« まも~りたい♪ | トップページ | ブルーライト・ヨコハマ♪ »

2013年12月18日 (水)

MIKIをソチへ!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

2013年もあと2週間で終わろうとしていますが、皆さん忙しい師走をどうお過ごしですか?

年も押し迫ったこの時期、スポーツ界では、サッカー日本代表soccer本田圭佑のACミラン移籍、そして日本プロ野球baseballの至宝、田中将大のメジャー移籍が実現するかという大きなニュースが世間を騒がせていますpaper

日本人が世界で活躍することは、同じ日本人として非常に嬉しいことですし、応援したい気持ちでいっぱいですgood

そして忘れてはいけないのは、4年に1度開催される冬のスポーツの祭典「冬季五輪」がいよいよ来年の2月に迫っているということですsign03

早いもので2010年バンクーバー五輪からもう4年が経とうとしてます。2014年の幕が明ければ、ロシアで開催されるソチ五輪はもう目前ですhappy02

自分で言うのも何ですが、夏冬関係なく「五輪」には熱い情熱を持つこの僕のことですから、「五輪」が近づくにつれそのテンションはぐんぐんと上昇していますup

そんな中、僕が気になるのは2人の「MIKI」ですshine

001

まずは何といっても、フィギュアスケートの安藤美姫です。

今年に入り、衝撃の「出産」の事実を公表して世間をアッsign03と驚かせましたが、もっと驚いたのは「ソチ五輪」を目指すということでしたpaper

どんなスポーツでもそうですが、とりわけフィギュアスケートにおいては“ブランク”というものはかなりの障壁になりますbearing

しかも出産後とあって、そのブランクはさらに大きいものがあります。

それでもソチを目指し頑張っている安藤美姫は、僕個人的には応援したい気持ちでいっぱいですconfident

ただし、現実はそうは甘くはありません・・・

今、彼女が置かれている状況ではソチ五輪出場の可能性は極めて低いですdown。可能性があるとすれば、年末に行われる「全日本選手権」で優勝crownすることが唯一の五輪切符を掴む条件かもしれませんpaper

しかし、先の「GPファイナル」で優勝した浅田真央や、鈴木明子、さらには村上佳菜子などのライバルがいる中での「全日本優勝」は非常に至難の業といえるでしょうbearing

「世界選手権」を2度も制したcrownことのある安藤美姫は実は「五輪」には縁がなく、メダルを獲得した経験がありません。

そういう意味では、年齢的にもおそらく今回が最後になるであろうソチの舞台で、何とかメダルを獲らせてあげたい気持ちはありますconfident

もしも願いが叶うなら、何とか「奇跡」が起きることを僕は祈りますconfident

そしてもう1人、ソチ五輪で応援したいMIKIがいますshine

Itomiki090

それはフリスタイルスキー・モーグルの伊藤みきですshine

女子モーグルといえば、4大会連続で五輪出場を果たし、前回のバンクーバー五輪ではメダルまであと一歩だった上村愛子のことがまず真っ先に思い浮かびますが、実はその後の4年間で日本のエースに成長したのが、伊藤みきですup

Itomiki01

そんな彼女は、今年3月に行われた「世界選手権」では見事に銀メダルに輝き、1年後の「ソチ五輪の金メダル候補」に一躍躍り出ましたshine

今シーズンに入っても調子は上向きでしたが、五輪をあと2ヶ月後にした先日、彼女に悪夢のような出来事が起きました・・・

2013121600000546san0001view

右膝前十字じん帯損傷・・・

精密検査hospitalの結果は手術が必要で、完全復帰まで8ヶ月かかるという診断が出ました。誰しもが「彼女の五輪出場は夢と消えた」と思いました。

しかし彼女だけは諦めていませんでした、そして彼女が選択した道はsign03

「手術をせずに五輪出場を目指す」という結論でしたsign03

そんな無謀なことが可能なのか?

医師の話に寄ると「手術をしないで他の筋力を強化する方法もある」ということです。しかし、五輪までの残された時間を考えれば、リハビリや練習の仕方もかなり大変だと思います。

過去にこのようなケースがあったのかどうかはわかりませんが、かなり勇気のいる決断だと思います。

杖をつきながら登場した記者会見で彼女は、「4年間、ソチ五輪での金メダルを目指してやってきた。目標は変えられない、新しい自分に挑戦したい!」と強い意気込みを語っていましたgood

その折れない心、五輪にかける情熱に僕は胸が熱くなりましたweep

果たして五輪に出場できるのか、そして仮に出場できたとして、思うような成績を残せるのか、それは現段階では誰にもわかりませんbearing

でもほんの少しでもその可能性があるのであれば、僕は彼女を応援したい気持ちでいっぱいですconfident

こちらの「MIKI」にも「奇跡」が起きることを願いますconfident

実は偶然にも安藤美姫と伊藤みきは、中京大学の同級生で親友でもありますpaper出席番号は安藤が1番で、伊藤が2番だったそうです。

2人の「MIKI」をソチへ!

「MIKI」という名前の2人には、どうしても応援したい気持ちになってしまう猫男爵でしたcat

20131218_203207_2

そんな今日、我が家ではが家の中を縦横無尽に動き回っていましたupハイハイのスピードは超赤ちゃん級ですshine「赤ちゃんの五輪」とかないかな~coldsweats01

20131218_203215

「何を勝手に撮ってるの!」と言わんばかりに、パパのところめがけて、もの凄いスピードで戻ってきましたcoldsweats01

今日も元気な娘とたくさん遊べてパパはとても幸せでしたheart04

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 12月18日生まれ

布施明(66歳)、ブラッド・ピット(50歳)、江角マキコ(47歳)、芋洗坂係長(46歳)、藤本敏史〔FUJIWARA〕(43歳)、武田真治(41歳)、レイザーラモンHG(38歳)、小雪(37歳)、安藤美姫(26歳)、絢香(26歳)

|

« まも~りたい♪ | トップページ | ブルーライト・ヨコハマ♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/54304258

この記事へのトラックバック一覧です: MIKIをソチへ!:

« まも~りたい♪ | トップページ | ブルーライト・ヨコハマ♪ »