« 世界のアツアツ! | トップページ | NECO’S キッチン♪68 »

2014年2月21日 (金)

北国の暖房事情。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今朝の浅田真央のフリーの演技には本当に感動しました

結果は残念ながら6位に終わりましたが、それでもショートプログラムでのミスから、見事に気持ちを切り替えての渾身の演技には、心から大きな拍手を送りたいです

既に引退を表明している彼女の五輪の「ラストダンス」は、きっと日本国民の心の中で永遠に生き続けることでしょう

中学生の頃から、常に世界のトップで戦ってきたその「精神力」と「体力」は、既に限界を通り越していたことでしょう

3年前には一番の応援者である母親を亡くし、失意の底からよくぞここまで頑張ってきたと思います

彼女が残した功績は、その輝かしい成績以上に、「日本女子フィギュア界が世界でも戦える」というその道筋をつけたことだと思います

ライバルとして共に切磋琢磨してきたキム・ヨナ(韓国)も惜しくも銀メダルに終わり、彼女もリンクから去っていくわけですが、この2人が同じ時代で戦い合えたことも偶然とは思えない何かを感じます

これから女子フィギュア界は新時代を迎えていくことになると思いますが、真央ちゃんに変わるスターがまた出て来ることを祈りたいです

真央ちゃんは来月開催の「世界選手権」に出場意向のようなので、また彼女の演技を見ることはできそうですが、まずは真央ちゃんに「本当にお疲れ様」と声をかけてあげたいです

さて、気がつけば2月も終盤になり、厳しい冬の寒さもピークを超えて、いよいよこれからは「春」の足音が少しずつではありますが聞こえてくるような、そんな季節になっていきます

毎年のことですが、僕の住む北海道のような北国は寒さが厳しく、その日の最低気温が氷点下20℃以下になることもあります

しかし、そんな外の「極寒」に比べて「北海道の家の中は暖かい」という話はよく耳にしますし、僕自身もそう思っています

本州などの雪や寒さはと無縁の地域では、冬はおそらくほとんど暖房を使う機会も少ないと思います。あるいは、使ったとしても温度はかなり低めに設定していると思います。

ところが北国の家の中は、ストーブをがんがん焚き、室内温度も高めになっているので非常に暖かいです。時には「暖かい」を通り越して「暑い」というぐらいの時もあります

家屋じたいの造りが本州と比べて違うということも根本的にありますが、それにしても北国の冬の家の中は暖かいです

暖かいので、おのずと冷たい「アイスクリーム」とかを食べたくなったり、冬なのに「半袖」で過ごしたりということになります

本州の人にしてみれば、ちょっと信じられない光景かもしれませんね

我が家でも今日はと一緒に、食後の「アイスクリーム」を食べました。もちろん、ストーブはつけています

最近は「こたつ」をあまり見なくなりましたが、僕は実家にいる時は自分の部屋で「こたつ」を使っている時もありました。

「こたつ」の何とも言えない暖かさは僕は好きでした。「こたつ」の中に体を入れて、顔だけ出して横になりながらテレビを見るのなんて最高に幸せでした

そんな北国の冬の生活の中で、気になるのは燃料の高騰です

10年~15年ぐらい前までは、確か「灯油」は1ℓ当たり40円ぐらいだったと思いますが、今は何とその2.5倍近い100円以上しますからね灯油代が非常に厳しくなってきています。

「オール電化」や「太陽光発電」などの住宅も増えているので一概には言えませんが、このまま燃料の高騰が続けば、北国の人にとっては大変な時代になりそうです

それでもやっぱり僕は冬の「アイスクリーム」はやめられないかも(笑)

今日は北国の暖房事情について、簡単ではありますがお話させていただきました。

20140221_233031

余談ですが、今日久しぶりに近所のコンビニ「白い犬」を見ました

飼い主の半袖少年は案の定、コンビニの中の本のコーナーで立ち読みしていました。寒い中、ご主人様が来るのを待つ「白い犬」は何とも可愛かったです。

「半袖少年」も確かもうすぐ高校生になるはずです。もうそろそろ立ち読み卒業しなきゃね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> 舞茸→今日の夕食で、娘が初めて「舞茸」を食べるのにチャレンジしました。ひと口、口に入れた時は「うん?」的な顔をしましたが、すぐに欲しがったのでまた食べさせると、凄く喜んで食べてくれました。また成長のあとが垣間見れました。

|

« 世界のアツアツ! | トップページ | NECO’S キッチン♪68 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北国の暖房事情。:

« 世界のアツアツ! | トップページ | NECO’S キッチン♪68 »