« あれっ!滝藤だ! | トップページ | 検証しよう、そうしよう♪ »

2014年2月12日 (水)

缶コーヒーのCM♪

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

やりましたsign03渡部暁斗、銀メダル獲得です!

今日もまずは「ソチ五輪」の話題からスタートしないわけにはいきませんsign03

先程終わったばかりですが、スキーノルディック複合で日本のエース渡部暁斗が、前半のジャンプで2位につけ、後半の距離では途中トップに立ち、一時は「金メダルか!」と思わせる走りを見せ、終盤で力尽き金メダルとはいきませんでしたが、それでも見事な銀メダルを獲得しましたcrown

テレビ中継tvでその様子を見ていた僕も思わず興奮してしまいましたup

そしてこの銀メダルは日本勢としては、1994年リレハンメル五輪以来実に20年ぶりの快挙ですshineリレハンメルでは団体で金、個人では河野孝典が銀を獲得して以来のことです。

この悲願のメダル獲得に、テレビでキャスターを務めていた荻原次晴が思わず嗚咽をもらしながら号泣してしまいましたcrying

見ていて思わずこちらまでもグっと込み上げてくるものがありましたが、かつては団体で「五輪連覇」、個人では荻原健司がW杯個人総合3連覇をするなど、「お家芸」と呼ばれた複合関係者にとってみれば、本当に辛いこの20年間だったと思いますbearing

その感情が一気に込み上げてきてしまって、荻原次晴も「放送事故ギリギリ」の号泣をしてしまったのでしょうcoldsweats01。その光景はまるで、16年前の長野五輪の時のスキージャンプ団体の原田雅彦の姿を思い出してしまいましたpaper

なにわともわれ、渡部の銀メダルは複合王国「ニッポン」の復活の序曲となることでしょうgood団体ではぜひとも、表彰台の一番テッペンを狙ってほしいですup

さて、今朝起きてテレビtvを観た方は「歓喜」と「無念」の衝動にかられたのではないでしょうか。

「金メダルは確実」とされていたスキー女子ジャンプの高梨沙羅は、思うようなジャンプができずにまさかの4位という結果に終わりました・・・

Img_fd5fa4012b2ac7fb1ee08dfbdd6d192

W杯総合2連覇、今季に限っては13戦10勝という圧倒的な強さで、国民からの「金メダル」という大きな期待を背負って挑んだこの五輪という舞台は、想像以上の重圧だったと思いますbearing

まだ17歳の高校生に、その重圧はちょっと荷が重すぎたのかもしれませんdespair

負けた要因にはもちろんその重圧の影響も少なからずあったと思いますが、W杯にほとんど参戦してきた疲労が、ここにきて目に見えないところで出ていたのではないでしょうか。

他の諸外国の選手は、この五輪にピークを合わせるスケジュールを組んだりしていたみたいですし、そのへんもこれからは考えていかなければならない課題かもしれません。

技術的なことでは、やはり課題の「テレマーク」がしっかりと決めれなかったことも挙げられます。テレマークを決めていれば、まだもう少し違った順位だったかもしれません。

「向かい風」という悪い条件も重なったこともありましたが、スポーツの世界では「結果」が全てですpaper

心情的には、あれだけの重圧の中で頑張った沙羅ちゃんに「何とか金メダルを獲らせてあげたかった」ですが、これも「まだ金メダルは早いよ、もう少し鍛錬しなさい」という神様からの伝言なのかもしれませんconfident

彼女はまだ17歳です、まだこれから将来があります。この経験を糧に、どんな状況下でも他を寄せ付けない「絶対王者」に成長して欲しいと僕は心から願っていますconfident

本当にお疲れ様でした、沙羅ちゃんconfident

そんな「ソチ五輪」の競技の中で、スノーボード界の「絶対王者」といえばもちろん、アメリカを代表するスパースターのショーン・ホワイトですshadow

「五輪3連覇」に向けて彼には「死角なし」と思われていましたが、何と今日の未明に行われた決勝ではミスをしてしまい、まさかの4位に終わりましたdown。先程の沙羅ちゃんといい、これだからスポーツは何が起こるかわからないのです。

そしてそんなショーン・ホワイトの点数を超えて、見事に銀メダルと銅メダルに輝いたのが、日本の10代コンビですsign03

Soc14021205480031p2

スノーボード男子ハーフパイプ、銀メダリストの平野歩夢(左)と、平岡卓(右)の2人ですshine

平野が15歳、平岡は18歳という非常に若い2人ですが、彼らは日本の誇りですshine

競技後のインタビューでも「感謝の気持ち」という言葉が再三でてきたように、とても10代とは思えない、しっかりとした2人の活躍は本当に日本人として嬉しく思いますconfident

この五輪のメダルで満足することなく、これからも頂点を目指してどんどんと頑張って欲しいですねgood

五輪開催前にこのブログでも「若い力」が活躍し、スター誕生の予感がすると僕はお話しましたが、まさにこの2人はその言葉の象徴です。

これで一気に日本選手団にも勢いがつきましたので、これからどんどんとメダルラッシュといきましょうup

そして我が家でも、若きスターが少し元気を取り戻してきたようですhappy01

20140212_224617

昨日は風邪の症状がちょっと辛そうだったも、幾分回復傾向にあります。まだ痰が絡んで咳でも出てはいますが、体は至って元気、もしくはいつも以上に元気かもしれませんcoldsweats01

今日も僕が仕事から帰ってくると、部屋の窓から外を見てeye僕の帰りを待っていてくれましたconfident。そんな姿を見たら、もうパパはメロメロで完全にKOですlovely

声がかすれているので本当にかわいそうですが、少しでも早く良くなってくれることを祈りますconfident

そんな娘が映った写真cameraを、今日の昼休みにがメールで送ってくれましたmail

20140212_222832

缶コーヒーを持っている写真なのですが、本当に愛しいですlovely

あまりの可愛さに、親バカ全開の僕はこんなことを思っちゃいましたflair

「これ、缶コーヒーのCMとか出れるんじゃない?」(笑)

例えばセリフは「パパのために、缶コーヒー温めておいたよheart04とか、「この缶コーヒー、パパの手みたいに温かいねheart04みたいな感じでhappy02

いや~やっぱりこれ、缶コーヒーのCMいけそうだなsmile

昔のマラドーナのCMパクって、「熱い缶コーヒーは、パパ!」(本物は熱い缶コーヒーはノバ!)などもイケるかもcoldsweats01

と、またしても親バカっぷりを見せてしまって申し訳ありませんでしたbearing

僕は昔から「コピーライター」という職業に憧れを持っていたので、CM製作も実は興味があるんですよねpaper

もちろん、今、巷で騒がしいゴーストライターなどではないですけどね(笑)

数年前まではCMを自主制作movieで作ったりして遊んでいた事もありましたが、またちょっと時間があればやってみたくなりましたconfident

もちろんその時は娘を出演者として起用して、缶コーヒーのCMも撮っちゃおうとnote

以上、一児の父親のつまらない戯言でしたcoldsweats01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のキーワード> 号泣→先程もお話しましたが、荻原次晴の号泣は凄かったです。久しぶりに感極まって嗚咽をもらしながら号泣する男性を見ました。でも、男の涙って、思わずグっときちゃうんですよね。

|

« あれっ!滝藤だ! | トップページ | 検証しよう、そうしよう♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/54969709

この記事へのトラックバック一覧です: 缶コーヒーのCM♪:

« あれっ!滝藤だ! | トップページ | 検証しよう、そうしよう♪ »