« ベタ雪のおかげです。 | トップページ | はじめの一歩♪ »

2014年3月11日 (火)

帰る場所。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は3月11日です。あの日から3年という月日が経ちました。

2011年3月11日、東北地方を襲った大地震は、多くの人々の心に大きな傷跡を残しました。

あの震災で多くの方々が亡くなり、そして今もなお行方がわからない方もたくさんいます。

残された家族は3年という月日が経過しても、まだ前へ進めないまま、日々「自問自答」を繰り返しています。

僕はその凄まじい災害の現場を実際に目の当たりにしていないので、偉そうなことはもちろん言えません。

どんなに僕達が言葉にしても、実際にその恐怖を目にした被災者にしかその苦しみや辛さはわからないはずです。

ただ僕が願うことは、どうかゆっくりでもいいので、少しずつちょっとずつ前を向いて欲しいという想いです。

今日は日本全国、あるいは世界各地で「鎮魂の祈り」が捧げられました。その願いがどうか届いてくれていることを祈ります。

私達人間は、自然の猛威の前には無力です。

でも無力なりにも、できることはあります。それをもう一度深く考えていくことが大切ではないかと思います。

東日本大震災の教訓をいかに活かしていくか、そして多くの犠牲を出したあの出来事を風化させずに、東北の復興を支援していくか、それが今の僕達に課せられた義務なのではないでしょうか。

今日はそんなことを強く感じた一日でした。

そんな今日の朝、僕はいつものように車carで職場へと向かっていました。するとラジオからある曲が流れてきましたnote

それは2008年にヒットした『HOME』という歌でしたcd

皆さんもきっとこの曲はご存知だと思いますが、この曲を唄っている歌い手さんは会社員をしながら歌手業もしている方で、この曲でその名を日本中に轟かせたデビュー曲ですkaraoke

過去に大きな病気に打ち勝ち、そして夢である歌手としてデビューを果たした彼の歌声には、魅了された方もいるのではないでしょうかconfident

そんな彼の『HOME』という曲を聞いていると、何だか胸が打たれてきましたweep

以前その歌を聞いていた頃は、そんな感情にはならなかったのですが、その歌詞を改めて聞いていると、僕の脳裏には家族の顔が思わず浮かんできました。

歌詞を聞いているとのことが目に浮かび、つい数分前に家の玄関でバイバイしたばかりなのに、すぐにでも会いたくなってきましたsad

僕にはが待つ「HOME」、つまり帰る場所がありますhouse

そのことがいかに幸せなことなのか、当たり前のように過ごしていることがどんなに幸せなことなのか、それを朝から本当に実感させられ、僕は仕事前に思わず涙がこぼれ落ちそうになりましたweep

本当に「帰る場所」があるって、幸せなことなんですねconfident

震災から3年という節目の今日は、僕は色々な想いを胸の中で感じさせられました。

毎日を淡々と生きるのではなく、今日という日を「大切」に、そして明日という日には「希望」を持ち、日々の生活を過ごしていこうと改めて誓った猫男爵でした。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> 家族→いつも妻と娘の存在は凄く大切に感じていますが、今日はいつも以上にそれをもっと感じた日でした。

|

« ベタ雪のおかげです。 | トップページ | はじめの一歩♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/55335887

この記事へのトラックバック一覧です: 帰る場所。:

« ベタ雪のおかげです。 | トップページ | はじめの一歩♪ »