現役でやれるんじゃないの?と思うほどでした

20140315_233921

良い席に座ろうと会場に入ると、まだ誰も席にはついておらず、何と僕達が一番乗り席は選び放題でした

演台の前に最前列に座ることも考えましたが、それよりも「目線の合う3段目付近が良いよ」という関係者のアドバイスをもらい、そこに座ることにしました

20140315_233810

講演開始の時間が迫ってきて、いよいよ僕達の胸の高まりも最高潮に達してきました

そして定刻になり、「ガイチ」が僕らの前に姿を現しました

見事に僕達の座ったところからは彼との目線がバッチリで、特に妻の座席は演台と真正面だったこともあり、妻は大喜びでした

講演の中で彼は、これまでの選手時代や監督時代などのエピソードを含めたバレーボールの話、さらには会社側としての立場からのバレーボールに関係する話などを、様々な角度から話してくれました。

さすが筑波大学卒業ということもあり、非常に学のある講話で、聞いていても非常に“ため”になりました

彼は「哲学」というか「信念」というものをしっかり持っていて、僕も妻も「指導者としても絶対向いているよね」という意見で一致しました

「絶対誰にも言わないでね、内緒ですよ」と言いながら、ゴッツ(石島)の給料や、バレー選手のだいたいの年俸を教えてくれたり、選手の会社における扱いや立場などについてもエピソードを交えて教えてくれました。

時折、ジョークを交えながらの講演は非常に楽しくて、あっという間に90分間が過ぎました

講演会後には、彼の「サイン入り色紙」が当たる抽選会が行われました

これは妻も思っていたそうですが、僕も妻と同じ事を思っていて、何となく妻がこの抽選会では当たりそうな気がしていました

僕と妻の番号は「108」と「109」でした。ところが僕達の番号をかすめるかのように、「110」「111」「112」が当たり、僕達は当たりませんでした

妻は凄く残念がり、何度も何度も「当たりたかった・・・」と嘆いていました

僕は思い出しました東京旅行の際に僕が浅草寺で「凶」を引いたことを全ての原因はどうやら僕のようでした

夢の時間も終わり、僕達は家路に着きましたが、人生の中でまさか「ガイチ」に会えるとは想像にもしていませんでしたが、その夢が叶って僕達は本当に幸せでした

現役時代に比べると、当然それなりに年齢も重ねてはいますが、それでもそのオーラというかスター性は抜群でした

男の僕から見てもカッコ良かったです。ただ、性格は結構大雑把で面倒くさがりやな典型的なO型タイプっぽいということが分かりました(本当は何型かは知りませんが)。でも、男らしさのある素敵な方でした

今日は家に帰ってからも、僕と妻はずっと「ガイチ」の話で持ちきりです。しばらくは「ガイチブーム」が我が家では続きそうです

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> バレーボール→今日は何と言っても中垣内の講演でバレーボールのことを色々と勉強させられました。

|

« お父さん、大好きだよ。 | トップページ | 謎の5人組? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガイチ。:

« お父さん、大好きだよ。 | トップページ | 謎の5人組? »