« 土俵を沸かせた男たち~14日目~ | トップページ | 「ふなっしー」に出逢った~ »

2014年3月20日 (木)

10年ぶりの聖地。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

明日は大雪snowsnowみたいですね・・・正直言います、嫌ですsign03

「もう雪なんていらねえよ、なあ、そうだろアコ~」(by渡部篤郎)詳しくはドラマ『愛なんていらねえよ、夏』を参照してください)smile

O0383048612720656494

というわけで明日、そして明後日は仕事が休みなのにも関わらず、休日出勤になるかもしれない僕ですbearing。奇跡でも起きて低気圧typhoonが猛スピードで去っていってくれることを祈ります。

さて、そんな「雪」が降り積もる世界とは全く別世界の、緑の芝生が色鮮やかなに広がる阪神甲子園球場では明日から選抜高校野球大会が開催されますbaseball

春の到来を告げる、この「風物詩」も今年で86回目を数えますpaper

全国各地から秋の地区予選を勝ち抜き、選抜された32校が頂点を目指し、11日間に及ぶ熱戦を繰り広げますbaseball

僕が幼い頃から「高校野球マニア」であることは、度々このブログでもお話していると思いますが、夏の甲子園から実に7ヶ月ぶりとなる高校野球の大会に、僕の胸の高鳴りは最高潮を迎えていますhappy02

昨夏は前橋育英の優勝で幕を閉じましたが、この大会はいったいどんな大会になるのか、一応「自称高校野球マニア」の僕が展望をお話させていただきたいと思いますhappy01

秋の地区予選を勝ち抜き、神宮大会に出場した高校が大会の中心となることがまずが予想されます。

神宮大会優勝の沖縄尚学(沖縄)、準優勝の日本文理(新潟)、このあたりがまずは総合力では上位に来るでしょうbell

ただしこれは秋の段階での結果ですので、高校生はひと冬越えるとその成長が著しいですから、戦力の変動も大きなものがあるので一概には言えないのが正直なところです。

そんな中で僕が優勝候補に挙げるのは、昨夏の甲子園経験者が多く残っている横浜(神奈川)と明徳義塾(高知)です。

両校とも信頼の置けるエースと中軸の打者がしっかりしているので、よほどのことがない限りトーナメントを勝ち上がってくるのは必至ですgood

昔から高校野球では「春は投手力」という格言があります。過去の選抜大会を見ても、勝ち上がってくるのは必ず好投手がいるチームです。

それを踏まえて考えると佐野日大(栃木)の田嶋君、広島新庄(広島)の山岡君が、大会前から前評判の良い投手なので、この両校も注目視したいです。

この他にもチームとしての総合力からいえば、龍谷大平安(京都)や智弁和歌山(和歌山)、八戸学院光星(青森)なども非常に魅力のあるチームです。

そしてもう1校、僕がどうしても優勝候補に挙げたいのが、僕達の地元北海道から甲子園に乗り込む、我らが駒大苫小牧ですshine

駒大苫小牧といえば、北国のハンデを克服し、2004年夏に史上初めて北の大地に「深紅の大優勝旗」を持ち帰り、2000年代半ばの高校野球界を席巻した高校ですbaseball

あのマー君が甲子園で躍動した姿も、まだ皆さんの記憶にもしっかりと残っているのではないでしょうかconfident

その駒大苫小牧が甲子園に出場するのは2007年夏以来のことで、春の選抜大会に限れば2005年以来実に9年ぶりということになりますpaper

2006年大会は直前で不祥事が発覚し、出場を辞退した経緯がありますが、あの時の駒大苫小牧はマー君が新3年生になる世代で、当時は秋の神宮大会も制しており、もしも出場していれば前年夏に続き「夏春連覇」も夢ではないチームでしたbearing

そんな駒大苫小牧も、当時のチームを率いていた香田監督が去ってからは「低迷期」となり、甲子園への道のりが遠のいていましたsad

そんな中、2009年夏に駒大苫小牧の監督に就任したのは、あの2004年初優勝の時の主将だった佐々木孝介氏でしたshine

Bb20110720004ns300 

就任当初は室蘭地区予選で敗れ、全道大会にも駒を進めないという屈辱も味わいましたが、失いかけていた「駒苫の野球」を彼はもう一度「再生」させ、今回見事に選手達を甲子園へと導きましたhappy02

その道は決して平坦ではありませんでした。全道大会や南北海道大会の決勝戦には何度となく進出し、甲子園まで「あと1勝」というところで何度も壁にぶち当たっていましたbearing

「やっと戻ってこられた。苦労したこととか、色々なことが込み上げてきました。」甲子園での公式練習の際に佐々木監督がもらした言葉です。それが全てを物語っていますconfident

甲子園での公式練習が始まると、佐々木監督は遊撃手だった現役当時の守備位置の前で足を止め、うっすらと涙を浮かべていたそうですweep

彼にしてみれば10年ぶりの聖地です。

Fbbsasakikomatoma0002

10年前にあの深紅の大優勝旗を手に持ち歩いたあの光景が、きっと彼の目に思い出されてきたのでしょうねconfident

早いものであれから10年が経つんですねconfident道民が駒苫の活躍に一喜一憂したあの熱い夏、あの夏は今でも僕の中では最高の夏の思い出ですnote

20140215dd0phj000031000p_size5_2

駒大苫小牧の試合は、大会第2日目(3月22日)の第1試合で、相手は創成館(長崎)ですbaseball

「強かった頃の駒苫と何も変わっていないことを、選手と一緒に証明したい!」と語る、27歳の青年監督の視線eyeには「優勝」の二文字しか見えていないようでした。

僕的には、今回のチームは非常に攻守にバランスの取れた良いチームだと思いますし、「優勝」も夢ではないと思っていますcrown

もちろんそこにはそう簡単にはたどり着きませんが、甲子園の怖さ、そしての甲子園が与えてくれるパワーを知っている佐々木監督のその経験値は、監督しても必ず活きるのではないかとそのように考えていますpaper

ちなみに佐々木監督が選手として出場し優勝した夏の大会は「第86回高校野球選手権大会」でしたが、今回の選抜大会は奇しくも「第86回選抜高校野球大会」ですflair

同じ「86」という数字が何か優勝への「縁」を感じさせてくれるのは僕だけでしょうか。

ぜひとも駒大苫小牧には、今度は北海道勢初の「紫紺の優勝旗」を持ち帰って欲しいですhappy01

楽しみな高校野球開幕前夜に、今僕は胸が躍っていますhappy02

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> 栗ようかん→今日、妻がお友達からいただいた長野県の和菓子で「栗ようかん」みたいのがありましたが、超超超美味しかったです!癖になりそうです。

|

« 土俵を沸かせた男たち~14日目~ | トップページ | 「ふなっしー」に出逢った~ »

コメント

我が阪神タイガース和田監督 の背番号が『86』です!
本拠地、甲子園で86!!
今年は間違いなくタイガースが優勝ですね!笑

投稿: 29 | 2014年3月21日 (金) 19時02分

29さん
そうくるとは、さすがは阪神ファンですねhappy01
ただ、阪神に優勝はさせませんよpaper
たぶん我が巨人軍が86勝をあげて優勝する事になるでしょうbaseball

投稿: 猫男爵 | 2014年3月21日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/55412183

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ぶりの聖地。:

« 土俵を沸かせた男たち~14日目~ | トップページ | 「ふなっしー」に出逢った~ »