« モンタージュ。 | トップページ | 世界のアツアツ! »

2014年2月19日 (水)

スノボ歴1日。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日も非常に風の強い一日でしたねこれで強風は3日連続ですが、皆さん被害などには遭われていませんか?お出掛けの際はくれぐれもご注意してくださいね

交通量の多い国道でも、路肩に落ちている車両なども見かけますので、お車を運転する際もくれぐれもご注意してください

「かぜ」は「かぜ」でも、我が家ではの風邪がまだ完全には治っていません。咳や痰などは数日前からほぼ収束したのですが、まだ少し下痢気味で、本調子までとはなっていません

本当は少しでも早く、お友達と遊んだりしたいのですが、それはもう少し先になりそうです

20140219_224740

娘は風邪気味ではありますが、体は元気なので今日も一日中、ワンパクに動き回っていました

20140219_224759

そんな娘が最近よくする表情がこれです

鼻の下を異常に伸ばしながら、「ウォーウォー」と声も出すこの表情は、実はある動物の真似だったのです

C0088025_3523195

それは「ゾウさん」でした

ゾウが写っている本などを見て、いつも「ゾウさん」の真似をしていることで、も気づきましたが、娘は他にも「犬」や「熊」さらには「フクロウ」などの鳴き真似もできます

いうなれば「平成の江戸家猫八」といったところでしょうか(ちょっ例えが古いかな

また娘が、動物モノマネの新作を覚えたらご紹介したいと思います

さて、あと数時間後、いよいよソチ五輪の舞台で女子フィギュアスケートのショートプログラムが始まります

日本女子のエース浅田真央が悲願の「金メダル」獲得に向けて、いよいよ登場するわけですが、世界のライバルたち相手にどんな演技を見せてくれるのか、今から胸がワクワクドキドキです

できることであれば、男子の羽生結弦との男女ダブル「金メダル」と行きたいところですが、果たして「勝利の女神」は真央ちゃんに微笑むのでしょうか

そんな注目の戦いを前にして、今日も日本人選手が見事にメダルを獲得しました

Cpd1402191652008f1

スノーボード女子パラレル大回転竹内智香が見事に決勝に進出し、「金メダル」の期待もかかりましたが、決勝では惜しくも転倒して敗れました・・・

それでも見事な「銀メダル」獲得でした

Cpd1402191652008p4

今大会日本人女子選手のメダル第1号、そして女子スノーボード界史上初のメダル獲得は、本当に素晴らしいです

Tkt012jlp09018017

我らが北海道の旭川市出身の竹内智香は、素顔もご覧のような美貌の持ち主です

彼女には申し訳ありませんが、「スノーボードパラレル」という競技は、これまでそれほど注目されている競技ではありませんでしたが、帰国後は大きな注目を浴びそうですね

彼女はこれまでソルトレイクシティ(2002年)、トリノ(2006年)、バンクーバー(2010年)と過去3回の五輪に出場していましたが、トリノの9位というのが最高成績でした

しかしこれまでの努力と苦労が報われての、見事なソチでの銀メダルでした。今後の彼女のさらなる活躍を期待し、まずは「銀メダルおめでとうございます!」と言いたいです

8年前のトリノ五輪の頃といえば、実は僕がスノーボードに生まれて初めて行った時期です

トリノ五輪でショーン・ホワイトの滑りを見たことで強い刺激を受けた僕は、スキーじたいも初心者なのにもかかわらず、スノーボードに行く事にしました

MVDの友人たちに連れられて向かった場所は「富良野スキー場」でした。

スキー場にそれほど詳しくない僕でも、富良野スキー場といえば結構な上級者向きのスキー場であることは理解していました

ウエアの購入にもMVDの仲間に付き合ってもらい、ブーツとボードはSんでぃから借りて、意気揚々とスキー場へ向かいました

そしていきなり「リフト」に乗せられて頂上へ・・・

ボードの装着もままならないのですから、僕にとってみればリフトから降りるのも命懸けでした

そして結構な傾斜を降りることになったわけですが、まあ見事に転倒の連続です。というか、滑れるはずがないのです

たぶん、下まで降りるまでに1時間ぐらいはかかったんじゃないかな・・・

この時、ずっとそばで僕に滑り方を教えてくれたのはAっけで、本当にあの時はAっけが“神様”に見えました。Aっけがいなかったら、僕はどうなっていたことか・・・

あの時の思い出は、苦い思い出として今も僕の記憶の中に鮮明に焼きついていますが、あれ以降僕がスノーボードに乗ることは一度もありません

まさに僕のスノボ歴は1日です

海のサーフィンはまだ未経験ですし、スノボ歴も1日、そこが僕が丘サーファーと呼ばれる所以です

数年前であれば、まだかろうじて「スノボ」に対する気力も多少は残っていたかもしれませんが、今年で40歳になる僕にはその気力は全く残っていないので、もうスノボどころか、スキー場に行く事じたいもまず無いでしょう

スキーやスノボはテレビで大会を観戦しているのが一番だと僕は思っています。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> 絵本→娘が大好きな絵本、毎日娘は読むばかりでなく、本棚からただ出しては散らかして遊んでいます。

|

« モンタージュ。 | トップページ | 世界のアツアツ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スノボ歴1日。:

« モンタージュ。 | トップページ | 世界のアツアツ! »