« サンデー・ナイト症候群・・・ | トップページ | 譲二に一礼。 »

2014年2月24日 (月)

えっ?何ちゃん?ぴょんちゃん。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日の未明、ロシアのソチでは冬季五輪の「閉会式」が行われ、17日間に渡り繰り広げられた熱戦は幕を閉じましたconfident

今朝目覚めた瞬間の僕の脱力感といったら、言葉には例えのようのないものでしたsad

「あ~あ・・・もう今日からは五輪はないのか・・・」そう思うだけで僕のテンションはかなりダウンですdown

僕は「夏季五輪」ももちろん大好きですが、やはり北海道生まれの北海道育ちのせいなのか、「冬季五輪」の方が自分なりには好きかもしれませんhappy01

そんな「冬季五輪」の次回開催はまた4年後です。

4年後の第23回冬季五輪の開催地、皆さんどこかご存知ですか?

20140224_230226

正解はお隣の韓国の都市「平昌」ですpaper地球儀で示すと、あのあたりですpencil

「平昌?何て読むの?」というところから、たぶん皆さん始まると思いますcoldsweats01

「たいら・あきら」と読めないこともないですよねpaper日本人の男性にそういう名前の人いそうですねcoldsweats01。でも本当の読み方は「ピョンチャン」ですpaper

えっ?何ちゃん?ぴょんちゃんですcoldsweats01

何か友達を呼ぶみたいな親しみのある都市名ですが、次回の冬季五輪(2018年)はこの「平昌」が舞台となります。

次回はほとんど時差のない隣国・韓国での開催なので、観戦する側としては非常に嬉しいですねhappy01夜中に起きる心配がないので。

2018年までまだ4年もあると思いますが、4年は本当にあっという間にやってきます。僕達楽しみにしている側には早く来てほしい4年でもありますが、これから4年後の五輪を目指す選手達にとっては、果たしてどんな4年間になるのでしょうかpaper

いずれにしても選手達の2018年に向けての戦いは、もう既に始まっていることは間違いのない事実ですgood

今回の「ソチ五輪」では金1個、銀4個、銅3個の合計8個のメダルを獲得しましたshine。これは自国開催だった長野五輪(1998年)を除くと、最多の獲得数ですup

ちなみに大会前の僕の予想、皆さん憶えていますか?予想では金3個、銀3個、銅6個の合計12個でした。予想としては結構惜しかったと思いますcoldsweats01

10代から40代まで幅広い世代にかけてメダルを獲り、メダルを獲得した競技もこれまでとは違う競技が増えたのが今回の特徴でもありました。

4年後の「平昌五輪」では、この「ソチ五輪」以上に日本をそして世界を沸かすスターが誕生することを心から願っていますhappy02

さて、そんな今日は「ソチ五輪」を振り返るという意味を込めて、僕なりにこのソチ五輪開催中の出来事の中から、感動や思い出に残る名場面をランキングしてみましたので、簡単に振り返ってみたいと思いますので、どうぞ最後までお付き合いのほど宜しくお願い致しますpaper

<猫男爵が選ぶ、思い出に残るソチ五輪・BEST10>

2014020900003_5

onezero位 オランダ勢が表彰台を独占、日本勢は惨敗・・・

今回の五輪のスピードスケートは、オランダが「スケート王国」の名を欲しいままにしました。総メダル獲得数は何と23個、「表彰台独占」も何度も見られ、他国との実力の差をまざまざと見せ付けました。期待された日本勢は「メダル0」に終わり、「惨敗」という結果に終わりました。特に僕の地元十勝からも多くの選手が出場していただけに、残念な結果でした。今後の奮起に期待したいと思います。

Soc14020705030019p3

nine位 伊藤みき、無念の棄権・・・

開会式を前にして行われていたスキーフリースタイル・女子モーグル予選の練習で、伊藤みきが痛めていた膝を負傷し、ソチ五輪の舞台に登場することなくゲレンデを後にしましたbearing。彼女の努力が報われなかったことが非常に残念ですし、応援していた僕としては本当に涙が零れ落ちてしまった瞬間でしたweep彼女の再起を心から祈ります。

Oakley_01

eight位 スノーボード勢が大躍進、メダルラッシュ!

今大会はスノーボード勢snowboardの活躍が目立ちました。男子ハーフパイプでは15歳の平野歩夢が史上最年少で銀メダルを獲得し、同種目で18歳の平岡卓が銅メダルに輝きました。さらに、女子パラレル大回転では竹内智香が銀メダルに輝き、スノーボードだけで計3つのメダルを獲得しました。

2014021200000517san0003view

seven位 沙羅ちゃん、まさかの4位・・・

おそらく開幕前に、一番「金メダル確実」と言われていたのが、スキー女子ジャンプの高梨沙羅だったのではないでしょうか。これまでの実績、そして調子を見ても「金メダル」は間違いないといわれていましたが、見えない重圧に17歳の翼は本来の飛行をすることができませんでしたdown4年後はまだ21歳です、この悔しさを糧に今度こそ「金」を掴んでほしいです。

021701 

six位 カーママ、大健闘!

2度の五輪を経験した後、結婚・出産を経て現役に復帰した小笠原船山を中心としたいわゆる「カーママ」が2大会ぶりの五輪で大健闘しましたnote。メダルには惜しくも手が届きませんでしたが、その戦いぶりには日本中が沸きました。僕も何試合か観戦しましたが、本当にドキドキワクワクさせられました。

1392260869_28n9b3

~番外編~ 国境を越えたスポーツマン精神

クロスカントリー競技で見られた光景です。ロシアの選手がレース中に転倒し、スキーが折れた状態でそれでもゴールを目指していました。そこへカナダのコーチが替え用の板を持って近づき、交換してあげたのです。ライバル国の選手を助けるカナダのコーチのこの光景には、「これこそが真のスポーツマンシップ」だという賞賛の声が上がり、世界中のメディアでとりあげられましたshine

As20140210000298_comml_2

five位 上村愛子、またも一歩届かず・・・

過去4度の五輪で7位、6位、5位、4位と階段を一歩ずつ昇ってきたスキーフリースタイル女子モーグルの上村愛子でしたが、最高の滑りを魅せたにもかかわらず、またしても4位に終わりメダルにはまた一歩届きませんでした。この非情な結末には、僕は本当にしばらく言葉が出ませんでしたdespair

20140214227598_l

four位 羽生結弦、男子フィギュア界初の金メダル!

今大会通じて日本唯一の「金メダル」は男子フィギュアスケートの羽生結弦でした。華麗かつ豪快なその演技には世界中が魅了されました。19歳の世界王者誕生に、本当に心から賞賛を贈りたいと思います。

2014021700000503san0005view

three位 レジェンドが魅せた底力、そして日本のチーム力!

スキー男子ジャンプでは「レジェンド」と呼ばれる41歳の葛西紀明が、ラージヒルで見事に銀メダルを輝き、個人として初めてメダルを獲得しました。7度目の五輪で魅せた彼のジャンプには本当に多くの国民が感動させられました。そして団体でも銅メダルに輝き、長野五輪以来16年ぶりの団体メダルとなりましたshine

As20140222000482_comm

two位 真央ちゃんのラストダンスに涙・・・

4年前のリベンジで「金メダル」獲得なるかと注目された、浅田真央VSキム・ヨナの女子フィギュアスケートのライバル対決でしたが、蓋を開ければショートで浅田真央が16位と大きく出遅れ、キム・ヨナも最終的には銀メダルに終わりました。フリーで魅せた真央ちゃんの五輪「ラストダンス」には、日本中が感動の渦に包まれましたcrying

Gll1402131035001p16

one位 「お家芸」復活!渡部暁斗、悲願のメダル獲得に荻原号泣!

僕が1位に挙げたのは、スキーノルディック複合個人ノーマルヒルの渡部暁斗の銀メダル獲得です。一時は首位に立ち、金メダルも見えましたが、それでも見事な銀メダルでした。これはかつて複合が「お家芸」と言われていた日本にとって、実に20年ぶりのことでした。

0

放送でキャスターを務めていた荻原次晴が、この銀メダル獲得を目にして生放送中tvに号泣するcryingというハプニングもありました。それだけ20年間の想いがこもっていたのでしょう。僕はこの荻原の号泣の瞬間を見ていましたが、「放送事故」になりかねないほどの号泣でした。でも、この瞬間が僕にはこのソチ五輪の中で一番インパクトの残る名シーンでしたpaper

さあ、いかがでしたかpaper簡単ではありますが、僕の中でのベスト10を選んでみました。

こうやって振り返ってみると、やっぱりスポーツっていいなあ~って心から思いますconfident

そこには筋書きのないドラマ、選手1人1人の物語があり、見る人の心を強く打ちます。きっと選手の努力の結晶があるからこそ、多くの感動と勇気をもらうことができるのですねconfident

また4年後に平昌で、そして2年後の夏はリオデジャネイロで、この感動を再び味わえる事を楽しみにして、猫男爵のソチ五輪を終わりにしたいと思いますconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> 地球儀→久しぶりに僕の宝物である「地球儀」を出しました。僕は昔から地図を見るのが大好きで、大きな地球儀を買うのが夢でした。今、家にあるのはそんなに大きなものではないですが、いつか大きな地球儀を買いたいと思います。

|

« サンデー・ナイト症候群・・・ | トップページ | 譲二に一礼。 »

コメント

1位 イブ・ミュアヘッド(英国)
2位 エカチェリナ・ガルキナ(ロシア)
3位 船山弓枝(日本)

以上、ソチ五輪 29さん独自ランキング。
生ミュアヘッドに会いたいので、一緒に平昌行きましょう!

投稿: 29 | 2014年2月25日 (火) 19時22分

29さん
お久しぶりですhappy01
めっちゃカーリングマニアじゃないですかhappy02
僕的にはこの五輪で吉田知那美の好感度が急上昇ですup
可愛いと思いますhappy01
一緒に平昌行きたいっすね~まずその前に甲子園球場ですねbaseball

投稿: 猫男爵 | 2014年2月25日 (火) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/55125273

この記事へのトラックバック一覧です: えっ?何ちゃん?ぴょんちゃん。:

« サンデー・ナイト症候群・・・ | トップページ | 譲二に一礼。 »